アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アンコールワット寺院の第二回廊付近

アンコールワット寺院の第二回廊外

十字回廊から階段を登ると第二回廊の外に出る。

パッと視界が開けた瞬間、飛び込んでくるのは
真っ青な空と第三回廊の姿。。。

第二回廊

うわ~っ!美しい!

しばし僕も他の観光客同様、その辺に腰掛けて
のんびりと鑑賞タイム。

第三回廊を望む

やっぱりすごいわ!この遺跡。。。

第三回廊へ続く階段

それにしても急な階段だ!70度あるとの事。
ほとんど垂直!しかもステップ一段一段の踏み込みが
浅く足全体が乗らない。すごく危険だ!転落する人もいるらしい!

でも。。。残念なことに第三回廊へは2006年以降
閉鎖されており、この階段を登って行くことができないのだ。

横を向く珍しいデバター

仕方がないので第二回廊デバターを鑑賞する。
写真は珍しい横を向くデバター。今にも振り向きそうだ。

デバター4人衆

それぞれ表情や髪型、ポーズが異なっており飽きない。
なんでも、実在した女官達をイメージしたらしい。

デバターのアップ

そんなデバター達だが、長い年月、風雨により侵食されており
痛みが激しいのも見られる。

第三回廊には、風雨にさらされず、見事なデバターが
残っているとの事!驚異的な緻密さで彫られたデバターが
何体かあると言う。う~~~ん残念!!

製作途中のデバター

そんな緻密なデバターが残っている反面
写真のような製作途中のデバターが残っている。

考古学的には貴重な資料なのかも知れないが
こういう物を途中で放棄する古のカンボジア人の気質が
なんとも東南アジア的で、その気質が全然変わらず
今も受け継がれているようで、なんだかおもしろい(笑)

さてと!他の遺跡に行こうかな。。。



↓↓ いつもご覧頂きありがとうございます!ぽちっと! ↓↓
関連記事

| アンコールワット遺跡群 | 00:01 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Re: タイトルなし

きみひとさん、はじめまして。こんばんは。

ぜひ海外に、特に東南アジアに行ってみて下さい!(笑)
何となく日本人に近い感覚を持つアジアの人々、口に合う
個性的な料理達。。。

いいですよ!アジア!

| chempaka | 2010/04/09 20:00 | URL |

はじめまして!
いやー写真すごいっすね!海外に行ったことないんで、とても憧れます。
いつかは自分も、こういうところで写真を撮ってみたいもんです。
ちょくちょく訪問させていただきますね。

| きみひと | 2010/04/08 18:45 | URL |

Re: 壮大ですね

美雨さん、いらっしゃいませ~。
『琵琶湖八景』飲みすぎてませんか??(笑)

>実在した女官達・・・いまもその魂が彫刻から抜け出て、
回廊を浮遊していそうですね。(笑)

ちょっと怖い感じですが(笑)でも確かにそういう気がしますよ!
デバターに逆にじ~っと見つめられているようで。。。

そう、この貴重な文化遺産は古よりカンボジア人の信仰の対象、
心の拠り所であって、現代でも農業国カンボジアにとっては
唯一の外貨獲得手段でもありますから。

東南アジア最大の遺跡。きっちりと後世に残してほしいものですね~。

『ちゃらんぽらニズム』。このフレーズ気に入りました(笑)
使わせていただきます!(笑)



| chempaka | 2010/04/08 01:08 | URL |

壮大ですね

今日は第二回廊ですか。
どのアズペクトも似て異なる風情があり、見ていて飽きないです。細部にしても、どのアバターも個性があって面白いですね。実在した女官達・・・いまもその魂が彫刻から抜け出て、回廊を浮遊していそうですね。(笑)
どの遺跡もそうですが、貴重な文化遺産が年々風化していくのは観るに堪えないですね、とりわけ遺跡に愛着を持っている人にとっては胸の痛むことです。chempakaさんの魂の叫びも、きっとアバターの人物たちに届いていることでしょうね。

>こういう物を途中で放棄する古のカンボジア人の気質が
なんとも東南アジア的で、その気質が全然変わらず
今も受け継がれているようで、なんだかおもしろい

あはは。そんなやりかけ(?)があるのですね。本当、アジアの石工らしい、ちゃらんぽらニズムがほほ笑ましいですね。(笑)

| 美雨 | 2010/04/08 00:18 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nonachempaka.blog69.fc2.com/tb.php/59-b3ebb82a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。