アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

台湾・台北~郊外の人気ローカル線に乗る!平渓線①


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

台鉄台北駅から瑞芳駅へ・・・

瑞芳駅から今、観光客に大人気のローカル路線、平渓線に乗り
その個性豊かな駅と周辺の見所を観光しようと思うのだ!

平渓線台湾北部の基隆河に沿って山間を2~3両でのんびりと走る
ローカル線で「猫の町」がある「猴硐駅」、町の真ん中を列車が走る「十分駅」
ひなびた味わいのあるレトロな終着駅の「菁桐駅」など日帰りの観光に
うってつけの路線なのである。

IMG_9724.jpg

切符を購入し、いざ出発!



そんな台鉄からの景色を撮影しました~~

IMG_9731.jpg

台北を出発して10分程すると高層ビルも、大きなマンションもまばらになり
緑が増えてくる・・・
そして40分ぐらいで瑞芳駅に到着。ここで下車する人々は観光客ばかり。
地元の人々の姿も多いのが印象的だった。

IMG_9734_201605292209424cf.jpg

で、いざ平渓線の車両に乗り込んだのだが、古く年代を感じさせる
レトロな車両かと思いきや、車内は非常に小奇麗でピカピカ!

IMG_9736.jpg

瑞芳駅から一つ目の駅、猴硐駅に到着。
ここは近年、「猫の町」として有名で、50匹以上の猫達が集落に
住んでいるという・・・

さっそく、可愛い猫達に会いに行こう~~!

IMG_9744_2016052922112386b.jpg

案内板に「猫村」とある!なんだが楽しい!

IMG_9743_20160529221155b3b.jpg

さっそく、一匹の猫が挨拶?にやってきた(笑)
人懐っこく、足元でニャーニャーと何かを訴えている(笑)
食べ物を持ってないんだよね~~、ごめんね~~

IMG_9747_20160529221147d16.jpg

ほんと至る所に猫がいる!
冷たい小雨が降る中、猫小屋?から可愛い顔を出してニャ~~~(笑)

IMG_9751_2016052922140491a.jpg

集落は鄙びた古い家屋が多い。
猫の面倒は、集落全体で見られていて、常連の猫には名前もつけられている。

民家にはもちろん、立入厳禁。
民家に寄っては土産物を売ったり、ちょっとしたカフェになっていたりする。

IMG_9752.jpg

そんな鄙びた古い集落と猫達の様子が、妙にマッチしているなあ~~
人には慣れているが、やはりそこは猫!どの子達もマイペース(笑)

IMG_9749_201605292213511ef.jpg

「猫村」の案内図があったりと、猫を観光資源として力を入れているのが
よくわかる。実際に瑞芳駅から乗り込んだ観光客のほとんどが、この駅で
降りて猫村を目指す。

IMG_9748_201605292212027d6.jpg

もう少し、この集落で猫達との出会いを楽しもうっと!

関連記事

| 台北 | 00:00 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Re: タイトルなし

pregoさん!まいどです!

> こんにちは!

こんにちは!

> 私も十分にいくときに猴硐で乗り換えましたが、当時は猫がちょっといる程度で猫村ではなかったんですよね~。

さすが!もう行かれてましたか!
なるほど、もともと猫はいたけれど・・・って感じなんですね~
今は、駅のホームに降りただけでも猫に遭遇しますよ~

> もともと炭鉱の街だったので、なんかその名残で大きな工場が駅から見えた覚えがあります。

駅の近くに大きな炭鉱跡がありますね。
そもそもこのローカル線も石炭を運ぶ為に、造られたとか。

> でも今度行くときは私も猫と遊びたいので、じっくりここで時間を取りたいです!

数日かけてこのローカル線を堪能するのもいいですね!
十扮もふんいきありますし、滝を見に行くとかハイキングも
楽しそうです!


| Chempaka | 2016/06/06 00:01 | URL |

Re: タイトルなし

霧のまちさん!まいどです!

> 猫の村ですね。テレビで見ましたよ。
> でもいい感じのところですね~。

お~、テレビでもやってましたか!
本当に最近、このローカル線が有名になっていて
日本人の観光客もたくさんいましたよ。

九扮に行くのにも便利だし、おススメです!


> それにしても駅名の漢字が凄い・・・。読めませんね。

はい。読めません(苦笑)

| Chempaka | 2016/06/05 23:57 | URL |

Re: タイトルなし

Yottittiさん!まいどです~~!

> 今は世界中、猫ブームなのでしょうか~
> わざわざ、猫村を目指すなんて、マニアックですね

九扮へ行くついでにガイドブックにも紹介されてる
ローカル線に乗っただけです(笑)
猫村だけでなく、十扮とか個性的な町も通るローカル線で
最近は観光客もたくさん訪れます。

日本人もたくさんいましたよ!

> 街も鄙びていて雰囲気がありますね
> 街おこしまで担う猫ちゃん、すごいですね

その鄙びた集落の様子と猫のマイペースの様子が
絶妙にマッチして、雰囲気の良い猫村に仕上がって
ましたよ!


| Chempaka | 2016/06/05 23:55 | URL |

Re: タイトルなし

ちょいバリさん!まいどです!

> こういう電車旅、あこがれますね。
> でも旅慣れた人でないと無理でしょう。

それが最近、どんなガイドブックにも紹介されるようになって
行きやすくなってます。
その為、このローカル線の知名度も上がってきているようで
観光客がたくさんいます。

> 猫村の存在自体が面白い。
> 猫で町おこしをしたんでしょうか。

昔は炭鉱で栄えた町ですが、今は猫で町おこしを狙ってるようです。

| Chempaka | 2016/06/05 23:51 | URL |

Re: 猫村の猫小屋

yokoさん!まいどです!

> こんばんは。

こんばんは!

> 民家は、湿気の所為もあってか、大分傷んでいる様子も見えますね。

はい。集落の大半は年代を感じさせる古い家屋が多く
小雨の降る肌寒い天候もあってか、なんだが寂しい
感じがしました。

> 猫小屋のペンキが新しそうなのと、雨よけのプラスチックの組み合わせが、何とも云えず。。。猫の慌てない様子もいいですね。

かつては炭鉱の町として栄えていたのですが、最近は猫で
町おこしを狙っているのか、猫関係の施設は新しくきれいでした。

ま、猫はどんなときもいつでもマイペースですね(笑)

| Chempaka | 2016/06/05 23:47 | URL |

こんにちは!
私も十分にいくときに猴硐で乗り換えましたが、当時は猫がちょっといる程度で猫村ではなかったんですよね~。
もともと炭鉱の街だったので、なんかその名残で大きな工場が駅から見えた覚えがあります。
でも今度行くときは私も猫と遊びたいので、じっくりここで時間を取りたいです!

| prego | 2016/06/03 20:06 | URL |

猫の村ですね。テレビで見ましたよ。
でもいい感じのところですね~。
それにしても駅名の漢字が凄い・・・。読めませんね。

| 霧のまち | 2016/06/03 15:48 | URL | ≫ EDIT

今は世界中、猫ブームなのでしょうか~
わざわざ、猫村を目指すなんて、マニアックですね
街も鄙びていて雰囲気がありますね
街おこしまで担う猫ちゃん、すごいですね

| Yottitti | 2016/06/01 18:03 | URL | ≫ EDIT

こういう電車旅、あこがれますね。
でも旅慣れた人でないと無理でしょう。
猫村の存在自体が面白い。
猫で町おこしをしたんでしょうか。

| 親父 | 2016/05/31 17:57 | URL | ≫ EDIT

猫村の猫小屋

こんばんは。
民家は、湿気の所為もあってか、大分傷んでいる様子も見えますね。
猫小屋のペンキが新しそうなのと、雨よけのプラスチックの組み合わせが、何とも云えず。。。猫の慌てない様子もいいですね。

| yokoblueplanet | 2016/05/31 17:39 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nonachempaka.blog69.fc2.com/tb.php/560-865924e7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。