アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ブータン・ポブジカ~オグロヅルを観察しながらトレッキング


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

ガンテ・ゴンパの参道を逸れて、オグロヅルを観察しながら
ホテルまでトレッキング。

このポブジカを有名にしているのはオグロヅルの越冬場所と
なっているからだが、別にブータンでは野生動物は珍しくない。
しかし、人里のど真ん中で越冬する鶴をブータンの環境政策の
目玉として保護に力を入れており、そんな鶴がどんなものなのか
興味が湧くものだ。

広々としたポブジカの緩やかな谷は標高3300mの所にあって
ブータンでも寒さが厳しい所。

IMG_2802_20160306213948cc5.jpg

その標高と寒さで米や麦の栽培に適さず、人々はヤクや羊の
放牧を行い、チーズやバターを作っている。

日本の番組でポブジカが紹介された時に「鶴をとるか電気のある暮らしをとるか」
のような内容だったらしいが、すでに地下ケーブルによる電化が完了しているらしい。

景観はもちろん、鶴が感電死しないようにとのブータン政府の
保護活動の真剣さがわかるなあ~

IMG_2803_2016030621395786f.jpg

確かに寒い!もうすぐ日没なのだが、急速に気温が
下がっていくのがわかるぐらいだ。

さて、オグロヅルに出会う事ができるのかな?

IMG_2807.jpg

村から離れた針葉樹林の中を通って、オグロヅルの住む
湿地帯に降りて行く・・・

ブータンの旅行ではミニトレッキングしながら寺院や町に
向かう事をおススメします~。ただでさえ車の移動が多く
トレッキングは気分を開放的にさせてくれるし、人々の
生活にも触れられるしね。但し、呼吸はゆっくりと深く(笑)

IMG_2808.jpg

針葉樹林を抜けるとオグロヅルの住む湿地帯が広がる。

ヒマラヤ山脈を越えてやって来るオグロヅルを観察したければ
秋から春にかけてポブジカに来るのがいいのだが、ほんとここは
ブータンでも寒さで知られた所なので防寒はしっかりした方が
良さそうだ。

IMG_2811_20160306214210668.jpg

この広々とした谷のどこかにオグロヅルがいるハズなのだが・・・

鶴は放牧されているヤク等に混じって竹の地下茎とか昆虫を
食べているらしい。

寒いが歩いていて気持ちの良い場所であるなあ~

IMG_2809_20160306214219030.jpg

冷たい風に吹かれてはためくダルシン(経文旗)。

そのダルシンの由来も宗教感もピンとこない僕でも
何かとてつもなく大きなスピリチュアルな雰囲気は
感じる事ができる。

ブータンの象徴的な風景の一つだなあ~



そんなはためくダルシンの様子を撮影しました~
ほんと、幻想的です!

IMG_2827.jpg

谷を降りながら歩いていく・・・
オグロヅルがいないか時々、谷に目を凝らしながら歩くが
まだ発見できず・・・

双眼鏡を持って来れば良かったなあ~~

IMG_2847.jpg

見れなかった残念だなあ~なんて思っていたら突然目の前を
鳥の大軍が飛んで行く・・・

えっ!えっ!と慌ててシャッターを切る。

ガイドのペマがオグロヅルだよ!って教えてくれた。

おお!きれいだなあ~~
優雅な羽の動きに見惚れながら、歩くのをやめてしばし観察。

IMG_2843.jpg

おお!今度はまた違う群れが飛んでいるぞ!

ブータンの人々は鶴をトゥントゥンと呼んで天国の鳥として
大切にしてきたそうだ。

見れて良かった~~

IMG_2865.jpg

良く見ると地上にも鶴の姿が。

オグロヅルは世界に5000羽ほどしか生息していないらしく
その生態はあまり知られていないとの事。

ポブジカには毎年500羽ほどが飛来するそうな。

IMG_2845.jpg

はためくダルシンと天国の鳥のオグロヅル・・・
幻想的な谷の風景もあって、ブータン旅行で一番の
思い出深い体験となったなあ~

IMG_2880.jpg

標高3300m・・・

う~~ん、本当にここが天国の入口かも知れない??

関連記事

| ポブジカ | 00:00 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Re: タイトルなし

ちょいバリさん!まいどです!

> 天国の入り口に来ちゃいましたか~(笑)

あ~~、ここがあの世の入口かも?と
思わせるぐらいに幻想的な場所でした。

> 写真見てるだけで寒そうですわ。
> 親父は寒さダメです(27度<30度がベスト)
> 野生の鶴は1回だけ鳴子温泉で見たことあります。

ここはブータンでも寒さで知られた場所!
底冷えする寒さはなかなかのもの!

僕も寒いのは苦手~~
日本の寒い時期は東南アジアで過ごしたいです!


| Chempaka | 2016/04/17 13:20 | URL |

Re: タイトルなし

霧のまちさん!まいど~~

> きれいなツルを見れて良かったですね。

けっこう大量に見れました!

> 確かテレビで私も見ましたよ、こんな風景の中で
> ツルを待つ番組でした。 チベット仏教の祈祷旗は本当に
> 雰囲気ありますよね。 チョルテンやルンタなんかも。

見晴らしの良い幻想的な場所にはためくダルシンの様子は
あの世の入口か?と思わせるほどに心をファンタジーに
してくれます。

で、オグロヅルがチベットからやって来ると言うのも感慨深いものが
あります~

ブータンはどこの景色も雄大ですが、特にここの渓谷は印象に残っています。


| Chempaka | 2016/04/17 13:16 | URL |

Re: ヒマラヤを越える鶴

yokoさん!まいどです!

> こんばんは。

こんばんは!

> 以前ナショナル・ジオグラフィックだったか、ヒマラヤを越える鶴の話が放映された事があります。飛び越える山の高さが高さなので、季節風の到来を待たねば出来ない命を賭けた山越え、その風が吹くと一斉に飛び立つ鶴の群れの姿が圧巻でした。
> その鶴がこのオグロヅルなのでしょうか?!
> 山を越えて飛ぶ姿を一度は見たいと思いながら、もう10年位が過ぎてしまったような。。。

あっ!それは間違いなくオグロヅルの事だと思います!
チベットからヒマラヤを越えてやって来るのですから大したものですね。
毎年10月ごろに飛来して、3月にはチベットに帰っていくそうですが。

鶴の観察センターもあったりと世界中に5000羽ほどしかいないと
言われるオグロヅルの保護活動も盛んな様子です。

| Chempaka | 2016/04/17 13:09 | URL |

Re: タイトルなし

pregoさん!まいどです!

> おはようございます〜

おはようございます~

> 素晴らしい!
> 絶景ですね。ここでこんな綺麗な景色をみていたら、ぼーっとしてる間に召されそう〜〜
> 大草原が本当にいいですね!
> オグロツル、見られて良かったですね!大量?に!(^^)

たいていダルシンがはためく所っているのは見晴らしが良くて
神秘的な所が多いですが、ここのダルシンは圧倒的な存在感でした!

あっ!ここがあの世への入口かも?と思えるぐらい、気持ちも
ファンタジーになってしまいます。

結果的に大量に見れました!ラッキーだったと思います!

| Chempaka | 2016/04/17 12:57 | URL |

Re: タイトルなし

Yottittiさん!まいどです!

> ブータンは自然を大切にし、人にも動物にも優しい国ですね
> 人がいないこれだけの大草原をぼんやり歩いてると、あまりにも雄大で、考え方を一新させちゃいそうです

ブータンの景色はどこを見ても雄大かつ幻想的!
とくにここは印象に残っていますねえ~

> 寒い中空気がぴんーと張る中で、山々が幻想的ですね

その山々と風に吹かれてはためくダルシンの光景は人の世では
ないよう。世界には色んな場所があるんだなあ~と改めて旅の
醍醐味をかみしめました~

> そして多くのオグロヅルとの出会いは、感慨深いです~
> 双眼鏡がなくても、デジカメで拡大してその姿を見れたのではないでしょうか
> 一生懸命生きる姿には心打たれますよね

自然系の旅をする時は双眼鏡が必須だと思いました!
デジカメの拡大は飛んでる鳥には無力でした~

ヒマラヤを越えてやってくるオグロヅルの生命力と
美しさに見惚れてました!

| Chempaka | 2016/04/17 12:53 | URL |

天国の入り口に来ちゃいましたか~(笑)
写真見てるだけで寒そうですわ。
親父は寒さダメです(27度<30度がベスト)
野生の鶴は1回だけ鳴子温泉で見たことあります。

| 親父 | 2016/04/14 22:42 | URL | ≫ EDIT

きれいなツルを見れて良かったですね。
確かテレビで私も見ましたよ、こんな風景の中で
ツルを待つ番組でした。 チベット仏教の祈祷旗は本当に
雰囲気ありますよね。 チョルテンやルンタなんかも。

| 霧のまち | 2016/04/14 12:03 | URL | ≫ EDIT

ヒマラヤを越える鶴

こんばんは。
以前ナショナル・ジオグラフィックだったか、ヒマラヤを越える鶴の話が放映された事があります。飛び越える山の高さが高さなので、季節風の到来を待たねば出来ない命を賭けた山越え、その風が吹くと一斉に飛び立つ鶴の群れの姿が圧巻でした。
その鶴がこのオグロヅルなのでしょうか?!
山を越えて飛ぶ姿を一度は見たいと思いながら、もう10年位が過ぎてしまったような。。。

| yokoblueplanet | 2016/04/12 23:18 | URL |

ブータンは自然を大切にし、人にも動物にも優しい国ですね
人がいないこれだけの大草原をぼんやり歩いてると、あまりにも雄大で、考え方を一新させちゃいそうです
寒い中空気がぴんーと張る中で、山々が幻想的ですね
そして多くのオグロヅルとの出会いは、感慨深いです~
双眼鏡がなくても、デジカメで拡大してその姿を見れたのではないでしょうか
一生懸命生きる姿には心打たれますよね

| Yottitti | 2016/04/12 16:03 | URL | ≫ EDIT

おはようございます〜

素晴らしい!
絶景ですね。ここでこんな綺麗な景色をみていたら、ぼーっとしてる間に召されそう〜〜
大草原が本当にいいですね!
オグロツル、見られて良かったですね!大量?に!(^^)

| prego | 2016/04/12 09:28 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nonachempaka.blog69.fc2.com/tb.php/553-3e7d748c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。