アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

インド・ジャイプール~アンベール城の内部へ


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

ゆらりゆらりと象に揺られながらアンベール城に入城。
さっそく、ガネーシャ門をくぐって奥深くへ・・・

しかし、このガネーシャ門の美しは素晴らしい!
隙間なく装飾が施されているが、不思議とゴチャゴチャした
雰囲気はないなあ~。非常に壮麗である。

IMG_0501.jpg

装飾を間近で見る・・・

あまり美しくないなあ~~・・・

IMG_0502.jpg

おお!これは細かく描かれており、綺麗だ!
職人によって力量の差が出るのかな?

IMG_0490_20160111231552d4e.jpg

象を降りた、ジャレブ・チョウクの様子を眺める・・・
ジャレブ・チョウクは宮殿の前庭で、宮殿を管理する部署の
建物が囲っている・・・

IMG_0491_201601112316118c0.jpg

宮殿内の豪華な装飾や凝った造りの建物はない。
まさに宮殿内は別世界であるなあ~

IMG_0513.jpg

勝利の間(ジャイ・マンディル)を前庭から見る。
庭の手入れはマメにされているようで美しい・・・

IMG_0515.jpg

勝利の間は貴賓謁見の間(ディーワーネ・カース)として
用いられ、ガラスなどを埋め込んだ天井の花柄模様が
素晴らしい!

IMG_0520_2016011123195709f.jpg

奥には鏡の間(シーシュ・マハル)があり、壁と天井一面に細かな鏡が
埋め込まれ、キラキラと輝いて美しい。贅沢の極み!

IMG_0516.jpg

埋め込まれた鏡がキラキラと鈍い輝きを放つ・・・

IMG_0522.jpg

何気ない柱にも大理石の凝った彫刻が・・・
葉や花びらの質感が素晴らしいなあ~

アンベール城、外観からは想像できない、優雅で繊細な
空間が広がっていた・・・


関連記事

| ジャイプール | 00:00 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Re: タイトルなし

pregoさん!まいどです~~!

> す、すごいきれいです!!
> なんだかきれいすぎて、テーマパークにもみえるくらいです。
> 門のところ、本当に美しいですね。

要所要所の装飾は凄く緻密で美しいですねえ~~
この門なんかは、どこも一切手抜きなし!って感じで素晴らしい
装飾の作り込みです。

> 超ドアップにしてみちゃいました。
> タイルなんですかね。これもキレイ~

中東あたりの文化がプンプンする装飾です!

旅先で感動した装飾をアップで撮るのがクセになってます(笑)

> でも本当に職人さんによって細かさとか違う気が…。

職人さんによって技量がまちまちなのが伺えますね!
ただ一見素晴らしい装飾でも見えない所の処理がいい加減だったり
全く装飾されていなかったりするんですよね~~

日本人なら見えない所も完全に同じクオリティーで仕上げるのですが
そういう面は日本人の職人気質、完全主義を感じます。
が、世界では時にそれが、だから日本は効率が悪い!無駄な労力だ!(過剰品質)と
揶揄される事にも・・・

> 中国もそうなんですが、細かく素晴らしいものがたくさんあるのに、
> 中国だとパクリ、インドだとなんだか野蛮な行為が繰り広げられていたりして…
> なんでそんなことになってしまうのかなと不思議に思ってしまうこともあるんですね~

パクリは手っ取り早いですからねえ~~
それを恥と見るか、効率が良いと見るか・・・
パクってこれこそがオリジナルだ~~!と声高にアピール・・・
少なくとも日本人の気質では理解不能ですね!

| Chempaka | 2016/02/07 00:04 | URL |

す、すごいきれいです!!
なんだかきれいすぎて、テーマパークにもみえるくらいです。
門のところ、本当に美しいですね。
超ドアップにしてみちゃいました。
タイルなんですかね。これもキレイ~
でも本当に職人さんによって細かさとか違う気が…。
中国もそうなんですが、細かく素晴らしいものがたくさんあるのに、
中国だとパクリ、インドだとなんだか野蛮な行為が繰り広げられていたりして…
なんでそんなことになってしまうのかなと不思議に思ってしまうこともあるんですね~

| prego | 2016/02/01 22:12 | URL |

Re: タイトルなし

霧のまちさん!まいどです!

> インドでの装飾はイスラム以外にもいろんな要素が
> 入っていて優美な妖しい美しさがありますよね~。

そうですね!ただ美しいだけでなく、感性に訴える妖しさは
感じますね~。魅了されるというか・・・

> そのガラスを散りばめた壁面の美しさには驚きました。
> 最後のユリのような大理石の彫刻には何かの含みが
> あるそうです。 ガイドに当時聞いたのですが・・・
> 忘れました。(笑)

不思議とガラスを散りばめた壁ですがガヤガヤしてなくて
全体としてまとまっているなあ~という印象でした。

ユリの彫刻について調べましたが出てきませんでしたが
唯一、花以外の生物をモチーフにした彫刻だそうです。


| Chempaka | 2016/01/31 22:38 | URL |

Re: タイトルなし

Yottittiさん!まいど~!

> ガネーシャの門も、今まで見てきたお城とは違って、淡い色彩で装飾がきれいでうっとりしました
> そして
> 何といってもこの勝利の間は美しかったですね~
> ここは忘れられません

インドではタージ・マハルも確かに印象的でしたが
アンベール城の方がワクワク観光した思い出があります。

豪華絢爛な勝利の間とその庭園・・・
美し過ぎましたねえ~

広いだけでなくきっちりと整備された庭でいろんな花が
咲き乱れて・・・

> 細かい幾何学模様に華やかな世界に、インドの帝国だった時代を想像するとびっくりしました
> インドって奥深いなって思いました
> またインドに行きたいです!

今のインド人にこんな仕事が出来るかは疑問ですが(苦笑)
インドに行くならもっと北の地方か、アジャンタ・エローラを
観に行きたいなあ~

| Chempaka | 2016/01/31 22:26 | URL |

Re: タイトルなし

ちょいバリさん!まいどです!

> インドにおいての大理石の彫刻は素晴らしくて当たり前、という気がしてきますね。
> でもこの庭の造り方、他に見たこと無いようなデザインで素晴らしいですね。

年月で風化や傷みが見られる彫刻もありますがキレイで
素晴らしい物が多いです。

広々とした芝生が一面に広がっているだけの庭園が多い中で
ここの庭園はいろんな花が咲き乱れ、ほっこりした雰囲気の
庭でした。

| Chempaka | 2016/01/31 22:18 | URL |

インドでの装飾はイスラム以外にもいろんな要素が
入っていて優美な妖しい美しさがありますよね~。
そのガラスを散りばめた壁面の美しさには驚きました。
最後のユリのような大理石の彫刻には何かの含みが
あるそうです。 ガイドに当時聞いたのですが・・・
忘れました。(笑)

| 霧のまち | 2016/01/27 20:44 | URL | ≫ EDIT

ガネーシャの門も、今まで見てきたお城とは違って、淡い色彩で装飾がきれいでうっとりしました
そして
何といってもこの勝利の間は美しかったですね~
ここは忘れられません
細かい幾何学模様に華やかな世界に、インドの帝国だった時代を想像するとびっくりしました
インドって奥深いなって思いました
またインドに行きたいです!

| Yottitti | 2016/01/27 19:09 | URL | ≫ EDIT

インドにおいての大理石の彫刻は素晴らしくて当たり前、という気がしてきますね。
でもこの庭の造り方、他に見たこと無いようなデザインで素晴らしいですね。

| 親父 | 2016/01/27 10:28 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nonachempaka.blog69.fc2.com/tb.php/538-5cde7a73

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。