アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

カンボジア・アンコールワット遺跡群~西バライをボートで①


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

アンコールワットから登る朝日を堪能後、一路シェムリアップ
空港方面へ・・・

次に訪れる遺跡は西バライというアンコールワット王朝時代に
築かれた人工の貯水池に浮かぶ西メボンという名の遺跡だ。

東にもかつては巨大な貯水池があり、そこに浮かぶ東メボンという
名の遺跡があるが、水はすでに干上がってしまい遺跡だけが残る。

IMG_7066.jpg

これはアンコールバルーン。アンコールワットからの朝日を
楽しんだ観光客を乗せたバルーンは仕事を終えて地上に
降りてきたようだ。

IMG_7075.jpg

20分ほどで西バライに到着。
早朝の西バライには観光客の姿もなく、ひっそりとしている・・・

西メボンの遺跡に向かうにはここでボートをチャーターしなければ
ならないのだが・・・交渉すると往復20ドル!との回答・・・高い!

せっかくここまでやって来たし、こんなチャンスはもうないかもと
思うと払うしかないかなあ~~・・・

トゥクトゥクのドライバーも初めて訪れるようで、一緒に行く気満々だ(笑)

IMG_7080_20151012005637071.jpg

堤防を降りてボートへと向かう・・・

本来ここでも遺跡見学用のパスを見せないといけないのだが
そんなスタッフはどこにもいない・・・

IMG_7081.jpg

ボートに乗り込みいざ出発!

貯水池の中央あたりに小島のようなものが見える。
アレが西メボンの遺跡がある場所だ・・・



ボートはインドシナ半島の国々で良く見る、車のエンジンにプロペラを
取り付けたシャフトを直結した物。

カラカラカラと軽い音を出しながらゆっくりと進んで行く・・・

IMG_7084.jpg

天気は生憎の曇り空。
早朝という事もあって少し肌寒い・・・

IMG_7098.jpg

遠くにプノン・バケンの遺跡がある山が見えた。
そういえば、プノン・バケンから眺める夕陽は
この西バライの水面に反射してとてもキレイだったなあ~

IMG_7100.jpg

この巨大な貯水池では漁も盛んなようだ・・・
乾季という事もあるのだろうか?水位が低く水草が凄く目立つ。

IMG_7090_201510120058097c8.jpg

岸辺では多くの人々が集まり網の手入れや
獲れた魚の仕分けをしていた。

昔に造られた人工の貯水池は現代になっても周辺の田んぼに
水を供給しており、現役らしい。

今でも人々に無くてはならない存在なのだ・・・

IMG_7103.jpg

ボートは西メボンに到着。ここからは歩いて遺跡に向かう。
恐らく雨期の時はもう少し遺跡に近い所までボートで行けるのだろう。

IMG_7105.jpg

島の中央付近に遺跡を発見。
回廊の一部のようだ・・・

昔は大きな寺院が建っていたと思われるが今では
その姿を想像するしかない・・・

IMG_7112.jpg

もう少しこの島を探検してみよう!

続く・・・
関連記事

| アンコールワット遺跡群 | 00:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Re: タイトルなし

Yottittiさん!まいどです!

> ボートは高いけど、ドライバーもくっついてくるなんて面白いですね

どさくさに紛れて便乗してましたね(笑)
彼も行った事がない遺跡だったようで、楽しんでましたよ!(笑)

> みんなが見つめる視線が熱いですね(笑)
> それほど出かける方は少ないのでしょうね

一応、ツーリストインフォメーションもある観光地なんですよ。
視線が熱いのは好奇心旺盛の地域性なのかな?
インド人とは視線の質が違います!(爆)

> のんびりしたところを進みながら、観光するのもいいですね
> それにプノン・バケン遺跡がきれいに眺められて素敵です

シェムリアップも少し離れるとこんな感じですよね!
空港の方角ですが、最初空港に着いた時も田舎やな~って
思いましたからね~~

プノンバケンの人の多さとは対照的な人の少なさでした(笑)

> 西メボンの遺跡も手つかずなのか、埋もれてるのか、壊れてしまったのか・・・
> 何か壮大なロマンがありそうです

もうほとんど残ってませんでした。
回廊の一部ぐらい。あとは王の胸像が発見された井戸かな。

| Chempaka | 2015/11/14 16:28 | URL |

Re: タイトルなし

霧のまちさん!まいどです!
ここんとこ毎日残業続きで・・・すみません。
記事は自動更新なんです。

> 一般にそれほど知られていない遺跡なんでしょうか?
> Chempakaさん 凄いですね~。

シェムリアップも2回目になるとマイナーな所にも
行きたくなるわけです(笑)

> 遺跡好きにもホドがある!(笑)

特にクメール遺跡にはハマってしまいましたね。
レリーフ、デバター、建築様式、ヒンドゥー、仏教・・・
要素要素のミックス具合が素晴らしいです!

いや~、霧のまちさんもハマれば僕のような性格のような?(笑)

> それにしても静かでのどかすぎる風景ですね。
> もちろんアジアっぽいですが。
> やっぱりここも茶色の水ですね。

マイナーな遺跡と言ってもちゃんとツーリスト用のオフィスも
ある観光地なんですけどね。確かにのどかすぎますね~~
遺跡探訪と合わせて2度美味しい旅がここではできます。

メコン程ではないですけどね。
やっぱりここも赤土地帯ですから。



| Chempaka | 2015/11/14 16:19 | URL |

Re: 高い。。。

yokoさん!まいどです!

> こんばんは。

こんばんは!

> トゥクトゥクの安さと便利さに慣れてしまうと、観光地の他の乗り物の値段が異常に高いと感じられてしまいますね。

それにカンボジアの人々はびっくりするような金額を
ふっかけてくる事も少ないですし。信用できます。
基本的に純朴そうなトゥクトゥクの運転手が多いように
思います。

> あのトゥクトゥクの風を感じながら移動する感覚、もの凄く懐かしいです!

それが醍醐味ですよね!
汗だくになりながら遺跡めぐりを終えた後、走るトゥクトゥクの風が...
疲れもとれますよね!

> 運転手も親切で、それなりに英語を理解するし、とっても助かりました。

フレンドリーですよね!
僕の時はドライバーも行った事のない遺跡ばかりを巡るので
付いてきてましたね~

| Chempaka | 2015/11/14 16:07 | URL |

ボートは高いけど、ドライバーもくっついてくるなんて面白いですね
みんなが見つめる視線が熱いですね(笑)
それほど出かける方は少ないのでしょうね
のんびりしたところを進みながら、観光するのもいいですね
それにプノン・バケン遺跡がきれいに眺められて素敵です

西メボンの遺跡も手つかずなのか、埋もれてるのか、壊れてしまったのか・・・
何か壮大なロマンがありそうです

| Yottitti | 2015/11/09 12:29 | URL | ≫ EDIT

一般にそれほど知られていない遺跡なんでしょうか?
Chempakaさん 凄いですね~。
遺跡好きにもホドがある!(笑)
それにしても静かでのどかすぎる風景ですね。
もちろんアジアっぽいですが。
やっぱりここも茶色の水ですね。

| 霧のまち | 2015/11/06 10:20 | URL | ≫ EDIT

高い。。。

こんばんは。
トゥクトゥクの安さと便利さに慣れてしまうと、観光地の他の乗り物の値段が異常に高いと感じられてしまいますね。
あのトゥクトゥクの風を感じながら移動する感覚、もの凄く懐かしいです!
運転手も親切で、それなりに英語を理解するし、とっても助かりました。

| yokoblueplanet | 2015/11/05 19:01 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nonachempaka.blog69.fc2.com/tb.php/520-6e23d764

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。