アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

マレーシア・マラッカ~ババ・ニョニャ文化に触れる旅①


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

関西国際空港からエア・アジアで6時間余りでマレーシア
クアラルンプール郊外のLCC専用ターミナルのKLIA2に到着。

真新しいこのターミナルはLCC専用ながらも巨大で広大!
なんと言っても最近伸び盛りのエア・アジアの本拠地でもある!

でも細かい所を見るとやっぱりLCC専用だなあ~と思う事は多い・・・
例えば建物の造りが簡素、長いコンコースであっても動く歩道が少ない等々
こういう所もしっかりと節約して経費を抑えているんだよなあ~

で、巨大なターミナルを出て地下へ・・・
ここでマラッカ行きのタクシーチケットを購入する。
マラッカへはバスで行くか、タクシーで行くかで迷ったがバスは
時間が掛かるのとマラッカの観光地から離れたバスターミナルに
到着するので乗継が面倒・・・

という事で、高いがタクシーを利用する事にする・・・

IMG_1423.jpg

チケットはマラッカまで159リンギット(約4500円)・・・
時間と利便性を今回は優先だ・・・
帰りは安いバスにしようっと(苦笑)

タクシーを降車する時にこのチケットを渡せばOK!

IMG_1433.jpg

約2時間でマラッカのホテルに到着。
今回宿泊するホテルはマラッカチャイナタウンにあるホテル・プリだ。
「チャイナ・タウンで一番趣があるホテル」という口コミで選んだホテル。

プラナカンスタイルの家屋を改装した歴史を感じさせる
小さなホテルだ。

IMG_1432.jpg

ロビーには重厚な中国っぽい家具類が置かれババ・ニョニャ文化を
感じさせるなあ~~

ババ・ニョニャ文化とは?

中国本土から渡ってきた男性と地元マレーシア人の女性が結婚して
生まれた子孫のうち、男性が「ババ」、女性を「ニョニャ」と呼ぶ。
生活スタイルはマレー語を話し、食や衣服にマレースタイルを取り入れる
一方で、冠婚葬祭は中国古来の風習を守っている・・・

このホテルはそんなババ・ニョニャ達がこの地で財を成し、建てた家屋を
改築したものなのだ。

IMG_1427.jpg

建物は古いが客室は新しくて清潔。
壁に取り付けられたテレビが雰囲気から浮いているけど・・・

IMG_1426.jpg

ベッドのシーツもパリッとしていて心地よい。
新しいがホテルのイメージを極力壊さないデザインが良い。

IMG_1428_20150906181616465.jpg

バスタブこそないがちゃんとお湯も出る。
但し、お湯のシャワーを使用する前にボイラー?のスイッチを
ONにしておく必要がある・・・
最初、これを知らなくて全裸のままシャワーからお湯が出るのを
待っていたっけ・・・(苦笑)

IMG_1434_20150906182003d72.jpg

とりあえず夕食に出かける・・・
ホテルの周りはそんなババ・ニョニャ文化の家屋がずらりと並ぶ・・・
少し、ベトナムのホイアンに似ているかな?

IMG_5051.jpg

夕食はさっそくババ・ニョニャ料理を!という事で歩き回るも
夜20時を過ぎるとどこのレストランも閉まっている・・・
そう、ここマラッカはクアラルンプールからの日帰り観光客が多く
泊りで滞在する観光客が少ない事もあって、夜遅くまで営業する
レストランやバーは非常に少ないのだ・・・

少ない選択肢の中、飛び込んだレストランで料理選び・・・

IMG_5058.jpg

炒飯(中華風炒飯に辛いマレー風サンバルをかける)と
ローストチキンはスパイシーかつジューシー!八角風味が中華風か?

腹が減っていたので一気に食べてしまった(笑)
まあまあのお味でした・・・

関連記事

| マラッカ | 00:00 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Re: はじめまして。

syotaさん!はじめまして!

> こんばんは。
> 以前からブログ拝見させて頂いてます。
>
> 色々な情報やたくさんの写真
> とても面白く見ています。
>
> ブログ運営大変だと思いますが
> 陰ながら応援しています。
> これからもちょくちょくお邪魔させてもらいますね!
>
> 失礼します。

コメントありがとうございます!
マイペースな旅ブログですが、突っ込みどころがあれば
お気軽にコメントを残して下さい!

引き続き、宜しくお願い致します!

| Chempaka | 2015/09/22 20:52 | URL |

Re: 時期的に同じ?

yokoさん!まいどです!@高雄

> こんばんは。

こんばんは!

> ホイアンも中国の影響が大きいですね。お寺さんで使われていた文字も中国語、確かあのお寺さんは遭難した中国人漁夫を助けたことを記念していた?ようなことが書かれていたとの記憶ですが。。。

ホイアンに点在する中国寺院にはそんなエピソードがあるんですねえ~
ホイアンも15世紀には交易の町としてアジアでは知られた町だったそうですし
マラッカと同じくらいの時期なのかもしれません。

ただマラッカは中東や東アジアとの交易も盛んだったので
非常に賑やかだったと思います~

> 山を越えてベトナム、ラオス、ミャンマーほかへと流れ出して来る中国系の人々が多いだけでなく、海側から漂着する人も多かったそうで。。。マダガスカルにも漂着した中国人子孫たちが作った集落があり、すっかりマダガスカル人になってましたね。。。
> まだまだ興味深い場所が多いですね!

さすがですね!新天地を求めて昔から中国人はあちこちへ!
チャイナタウンのない都市を探す方が難しいぐらいに、今でもアジアでは
華僑のパワーは健在ですね~~

| Chempaka | 2015/09/22 20:50 | URL |

Re: タイトルなし

霧のまちさん!まいどです!@高雄

> ホテルはやっぱり雰囲気ありますね~。
> ボイラーのスイッチを先に入れるんですか!ふうん・・・
> でも皆、ハダカで一度は失敗しそうですね。笑

数分間、間抜けな時間を過ごしました(笑)
このタイプは初めてだったので勉強になりましたが・・・

重厚な家具、調度品は中華を感じました!

> レストラン、早く閉まりすぎですね。
> でも食べ物は美味しそうです。

日帰りでクアラルンプールから来る観光客がほとんどのようです。
昼間はレストランとかカフェとかたくさん営業しているのに夜に
なるとほとんど閉まるんです!参りました・・・

| Chempaka | 2015/09/22 20:36 | URL |

Re: タイトルなし

ちょいバリさん!まいどです~@高雄

> 写真から見ると確かにホイアンに似てますね。
> bapak/nyonya文化、マレー語だとだんな様・奥様文化?
> ローストチキンうまそうだ!

ホイアンの街並みを近代化して道路を広くした感じですかね~
インドネシア語とマレー語は共通語が多いですねえ~
中国語男性(bapak)とマレー系女性(nyonya)・・・
中華系プラナカン文化と呼べばいいでしょうか??

ローストチキンは八角味が効いてますがジューシーで
臭くなく美味しかったです!

| Chempaka | 2015/09/22 20:32 | URL |

Re: タイトルなし

pregoさん!まいど~~@高雄

高雄。台北とはまた違う雰囲気で良いですね!
料理も海鮮物が多いですねえ~

> おおーここにとまったんですね~
> いいなーいいなー
> 私もこういうプラナカンスタイルのホテルに泊まりたかったで、
> 今回写真が見られてうれしいです!
> こぢんまりしていますが、きれいですね!

どうせマラッカに泊まるならババ・ニョニャ文化を
感じる場所とホテルで!と思ってましたから・・・
結果的に良い選択だったと思います!

> そうそう、私はシンガポールからバスで行きましたが、
> 本当に町から離れているんですよね~
> 帰りはバス乗られましたか?

そうなんですよね~~
バスステーションが少し離れているんですよね!
帰りは安くあげるためにバスでKLまで行きました(笑)

> もう少し中心地に止まってくれればいいのにー
> チャーハンおいしそうです(^^)

まあ、アジアのバスステーションってどこでも辺鄙な
場所にありますからねえ~~
安いけど時間と効率を考えると犠牲も多いです~
短い滞在なら特にね!

| Chempaka | 2015/09/22 20:24 | URL |

Re: タイトルなし

Yottittiさん!まいど~~@高雄

> ババ・ニョニャ文化っていうのですね
> 街の通りも、ホテルのロビーもすごく雰囲気があって素敵ですね

建築も料理も中国文化とマレーシア文化が融合して
独特な物となってます~

重厚な家具類は中国っぽくてここはマレーシア?って感じです。

> お部屋も中華風なところがあり、何より清潔感があるのがいいですね
> お湯とか水回りのシャワーは最初使い方に苦労しますよね
> お水しか出なかったらびっくりしちゃいそうですーーー

数分間、お湯が出るのをぼーっと裸で待ってました(笑)
こういうスタイルのシャワーは初めてで勉強になりました。

部屋は清潔に限りますよね!

> まだまだ観光地とはいえ、遅くまで開いてるお店がないと苦労しますよね
> でもマレーシアはお料理もお口にあうから安心ですね
> やはりマレーシアもサンバルなのですね

これにはビックリしました!
ほんと20時頃にはほとんどのレストランやカフェが
閉店してしまうんです!

KLからの日帰り観光客がほとんどで連泊して訪れる
観光客は非常に少数のようです~

インドネシア、マレーシア・・・食文化もよく似てますよね!

| Chempaka | 2015/09/22 20:17 | URL |

はじめまして。

こんばんは。
以前からブログ拝見させて頂いてます。

色々な情報やたくさんの写真
とても面白く見ています。

ブログ運営大変だと思いますが
陰ながら応援しています。
これからもちょくちょくお邪魔させてもらいますね!

失礼します。

| syota | 2015/09/18 21:16 | URL | ≫ EDIT

時期的に同じ?

こんばんは。
ホイアンも中国の影響が大きいですね。お寺さんで使われていた文字も中国語、確かあのお寺さんは遭難した中国人漁夫を助けたことを記念していた?ようなことが書かれていたとの記憶ですが。。。
山を越えてベトナム、ラオス、ミャンマーほかへと流れ出して来る中国系の人々が多いだけでなく、海側から漂着する人も多かったそうで。。。マダガスカルにも漂着した中国人子孫たちが作った集落があり、すっかりマダガスカル人になってましたね。。。
まだまだ興味深い場所が多いですね!

| yokoblueplanet | 2015/09/18 19:57 | URL |

ホテルはやっぱり雰囲気ありますね~。
ボイラーのスイッチを先に入れるんですか!ふうん・・・
でも皆、ハダカで一度は失敗しそうですね。笑
レストラン、早く閉まりすぎですね。
でも食べ物は美味しそうです。

| 霧のまち | 2015/09/17 20:56 | URL | ≫ EDIT

写真から見ると確かにホイアンに似てますね。
bapak/nyonya文化、マレー語だとだんな様・奥様文化?
ローストチキンうまそうだ!

| 親父 | 2015/09/17 08:40 | URL | ≫ EDIT

おおーここにとまったんですね~
いいなーいいなー
私もこういうプラナカンスタイルのホテルに泊まりたかったで、
今回写真が見られてうれしいです!
こぢんまりしていますが、きれいですね!

そうそう、私はシンガポールからバスで行きましたが、
本当に町から離れているんですよね~
帰りはバス乗られましたか?
もう少し中心地に止まってくれればいいのにー
チャーハンおいしそうです(^^)

| prego | 2015/09/16 22:16 | URL |

ババ・ニョニャ文化っていうのですね
街の通りも、ホテルのロビーもすごく雰囲気があって素敵ですね
お部屋も中華風なところがあり、何より清潔感があるのがいいですね
お湯とか水回りのシャワーは最初使い方に苦労しますよね
お水しか出なかったらびっくりしちゃいそうですーーー

まだまだ観光地とはいえ、遅くまで開いてるお店がないと苦労しますよね
でもマレーシアはお料理もお口にあうから安心ですね
やはりマレーシアもサンバルなのですね

| Yottitti | 2015/09/16 21:10 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nonachempaka.blog69.fc2.com/tb.php/510-ef578143

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。