アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

カンボジア・アンコールワット遺跡群~タ・ネイ~


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

最初にアンコールワットの遺跡群を見て帰国後、すっかりと遺跡の魅力に
はまってしまい、数冊の遺跡関係の分厚い本を購入して毎晩ワクワクしながら
読んでいたのだが、その中にタ・ネイと呼ばれる遺跡を知り、タ・ケウの近くに
あるこじんまりとした遺跡だが、あまり観光客にも知られておらず、今なお
ジャングルにひっそりと佇んでいるらしいではないかっ!
しかも日本のチームが修復に携わっているらしい・・・これは行かなければと
二回目の遺跡めぐり!タ・ケウを観光後、トゥクトゥクのドライバーと探しまくるも
なかなか見つけられず・・・そう、ドライバーも今まで聞いた事も行った事もないという・・・

写真はタ・ネイと思ってた遺跡が違う事が判明し、ドライバーが戻ってきた様子。

IMG_6762.jpg

舗装もされていない所々に深い水溜りのある小道を発見!
トゥクトゥクで進も途中でその水溜りが深くなりはじめ、トゥクトゥクが
スタックしたら大変なので歩いて進むことに・・・

もう、みんな意地になってきており、必ず見つけてやる!という
一心で歩き続けた・・・

20分ぐらい歩いた所で、ようやく遺跡に到達!
歩いて15分ぐらいの時には本当にこの先にあるのか?という
思いもよぎったが、歩き続けて正解だった・・・

IMG_6761.jpg

看板を見て安心したタ・ネイと書いてある!
日の丸の国旗がこの遺跡を修復しているのが日本である事を示している。

IMG_6768_20150411221556c76.jpg

では、早速中に入ってみる・・・

石材が散乱し、怪我をしないように注意深く中に進んで行かなければならない・・・

IMG_6774.jpg

御覧の通り、足の踏み場も無いほど石材が散らばっている・・・
ほとんど修復も進んでおらず、なるほど今もジャングルに佇む遺跡だ!
発見当時とあまり大差のない状況なんだろうと思う。

IMG_6776.jpg

最低限、崩落の恐れがある箇所だけを修復したという感じだ・・・
これだけそこそこの規模の遺跡なのにガイドブックに載っていないのは
アクセスしにくく、なんと言っても修復が完全でないので怪我の恐れが
あるからだろうなあ~

散らばる石材に登ったり、降りたり飛んで渡ったり・・・なかなかの冒険だ。

IMG_6779_20150411222217de1.jpg

ついこの間まで幻の遺跡と言われたシェムリアップ郊外のベンメリア遺跡も
きちんとした整備がされずに、このタ・ネイのように怪我を覚悟で観光をしたらしい。

ある意味、今ではタ・ネイの方が幻の遺跡にふさわしいかも?
観光客も全くおらず、僕らだけで遺跡を堪能・・・

耳を澄ませばシーンとしており、夢の中で遺跡を訪れているようだ・・・

IMG_6775.jpg

崩壊が進む建物・・・
でも、その様子が美しいと感じる僕は一体?

廃墟マニアっているけど、僕はその部類に入るのかも知れないな~~

テレビで見た長崎の有名な軍艦島の廃墟群を見ていいなあ~って
思ったし・・・

カンボジア以外に散らばるアンコールの遺跡も制覇したいと
ラオスにも行くし・・・

IMG_6769.jpg

この遺跡にもスポアンの巨大なヘビのような根が遺跡を
踏み付けている。

数年もすればさらに巨大な木になって遺跡をじわじわと崩壊させるのだろう・・・

IMG_6763_20150411221603eb4.jpg

ひっそりと魅力的なデバターがこっちを向いていた・・・

IMG_6786_201504112223429c1.jpg

このデバターは多くの人々に見られる事もなく、このまま静かに
崩壊してしまうのだろうか・・・

静かに誰にも邪魔されずにアンコール遺跡の「廃墟美」を楽しむなら
この遺跡は一番おススメです!

関連記事

| アンコールワット遺跡群 | 00:00 | comments:13 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Re: タイトルなし

ももくそさん、途中で返信してしまいました!

> ちなみに↓のカニの続きですが・・・。
> プーパッポンカリーを頼んでも、私は手が汚れるから卵の部分しか食べないんです。
> すると見かねたボーイがカニを剥いてくれて、それを食べてチップを払ってました・・・。
> お前!どんな女優だよっ?!な態度でした(笑)

ほんまですわ!どこの大女優ですかっ!?(笑)
僕も手が汚れるのは嫌だけど・・・ももくそさん、凄いわ!(笑)

もうソフトシェルクラブ一択で!!(笑)

| Chempaka | 2015/05/24 22:28 | URL |

Re: タイトルなし

ちょいバリさん!まいどです!

> 石の廃墟を見て連想してしまいました。
> 太平洋戦争のとき東京湾に作られた第三海哺を思い出しました。

第三海哺?知らなかったのでネットで調べました。
第一から第三まであったのですね!こんな物が作られていたのですね~
近代とは言え、こんな土木技術が日本にあったのにはびっくりしました!

> このまま修復のスピードよりも崩壊のスピードのほうが速いのでしょうか。

これ以上、崩壊しないような修復はされていると思いますが・・・
日本がチームとして携わっているので期待はできそうですが?


| Chempaka | 2015/05/24 22:22 | URL |

Re: タイトルなし

ももくそさん!まいどです~~!

> この遺跡私は好きですね~。
> 行った事ないけれど。
> と言っても、カンボジアでは遺跡周り過ぎて最後は飽きてどれがどれだか分からない状態になってました(笑)

ま、たいていの人はそうなるでしょうねえ~(笑)
遺跡の名前も似たようなものが多いですしね!

それでもやっぱり印象に残る遺跡と言うのはあるもので
まさにこの遺跡がそうなのであります。

> でもここは訪れていたら絶対に忘れない所だな~と思いました。

足を運ぶのもちょっと大変なんで忘れないと思いますよ~

> 廃墟って美しいですよ。
> 文明として一度は栄華したものが、今では無残な瓦礫になっているんですもの。
> これを見て何かを感じずにはいられません。

まさにその虜になっているんですよ!僕は!
この遺跡が現役だった頃を想像しているといろんな思いが湧いてきます。
昔から想像したり空想するのが好きなんで・・・

> 平家物語の冒頭の「祇園精舎の鐘の音~」は有名ですが、ここからの「たけき者も遂には滅びぬ、偏に風の前の塵に同じ」が最高に好きです。
> この1文だけでざっとドラマを感じます。

今日のももくそさんはなんか一味違いますねえ~~(笑)

どんな人間のどんな優れた営みも永遠の物はないんですよね。
形ある物は特に・・・

> 私も廃墟マニアかも・・・。

登山部に続いて廃墟部も作りますか?(笑)
隊長はももくそさんで!(笑)

> ついでに工場も「工場萌え」の本が出てから萌えるようになりました。

工場萌えねえ~~
僕はちょっと・・・(爆)




> ちなみに↓のカニの続きですが・・・。
> プーパッポンカリーを頼んでも、私は手が汚れるから卵の部分しか食べないんです。
> すると見かねたボーイがカニを剥いてくれて、それを食べてチップを払ってました・・・。
> お前!どんな女優だよっ?!な態度でした(笑)

| Chempaka | 2015/05/24 22:12 | URL |

Re: タイトルなし

ぴきさん!まいどです~~

> こんにちは!

こんにちは!

> すっ、すごい! というのが感想です。
> 今までみたアンコールワットの写真と全然ちがう。
> まさしく、遺跡のこれでもか状態ですね。

最低限の修復はされているのですが、この崩壊具合は
まさに遺跡!という感じでした。
ジャングルを歩いていたら偶然発見したような感覚・・・
遺跡の第一発見者になったような気分です。

> 長い間、この遺跡たちは、ジャングルのなかで、
> じーっと、存在してたんですね。

一番有名なアンコールワット寺院などはジャングルに
埋もれていた時代もひっそりと現地の人には存在は
知られていたらしく、信仰の対象になっていたようです。

この規模の遺跡になると誰にも知られずじーっと存在していたのかも
しれませんねえ~

| Chempaka | 2015/05/24 21:49 | URL |

石の廃墟を見て連想してしまいました。
太平洋戦争のとき東京湾に作られた第三海哺を思い出しました。
このまま修復のスピードよりも崩壊のスピードのほうが速いのでしょうか。

| 親父 | 2015/05/24 05:27 | URL | ≫ EDIT

この遺跡私は好きですね~。
行った事ないけれど。
と言っても、カンボジアでは遺跡周り過ぎて最後は飽きてどれがどれだか分からない状態になってました(笑)
でもここは訪れていたら絶対に忘れない所だな~と思いました。

廃墟って美しいですよ。
文明として一度は栄華したものが、今では無残な瓦礫になっているんですもの。
これを見て何かを感じずにはいられません。
平家物語の冒頭の「祇園精舎の鐘の音~」は有名ですが、ここからの「たけき者も遂には滅びぬ、偏に風の前の塵に同じ」が最高に好きです。
この1文だけでざっとドラマを感じます。
私も廃墟マニアかも・・・。
ついでに工場も「工場萌え」の本が出てから萌えるようになりました。

ちなみに↓のカニの続きですが・・・。
プーパッポンカリーを頼んでも、私は手が汚れるから卵の部分しか食べないんです。
すると見かねたボーイがカニを剥いてくれて、それを食べてチップを払ってました・・・。
お前!どんな女優だよっ?!な態度でした(笑)

| ももくそ | 2015/05/23 23:11 | URL |

こんにちは!

すっ、すごい! というのが感想です。
今までみたアンコールワットの写真と全然ちがう。
まさしく、遺跡のこれでもか状態ですね。
長い間、この遺跡たちは、ジャングルのなかで、
じーっと、存在してたんですね。

| ぴき | 2015/05/23 19:40 | URL |

Re: タイトルなし

Yottittiさん!まいど~~!

> ドライバーも間違うとは、まだまだ訪れる人が少ないのでしょうか
> もちろん私も行きませんでしたが~

まずトゥクトゥクのドライバーが知りませんでしたし~
初めてだ!とか言って興奮して遺跡を見に行ってましたしね(笑)

> ここも手つかずの遺跡ですね
> 足場も悪く、冒険してるような気分になるし、すごくアンコールらしい遺跡でいいですね~

修復途中という感じでした。
同じような感じの遺跡に有名なベンメリアの遺跡がありますけど
あそこはもう見学順路がしっかりとした通路と共に整備されて
冒険気分はなくなってしまいましたが、このタ・ネイは規模こそ
小さいものの冒険心で言えばこちらに軍配です。

> ↓ソンブーンの支店は制覇してなく、
> ほかのガイドブックに載ってるプーパッポンカリーのレストランもどうぞって書きたかったのですが、失礼しました~
> ソンブーンは、今回もやっぱり。。。でしたけどね

なるほど~~
Yottittiさんなら制覇されているのかな~って普通に思いました(笑)
僕もそろそろ?しっかり予習してバンコクで美味しい!と言われる
レストランに通わなければ!だって行く所が毎回同じなんですよ~(苦笑)

| Chempaka | 2015/05/23 00:31 | URL |

Re: タイトルなし

M@lauaealohaさん!まいど~~~!

> こんにちわ

こんにちは!

> すごい…なんだか映画のセットを見ている気持になります(^_^;)
> インディ・ジョーンズが出てきそうな!?

はい。映画のロケ地に使えばいい絵が撮れると思います!
インディー・ジョーンズ!好きな映画の一つです!

とにかく、遺跡、財宝、七不思議、ピラミッド、ミイラというワードに
弱いんですよね~~(笑)

> こんな放置された遺跡もあるんですねぇ…

日本のチームが修復中のようです。
大々的にガイドブックに出てこないのは場所がわかりづらいのと
怪我の危険があるからでしょうね~~!

というか、どの遺跡も大怪我のリスクはあるんですけどね(苦笑)

| Chempaka | 2015/05/23 00:23 | URL |

Re: タイトルなし

霧のまちさん!まいど!

> さすがChempakaさん! 遺跡オタク!(笑)

遺跡オタクの称号、ありがとうございます!(笑)
え~っ!人より少し好きなだけですよ~(笑)

> その 参考にされた本もちゃんと小さな遺跡も網羅してますね。
> なかなかエライですね~。

旅名人ブックスの「アンコール・ワット」と
「アンコール遺跡を楽しむ」という本が非常に
参考になりました!

特に後者の筆者は研究家でもなんでもなく普通の
アンコールワット遺跡に魅せられた普通の人が
マイナーな遺跡を訪ね廻った記録的な本なんですが
妙に親近感を覚えながら読んだものです。

そう!僕そっくりな人なんですね!(笑)

> 写真を見て思ったのですが、そこもガジュマル?の木で覆い
> 尽くされて行きそうで 何とかしなきゃですね。

この木が遺跡に絡む風景が素晴らしいので残そう!という意見と
いやいや伐採しよう!という意見と分かれているそうです。
無理に取り除こうとすると遺跡が余計に崩壊する恐れもあると
思うので難しい所です。

> 日本の人たちが修復に携わっているんですか! すごい!
> そう言えば、昨日 淡路島で幾つも銅鐸がでましたね。

結構、日本のチームが発掘や修復に貢献しているんです。

僕、日本史も好きなんですよね!
邪馬台国が畿内にあったのか九州にあったのか・・・
特に興味のある話です!

銅鐸。酸化する前の輝きは本当に美しかったと思います!
鏡もそうですよね!三角縁神獣鏡!懐かしい~~

| Chempaka | 2015/05/23 00:17 | URL |

ドライバーも間違うとは、まだまだ訪れる人が少ないのでしょうか
もちろん私も行きませんでしたが~
ここも手つかずの遺跡ですね
足場も悪く、冒険してるような気分になるし、すごくアンコールらしい遺跡でいいですね~

↓ソンブーンの支店は制覇してなく、
ほかのガイドブックに載ってるプーパッポンカリーのレストランもどうぞって書きたかったのですが、失礼しました~
ソンブーンは、今回もやっぱり。。。でしたけどね

| Yottitti | 2015/05/21 15:34 | URL | ≫ EDIT

こんにちわ

すごい…なんだか映画のセットを見ている気持になります(^_^;)
インディ・ジョーンズが出てきそうな!?
こんな放置された遺跡もあるんですねぇ…

| M@lauaealoha | 2015/05/20 10:20 | URL | ≫ EDIT

さすがChempakaさん! 遺跡オタク!(笑)
その 参考にされた本もちゃんと小さな遺跡も網羅してますね。
なかなかエライですね~。
写真を見て思ったのですが、そこもガジュマル?の木で覆い
尽くされて行きそうで 何とかしなきゃですね。
日本の人たちが修復に携わっているんですか! すごい!
そう言えば、昨日 淡路島で幾つも銅鐸がでましたね。

| 霧のまち | 2015/05/20 09:47 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nonachempaka.blog69.fc2.com/tb.php/483-b95ecc46

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。