アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ラオス・シーパンドーン~メコン川に浮かぶデッド島&コーン島⑨


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

ラオスシーパンドーンコーン島デッド島・・・

ここにはラオス初の鉄道跡を見る事ができる。
写真のように当時の機関車が展示され、当時の様子を写真で
紹介している

機関車は錆びて所々穴があいてしまい、保存状態は良くない・・・
熱帯の高温多湿の環境では仕方がないかなあ~~

IMG_3273.jpg

1893年、コーンの滝に阻まれて船の航行がままならない事を悟った
フランスの植民地政府は、コーン島に線路を敷設し、鉄道車両に船を
載せて陸上を移動させた・・・

IMG_3279.jpg

図のようにカンボジアからの物資をラオスに運ぶ為に、船が点在する「Water fall」に
行く手を阻まれる様子が良くわかる・・・

IMG_3277.jpg

当時、インドシナ半島の大部分をフランスが植民地化し、写真のような船を
使ってさまざまな物資を運んだのだ・・・
巨大で流れの速いこの辺りのメコン川はまさに難所であったのだ・・・

IMG_3276.jpg

1910年にはデッド島との間に鉄道橋が完成し、蒸気機関車も導入。
それら当時の機関車の残骸、積み出し埠頭の跡が残されている。

IMG_3272.jpg

現在では線路は無くなり、ここに鉄道があった事など想像も付かないが
人家の垣根などにひっそりと再利用されてたりする。

IMG_3287.jpg

鉄道に関する資料を見て、この地域の歴史に触れた僕は
少しコーン島を自転車でウロウロしてみた。

セカンダリースクール?って高校の事だよな?
こんな人口の少ない、船でしか来れない辺鄙な田舎に高校?

IMG_3288.jpg

校舎を覗いてみたが誰もいないし、敷地は草で覆われ、使われている
様子はなさそうなんだけれど??

IMG_3286.jpg

逞しいなあ~~~、大量に積まれたヤシの葉の上で少女が
斧を片手に作業をしている。ヤシの葉はギザギザしているし
鋭い棘もあるので大変だろうに!

IMG_3291.jpg

水牛の上に乗って作業をする子供達。

水牛と子供達が一緒に遊んだり、作業をする姿は滞在中よく見たなあ~
耕運機など無いこの島では水牛は貴重な存在。財産だろうし、大事に
されているのが良くわかる。

IMG_3292.jpg

こんな子供たちが日本の都会を見るとどんな感想を持つのだろう・・・

と、いつも思ってしまうのだった・・・

関連記事

| シーパンドーン | 00:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Re: タイトルなし

ぴきさん!まいど!

> こんにちは、

こんにちは!

> 価格が高騰するタイから、バックパッカーたちが
> ラオスに移動しているという記事を読んだところです。

タイの田舎ものんびりとした田園地帯などがあるんですが
確かに物価の高騰は田舎に行っても同じで、バックパッカーに
とっては長期滞在するメリットは薄いのかも知れませんね!

それを考えるとラオスはまだまだ物価が安いし、この島には
一泊300円ぐらいのバンガローなんかもあって長期滞在には
もってこいですね。

あまりにものんびりしすぎて社会復帰できなくなりそうですが?W

> ここにくらべると、タイは大都会!
> はるか昔の、私が生まれる前の日本みたいな気がします。

戦前の日本の田舎もこんな感じだったのかなあ~~
もちろん、僕も生まれてませんW

| Chempaka | 2015/05/01 22:05 | URL |

こんにちは、

価格が高騰するタイから、バックパッカーたちが
ラオスに移動しているという記事を読んだところです。
ここにくらべると、タイは大都会!
はるか昔の、私が生まれる前の日本みたいな気がします。

| ぴき | 2015/04/28 12:21 | URL |

Re: タイトルなし

霧のまちさん!まいどです!

> 写真の地図を見ると いかに川と島?が入り組んでいるか納得しますね~~。
> 凄いなぁ・・・。

日本だと中州と呼ぶのでしょうが、こちらでは島と呼びます・・・
一本の川にこれだけ島があって、島と島の間に滝があってとスケールが
違いすぎますね!

> ヨーロッパの人たちはやはり、何かと言うと鉄道を敷こうと発案しますね。 ま、それが地元の発展にも寄与しますが。

今では鉄道があったの?というぐらい面影が全くありませんが
カンボジアとラオス、ベトナム間の物資の輸送に貢献したことは
事実なんですよね。

> こんな風に古い線路が残っているって感動します。
> 子供と水牛、ベトナムでもよく見かけました。小さな子が乗って移動させていました。 みんだ裸足なんですね、今も。

インドシナ半島の国々では良く見るシーンですね。
確かにどこでも裸足ですよね。僕達とは違って足の裏も丈夫なんだろうなあ~

水牛のいるシーン、僕は大好きです!

| Chempaka | 2015/04/26 22:41 | URL |

Re: おなじみの場所が。。。

Yokoさん!まいど~~!

> こんばんは。

こんばんは!

> 水牛とこれだけ仲良く生活するには、相当年季が入ってますね〜牧場の子供達は牛や馬に乗って遊びながら育つので、ロデオで牛に乗るのも馴染みのない我々が考えるほど大変なことではなくて、遊びの延長という感覚が感じられます!

もう遊びの延長に仕事があるという感じで、自転車に乗る事を覚えるよりも先に
水牛にうまく乗れる事が重要なんでしょうね!
水牛の世話をし、生活を共にしながら命の尊さも学んでいくのでしょうね。

> 都会には都会の良さもあるけれど、食べ物が生産される現場である田舎とあまりにも乖離してしまうと、変な方向へ流れ始めますね。

東南アジア諸国でも中国でも都市部との格差はあらゆる面で乖離が激しく
「田舎」の不満は募る一方です・・・
またダムや森林伐採など田舎の環境破壊も著しくて都市部の豊かさのしわ寄せが
田舎に向いている状況ですよね~~

> 今夜は、チェンパカさんおなじみのネパールでM7.9かM8.1の地震が発生で、大変なことになってます。エヴェレストでは多くの登山者が雪崩に巻き込まれた様子なので、まだまだ油断できませんが、余震も続いているので死者が相当数になってしまいそうです。。。建物の造りが違うので、いつも被害が拡大してますし、大変です。

昨日から今回の地震の情報を得ようとネットを巡回してますが、詳細な被害を
伝える情報はほとんど出てきていないですね~・・・
カトマンズやバクタブルのダルバール広場の建物が倒壊しているらしいです・・・

そのバクタブルで購入したタンカ(曼荼羅絵)に向かって手を合わせました・・・

| Chempaka | 2015/04/26 22:33 | URL |

写真の地図を見ると いかに川と島?が入り組んでいるか納得しますね~~。
凄いなぁ・・・。
ヨーロッパの人たちはやはり、何かと言うと鉄道を敷こうと発案しますね。 ま、それが地元の発展にも寄与しますが。
こんな風に古い線路が残っているって感動します。
子供と水牛、ベトナムでもよく見かけました。小さな子が乗って移動させていました。 みんだ裸足なんですね、今も。

| 霧のまち | 2015/04/26 10:51 | URL | ≫ EDIT

おなじみの場所が。。。

こんばんは。
水牛とこれだけ仲良く生活するには、相当年季が入ってますね〜牧場の子供達は牛や馬に乗って遊びながら育つので、ロデオで牛に乗るのも馴染みのない我々が考えるほど大変なことではなくて、遊びの延長という感覚が感じられます!
都会には都会の良さもあるけれど、食べ物が生産される現場である田舎とあまりにも乖離してしまうと、変な方向へ流れ始めますね。
今夜は、チェンパカさんおなじみのネパールでM7.9かM8.1の地震が発生で、大変なことになってます。エヴェレストでは多くの登山者が雪崩に巻き込まれた様子なので、まだまだ油断できませんが、余震も続いているので死者が相当数になってしまいそうです。。。建物の造りが違うので、いつも被害が拡大してますし、大変です。

| yokoblueplanet | 2015/04/26 00:02 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nonachempaka.blog69.fc2.com/tb.php/479-e9c8569c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。