アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

インド・アグラ~世界遺産タージマハルを訪ねて②


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

タージマハルに入場するには写真のような不燃布のようなカバーを
靴ごと履かなくてはならない。

インドの象徴的な建築物と言っていいタージマハル
床を傷つけないようにという事だろうが、これぐらいの不便は快く受けないとね!

IMG_0204_20150212000023bf6.jpg

タージマハルを紹介する写真に良く使われる構図・・・
僕も同じように撮ってみた

う~~ん、きれいに撮れた!

IMG_0180_20150211235837d3b.jpg

タージマハルに近づいてみると・・・
遠くからは判らなかったが、非常に細かな装飾が施されているなあ~~

IMG_0187.jpg

ズーム!!

白い大理石の文様もいい味出してるなあ~~
これほどの量の白い大理石を集めるのも大変だったろうなあ~

そりゃ、当時の財政が逼迫しただけの事はあるなあ~

IMG_0170.jpg

さらにズーム!!!

う~む、色とりどりの貴石を削ってはめ込んでいるのだな~
非常に細かな仕事だ~

IMG_0169_20150211235618d7a.jpg

この文字のような模様も石に書いているんじゃなくて黒い石を
はめ込んでいるのか!?

世界中から職人が集められ22年という歳月を要して建設されたタージマハル・・・
皇帝シャー・ジャハーンが愛した妃ムムターズ・マハルの墓として建設された・・・
この細部に渡るこだわり、妃に対する愛情!国が傾くほどに贅を尽くした墓に
眠る妃の思いはどうなんだろうか?

IMG_0173.jpg

中に入るとヒンヤリとして涼しい・・・

結局、対岸に「黒いタージ」を建てて自分の墓にしようとした
シャー・ジャハーンであったが、夢かなわず妃に寄り添うように
棺が安置されている・・・

IMG_0176_2015021123561289a.jpg

その「黒いタージ」が建つはずだったヤムナー河の対岸には何にもない
敷地だけが寂しくあるだけだ・・・

IMG_0194_20150211235835718.jpg

しかし観光客の多い事!
外国人ももちろん多いが、インド人もめちゃくちゃ多い!

IMG_0195.jpg

タージマハルに来て、色とりどりのサリーを見ていると
インドに来ているのだ!という実感が湧いてくるなあ~

IMG_0198_20150211235842087.jpg

すげ~~背中!お尻のお肉!
でも不思議とサリーってこういう体型に合うんだよなあ~~

IMG_0199.jpg

タージマハルから入口を望む・・・
ぞくぞくと観光客が訪れる・・・

IMG_0210.jpg

タージマハル・・・

想像以上に美しく、どの角度から見ても均整のとれたその姿は
イスラム建築の最高傑作!

帰り道、何度も振り返りながら歩いたっけ・・・

関連記事

| アグラ | 00:00 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Re: タイトルなし

Yottittiさん!まいどっ!

> タージマハル、百夜のようできれいですね
> きれいなアングルで撮れましたね!

実はもっと撮ってるんですが、全部upするわけにもいかず
厳選しました。

アンコールワット寺院と一緒!選ぶのが大変!むはは(笑)

> さすがにインド人もたくさんお詣りに見えてるのですね
> すごい混んでそう
> インドは行ってみたいです

インド中から訪れているんでしょうね!

インドはYottittiさんが良く言う、敷居の高い国です(笑)
一人旅好きな僕でも躊躇しましたもん!だからツアーで(笑)

移動に時間が必要な旅行になってしまいますが、どの地も個性的で
巡るのが楽しいですよ!


| Chempaka | 2015/04/14 23:56 | URL |

Re: タイトルなし

ちょいバリさん!まいどです~~!

> 大理石に細かな模様が施されてるんですね。
> 実際に見ないとわからないものなんだ。

僕も実際、間近で見て初めて知りました!
遠くからは全くわかりませんからねえ~

> タージマハール、何度見ても素晴らしい外観。
> 美しい!

ほんとインドが誇る象徴的な建築物ですよね!
美しいです!


| Chempaka | 2015/04/14 23:49 | URL |

Re: 本当!

YOKOさん!まいどです!

> おはようございます。

おはようございます!

> 何回見ても、素晴らしい建築物。内部に監視員がたくさんいて、写真撮影は禁止でした!対岸に建てられる予定だった「黒いタージ」、それまで完成させていたら、ここの景観は更に「超」のつくものになっていたでしょうね!
> (国は潰れたかも知れないけれど!)

そうなんですよね!中は撮影禁止なんですよね~~
残念ですが、目に焼き付けてきました!

黒のタージと白いタージが川を挟んで立ち並ぶを見たかったなあ~
と思いつつ、白いタージの中で仲睦まじく隣同士で眠っている二人を
観ると、こっちの方が見ていて心がホッコリしますけどね。

| Chempaka | 2015/04/14 23:48 | URL |

Re: タイトルなし

霧のまちさん!まいど~~!

> やっぱりタージマハルはインドのカリスマ的存在ですね~。
> 美しすぎです。 白い大理石も彫刻も図案化されたコーランも。

まさにカリスマ!インドの象徴的な建物&風景ですよね!

どうでしょう?壁の装飾のアップ画像、お楽しみ頂けましたでしょうか?(笑)
霧のまちさんも写真を撮るだろう?装飾の様子。お待たせしましたねえ~

> 白と言えば、アブダビのシェイク・ザィードモスクを思い出します。
> 国が傾くほどの財をかけた物だから後世に残るんですね。

シェイクザィードモスクも見てみたいです!
国の財政が傾くほどの出費って、今のインドの経済規模に置き換えると
とんでもない金額ですよね!!

> そう考えると現代では残せる物は出来ませんね。

日本だけを見ても、ほんの100年前の建物すら余り残ってないですものねえ~
石造りの建物はそもそも残りやすいのでしょうが、タージ・マハルはその美しさゆえに
破壊する者も現れず国の宝として後世に残そうという気持ちが湧いてくるのかも?

> インドの人たちは足カバーなしの裸足ですね。本来はそれが普通ですが外国人からクレームでもあったのでしょうか。
> 私も、熱い大理石で火傷しそうになった事がありました。

柔な日本人の足の裏では長時間、太陽にさらされた大理石の上を歩き続ける事は
出来ませんねえ~~。かと言って土足では大理石に汚れや傷が付きますし・・・
これはこれで良いアイデアではないでしょうか?

インドの他の寺院などでも、やはり土足NGなんですが床が熱くて
つま先で飛び跳ねるように移動してました(笑)

| Chempaka | 2015/04/14 23:42 | URL |

タージマハル、百夜のようできれいですね
きれいなアングルで撮れましたね!
さすがにインド人もたくさんお詣りに見えてるのですね
すごい混んでそう
インドは行ってみたいです

| Yottitti | 2015/04/09 18:21 | URL | ≫ EDIT

大理石に細かな模様が施されてるんですね。
実際に見ないとわからないものなんだ。
タージマハール、何度見ても素晴らしい外観。
美しい!

| 親父 | 2015/04/09 13:58 | URL | ≫ EDIT

やっぱりタージマハルはインドのカリスマ的存在ですね~。
美しすぎです。 白い大理石も彫刻も図案化されたコーランも。
白と言えば、アブダビのシェイク・ザィードモスクを思い出します。
国が傾くほどの財をかけた物だから後世に残るんですね。
そう考えると現代では残せる物は出来ませんね。
インドの人たちは足カバーなしの裸足ですね。本来はそれが普通ですが外国人からクレームでもあったのでしょうか。
私も、熱い大理石で火傷しそうになった事がありました。

| 霧のまち | 2015/04/09 09:27 | URL | ≫ EDIT

本当!

おはようございます。
何回見ても、素晴らしい建築物。内部に監視員がたくさんいて、写真撮影は禁止でした!対岸に建てられる予定だった「黒いタージ」、それまで完成させていたら、ここの景観は更に「超」のつくものになっていたでしょうね!
(国は潰れたかも知れないけれど!)

| yokoblueplanet | 2015/04/09 01:26 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nonachempaka.blog69.fc2.com/tb.php/476-8f67bffa

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。