アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

カンボジア・シェムリアップ郊外のプノンクーレンを訪ねて②


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

カンボジア人がピクニック感覚で訪れるシェムリアップ郊外の
プノンクーレンにはプリア・アントンと呼ばれる巨大な砂岩から
掘り出された約9.4mもの涅槃仏が安置されている。

その涅槃仏が安置されているお堂には写真のような階段を
登っていかなければならない

IMG_6517.jpg

階段の手前で裸足になり・・・

IMG_6514.jpg

お堂を目指すのだ。

IMG_6519.jpg

お堂に行く途中にプノンクーレン周辺を一望できる所が
あるのだが、もうとにかくジャングル・ジャングル。
深い熱帯雨林のジャングルが周辺を覆い、地面が見えない

このジャングルの奥深くには未だ発見されていない遺跡があるのだろうか・・・
そんな事を考えていると楽しくなってくるものだ。

IMG_6526_201501122316473f1.jpg

おおっ!これか!
本堂に入ると線香の香りが漂い、その中にでーんと巨大な
涅槃仏が安置されていた。

16世紀に造られたものらしいが、今でも参拝客が絶えないのか

IMG_6534.jpg

涅槃仏にはたくさんの小さな仏像や供物が供えられていた・・・
カンボジアでも仏教に対する信仰は厚いようだなあ。

IMG_6531.jpg

お隣タイからも王族が訪れたりしてるらしいが・・・

どこの国でもそうであるが隣の国同士は仲が悪い・・・
タイとカンボジアは国境を巡って今でもプリア・ヴィヘア周辺で
時々、銃撃戦が起きている・・・

またベトナムとも仲が悪く、トンレサップ湖に住む多くの
ベトナム水上生活者は差別を受けているそうな・・・

IMG_6535.jpg

お堂を出て階段を降り、ヒンドゥー教の象徴でもあるリンガヨニ
水を掛けてお祈りをする・・・

掛けた水は命の源泉となって下流に流れていくのだ。

IMG_6539.jpg

その後、駐車場に向かう途中に川があり、そこにもやはり巨大なリンガ
川底に彫られていたなあ~

IMG_6550.jpg

そして無数の小さなリンガも・・・
こうやって下流に住む人々に繁栄と豊穣をもたらすのだ。

IMG_6540.jpg

そして川岸に彫られたヒンドゥーの神々・・・

IMG_6546.jpg

その川で洗濯をし、水浴びをする村人がたくさん見られた。
物質的にはまだまだ恵まれていないけれど、このパワースポットで
毎日生活できる彼らは僕らよりも心豊かに生きているのかな~っと
そんな事を考えていたのだ。
関連記事

| シェムリアップ | 00:00 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Re: タイトルなし

hungrykazさん!まいどです~~

> Chempakaさま 毎度です。
> サンダル焼け(笑)

みなさん、同じところを突っ込んでこられます(笑)
遺跡めぐりや街歩きの時はローカットのトレッキングシューズを
履いているのですが、珍しく2日程サンダルで歩いていたらすぐに
焼けてしまいました(笑)

> ところで涅槃仏って右側が下じゃないといけない気がするんですが、ここのは左右逆ですね。16世紀に造られたものとなると、当時は何か違う考え方もあったのかもしれませんね。

おおお!気づきませんでしたが確かに逆ですね!
ミャンマーでもタイでも涅槃物は右側が下ですものね!

なんか理由があるような気もするし、ただの作者の気まぐれかも?

| Chempaka | 2015/02/03 21:57 | URL |

Chempakaさま 毎度です。
サンダル焼け(笑)
ところで涅槃仏って右側が下じゃないといけない気がするんですが、ここのは左右逆ですね。16世紀に造られたものとなると、当時は何か違う考え方もあったのかもしれませんね。

| hungrykaz | 2015/02/01 10:08 | URL |

Re: タイトルなし

ちょいバリさん!まいど!

> すっかり足がサンダル焼けしていてインドネシア人みたいですね。

はい、紛れもなくサンダル焼けです!(笑)
というか、インドネシア人もサンダル焼けします?
ちょっと見てみたい気が(笑)

> 川底の彫刻には毎度ながら感心させられます。

根気のいる作業ですよね~~
川の流れを迂回させてから彫ったんでしょうね~きっと・・・

| Chempaka | 2015/01/27 00:26 | URL |

Re: タイトルなし

霧のまちさん、まいど~~!

> 本当にどこに行っても祈りの風景がありますね~。
> それに感動します。

ベトナムを除くインドシナ半島の国々は本当に祈りの風景で
溢れてますね!町毎に必ずお寺がありますし、熱心です。

> 涅槃仏もいろんなところにありますがどんな意味がありますか?

御釈迦様が悟りを開いてから入滅するまでの45年間は毎日このような
格好で説法していたとの事。

日本では晩年の御釈迦様よりは、今から悟りを開くぞ!と修行中の
坐像の方が人気があるんですね~~
何となく日本人が好みそうな場面ですね!(笑)

> ジャングルの中にはまだ未開拓の遺跡があると言われますね。
> あのアンコール遺跡もそうでしたから まだあると思いますよ。

ある!絶対にありますね!
ただ、遺跡よりもまずは地雷の撤去、電気水道等のインフラ整備が
先ですね~~

今見つかっても、その貴重な文化遺産を保護する資金的な余裕が
ないし、荒廃するだけですね~

> Chempakaさんの足の日焼け具合、何だか笑っちゃいました。
> サンダルの跡なんですよね。(笑)

細かな突っ込みありがとうございます!(笑)
正解です!サンダルの跡です!

普段は白っちいおっさんですから(笑)

| Chempaka | 2015/01/27 00:23 | URL |

Re: タイトルなし

ピー助さん!どもども~~

> シェムリアップ郊外に、涅槃仏があるの知らなかったです。
> 行けばよかった~。

シェムリアップに2回目という事もあって、少しマイナーな所を
回ってきました~

なので、観光客の姿はほとんどなく、地元の人々で賑わってました。

> ベトナム人とカンボジア人の中の悪さは
> ガイドブックに書いてありました。
> 喧嘩が始まったら、その場から立ち去るようにって
> 書いてありました。

凄い表現ですね~(苦笑)
喧嘩が始まったらあまりの激しさに巻き添えを食らうという事でしょうか?

某歩き方を現地のガイドに見せたら・・・
「治安が悪い、治安が悪いって書き過ぎ!」なんて言ってましたが
シェムリアップを少し離れたら実際に治安が悪いんでしょ?って
言ったら笑ってましたけどね(苦笑)

| Chempaka | 2015/01/27 00:09 | URL |

Re: タイトルなし

Yottittiさん!まいどです!

> ちゃんと裸足になってお参りして、マナーもわきまえていらっしゃいますね~

あっ、一応ガイドに言われたので・・・
言われなかったら気付かなかったかもしれません(苦笑)

> ワットポーの寝釈迦仏とはまた違ったお顔の優しい涅槃仏ですね
> 仏教とヒンズー教が、認め合い、融合していてますね

涅槃像って日本では珍しいので新鮮です。
インドシナの上座仏教の国々に行くと当たり前のように安置されてますが・・・


> 川底の彫刻も素晴らしいです
> そういうところまでこだわるのはさすがです

ヨニとリンガの意味を考えれば、川底にそれらを最初に彫った人は
凄いロマンチストのような気がしてなりません。
究極のパワースポットかもしれませんね!

> カンボジアの人たちの暮らしは豊かではないけど、愛情にあふれ、幸せに満ちて、人らしい生活とは・・・と改めて考えさせられます

人らしい生活・・・ほんとこれをいつも感じさせられますね~
日本の社会は複雑でややこしい事が多すぎます~~

| Chempaka | 2015/01/27 00:04 | URL |

すっかり足がサンダル焼けしていてインドネシア人みたいですね。
川底の彫刻には毎度ながら感心させられます。

| 親父 | 2015/01/26 09:47 | URL | ≫ EDIT

本当にどこに行っても祈りの風景がありますね~。
それに感動します。

涅槃仏もいろんなところにありますがどんな意味がありますか?
ジャングルの中にはまだ未開拓の遺跡があると言われますね。
あのアンコール遺跡もそうでしたから まだあると思いますよ。

Chempakaさんの足の日焼け具合、何だか笑っちゃいました。
サンダルの跡なんですよね。(笑)

| 霧のまち | 2015/01/25 20:35 | URL | ≫ EDIT

シェムリアップ郊外に、涅槃仏があるの知らなかったです。
行けばよかった~。

ベトナム人とカンボジア人の中の悪さは
ガイドブックに書いてありました。
喧嘩が始まったら、その場から立ち去るようにって
書いてありました。

| ピー助 | 2015/01/25 20:30 | URL |

ちゃんと裸足になってお参りして、マナーもわきまえていらっしゃいますね~
ワットポーの寝釈迦仏とはまた違ったお顔の優しい涅槃仏ですね
仏教とヒンズー教が、認め合い、融合していてますね
川底の彫刻も素晴らしいです
そういうところまでこだわるのはさすがです

カンボジアの人たちの暮らしは豊かではないけど、愛情にあふれ、幸せに満ちて、人らしい生活とは・・・と改めて考えさせられます

| Yottitti | 2015/01/25 15:35 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nonachempaka.blog69.fc2.com/tb.php/463-e2831a47

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。