アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ラオス・シーパンドーン~メコン川に浮かぶデッド島&コーン島⑥


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

ようやくたどり着いたソム・パミットの滝リーピーの滝)のエントランス。
今まで何にもなかった中をテクテクと歩いてきた事もあって、管理された
空間に若干違和感を覚えながらチケットを購入し中に入っていく。。。

IMG_3147.jpg

滝に近づくにつれて大きくなるザザ~~っという水の音・・・

視界が広がった瞬間、目に飛び込んで来たのは凄まじい水量と共に
流れ落ちる滝の風景だった・・・



そんな滝の様子を撮影しました。

IMG_3145.jpg

そもそも僕がなぜ、ラオスのこんな辺境の地にこの滝を目指してやってきたのか?

椎名誠氏の著書「メコン・黄金水道をゆく」の中にこの滝の事が書かれてあって・・・
なんでも、この滝の岩場に昼夜を問わず何日も網を張ってメコンの大きな魚を
狙う漁師がいるらしいのだ・・・

IMG_3147.jpg

黙々と何日も岩場にうずくまり「当たり」を待つ漁師の精神的な強さや
その現代社会からみれば経済性や効率性を無視したような話に僕も
凄く興味が湧いたのだ。

ぜひ訪れてそんな根性のある漁師の姿が見てみたい!と思ったのだ・・・

IMG_3143.jpg

それと以前、ラオスルアンパバーンからファイサーイまでメコン川
船で移動していた時に知り合ったカナダ人夫婦からこのシーパンドーン
強く奨められた事もある・・・

彼らも僕と同じく「メコン川好き」なのだ・・・

IMG_3155.jpg

僕がイメージするような落差のある滝ではなくて、小さな滝?が
無数に散らばって存在しているという感じだなあ~~

遠くに目をやってもず~~っと同じ光景が続く・・・・

恐ろしいのはメコン川の支流のほんの一角の風景だと言うこと!

IMG_3156.jpg

で、漁師の姿なのだが・・・
残念ながら一時間ぐらい見える範囲で探したのだがダメだった・・・
見たかったなあ~~、できれば捕れた魚も見たかった!

IMG_3157.jpg

きっと今、どこかの岩場で大物を狙う漁師の姿があるはずなのだ・・・

IMG_3160.jpg

で、ふと目に留まったのが「ビーチ」という看板!
こんな所にビーチがあるのか?と不思議に思いながら探してみると・・・

IMG_3161.jpg

ビ、ビーチねえ~・・・

水はもちろん茶色に濁ったメコン川の水・・・
砂浜は雨期で水量が多いからか浸食?されておりビーチとは言い難いが
フランス人だろうか?そんなビーチでリゾート満喫中なり・・・楽しそうである。

IMG_3167.jpg

ここはシーパンドーンでもリゾート地のようだ。
お腹が減ったのでそんなリゾート地のこんな厨房のレストランで
注文したのが・・・

IMG_3169.jpg

ベジタブル・フライド・ライス。野菜を入れた炒飯に甘辛いチリソースを
かけたような物なのだが・・・
ここはラオス!米はもち米なので、炒飯には向かない!

べっちゃりとして、もうこれは炒飯ではない別の何かだな・・・
栄養補給と割り切って食べよう・・・

続く・・・

関連記事

| シーパンドーン | 00:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Re: タイトルなし

pregoさん!連続コメありがとうございます!

> 荒れた海?!

これが川なんて信じられないですよね!?
この水量、迫力はまさにおっしゃる通り海のようです!

> っていうくらいの絵ですねっ
> のみこまれそうです…。

見ていると飲み込まれそうな気がしてくるので不思議です。
こんな川で昼夜じ~~っと大物が網にかかるのを待つ漁師が
いるんですよ~~!信じられません!

> この色の水の中にはなかなか入る勇気はないですよね。

水着の中に大量の砂や泥が入ってきそうで、躊躇しますよね?普通は(笑)
これがビーチと呼べるのか?謎です(笑)

> ご飯、写真では美味しそうですよ!

写真ではリゾットのような感じですが・・・
やっぱりもち米で炒飯はご法度です!合いませ~~ん!

| Chempaka | 2014/12/01 00:24 | URL |

荒れた海?!

っていうくらいの絵ですねっ
のみこまれそうです…。

この色の水の中にはなかなか入る勇気はないですよね。

ご飯、写真では美味しそうですよ!

| prego | 2014/11/30 22:37 | URL |

Re: タイトルなし

キュウ親さん!まいどです~~

> 茶色い濁流の荒々しさがいいですねぇ~
> 水でできた荒野を眺めているような気がします!!

水でできた荒野!!なるほど~~!素晴らしい表現です!
果てしなく長い水の荒野だと思います。

> タイでメコンウイスキーを買って持ってきて、
> この滝沿いでひっかけたら、きっとおいしそう~♪

メコンウイスキー!まさにここにぴったりの酒ですね!
荒々しい滝を見ながらグビグビしてると気持ちが高揚して
変なパワーが出てきそう(笑)

> ベジタブル・フライド・ライス...、
> チリソース味の濡れチャーハン!?リゾット!?

なんと形容しようかなあ~~(苦笑)
重いリゾット!?(苦笑)

不味くはないですけど、進んで食べたくはないです・・・

> ある意味、日本ではゼッタイに食べられなさそうな...。
> ・・・お味自体は、どうだったのでしょうか(笑)!?

もち米を炒めるというのはNGですね!
普通に赤飯とかおこわにして食べた方が、我々の口には
あってますねえ~~

| Chempaka | 2014/11/14 00:25 | URL |

茶色い濁流の荒々しさがいいですねぇ~
水でできた荒野を眺めているような気がします!!
タイでメコンウイスキーを買って持ってきて、
この滝沿いでひっかけたら、きっとおいしそう~♪

ベジタブル・フライド・ライス...、
チリソース味の濡れチャーハン!?リゾット!?
ある意味、日本ではゼッタイに食べられなさそうな...。
・・・お味自体は、どうだったのでしょうか(笑)!?

| キュウ親 | 2014/11/13 12:54 | URL |

Re: タイトルなし

霧のまちさん!まいど~~!

> 日本の川面とは全く違う景色ですね~~。

それに、あまりにもスケールが違いすぎますよね~
このあたりで目にする流れはメコン川の中州(といってもでかい島)の
合間を流れる支流なんですから!!

> そう! ありましたね! シーナさんの本に。
> 日本人から見たらまるで時間や経済を度外視した魚捕り。

あったでしょ?そうそう!あれあれ!(笑)
あの話がとても印象に残っていて、文章を読みながらその漁師の
事を想像していたら、実際に見てみたい!と思ったんです・・・

いったいどんな人たちなんだろう?って。

> あの本を読んでいて これだからアジアは面白いなぁと何度思ったか。

あの本はほんとメコン川のスケールの大きさ、そして大らかさを
伝えてますよね!そしてその流域に住んでいる人も実に大らかで!

> ビーチは凄いです、さすが!
> これじゃあ、後から何度でも洗い直さなきゃ・・・。

わざわざメコン川でリゾートしなくても・・・という感じでした。
なんだかビーチ?も浸食されてるし危険な感じがしますし・・・

> しかし、メコンの茶色は 栄養やいい成分がぎっしりと詰まっているんですよね。

ですねえ~~。
さらにシーナさんの言葉を借りれば「細かな粒子がたくさん詰まったメコン川の
流れは重い」です・・・


| Chempaka | 2014/11/08 01:03 | URL |

日本の川面とは全く違う景色ですね~~。
そう! ありましたね! シーナさんの本に。
日本人から見たらまるで時間や経済を度外視した魚捕り。
あの本を読んでいて これだからアジアは面白いなぁと何度思ったか。
ビーチは凄いです、さすが!
これじゃあ、後から何度でも洗い直さなきゃ・・・。
しかし、メコンの茶色は 栄養やいい成分がぎっしりと詰まっているんですよね。

| 霧のまち | 2014/11/07 09:51 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nonachempaka.blog69.fc2.com/tb.php/451-9ce196bb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。