アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

タイ・カンチャナブリー~旧泰緬鉄道の旅「戦場にかける橋」②

IMG_0872.jpg
記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

タイバンコクから車で2時間余りで映画「戦場にかける橋」のモデルに
なったクウェー川鉄橋に到着する。

第二次世界大戦中、日本軍はビルマに軍需物資を運ぶために現地の
人々や連合国の捕虜を大量に使って鉄道を敷設した・・・
写真の丸いスパンがオリジナルで台形の部分は戦後賠償で日本が
修復した部分らしい・・・



そんな戦争の負の遺産のような橋も現在では地元の人々も訪れる
観光地となっており、たくさんの観光客が訪れ、橋の上を歩いたり
写真を撮ったりしている。

IMG_0846.jpg

橋周辺のクウェー川にはレストランなどが並び、観光地化されている。
橋を眺めながら食事ができるように川に張り出した構造が多いなあ~

IMG_0845.jpg

僕もそんな橋を歩いて見る事にした。
日差しを遮る物が全くなく、熱帯のギラギラした太陽の強烈な光が
降り注ぐ・・・当時、橋の建築に携わった捕虜達の苦労が偲ばれる・・・

IMG_0852.jpg

大きな汽笛の音がするぞ!
前から列車がやってきた。観光用の列車のようだ。
慌てず橋の所々に設けられた非難エリアに向かって列車をやり過ごす・・・

IMG_0854.jpg

もう、完全に観光用の列車だ。

泰緬鉄道は当時バンコクからミャンマーまでの415kmを結んでいたが
現在でもこのような観光用の列車の他にバンコクからナムトックまで本数は
少ないが列車が運行されている。

今回はここクウェー川駅からナムトック駅までを列車で旅してみようと思う!

IMG_0883_20140803031309092.jpg

クウェー川駅で列車の到着を待っていると汽笛と共に列車がやってきた。
凄い数の観光客がカメラを列車に向ける。皆、乗るのかな?

IMG_0885_20140803031255d03.jpg

列車は外国人専用車両とその他で分かれており、今回は外国人専用の
指定席をリザーブしておいた。おかげで、乗車こそ押し合いへし合いで
大変だったが落ち着いて席に着く事ができた



クウェー川駅を出て列車はすぐに鉄橋を渡り始める・・・
その時の様子を撮影しました~~~

IMG_0887_2014080303124998a.jpg

車内はアジアではお馴染みの扇風機が温かい空気をかき回わしている。
それに頼らずに窓を開けて風を入れると大変心地良い!

座席は案の定、ほぼ90度の落ち着かない背もたれが・・・
4人掛けのボックスシートの真ん中には折りたたみ式の
テーブルがセットされており・・・

IMG_0891.jpg

列車のスタッフが写真のようなおやつ?BOXを配りだした。

IMG_0894_201408030314000a5.jpg

そして手際良く別のスタッフがコーヒーや紅茶を配り始める・・・
いいなあ~~このサービス!外国人専用の扱いなのだと思うが
普通のチケットよりも高いだけの事はあるなあ~

IMG_0896_2014080303140626a.jpg

何より僕の大好きなタイのお菓子デューベリーが付いているのがポイント高い!
日本でもたま~~に売っているけど非常においしいのだ!

続く・・・
関連記事

| カンチャナブリー | 00:00 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Re: タイトルなし

pregoさん!どもども!

> こんばんわー

こんばんは!

> 私は橋の写真みて、stand by meだって思ってしまいました。
> 日本が修復したりしているんですね。

激戦区だった東南アジアではこのような橋の物語はたくさんあったので
ないでしょうか?

そして戦後賠償で日本が修理修復した橋は数え切れず。。。

> でも線路をあるくのってなんかワクワクしてきません?
> 映画の見すぎかしら…(笑)

僕が小さい頃、近所を走る国鉄(古っ!)の線路の上をよく歩いて
母親にしょっちゅう怒られていましたよ(笑)

あの頃のワクワク感と同じ感情を覚えながら歩いてましたね~

> 電車でちゃんとお菓子&お茶が出てくるのっていいですね。
> 写真のお菓子、有名なんですか!?
> おいしそう!

完全に観光に特化した車両でのサービスなので外国人専用です。
写真のお菓子はたま~~に日本でも売っている事があるんですが
懐かしい味がするんです!美味しいですよ!

| Chempaka | 2014/09/13 14:45 | URL |

Re: タイトルなし

hungrykazさん!まいど~~

> Chempakaさま毎度!
> 渡りました、この橋!下がそのまんま見えてけっこう怖いですよね。僕は慣れるまで足がすくんでました。げーこんなときに列車通るなよ〜 って普通なら喜びそうなシチュエーションでもびびってました。あれはまだタイ初心者だった10年も前のことか...

そうなんですよね~、この橋は見た目よりも結構高くて、橋から下を眺めると結構怖いです。
しかも、たま~~に電車が通過するときも一応、避難帯はあるんですけど焦ります(笑)

> 列車は飲み物サービスなんてあるんですね。そういえば、僕はバスでカンチャナブリーまで行きましたが、水のサービスはありましたね。自分たち以外はみんなタイ人の客で、ぎゅうぎゅうの席に押し込められた記憶はありますが、どこでどうやってそんなバスのチケットを買ったのか、記憶がありません(笑)

結構、タイの中長距離バスというのはサービスが充実してますね!
スコータイからバンコクまでバスで移動したときは水のサービスに
加えて、SAでの食事券もついてましたよ!

ただ、やっぱりガンガンにエアコンで車内を冷やすので上着は
必要ですね!それに地元のタイ人ばかりで観光客は少ないですし・・・
整備もあまりしていないようで、道路の真ん中で立ち往生した事も・・

いやはや、そんな事を含めてタイの魅力なんですよね~~

| Chempaka | 2014/09/13 14:28 | URL |

Re: タイトルなし

ちょいバリさん!まいど!

> 戦場に掛ける橋、一度は歩いてみたいと思っています。
> マレーシアだと思っていましたがタイなんですね。
> どこで勘違いしたのかな?

めったに電車が通らないのでゆっくり橋の上を
散策できますよ!

東南アジアは戦中、激戦区だったのでよく似た話は
あちこちにあると思いますねえ~

| Chempaka | 2014/09/13 14:21 | URL |

こんばんわー
私は橋の写真みて、stand by meだって思ってしまいました。
日本が修復したりしているんですね。
でも線路をあるくのってなんかワクワクしてきません?
映画の見すぎかしら…(笑)

電車でちゃんとお菓子&お茶が出てくるのっていいですね。
写真のお菓子、有名なんですか!?
おいしそう!

| prego | 2014/09/08 22:39 | URL |

Chempakaさま毎度!
渡りました、この橋!下がそのまんま見えてけっこう怖いですよね。僕は慣れるまで足がすくんでました。げーこんなときに列車通るなよ〜 って普通なら喜びそうなシチュエーションでもびびってました。あれはまだタイ初心者だった10年も前のことか...
列車は飲み物サービスなんてあるんですね。そういえば、僕はバスでカンチャナブリーまで行きましたが、水のサービスはありましたね。自分たち以外はみんなタイ人の客で、ぎゅうぎゅうの席に押し込められた記憶はありますが、どこでどうやってそんなバスのチケットを買ったのか、記憶がありません(笑)

| hungrykaz | 2014/09/07 10:56 | URL |

戦場に掛ける橋、一度は歩いてみたいと思っています。
マレーシアだと思っていましたがタイなんですね。
どこで勘違いしたのかな?

| 親父 | 2014/09/04 11:09 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

Yottittiさん!まいどっ!

> 橋を歩けちゃうところが、無法地帯のタイらしいですね
> にぎやかな色合いの列車が、遊園地のようで・・・・

むははは!無法地帯!(笑)
この遊園地チックな列車を見たときはわざわざ予約して
これに乗るのか?と一瞬、気が遠くなりました(苦笑)

> 戦争の負の遺産で暗いイメージどころか、観光地化されてるのにびっくりです
> クウェー川駅からナムトック駅の列車もすごい混雑ですね
> シートを予約してなかったら大変でしたね
> シートは90度だし、椅子はかたそうだし、大変そうだー

予約すると外国人専用列車に誘導され、軽食やコーヒーの
サービスがあったりで、満足できました!
この列車に乗るなら絶対にツアー会社を通して、進行方向の
左側に席を取るのが賢明です!

> ところで、バリに行くことにしました
> ホテルはシティ派の我が家で、ウブドにしようか、スミニャックのほうがつぶしがききそうでよいか、迷ってますが、
> スミニャックはにぎやかすぎですか??

おおおおお!ついにバリ島へ??
あ~~あ、これでYottittiさんもバリ島の虜になるのかあ~(笑)

旅程が長ければまずはウブド(中心地へ歩いていつでも行ける距離の宿)と
スミニャックの両方に宿泊されるのが良いかと・・・
Yottittiさんの行動パターンならどちらも楽しめるはずですが、
ややスミニャックに軍配かな?洗練されたカフェやスパ、ショップが
多いですしね!

僕は自然も楽しみたいので(田んぼの散策とか)ウブドがいいですが
これはもう好き好きですからねえ~~
ただ、素朴だったウブドも車の渋滞が激しく、のんびりムードも今は昔の
ような感じなのが残念だなあ~~

バリ島に何回か通われて、Yottittiさんのお気に入りの場所を
たくさん見つけて頂きたいです!

バリ島は間違いなく僕の3本の指に入るお気に入りの場所です!

| Chempaka | 2014/09/02 01:38 | URL |

Re: タイトルなし

霧のまちさん!まいどです!

> うわぁ~~、いいなぁ。 ローカル度満点ですね~。

でもまあ、やはり観光地ですので人でいっぱいです!
現地のタイ人にも人気があるようでしたよ。

> そこを走る観光列車の子供っぽいデザインにはチトうんざりですね。

そう、チト残念ですね(笑)
最初見たとき、これに乗るのかあ?っと思って一瞬気持ちが沈みました(笑)

> 「戦場に掛ける橋」ですね~~。 私も関連本を読んだばかりです。  タイ~シンガポールを走るあのE&Oの豪華列車も この橋を見るように休憩を取って客をバスなどで誘導するそうですよ。 ヨーロッパの人たちも非常に興味のある箇所だと言うことです。

そうなんですよね~~、南下してシンガポールを目指す前にわざわざここに
立ち寄るそうですね!人気があるんですね~

バンコクからミャンマーのヤンゴンまで再び泰緬鉄道が
復活する日が来ないかなあ~~、乗ってみたいですよね?

| Chempaka | 2014/09/02 01:22 | URL |

橋を歩けちゃうところが、無法地帯のタイらしいですね
にぎやかな色合いの列車が、遊園地のようで・・・・
戦争の負の遺産で暗いイメージどころか、観光地化されてるのにびっくりです
クウェー川駅からナムトック駅の列車もすごい混雑ですね
シートを予約してなかったら大変でしたね
シートは90度だし、椅子はかたそうだし、大変そうだー

ところで、バリに行くことにしました
ホテルはシティ派の我が家で、ウブドにしようか、スミニャックのほうがつぶしがききそうでよいか、迷ってますが、
スミニャックはにぎやかすぎですか??

| Yottitti | 2014/09/01 18:34 | URL | ≫ EDIT

うわぁ~~、いいなぁ。 ローカル度満点ですね~。
そこを走る観光列車の子供っぽいデザインにはチトうんざりですね。
「戦場に掛ける橋」ですね~~。 私も関連本を読んだばかりです。  タイ~シンガポールを走るあのE&Oの豪華列車も この橋を見るように休憩を取って客をバスなどで誘導するそうですよ。 ヨーロッパの人たちも非常に興味のある箇所だと言うことです。

| 霧のまち | 2014/09/01 13:36 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nonachempaka.blog69.fc2.com/tb.php/439-22554d02

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。