アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

カンボジア・アンコールワット遺跡群~眠れる巨大寺院ベンメリア①


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

アンコールワット寺院から直線距離で約40kmの所に現在も修復が
されていない(観光用には必要最低限メンテされている)巨大寺院が
ベンメリアと呼ばれる遺跡だ。

IMG_6382.jpg

個人で行くには少し治安の面や安全性に問題があるので
今回は現地の旅行会社にツアーを申し込んでおいた。
某歩き方には山裾を迂回するルートを進むため、山賊に
遭う危険があるとの事!山賊って!怖っ!

車は早朝にホテルを出発し、遺跡に向かう途中で写真の
ようなチケットブースで入場料を払う。

IMG_6383.jpg

遺跡の周辺は牛が人を乗せて闊歩するのどかな所にあり
そんな巨大な遺跡が存在するなど思いも寄らないのだ。

IMG_6384.jpg

ガイドの後を歩いてついていく。
確かに巨大寺院を思わせるに充分見事な参道だなあ~
修復なんてされていないのでガタガタな道だけど・・・

IMG_6386.jpg

未だに水を湛える堀も巨大だなあ~~
ハスがたくさんあるなあ~咲いたらきれいだろうなあ~

IMG_6388.jpg

ナーガはアンコールの遺跡では良く見られるポピュラーな
物だがベンメリアナーガは特に保存状態が良い事で知られ
口からのぞくキバもキレイに残っている。

IMG_6395.jpg

突然目の前に現れた巨大な寺院の入口は、ほぼ崩れてしまっており
今にもさらに崩れそうな感じで危なっかしい・・・

しかしこの巨大さは凄い。さすがに「東のアンコールワット」と呼ばれる
だけの事はあるなあ。

IMG_6397.jpg

この遺跡も他の遺跡同様に巨大なスポアンの木に押しつぶされ
崩壊が進んでいる・・・

自然のパワーは凄い!いくら人間が強固に造り上げた建物でも
ご覧の通り!簡単に潰される・・・

IMG_6402.jpg

この寺院は本当に手付かずの状態なのでレリーフも苔むして
いい味を出している・・・
日本人好みの寺院かも知れないな~~~

IMG_6404.jpg

観光客は整備なんてほとんどされていない転がる石の上を歩きながら
観光するのだが、結構危ない箇所もあるので遺跡ばかりを見て足元を
ちゃんと見ていないと怪我をするぞ!

写真の観光客と比べていかに寺院が大きいかがわかるなあ~

IMG_6400.jpg

この遺跡は「天空の城ラピュタ」のモデルになったと聞くが
真相はどうなんだろうか?どちらにしても崩壊はしているが
心を躍らせる魅力的な遺跡に違いないなと思った。

遺跡=探検、そう連想してしまう僕にとって、この遺跡の
訪問はワクワクの連続だったのだ・・・

続く・・・


関連記事

| アンコールワット遺跡群 | 00:00 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Re: タイトルなし

pregoさん!まいどまいど!

> あぁーここもいってみたかったです!
> でも治安がちょっと悪いみたいなことが書いてあったのを読んだ事があり、行かなかったのですが、
> やはり山賊!!でるんですねー。

5年前の某歩き方にはそんな事が書いてありましたけど
最近は日本の大手旅行会社もツアーを組むぐらいなので
かなり環境は良くなったのだと思いますよ。

とても山賊が出るような所に見えませんでしたが・・・

> でも写真を見ると人もいそうだし、なんとなく平気そう?とか思ったのですが…
> しかし、崩れていますねぇ~

そうでしょ?ダイナミックな崩れ方でしょ?
写真では大きさが伝わりにくいですが、かなり大きな寺院です。

これがまたロマンを感じるのですが…。
> 一体昔はどんなに豪華な感じだったのでしょうか。想像しただけでなんか楽しくなります!

未だにほとんどがジャングルに埋っている状態なんですが
遺跡が苔むし、樹木が絡む様子は日本人の好きな侘び寂びに
通じるものがあると思いますねえ~

昔の姿を想像してワクワクするのも遺跡めぐりの醍醐味ですね!

| Chempaka | 2014/08/12 23:48 | URL |

あぁーここもいってみたかったです!
でも治安がちょっと悪いみたいなことが書いてあったのを読んだ事があり、行かなかったのですが、
やはり山賊!!でるんですねー。
でも写真を見ると人もいそうだし、なんとなく平気そう?とか思ったのですが…
しかし、崩れていますねぇ~
これがまたロマンを感じるのですが…。
一体昔はどんなに豪華な感じだったのでしょうか。想像しただけでなんか楽しくなります!

| prego | 2014/08/11 23:33 | URL |

Re: タイトルなし

キュウ親さん!まいどです~~!

> 崩れかけてるけど、
> 完全には崩れていない遺跡、
> これもアンコールワット遺跡群の魅力ですね♪

そうなんですよね。アンコールのほとんどの遺跡は
修復が充分に行われず、まだまだ発見された当時の
神秘的な姿を見る事ができるのが魅力なんですね。

特にこの遺跡は「順路」がゴロゴロとした石の上を
歩いたりで、ちょっとした探検気分も味わえます!

> それにしても....スポアンの木の生命力、破壊力は
> すさまじいなぁって思います!!

この木の肌が見た目ツルリとしていて、まるで生きた何かの
動物の足が遺跡を踏んづけてるように見えるんです。

ほんと力強く凄まじい破壊力です!

| Chempaka | 2014/08/05 23:35 | URL |

Re: タイトルなし

霧のまちさん!まいどです~!

> あの・・・余談ですみませんが…。

はいはい。

> 私のブログでUPした不思議な?ヤシの木ですが
> どうもアレは クジャクヤシだと半ば判明。

え~~っ!そうなんですか!
そうだとしたら凄い巨大なクジャクヤシですね!

アジアでたまにそこそこ大きいのを見ますけど
クジャクヤシでも巨大になる亜種なのかな?

> 同名の園芸ものが日本でも多く販売されてますが
> 幼木を見ても あのようには見えないので 少し
> 分かりにくいのですネ…。

僕もかつてその園芸種を育てた事がありますが
そうですねえ~、あのようには見えませんね!

> 高さは10mにもなるそうですし、瀧のようにいっぱいの
> 実が付くので間違いないと思います。

そうですね。アジアで見たクジャクヤシって実が瀧のように
連なって、だらりと垂れ下がってるのを見た事があります!

> 東南アジアからオーストラリア原産らしいです。
> ***** ご一報まで(笑)

霧のまちさんとは熱帯植物大好き仲間ですからねえ~(笑)
僕も旅先で見た珍しい植物を撮りまくってきますね!

| Chempaka | 2014/08/05 23:28 | URL |

Re: タイトルなし

ももくそさん、まどっす!

> しかし、マイナーな所を周ってますね~。

いやいや~~、ここは最近メジャーな場所なんですよ?(笑)

> メジャーな所を見た後だと、精密さとか荘厳さとか偉大さに欠けて見えませんか?(←見飽きてヨーロッパの教会が全部一緒に見える)

と、思うでしょ?これがねえ~、小さな遺跡でもマイナーな遺跡でも
それぞれ趣が違って、楽しいの(笑)
でもまあ、最近じゃカンボジアだけでなくラオスやタイに散らばる
クメール遺跡を制覇しようとしてるんで、いやはや我ながら呆れます(笑)

同じ事はあのタイやラオスやミャンマーにある金ピカの寺院も
同じ感覚なんですよね。飽きないんですよね~、これが(苦笑)

> Chempakaさんの記事を読むと、私の「遺跡好き」は、本当に口だけだな~と思います。

今一度、ももくそさんもカンボジアを訪れてゆ~~っくりと
遺跡を巡ってくださいよ~~(笑)
いろんな発見があって楽しいですよ!訪れる前に何冊かクメール遺跡の
解説書を読んでから行ってほしいなあ~~

> 「天空の城ラピュタ」のモデルってモン・サン・ミッシェルとゴルドの街だけだと思ったんですが、確かに遺跡と緑と廃墟感がラピュタですね~~~。

モデルになったという話はネット上でもまことしやかに語られていますが
実際はどうなのかはわかりません(笑)
実はラピュタは観た事がないのですが、観た人が訪れると「なるほど!」と
思うツボがあちこちにあるのかも知れませんねえ~

コメント。楽しく興味深く拝見しましたよ!(^^)

| Chempaka | 2014/08/05 23:21 | URL |

崩れかけてるけど、
完全には崩れていない遺跡、
これもアンコールワット遺跡群の魅力ですね♪

それにしても....スポアンの木の生命力、破壊力は
すさまじいなぁって思います!!

| キュウ親 | 2014/08/04 20:19 | URL |

あの・・・余談ですみませんが…。

私のブログでUPした不思議な?ヤシの木ですが
どうもアレは クジャクヤシだと半ば判明。

同名の園芸ものが日本でも多く販売されてますが
幼木を見ても あのようには見えないので 少し
分かりにくいのですネ…。
高さは10mにもなるそうですし、瀧のようにいっぱいの
実が付くので間違いないと思います。
東南アジアからオーストラリア原産らしいです。

***** ご一報まで(笑)

| 霧のまち | 2014/08/04 09:42 | URL | ≫ EDIT

しかし、マイナーな所を周ってますね~。
メジャーな所を見た後だと、精密さとか荘厳さとか偉大さに欠けて見えませんか?(←見飽きてヨーロッパの教会が全部一緒に見える)
Chempakaさんの記事を読むと、私の「遺跡好き」は、本当に口だけだな~と思います。

「天空の城ラピュタ」のモデルってモン・サン・ミッシェルとゴルドの街だけだと思ったんですが、確かに遺跡と緑と廃墟感がラピュタですね~~~。

追伸・・・。
あの~恥を忍んでお聞きしますが、もしかしてワタクシ、昨日に鍵コメで長文を送っておりますでしょうか・・・?(照)(恥)
ヨッパ状態で、「Chempakaさんのコメの返信しなきゃ~」と思ていて、そのコメを送ったような送って無いような~~、曖昧な記憶があります(><)
覚えがないコメントをした記憶にガクブルです。
変な事書いていたらすみません・・・・。(海より深く反省)

| ももくそ | 2014/08/04 00:45 | URL |

Re: タイトルなし

霧のまちさん!まいど~~!

> アンコールワットから40kmですか~、有名なあの遺跡は
> 見るけど ここは・・・って感じですか?

数年前までは地雷の撤去が完全でなく、治安もあまり良くなかったので
ガイドと銃を持ったスタッフと行かなければならない幻の遺跡でしたが
近年は現地は元より大手の旅行代理店も扱うようになり行き易くなりました。

って言っても、やはりマニア向けなのかな~~?(苦笑)

> 何か すごくガラガラ壊れてしまっていますね。
> でも独特の建物は きれいに残っていて 雰囲気がよく
> 伝わります。

そのガラガラ壊れているスケールが写真からは判りにくいのですが
一つ一つの石が巨大なので、訪れる者を圧倒します!

> 大昔、どんな暮らしをしていたんでしょうね~。

結局、アンコール王朝の衰退は深刻な水不足が原因だと
言われています。治水に関する土木技術に長けていた
人々でしたが自然の前には敵わなかったようです・・・

| Chempaka | 2014/08/03 22:02 | URL |

アンコールワットから40kmですか~、有名なあの遺跡は
見るけど ここは・・・って感じですか?
何か すごくガラガラ壊れてしまっていますね。
でも独特の建物は きれいに残っていて 雰囲気がよく
伝わります。
大昔、どんな暮らしをしていたんでしょうね~。

| 霧のまち | 2014/08/03 09:27 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nonachempaka.blog69.fc2.com/tb.php/433-5e984d89

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。