アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ネパール・パシュパティナート~ネパール最大のヒンドゥー教寺院


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

ガンジス川の支流であり、聖なる川とみなされるバグマティ川
川岸にあるパシュパティナートは、ネパール最大のヒンドゥー教の
寺院であり、インド亜大陸にある4大シヴァ寺院の一つである。

IMG_2093_201406160147433f6.jpg

残念ながら信者以外は寺院内に立ち入り禁止。

それでも川岸で行われる火葬の様子は自由に見る事ができる。

IMG_2087_2014061601482497b.jpg

次々と遺体が親族の手によって運ばれ、荼毘に付されていく・・・
あたりは異臭を帯びた煙が細かな灰と共に絶えず充満している・・・

何とオープンであっけらかんとした最後の儀式なんだろう・・・

IMG_2088.jpg

遺体を大きな薪の上に乗せ、まわりに固形燃料を敷き詰める・・・
火をつけると瞬く間に炎に包まれる遺体・・・

恐らく専門の人々だろう、時折遺体を長い二本の竹でひっくり返し
完全に灰になるまで焼いていく・・・

こんなシーンは初めて見たが、不思議とショッキングな気持ちに
ならないのは余りにもオープン過ぎるからだろう。

IMG_2091.jpg

灰は聖なるバグマティ川に流されるのだが、故人の遺品なども
流される。その遺品を拾い集めるて清掃する人々がいる。
きっとその人々も専門の人々だと思われる。

ボーっと火葬の様子を眺めていると親族だろう、何やら大きな声を出しながら
川にヒラヒラと何かを捨てた・・・
良く見ると故人のだろう、エックス線の写真だった・・・
癌か何かで亡くなったのだろうか?

輪廻転生を信じるネパールの人々にとって、このエックス線写真は
火葬後は前世の物になるのだ・・・
再び健康な身体を持って甦るのだから・・・

IMG_2098_20140616015012dce.jpg

そんな聖なる川で洗濯をする女性の姿を見た。
ネパールの人々の生死観を象徴するような光景だなあ~

IMG_2103_20140616014956b36.jpg

ん?もしかしてあれはサドゥー

最古のシヴァリンガを祀るキラテシュワール寺院をネワール族の
サドゥーが守っているのだ。

IMG_2106_2014061601500362a.jpg

しかし見事なヘアスタイルだなあ~

中には偽のサドゥーもいて、カメラを向けるとチップチップと
しつこい輩もいるから注意だ。

IMG_2113.jpg

中にははるばるインドからやってくるサドゥーもいるらしい。
遺灰を身体中に付け、独特の雰囲気を醸し出す彼ら・・・

う~~ん、ヒンドゥ教の世界は深いなあ~

関連記事

| カトマンドゥ | 00:00 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Re: タイトルなし

ぴきさん!まいどっ!

> こんにちは、

こんにちは!

> わたしは、やはりアジアといっても、
> リゾート国より、こういうところに興味があるようです。

非日常的な有名リゾート地が点在している一方で、ほとんどの
アジアの土地が生々しくその国の日常をさらけだしてますね。
その「生々しさ」が魅力なんですが・・・

> ネパールにヒンズー教徒がいるとはしりませんでした。
> でも、埋葬方法は、国によってちがうんですかね?
> 非常に、不思議な感じがして、
> ひかれます(行くことはないとおもいますけど)

大体どこのヒンズー教でも埋葬方法は荼毘に付してから
川や海に遺灰を撒くというのが多いように思います。

余りにも最後の儀式がオープンであっけらかんとしていて
不思議な感じでしょ?

| Chempaka | 2014/07/13 02:19 | URL |

こんにちは、

わたしは、やはりアジアといっても、
リゾート国より、こういうところに興味があるようです。
ネパールにヒンズー教徒がいるとはしりませんでした。
でも、埋葬方法は、国によってちがうんですかね?
非常に、不思議な感じがして、
ひかれます(行くことはないとおもいますけど)

| ぴき | 2014/07/11 12:58 | URL |

Re: タイトルなし

ちょいバリさん!まいどです!

> ヒンドゥはみんな公開火葬なんですね。

そう言えば、バリ島のお葬式も公開火葬ですものね!
ンガベンって昔に見ましたが今でも派手にやるんですよね?

> オープンに観光客まで呼んで行うのでおごそかであり、陽気なセレモニーなんでしょうね。

インドのガンジス川の火葬場は監視が厳しくて観光客が
間近に近付いて見る事は難しいのですが、ここは非常に
オープンでした。

| Chempaka | 2014/07/03 00:42 | URL |

Re: タイトルなし

ももくそさん!まいど~~!!

> ん?

ん?

> 火葬は遺体をそのまま焼くんですよね。
> 肉を焼く的な臭いがしましたか?(←無神経)

薪の上に遺体を乗せてそのまま焼いてました。
髪の毛が燃えたようなニオイ?がずっとしてましたね~
その様子をずっと見ている僕も無神経なのかも?(苦笑)

いや~、こんな光景って人生初めて見た事もあって
それとあまりにオープンな雰囲気もあって見入って
しまいました・・・

> 内臓は生きていても臭いので(動物の解剖の時間に習った)それが焼かれたら、物凄い異臭がしてトラウマになりそうです。
> 日本の火葬場では体験しないことばかりですよね~。

結局人間って地位も名誉も関係なく死んだら皆、こんな風に
なるのだなあ~と思うと、生きてる間にやりたい事をして
食べたいモノを食べて、楽しまないと損だなあ~とか考えて
しまいました。

> しかし、サドゥーってこんな肥えたやつばかりなんですかね・・・。
> いつかインドのサドゥー祭りを見てみたいです。

なんかキレイなサドゥーでしょ?
サドゥーファッションを楽しんでいる、その辺のおっちゃんみたいです(笑)

インドのサドゥー祭り!見たい!

| Chempaka | 2014/07/03 00:38 | URL |

ヒンドゥはみんな公開火葬なんですね。
オープンに観光客まで呼んで行うのでおごそかであり、陽気なセレモニーなんでしょうね。

| 親父 | 2014/07/01 12:00 | URL | ≫ EDIT

ん?
火葬は遺体をそのまま焼くんですよね。
肉を焼く的な臭いがしましたか?(←無神経)
内臓は生きていても臭いので(動物の解剖の時間に習った)それが焼かれたら、物凄い異臭がしてトラウマになりそうです。
日本の火葬場では体験しないことばかりですよね~。

しかし、サドゥーってこんな肥えたやつばかりなんですかね・・・。
いつかインドのサドゥー祭りを見てみたいです。


| ももくそ | 2014/06/30 22:18 | URL |

Re: タイトルなし

hungrykazさん!まいどです!

> Chempakaさま 毎度です!
> へ〜インドだけじゃなくネパールでもこうやってるんですね〜と思ったらやっぱりガンジス川には違いないんだ。しかしあんな程度(?)の焼き方で骨まで焼けちゃうもんなんですかね。

遺体の下に固形燃料を大量に詰めてました。時間はかかりますけど
完全に灰になってましたね。遺族はその一部始終を見守ってます。

> 遺品を流す一方でそれを掃除する人もいる、というのが、なんとなくタイでやるタンブンの鳥や魚を逃がす儀式(でもどうせすぐまた捕まる)に通じる思想があるような気がしました。ヒンドゥも輪廻転生の思想なんでしたっけ?

インドのように強くはないですがカーストによって掃除屋さんも決められてるようです。

確かに、アジアで良く見る鳥や魚もそうですけど、人気のあるお寺とか祠なんかはすぐに
参拝者の線香や花で一杯になるので、お供えした端から掃除屋さんが線香とか抜き取って
ますもんね~、必死に(苦笑)

ヒンドゥー教では、輪廻を教義の根幹とし、信心と業(カルマ、karuman)によって次の
輪廻(来世)の宿命が定まるとされてます。WIKIより。

| Chempaka | 2014/06/30 21:12 | URL |

Re: タイトルなし

霧のまちさん!まいどです~~!

> かなりショッキングな写真のはずなのに 私もドライな
> 気持です。 こんな風景を観光客も自由に見られるなんて
> すごいです。

インドのベナレスの火葬場は間近で見る事ができないのですが
ここは観光客にもオープンです。

降りかかる灰にも不思議と気持ち悪いという感情が湧きませんでした。

あまりにオープンな故、誰でも死ぬのだという現実を直視するしかなく
僕もドライな気持ちにならざるを得なかったです。

> 日本のようにジメジメした雰囲気の中、密室感が強いですが
> こんなオープンな方法だと かえっていいですね。

僕もどうせ焼かれるならオープンな場所でお願いしたいです!
そのまま気持ちよく大空に飛び立てるような気がします!
で、遺灰はメコン川に流してほしいです!

> エックス線の写真までと言うのは 何かビミョーな気が・・・。

来世では同じ病気で苦しみさせたくない!という遺族の思いでしょうか?

| Chempaka | 2014/06/30 21:02 | URL |

Chempakaさま 毎度です!
へ〜インドだけじゃなくネパールでもこうやってるんですね〜と思ったらやっぱりガンジス川には違いないんだ。しかしあんな程度(?)の焼き方で骨まで焼けちゃうもんなんですかね。
遺品を流す一方でそれを掃除する人もいる、というのが、なんとなくタイでやるタンブンの鳥や魚を逃がす儀式(でもどうせすぐまた捕まる)に通じる思想があるような気がしました。ヒンドゥも輪廻転生の思想なんでしたっけ?

| hungrykaz | 2014/06/29 10:09 | URL |

かなりショッキングな写真のはずなのに 私もドライな
気持です。 こんな風景を観光客も自由に見られるなんて
すごいです。
日本のようにジメジメした雰囲気の中、密室感が強いですが
こんなオープンな方法だと かえっていいですね。
エックス線の写真までと言うのは 何かビミョーな気が・・・。

| 霧のまち | 2014/06/28 09:48 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nonachempaka.blog69.fc2.com/tb.php/424-6285192e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。