アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ラオス・シーパンドーン~メコン川に浮かぶデット島&コーン島②


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

宿に荷物を置いて早速、このメコン川に浮かぶ小さなデット島
散策に出かけてみよう!

この通りがメインストリート。もちろん舗装などされていなくて
所々、ぬかるんだ場所があるので歩く時に注意だ・・・

IMG_3013_20140209210052175.jpg

そのメインストリートの両側には無いだろうと思っていた
インターネット環境(しかもこの店はクレカも使えるし)が
あったり・・・

IMG_3011.jpg

旅行会社もたくさんあって、各種ツアーやミニバスの手配や
エアチケットの購入も出来るのだから凄い!

もっと驚いたのは、2~3年前まで危険だと言われていた
カンボジアへのバスが出ている事だ!シェムリアップや
プノンペンなどカンボジアの主な都市へ手軽にいけるのだ!

もちろん、ベトナムのフエやダナン、タイのバンコク等への
バスもある!

なんや~、結構「楽」な島やんか!

IMG_3015.jpg

しかし、このメインストリートも200m程歩いて行くと細くなり
ローカルの住むエリアを抜ける小道に早代わり!



そんな小道の様子を撮影しました!

IMG_3018.jpg

小道の左側にはメコン川が流れ、小さなコテージが並んでいたりする。
このコテージは恐らく1泊500円もしないだろう・・・
ちょっと覗くと長期滞在を腹に決めたバックパッカーらしき若者が
ハンモックに揺られて寝そべっている・・・

う~~ん、自分ならこんな生活を一ヶ月もやっていたら絶対に
社会復帰できないだろうなあ~~
何もかもが面倒くさくなって、日本には戻らないかもしれない・・・

IMG_3023.jpg

で、右側には普通にローカル達の住居エリアになっていて
子供達がキャーキャーと走り回っていたりする・・・

熱帯特有の重くてべっとりした空気に時折吹く心地良い風・・・
川の流れる音と時々聞こえる船のモーターの音・・・
そして家々から聞こえる母親らしき人の声と子供達の声・・・

ネットとか近代的な環境が入り込んでいても、やはりこの島は
素朴でのんびりとした楽園に思えるのだ・・・

IMG_3016.jpg

ほらほら!!

こんなコテージに一ヶ月もいたら、あなたならどうなります??

IMG_3024.jpg

今晩のおかずかな?

鶏、牛、豚などが必ずと言っていいほど飼われているなあ~~

IMG_3027.jpg

400mぐらい歩いた頃に突然目の前が開け、この素朴な島に
似つかわしくない巨大なコンクリートの物体が現れた

これは積み出し埠頭の跡でターカムパンと呼ばれている。

1893年、コーンの滝に阻まれて船の航行がままならない事を
悟ったフランス植民地政府は、コーン島デット島の隣の島)に
鉄道を敷設し、鉄道車両に船を載せて陸上を移動させた。
1910年にはデット島との間に鉄道橋を完成させ、蒸気機関車も
導入。これらの橋や蒸気機関車の残骸、積み出し埠頭跡が残されて
いるのである・・・


IMG_3032.jpg

へえ~~っと積み出し埠頭跡を眺めていたら、ポツリポツリと
雨が降り出してきた
ほんのさっきまで良い天気だったのに、この変化の速さは
やはり熱帯なのだなあ~・・・

そのポツリポツリが次第に大粒になって激しくなってくる!
ちょうど近くにレストランがあったので飛び込む・・・



そんなスコールの様子を撮影しました!

IMG_3033.jpg

そんなレストランで甘~~~いコーヒーを飲みつつ
雨が小降りになるのを待つ・・・

こんなトラブル?もこんな素朴な島の出来事だと
なんとなく嬉しい・・・
島のリズムに合わせてのんびりすればいいのだ!!

IMG_3037.jpg

20分くらいで雨も止み、ホテルに戻る事にする・・・

アヒルのヒナかな?雨に濡れた道を可愛く歩く・・・

IMG_3038.jpg

猫達はいつもの事だと言わんばかりにのんびり寝転がっている・・・

半日だけど、すでにこの島の事が好きになってきたぞ!!

続く・・・

関連記事

| シーパンドーン | 00:00 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Re: タイトルなし

霧のまちさん!まいどです~~

> 島を好きになるのはいいけど ホント、ずっといたら日本に
> 復帰できなくなりますね~。

一度試してみたい気もするのですが、非常に怖いです(苦笑)
何かと日本式な「物質的豊かさ」を捨てて(開放されて)、自分の
心がどのように変化するのか?体験してみたいです・・・

> 下川さんの本を読んでるみたいですが。(笑)

下川さんの本は特に鉄道物が好きですね~(笑)

> 動画の雨の音、凄いですね。 他の音を遮断するみたいに。
> 雨宿りにコーヒー、いい感じです。
> ゆる過ぎくらいのゆるさですが 住んでる人はここしか
> 知らないんですよね。

じゃなくても音と言えば川を走るボートの音、家畜の鳴き声や住民の
声しかないわけで、普段多種多様な作られた音に囲まれている人間に
とっては雨音だけを眺めるように聞くというのは新鮮な時間でした。

そう、ここしか知らないのがいいのか?悪いのか?
少なくともどちらも経験できる身分である事には
感謝しなければなりませんね~~
 

| Chempaka | 2014/03/06 23:41 | URL |

Re: タイトルなし

キュウ親さん!どもども~~!

> いい場所ですね~♪
> 突然のスコールも、ヒマ時間のスパイスですねぇ。

うまいなあ~~~「ヒマ時間のスパイス」
その通りですね!こんなスパイスを日本では見つける事が
できませんから!心が癒されるような心地の良い刺激です。

> ここに沈没しちゃうと、
> まじめに考えたり行動したりが、
> すご~く面倒というか、むしろ悪い事に思えそう(笑)!!
> 一ヶ月といわず一週間くらいで、社会復帰できなくなったりして♪

日本での生活がまさに、まじめに考えて行動する事で成り立っているわけで、
じゃないと「豊か」になれないのですが、でもそのご褒美であるはずの「豊か」って
がんばってストレスを溜めてがんばっている割には、心まで癒される事って
少ない気がしますネエ~~

だから、一週間で十分に癒されそうなこの場所では、社会復帰は絶望的かも?

| Chempaka | 2014/03/06 23:31 | URL |

Re: タイトルなし

Yottittiさん!どもども~~~!

> カンボジアにつながったり、時代は変わったのでしょうか
> 国境がつながるのはうれしい話ですね

カンボジアもラオスも発展してきた証でしょうね。
道路事情や治安が良くなり、人の往来が増えてきた。
喜ばしい事ですね~~

> ラオス、のんびりしてますね
> のどかで平和~
> 観光客はメコン河お目当て?かしら

メコン川の中の巨大な島!という立地にいろいろと
観光客は期待するんでしょうね。僕もそうでした。
行ってみるとメコン川があまりに大きな川のために、
島の孤立感が半端なくて・・・

その島からみる朝昼晩の川の表情はどれも雄大で素敵でした。

> コンクリの鉄道橋だけが、そぐわないかも
> このまま自然が残る地域であったほしいですね

所々に滝とよばれる激しい流れがあるこの難所では船で
物資を運ぶ事が困難だったため、フランス人が知恵を絞り
島を中継地点に考えて鉄道を敷き、物資を運ぼうとした跡です。

結局、メコン川の勝利に終わったようです。

| Chempaka | 2014/03/06 23:22 | URL |

Re: タイトルなし

ちょいバリさん!まいどまいど!

> ゆるくてよさげな島ですね。
> こりゃ~、社会復帰できなくなること間違いなし。
> スコールの雨を避けて急ぐワンコがおもしろい。

バリ島にもまだまだゆるい所はあるんですけど
なんと言うか、ここのゆるさは半端ないです。
旅行者には便利な施設が増えていると言っても
やはりここはラオスの田舎!

ここにいると貧しいけれど日本にいる時のような
時間と仕事に追われる日々で成り立つ豊かさが
本当に人間にとって幸福なんだろうか?って哲学的な
事を考えてしまいます。

| Chempaka | 2014/03/06 23:07 | URL |

Re: タイトルなし

pregoさん!まいど~~~!

> こんばんわ!

こんばんは!

> 素朴な島な雰囲気もありつつ、ネット環境や旅行会社があるなんてなんか不思議ですね~。
> しかも旅行会社、一軒だけではな感じですよね?

ここ数年で、素朴で何もない「楽園」として一部のバックパッカーに
絶賛されていたのが、一気にリゾート地のようになってしまったようです。
旅行会社やレストランもたくさんあってびっくりしましたねえ~~

> >2~3年前まで危険だと言われていた
> >カンボジアへのバスが出ている事だ!
>
> ってことはなんか陸路で走っていると賊に襲われるとかですか?!
> それとも地雷?!
> まだまだあるんですね。

カンボジアからタイやベトナムに向かう道は整備され
治安も良く、以前からよく利用されてましたけどラオスに
向かう道はデング熱の流行地で治安も悪く一般的な道で
なかったと記憶してます。

> 本当にのんびり過ごす事に慣れちゃったら、私も絶対社会復帰無理ですー!!

社会復帰できないだろうな~と思いつつ、一度経験してみたいな~と
思うのは僕だけかな??(笑)

| Chempaka | 2014/03/06 22:57 | URL |

島を好きになるのはいいけど ホント、ずっといたら日本に
復帰できなくなりますね~。
下川さんの本を読んでるみたいですが。(笑)
動画の雨の音、凄いですね。 他の音を遮断するみたいに。
雨宿りにコーヒー、いい感じです。
ゆる過ぎくらいのゆるさですが 住んでる人はここしか
知らないんですよね。 

| 霧のまち | 2014/03/03 20:11 | URL | ≫ EDIT

いい場所ですね~♪
突然のスコールも、ヒマ時間のスパイスですねぇ。

ここに沈没しちゃうと、
まじめに考えたり行動したりが、
すご~く面倒というか、むしろ悪い事に思えそう(笑)!!
一ヶ月といわず一週間くらいで、社会復帰できなくなったりして♪

| キュウ親 | 2014/03/03 19:12 | URL |

カンボジアにつながったり、時代は変わったのでしょうか
国境がつながるのはうれしい話ですね

ラオス、のんびりしてますね
のどかで平和~
観光客はメコン河お目当て?かしら
コンクリの鉄道橋だけが、そぐわないかも
このまま自然が残る地域であったほしいですね

| Yottitti | 2014/03/03 18:53 | URL | ≫ EDIT

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2014/03/03 12:15 | |

ゆるくてよさげな島ですね。
こりゃ~、社会復帰できなくなること間違いなし。
スコールの雨を避けて急ぐワンコがおもしろい。

| 親父 | 2014/03/03 07:13 | URL | ≫ EDIT

こんばんわ!
素朴な島な雰囲気もありつつ、ネット環境や旅行会社があるなんてなんか不思議ですね~。
しかも旅行会社、一軒だけではな感じですよね?

>2~3年前まで危険だと言われていた
>カンボジアへのバスが出ている事だ!

ってことはなんか陸路で走っていると賊に襲われるとかですか?!
それとも地雷?!
まだまだあるんですね。

本当にのんびり過ごす事に慣れちゃったら、私も絶対社会復帰無理ですー!!

| prego | 2014/03/02 23:34 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nonachempaka.blog69.fc2.com/tb.php/408-e3136cd0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。