アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ネパール・カトマンドゥのダルバール広場


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

カトマンドゥーの日本食レストランでカツ丼を食べた後に
強烈な下痢と嘔吐に襲われ、ほとんど一睡も出来ずに朝を
迎えた・・・

本来ならばホテルの部屋でゆっくり休む方が身体には良いの
だろうが、やはりネパールまで来て観光しないのももったいない!

とにかく近くのダルバール広場まで歩いて行ってみよう!

写真はカーラ・バイラヴと呼ばれるシヴァ神の化身の一つで恐怖の神!
カーラ・バイラヴの前でウソをつくと即座に死んでしまうと言われ、
昔はこの像の前に容疑者を連れて来ては罪を白状させたと言う・・・

IMG_2017.jpg

ダルバール広場に入る・・・

ダルバールというのはネパール語で「宮廷」を意味する。
3つの王朝がカトマンドゥ盆地に君臨した時代には王宮前の広場として
カトマンドゥ王国の中心だった。

現在もここカトマンドゥパタンバクタプルにも同様のダルバール広場
あって、それぞれの王が美しさを競い合っただけあって、どの広場も見応えの
ある寺院や宮殿が残っている。

IMG_2023_20140203033653ed2.jpg

地元の人々で広場は賑わっているなあ~
観光客も結構いるけど、ほとんどがローカル。

観光客待ちのタクシードライバー、お参りにきたローカルの
おばさん、デート中のカップル・・・憩いの場となっていた。

ちなみに写真の右の寺院はシヴァ・パールヴァティー寺院と言って・・・

IMG_2032_201402030337515f3.jpg

窓からシヴァ神パールヴァティー妃が仲良く寄り添って
人間の街を見下ろしている

このふたりはとても情熱的なカップルでヒマラヤの奥深く
カイラス山に住んでいるらしい・・・

このシヴァ神の妃パールヴァティーはヒマラヤの娘で良妻賢母。
しかし、破壊神のシヴァの妃だけあってドゥルガーと呼ばれるタイガーに
乗り、10本の腕に武器を持つ美しくも戦闘的な女神にも化身するのだ。

IMG_2030_20140203033727428.jpg

シヴァ寺院。広場中央にある、ひときわ高い建物。
ほとんど寝ていないので身体がけだるく調子はイマイチだけど
登ってみよう・・・

寝転がるおじさん、仲の良いカップル、おしゃべりに夢中な
女の子達の間を抜けながら上へ・・・

IMG_2028_20140203033720877.jpg

最上段の階段に腰を下ろしてダルバール広場を眺める
ほんとローカルが多いなあ~、国内からの観光客も多いのかな?

さっきから僕の横には犬が一匹寝そべっているのだが
チラッ、チラッとたまに僕を見ては「無理するなよ~」って
言ってる気がした

IMG_2033.jpg

国王の住まいがあった旧王宮の方角を見る。
マッラ王によって建てられたタレジュ寺院・・・

IMG_2014_201402030331521eb.jpg

それにしてもダルバール広場にはハトがたくさんいるなあ~
陽が差して暖かそうに見えるけど実は結構寒い!

IMG_2019.jpg

さて、このダルバール広場には生き神クマリが住む館がある。

クマリには女神ドゥルガー他、多数の女神が宿るとされ、
初潮前の怪我や病気の跡の無い、美しく利発な少女が選ばれ、
両親の元から引き離され、神としてのふるまいを方を教え
込まれる・・・

で、このクマリの館に住みながら人々の病気治療や願望成就の
祈願、占いを行っているのだそうだ・・・

IMG_2021.jpg

中に入って見上げて見ると・・・
見事な彫刻が施された窓枠が目に飛び込んでくる・・・

女神の世話人にお布施を渡すと、クマリがその窓から顔を
出してくれるとのこと。ん~~、見て見たい・・・
団体客が来たときに便乗して見るのがいいのだろうが
そんな客が来る様子も無い・・・

運がよければ!と思っていたので今回は諦める・・・

それよりも早くホテルに戻ろう・・・
トイレ、トイレ・・・
関連記事

| カトマンドゥ | 00:02 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Re: タイトルなし

pregoさん!まいどまいど!

> こんばんわ!

こんばんは!

> うわー、具合悪いのに観光頑張りましたね~(-。-;)
> ダルバール広場の建物、ちょっと中国っぽい感じにも見えますね。
> そして鳩すごい!!

頑張りました~~!寝てるのは勿体無い!っていう一心で・・・
そうでした!ハトが凄かったです!日本にもいますけど
エサやりおばさんやおじさんがいるんですよね~
凄い勢いでエサを食べてました(笑)

> 私鳩苦手でして、ここにはいられないかも…。
> 窓から人間の街を見下ろしている姿も、なんだかコミカル…?
> 神様がこんなところから2人仲良くいるなんて!

ハト嫌いにはキツイ場所かも!
というか、カトマンドゥの他のダルバール広場もハトだらけですよ!

夫婦揃って窓からアツアツ振りを披露してます(笑)
シヴァ神は破壊神なので、人間が気に入らない事をしたら
すぐにでも人間界を破壊するぞっ!と監視してるんですかね?

> クマリの話、TVで見た事があります!
> こんなところに住んでいるのですね~目があったらいい事があるとかいいますよね。
> このときあっていたらお腹も治っていかも?!(笑)

クマリ、一目でもいいから見たかったなあ~
団体客には窓から顔を出してくれるらしいですけど・・・

ほんまですね~、お腹の調子も良くなったかも!

| Chempaka | 2014/02/16 23:46 | URL |

Re: タイトルなし

hungrykazさん!まいどっ!

> Chempakaさままいどです。
> ネパールはやっぱり他の国とは違う独特の寺院ですねえ。窓から覗くシヴァ神が人間っぽくていい感じ!建物の壁の色が暗いので妙な迫力がありますね。

建築の様式としては中国、チベットあたりでしょうか?

とにかくネパールのヒンドゥーの神様はインド同様に人間っぽくて
親近感が沸きますね~・・・

ミャンマーの仏像様がなんだかコミカルなのも人間っぽくていい!っと
思うのと同様の感覚があります。

> しかしカツ丼で当たるってのも珍しい経験ですねw 油のせいでしょうか?

油が悪かったのか、そもそも疲れで胃腸が弱っていたのかも知れません・・・

| Chempaka | 2014/02/16 23:37 | URL |

Re: タイトルなし

霧のまちさん!まいどです~~!

> 体調の悪い中 頑張りましたね~。
> 旅先では 特にツライんですよね。

ツラカッタですね~~(苦笑)
特に一人旅ですから、症状を客観的に見てくれる人が
いないというのは心細いものです。

> 私も気をつけなきゃ・・・。 しかし、濃い場所ですね~。
> 神々の姿を見ても・・・あまり拝む気にならないような。笑

そうですよ~~、霧のまちさんもお世辞にもきれい!っていう
場所には余り行かれないのですから(笑)

拝む気になれないですし、神を感じるぞ~っていう程でもないというか・・・

> ハリボテで作られた感じの神様ですよね。
> 日本の仏のような 渋い美しさが無い・・・。

冒頭のカーラ・バイラヴもそうですがコテコテの彩色に
なんとなくコミカルな表情・・・渋さとは程遠いですね~

| Chempaka | 2014/02/16 23:26 | URL |

Re: タイトルなし

ぴきさん!まいどまいどっ!

> こんにちはー。

こんにちは~!

> ブータンが好きとか言ってますけど、
> 実は、こっちのほうが好きかも~
> 前にもコメントしたかもしれませんが、建築物などに使われている赤が、いいですねー。

ブータンとネパール、隣同士の国だけあって気候も良く似てます。
ただ赤レンガの建築様式はネパールならではですね~、僕も好きです!

> 窓からシヴァ神とパールヴァティー妃が仲良く寄り添って
> 人間の街を見下ろしている
>
> この写真、すごく気に入りました! どのぐらいのおおきさなんでしょうか? 見てみたい!

人間の男女とほぼ同等の大きさだと思いますよ!
なんかいいですよね~!
良く見るとパールヴァティーがシヴァの肩を抱いて
シヴァがパールヴァティーの胸を掴んでるんですよね~(笑)
ご愛嬌ですかね?

> それよりも早くホテルに戻ろう・・・
> トイレ、トイレ・・
>
> そう、私が、どんなに気に入っても、”訪れることはない”と言い切っているのは、わたしにとって、”きれいなトイレの存在”がすべてなんです。 なので、山にものぼらないんです。

トイレに対する価値観というのは個人差があったりで
他人がとやかく言えるもんじゃないですからねえ~(笑)
イヤな物はイヤ!ですし・・・

僕は”そこそこ派”だと思います(笑)

| Chempaka | 2014/02/16 23:12 | URL |

Re: タイトルなし

ももくそさん!まいどっ!

> なるほど・・・。
> カトマンドゥーの日本食レストランでカツ丼を食べたら危ない・・・と、φ(..)メモメモ

カツ丼の油が悪かったのか、自分の体調がそもそも悪かったのが
原因なのかはわかりませんけど、今から思えば食中毒になった日は
8時間以上も山道を歩いたあとだったので、疲労で胃腸が弱って
いたのかもしれませんね~~

> クマリ様見てみたいですね~。
> しかし役目を終えて一般人に戻った彼女らを思うと、クマリになるのは幸せなのか不幸なのか・・・・。
> 幼少期に隔離されて友達もいない生活はどういう影響を与えるんだろう~とか思います。
> 教育とか修行とかどんな生活なんだろう~。

さすが!ももくそさん!よくご存知で~~
そう、クマリとして親元から引き離され、突然神として崇められて
教育、修行・・・

で、ある年齢になったら普通の人間に戻るんですけど、これ絶対に
普通の社会に馴染めないですよね~

しかも、クマリをあがった女性と結婚するのは縁起が良くないそうで・・・

今後、クマリ制度が存続するかはネパール国内でも非常に
デリケートな問題らしいですね。

| Chempaka | 2014/02/16 23:04 | URL |

Re: タイトルなし

Yottittiさん!まいどっ!

> 伝統的な素敵な寺院などが並び、雰囲気のある広場ですね

当時の王が贅を尽くし、競い合った広場ですからねえ~

> 一段一段の幅が広くて、体調不良の時に上るのは大変そう
> 古き良き建物の雰囲気を味わいながらも落ち着かないですね
> 日本のようにトイレも充実してないし、

もうここまで来たら体調不良でも登っておかないと!って
気になりますね(苦笑)
雰囲気は良くて、いつまでも眺めてたいのですが、何と言っても
昨晩は下痢と嘔吐でほとんど寝てないので、体力の消耗も激しく・・・

ぬははは、そうなんですよね~
トイレはあったとは思うのですが、ホテルまで戻った方が
「確実」でしょ?(笑)

> 本当、クマリにすがりたい気分になりますね

クマリ!会ってみたかったなあ~~

| Chempaka | 2014/02/16 22:57 | URL |

Re: タイトルなし

ちょいバリさん!まいどです~~!

> あいや~!嘔吐と下痢ですか、辛そうだ。

本来はホテルの部屋でゆっくり休養するのがいいと
思うのですが、せっかくネパールまで来ているのに
もったいない気持ちが勝ってしまいました(笑)

> ネット&ブログ復活しました。

通信環境が不安定なのはその国その国の事情がありますし・・・
ある程度はガマンなのでしょうかねえ~

> ネパールの建築は中国の影響を受けてるのかな?
> タイ、ラオス、カンボジアとは違い東アジアの様式ですね。

そうですね~中国の影響はあると思います。
特にチベットからは・・・

| Chempaka | 2014/02/16 22:52 | URL |

こんばんわ!
うわー、具合悪いのに観光頑張りましたね~(-。-;)
ダルバール広場の建物、ちょっと中国っぽい感じにも見えますね。
そして鳩すごい!!
私鳩苦手でして、ここにはいられないかも…。
窓から人間の街を見下ろしている姿も、なんだかコミカル…?
神様がこんなところから2人仲良くいるなんて!
クマリの話、TVで見た事があります!
こんなところに住んでいるのですね~目があったらいい事があるとかいいますよね。
このときあっていたらお腹も治っていかも?!(笑)

| prego | 2014/02/16 20:01 | URL |

Chempakaさままいどです。
ネパールはやっぱり他の国とは違う独特の寺院ですねえ。窓から覗くシヴァ神が人間っぽくていい感じ!建物の壁の色が暗いので妙な迫力がありますね。
しかしカツ丼で当たるってのも珍しい経験ですねw 油のせいでしょうか?

| hungrykaz | 2014/02/15 19:32 | URL |

体調の悪い中 頑張りましたね~。
旅先では 特にツライんですよね。
私も気をつけなきゃ・・・。 しかし、濃い場所ですね~。
神々の姿を見ても・・・あまり拝む気にならないような。笑
ハリボテで作られた感じの神様ですよね。
日本の仏のような 渋い美しさが無い・・・。

| 霧のまち | 2014/02/14 19:36 | URL | ≫ EDIT

こんにちはー。

ブータンが好きとか言ってますけど、
実は、こっちのほうが好きかも~
前にもコメントしたかもしれませんが、建築物などに使われている赤が、いいですねー。

窓からシヴァ神とパールヴァティー妃が仲良く寄り添って
人間の街を見下ろしている

この写真、すごく気に入りました! どのぐらいのおおきさなんでしょうか? 見てみたい!

それよりも早くホテルに戻ろう・・・
トイレ、トイレ・・

そう、私が、どんなに気に入っても、”訪れることはない”と言い切っているのは、わたしにとって、”きれいなトイレの存在”がすべてなんです。 なので、山にものぼらないんです。

| Piki | 2014/02/14 12:14 | URL |

なるほど・・・。
カトマンドゥーの日本食レストランでカツ丼を食べたら危ない・・・と、φ(..)メモメモ

クマリ様見てみたいですね~。
しかし役目を終えて一般人に戻った彼女らを思うと、クマリになるのは幸せなのか不幸なのか・・・・。
幼少期に隔離されて友達もいない生活はどういう影響を与えるんだろう~とか思います。
教育とか修行とかどんな生活なんだろう~。

| ももくそ | 2014/02/14 08:21 | URL |

伝統的な素敵な寺院などが並び、雰囲気のある広場ですね
一段一段の幅が広くて、体調不良の時に上るのは大変そう
古き良き建物の雰囲気を味わいながらも落ち着かないですね
日本のようにトイレも充実してないし、
本当、クマリにすがりたい気分になりますね

| Yottitti | 2014/02/13 20:38 | URL | ≫ EDIT

あいや~!嘔吐と下痢ですか、辛そうだ。
ネット&ブログ復活しました。
ネパールの建築は中国の影響を受けてるのかな?
タイ、ラオス、カンボジアとは違い東アジアの様式ですね。

| 親父 | 2014/02/13 11:24 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nonachempaka.blog69.fc2.com/tb.php/404-d4a25d66

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。