アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

カンボジア・アンコールワット遺跡群~アンコールワット寺院の第三回廊


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

アンコールワット寺院の第三回廊は2009年に訪れた時は修復中で
登る事ができずに残念で仕方がなかったが、2011年に訪れた時は
リベンジを果たす事ができた

第三回廊へはこんな急な階段を登らなくてはならない・・・

この階段が出来るまでは観光客がよく落ちて怪我をしたり
亡くなった人もいるとか・・・怖っ!

IMG_6013_20140203024303880.jpg

第三回廊の一番の魅力は何と言っても保存状態の良い
美しいデバターが見られること!

デバターフェチの僕にはドキドキする出会いなのだ!

IMG_6012_201402030242568f1.jpg

風雨の影響をあまり受けないからか彫刻が風化せず見事な
デバターが何体か残っているのだ・・・

IMG_6015.jpg

見よ!この緻密で繊細な彫刻を!すばらしい~~

良いのか悪いのかこの素晴らしい世界遺産の彫刻を
手で触れる事ができるのだ!←触れないけど

IMG_6018_20140203024334a8c.jpg

じ~~~っと1人でデバターを鑑賞していると、まるで
生きた人間に見つめられている様にデバターからの視線を
感じるのが不思議だ・・・

IMG_6020_20140203024410767.jpg

アンコールワット寺院の最も高い所、中央塔に安置されている仏像。
後世に置かれた物もあってごちゃごちゃになってるが、かつては
ヴィシュヌ神が降臨し、王と神が一体化する聖なる場所だったのだ。

IMG_6023_201402030244284f2.jpg

第三回廊から西参道の方角を見る。
黄色いアンコールバルーンが浮かんでいるなあ~

IMG_6031_20140203024436b08.jpg

この中央塔は世界の中心山で神々が住む須弥山を象徴しているとか・・・

風雨にさらされて風化が激しい・・・しかも何百年もの間、ジャングルに
覆われていたんだもんなあ~~

IMG_6041_20140203024459453.jpg

では階段を降りて第二回廊へ戻ろう・・・
写真ではあまり伝わらないが、目がくらむほどの勾配なのだ
正直、なかなかに怖いぞ~~

IMG_6042.jpg

この女の子、第二回廊で肩を露出した観光客にスカーフを貸す商売を
やっているのだった。そう、露出していると第三回廊には登れないのだ

せっかくここまでやってきて頂上に登れないのは悔いが残るというもの!

けっこう繁盛してたような・・・
カンボジア人はフリーで寺院に入る事ができる。

もちろん係りのおじさんは見て見ぬフリだ・・・
あっ!ちょっと握らされてるのかな?

関連記事

| アンコールワット遺跡群 | 00:00 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんにちは。アンコールワットのブログ色々読んでたらコチラのブログに辿り着きました。楽しく読ませてもらいました。写真が綺麗でオシャレなブログですね。ありがとうございました。

| 萌音 | 2014/02/26 08:38 | URL |

Re: タイトルなし

キュウ親さん、毎度です~~!

> 第三回廊は登らなかった(登れなかった?)のですが、
> 実は、ここが一番見所だったのですねぇ!
> (黄色のアンコールバルーンには乗りました(笑))

第三回廊は定期的に?不定期に?修繕の為に閉鎖されるようです。
おお!アンコールバルーンに乗られたのですか!
眺めはいかがでしたか?

> 劣化してないデバターさん、
> 本当に一体一体が入魂の作品なのですね~!
> 高い場所にあるデバターさん達の方が、
> 技術の高い彫師が製作してたのでしょうかねぇ!?

どのデバターさんたちも元はキレイな状態だったのが
風雨と植物によって(人間の手によっても?)風化して
しまったんですねえ~~

ただ、寺院の中心部だった訳ですし、仰るとおり
レベルの高い彫師さんが製作していたかもですね!

> 階段は...後ろを向いて降りないとコワそう~(笑)。

ぐははは!後ろを向いて手をつきながら降りるのが
一番いいかも知れませんねえ~~

| Chempaka | 2014/02/12 02:27 | URL |

第三回廊は登らなかった(登れなかった?)のですが、
実は、ここが一番見所だったのですねぇ!
(黄色のアンコールバルーンには乗りました(笑))

劣化してないデバターさん、
本当に一体一体が入魂の作品なのですね~!
高い場所にあるデバターさん達の方が、
技術の高い彫師が製作してたのでしょうかねぇ!?

階段は...後ろを向いて降りないとコワそう~(笑)。

| キュウ親 | 2014/02/11 09:22 | URL |

Re: タイトルなし

pregoさん!まいどまいど!

> 私も美しい自分好みのデバターを探すのが好きです!
> それにしてもこちらも綺麗ですね
> 本当に彫刻が細かくてすばらしい!

やっぱり細かく見れば痛んでいる所もあるんですけど
それでも保存状態はいいですねえ~~
石を削って透かし彫りにするなんて、凄い技術ですよね!

> 階段、私が登ったところと同じかわかりませんが
> 角度はもちろん変わる事はないですが、
> 手すりとかが立派になりました?
> 私が行ったときはくさりみたいなのがあったような…
> 前にも書いたと思いますが、行きはよいよい、帰りは…ですね~

昔はこんな立派な階段はなくて、両サイドにpregoさんが
言うような鎖の手摺?があっただけだったんですよね~

階段の踏み込みが浅くて、しかも石が劣化しているんで
もろくて怖いですよね!

ほんと帰りは怖いです!!

| Chempaka | 2014/02/10 01:42 | URL |

Re: タイトルなし

霧のまちさん!まいどです~~!

> うわぁ~凄いアングルの写真ですね~。
> 確かに怖い~~~! 急ですね~。

今でこそ立派な階段が付いてますけど、ほんの数年前までは
なくて怪我をする観光客がたくさんいたとか・・・

> 本当に 彫刻が美しく残っているんですね。
> 立派です。

あまり風雨にさらされない場所だからとは思いますが
良く残ってますねえ~~

> やっぱり肩を出していると登れないんですか??
> そうなんだ・・・イスラムのスカーフみたいな
> ものですよね。欧米人はその点がイージーですね。

そのイージーを逆手に取って商売をするローカルが
いる訳ですね。ここまで来て帰れないですし、悔しいけど
利用してしまうんですよね~~

| Chempaka | 2014/02/10 01:39 | URL |

私も美しい自分好みのデバターを探すのが好きです!
それにしてもこちらも綺麗ですね
本当に彫刻が細かくてすばらしい!

階段、私が登ったところと同じかわかりませんが
角度はもちろん変わる事はないですが、
手すりとかが立派になりました?
私が行ったときはくさりみたいなのがあったような…
前にも書いたと思いますが、行きはよいよい、帰りは…ですね~

| prego | 2014/02/09 21:11 | URL |

うわぁ~凄いアングルの写真ですね~。
確かに怖い~~~! 急ですね~。
本当に 彫刻が美しく残っているんですね。
立派です。
やっぱり肩を出していると登れないんですか??
そうなんだ・・・イスラムのスカーフみたいな
ものですよね。欧米人はその点がイージーですね。

| 霧のまち | 2014/02/09 19:15 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nonachempaka.blog69.fc2.com/tb.php/403-2f663ce4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。