アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

インド・ベナレス~早朝のガンガーをボートから眺める③

インド・早朝のベナレス
記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

おお!サドゥー発見!

サドゥーとはサンスクリット語、もしくはパーリ語で、ヒンズー教におけるヨガの実践者や
放浪する修行者の総称。日本語では「行者」「苦行僧」などの訳語があてられてきた。
現在、インド全域とネパールに、400万人から500万人のサドゥーがいるという。。。
ウィキペディアより抜粋


昨日からガンガーに来る度にサドゥーを探していたんだけど、あまりいなかった。。。

ネパールカトマンズパシュパティナートにはそれはそれは色んなサドゥー
見られて楽しかったんだけどなあ~

自称サドゥーの中には、修行とか無縁の『なんちゃってサドゥー』も多くいるようで
観光客に写真を撮らせて執拗にチップを要求する輩もいるらしい

IMG_9639.jpg

そして、ボートは火葬場の近くへ。。。

おびただしい数の薪が転がり、あちこちから煙が昇っている。。。
遺体はオレンジ色の布に包まれ、ガンガーの川に浸した後に焼かれるらしい。。。

子供や妊婦、事故死した物は焼かずに水葬されるとの事

インド人にとって、このガンガーに灰を流す事は死者に対しての最大の
敬意なんだそうだ。。。

IMG_9642.jpg

ボートを降りて火葬場裏の小道へ。。。

凄い量の薪が積まれている。。。

ここでの火葬の様子を興味本位に写真に撮ったり見学すると
いろんな人が出てきて非常に面倒な事になるらしい。
そもそも火葬中のシーンを写真に収めるような趣味はないし
日本人の感覚から言ってもタブーだしね。

IMG_9643.jpg

しかし、ネパールパシュパティナートでは観光客でも
火葬の様子を見る事ができた。。。
実際に僕も間近でその一部始終を観て来たんだけど、不思議と
気持ち悪いとか不潔とか思わなかったなあ~
降りかかる灰や煙が神聖に感じられたものだ。。。

ただ思ったのは『人は必ず死ぬ!楽しまなきゃ!』って事!!

IMG_96<br />48.jpg

こんな細い裏道を歩いていくと

IMG_9645.jpg

道の脇に祠があって、こんな美しい像が並んでいたり。。。

IMG_9646.jpg

色とりどりのヒンドゥーの神々像が並んでいたりと楽しい

IMG_9647_20130617025840.jpg

で、極めつけはヘビ使いの少年!

インドと言えばヘビ使い、それもコブラと言うのが定番の
イメージなのだが、ガイド曰く、そもそもヘビ使いはインド
文化でも芸能でもないとの事だ。。。そうなのか。。。

芸を見たかったが、先を急がなければならず残念

IMG_9649.jpg

とにかく、こんな狭い裏道にも牛がたくさんいるのだが
ゴミを漁っているぞ

ビニール袋ごと食べてしまい、詰まらせて死んでしまう牛もいるらしく
本当にインド人が牛を神聖な動物と思っているのか謎に思えるぞ!

IMG_9650_20130617030018.jpg

あと、インドの道を歩くときは下を良く見て歩いたほうがいい!

あちこちに牛の『落し物』があって、踏んづけてしまう危険アリ!
僕も何度、踏みそうになったか。。。

続く。。。
関連記事

| ベナレス | 00:00 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Re: タイトルなし

匿名様、こんにちは!
コメントありがとうございます!

> すごいです。 普通のブログとちがう、なんか、すごいものをみたかんじ。
> 火葬場、迫力を感じるので、実際にみると、もっとなんでしょうね。

火葬場の迫力という意味ではネパールのパシュパティナートの
方がありました。間近で見れるので。。。

> 牛とゴミ。。。この国には、神聖なもの=清潔にしておこう という
> 観念がないような気がします。 納得いかないけど、別に外国人に納得してもらいたいなんて思ってないようですね。 ところで、仕事で、インドの自動車ビジネスのことを調べていたら、インド人って白人指向が強くて、白人系の会社と契約を結びたがるそうですが、本当だと思いますか?
> まあ、日本人もヨーロッパとか好きですけど。

僕も同じ事を思いました。神聖で大事なもののはずなのに
なぜここまで放っておけるのか?って。きれいに大事に
メンテナンスしようよ!みたいな。
またその感覚が標準のようですから理解に苦しむ。。。

インド人の白人志向。。。どうなんでしょうねえ~?
親日的な国柄とは聞いてますが、ホテルとかの対応を
見る限りそうとも思えないし。。。
ただ英語がかなり普及している時点でアルファベット語圏の
民族(白人)には接し易いのかも?コミュニケーションという
意味ですけど。。。

| Chempaka | 2013/07/11 01:07 | URL |

こんにちは、

すごいです。 普通のブログとちがう、なんか、すごいものをみたかんじ。
火葬場、迫力を感じるので、実際にみると、もっとなんでしょうね。
牛とゴミ。。。この国には、神聖なもの=清潔にしておこう という
観念がないような気がします。 納得いかないけど、別に外国人に納得してもらいたいなんて思ってないようですね。 ところで、仕事で、インドの自動車ビジネスのことを調べていたら、インド人って白人指向が強くて、白人系の会社と契約を結びたがるそうですが、本当だと思いますか?
まあ、日本人もヨーロッパとか好きですけど。

| アジア好き | 2013/07/07 22:22 | URL |

Re: タイトルなし

ちょいバリさん!まいどども~~!

> 同じヒンドゥでもバリの火葬は公開でかなりの観光客がガイドに連れて来られてるのに。その時は写真の嵐ですよ。

僕も一度だけンガベンに行った事がありますけど、確かに
観光客は写真を撮りまくってましたねえ~

> その後の散骨は海で行われ、遠くガンガーに通じてるとのこと。

やはり海に散骨するのはガンガーを意識しての事なんですね?
でも、バリの人々はあまり海に入るのを良しとしませんよね?

> これは野良牛ですか?
> 痩せてかわいそうだな~。

牛は神聖な動物なんですが、やせ細り、ゴミを漁る姿は
ちょっと可哀相です。。。

| Chempaka | 2013/07/07 00:23 | URL |

Re: タイトルなし

Yottittiさん!まいど~~!

> 聖なるガンジスに火葬場があるのを最初に知ったときは、衝撃的でした
> すべてのものがここに帰るのでしょうね

輪廻転生。。。次の生への通過儀式なんですね~~
全てのものがここに帰り、再び生を受けるんですね~~

> タージマハルの写真を見せてもらった時に、蛇がいるっていうのを聞いて、私がインドに行くのを迷うのは、蛇がいるっていうのもあるんですよね

ほんと、女性でヘビが嫌いな方ってとことん嫌いですものね~
生理的に受け入れられないのでしょうね~

でもインドでヘビに出会ったのはこの時だけですよ(笑)
大丈夫です!!

> 前世に蛇に何かされたのか、テレビで見るのも嫌いなんです
> 映画館で出てきた日には失神します
> でもインドの文化ではないのですね

アジアを旅行するとヘビと一緒に写真とかよくありますよね!
大きなニシキヘビを首に巻いてハイポーズ!とか(苦笑)
Yottittiさん、気絶ものですね~~!

だったらベトナムのホーチミンからのメコンデルタのツアーには
行かない方がいいですよ!首に巻かれますから!(笑)

| Chempaka | 2013/07/07 00:14 | URL |

同じヒンドゥでもバリの火葬は公開でかなりの観光客がガイドに連れて来られてるのに。その時は写真の嵐ですよ。
その後の散骨は海で行われ、遠くガンガーに通じてるとのこと。

これは野良牛ですか?
痩せてかわいそうだな~。

| 親父 | 2013/07/06 00:33 | URL | ≫ EDIT

聖なるガンジスに火葬場があるのを最初に知ったときは、衝撃的でした
すべてのものがここに帰るのでしょうね

タージマハルの写真を見せてもらった時に、蛇がいるっていうのを聞いて、私がインドに行くのを迷うのは、蛇がいるっていうのもあるんですよね
前世に蛇に何かされたのか、テレビで見るのも嫌いなんです
映画館で出てきた日には失神します
でもインドの文化ではないのですね

| Yottitti | 2013/07/04 18:37 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

霧のまちさん!まいど~~~!

> ガートの風景は 煙と埃の匂いがムンムンと漂って来そうですね。 混沌の極みです。 路地の神様? きれいですね~。

まさに混沌の極み。。。この世とあの世の境目。。。
あっ、境目なんてないのか!輪廻転生ですものね!
どこかで新しく生まれ変わるのですね~~

何もなさそうな路地裏にもハッとするような物があったりして
目を楽しませてくれます。

> そう言う写真はあまりUPされませんので 穴場かもですね。

僕も霧のまちさんと同じく、けっこう見過ごされがちな?カメラに
収められそうにもない物をあえて撮りますよね~~(笑)

> 牛は相変わらず多い・・・神聖って言いますが 誰も思っていないんでしょうね。 日本の犬のような感覚かな?

あ~~~、でもそんな感じがします。
日本の野良犬の扱い程度にしか思えません!!

> 通りがかりで ポンと頭を叩いて オハヨーって感じに見えました。

本当に神聖なのかと。。。
神聖な動物がゴミを漁って、たまにビニール袋を食べて
死んでしまうという。。。

なんか、テキトーなんですよね~(苦笑)

| Chempaka | 2013/07/04 01:30 | URL |

Re: タイトルなし

M@lauaealohaさん!どもども~~!

> こんにちわ

こんにちは!

> 母なるガンガーから生まれてガンガーで旅立つ…輪廻転生なんですかねー。

輪廻転生という言葉。。。頭では理解しているつもりだったのですが
ここに来ると言葉では言い表せないですけど『理解』できますね~

で、インドの人々は本当にそれを信じているんですね~~

> ひとの死はタブーではなく、生まれ変わるための儀式だってことなのかな。

そう、単なる通過点なので僕らにはあっけないなあ~と思うほど
簡単に死の儀式が片付けられます。。。

> ほんと、いまこの瞬間を楽しまないと、ですね!

いや~~~、ほんとですよ!!
楽しむ時は楽しまなきゃ!!

心底そう思いました。。。

| Chempaka | 2013/07/04 01:21 | URL |

ガートの風景は 煙と埃の匂いがムンムンと漂って来そうですね。 混沌の極みです。 路地の神様? きれいですね~。
そう言う写真はあまりUPされませんので 穴場かもですね。
牛は相変わらず多い・・・神聖って言いますが 誰も思っていないんでしょうね。 日本の犬のような感覚かな?
通りがかりで ポンと頭を叩いて オハヨーって感じに見えました。

| 霧のまち | 2013/07/03 20:21 | URL | ≫ EDIT

こんにちわ

母なるガンガーから生まれてガンガーで旅立つ…輪廻転生なんですかねー。
ひとの死はタブーではなく、生まれ変わるための儀式だってことなのかな。

ほんと、いまこの瞬間を楽しまないと、ですね!

| M@lauaealoha | 2013/07/03 09:03 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nonachempaka.blog69.fc2.com/tb.php/358-83c18c73

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。