アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ブータン・ティンプーからプナカへ~3150mのドチュ・ラ峠を越える

ブータン
記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

ブータンの首都ティンプーからプナカに向けて出発
高山病でちょっとしんどかった昨日に比べると完全に高度順応したのか
すこぶる調子がいい!

プナカまでは約3時間30分の道のりだが、大丈夫だろう!

車はティンプーを出て40分程でブータンに帰化したチベット人が
多く住むホンツォに到着。

ここで写真の検問所でビザとか旅程表を見せて通行許可を
もらわないといけない!

IMG_1993.jpg

ガイドのペマが検問所で手続きをしてくれている。
リンゴやチーズを売る屋台がたくさん目に付いた

外国人観光客が勝手にウロウロと旅行ができないブータンでは
厳しく観光客の行動が制限されており、国内にこのような検問所が
多数あるのだ!

IMG_2028.jpg

ホンツォの検問所から20分ぐらいで標高3150mの
ドチュ・ラ峠に到着。

かつては大きな仏塔がぽつんと建つ、物寂しい場所だったらしいが
2004年に108基の仏塔が新設されて公園のように整備されている

IMG_1997_20130520022942.jpg

ここでトイレ休憩を兼ねて、観光なのだがとにかく標高が
3150mの場所なので急に動いたり走ったりという動作は
慎まなくてはならない。しかも呼吸は大きくゆっくりと!
でないと、クラクラッとめまいを覚える

おお!遠くにヒマラヤの山々がきれいだぞ!

IMG_1996.jpg

ズ~~~ム!

今日はたまたま晴れているが、ガスっている時も多く
なかなかきれいなヒマラヤが見られないとの事!
ラッキーだなあ

ブータン最高峰のガンカ・プンスム(7570m)も見られる!

なんだか足が重い感じがするぞ!!
車の中ではじっと座っているだけなのでよく判らないが
歩いたりして酸素が多めに必要になると空気が薄いのが
よくわかる!



そんな公園の様子を動画でどうぞ!

IMG_2000.jpg

ガスで覆われる峠のようすもロマンティックでいいものらしい

ドチュ・ラのラは『峠』を意味しており、今回の旅行では
いろんな『峠』を越えながら町を移動する大変ハードな旅行だ!

IMG_2005.jpg

3360mのぺレ・ラ、3400mのヨトン・ラ等の峠を
越えていくのだ~!

観光客の中にはこのハードな移動で車酔いに悩まされ、途中で
旅行をキャンセルする人もいるとか!

IMG_2014.jpg

108基の仏塔の隣の小高い丘にたくさんのタルチョルンタ)が
はためいていた。。。

繰り返し経文を印刷した薄手の色とりどりの布であるが
風ではためく度に経文を読んだのと同じ効果があるらしい。。。



タルチョのはためく様子を動画でどうぞ。。。

通り過ぎる風とタルチョのバタバタとはためく音しかしない、
幻想的な雰囲気だった。。。

続く。。。
関連記事

| プナカ | 00:00 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Re: タイトルなし

ぴうさん!まいどまいど!

> やっぱ、私はブータンがいちばんいいですね。

うん、うん!
ブータンはいいですよ~~~

> 行く事はないと思いますので(飛行機を乗り継ぐのがきらい)、

えっ?がっくしだ(笑)

確かに乗り継ぎってしんどい時もありますね~
4時間以上の待ち時間になると堪えます。

> こちらで楽しみたいと思います。

うわお、責任重大だっ!

> 一杯ある白い塔みたいなのはなんですか?

あれはダルシンと言って経文が白く長い布に書かれてあって
あ~いう具合に竹の棒にくくりつけ、天を突くように設置されます。

| Chempaka | 2013/06/11 01:11 | URL |

やっぱ、私はブータンがいちばんいいですね。
行く事はないと思いますので(飛行機を乗り継ぐのがきらい)、
こちらで楽しみたいと思います。

一杯ある白い塔みたいなのはなんですか?

| ぴき | 2013/06/10 21:28 | URL |

Re: タイトルなし

キュウ親さん!まいどども~~!

> 公園の仏塔、幾何学的に整然と並びつつ、
> 一つ一つの仏塔は木の優しさが伝わるデザインで、
> まわりの景色共々、清々しいですね~♪

そうですね!個々の仏塔には手作り感があって、素材も自然。
整備されたきれいな公園ですけど、ブータンの素朴さが垣間見れる
印象に残った場所でした!

> ガンガーの画像とは対極にある景色、そして高度だけど、
> 両方訪れると、何だか心の中で
> インドとブータンがつながりそうかも~(笑)!!

おおお!素晴らしい!なるほどです~!
確かに対極ですね。しかし、『根本』は同じのような。。。
厳しくも優しい自然に対する畏怖の念をインドやブータンの人々は
我々日本人以上に身近に感じているのでしょう。。。
精神世界は我々よりもず~~っと豊かなんだと思います!

| Chempaka | 2013/06/10 02:21 | URL |

Re: タイトルなし

Yottittiさん!まいど!

> ドチュ・ラ峠、青い空が近いですね

近い!近い!

> ヒマラヤも目の高さできれいです

やはりきれいなヒマラヤを見るなら乾季です!
ネパールでもブータンでも乾季ならきれいに見えますよ!
日本の11月~2月ぐらいになりますねえ~

> 山はガスがかかって難しいけど、見えてラッキーですね!

この峠に関しては乾季でもきれいに見える確立が低いらしく
確かにラッキーでしたね~

ガスっている峠も幻想的で良い雰囲気らしいですよ~

> それより、
> 動画でchempakaさんの息遣いが乱れてるのが、高度だというのを物語ってるようでしたよ(笑)

がははははは!(笑)
ばれましたね~~、そう、あれ僕の呼吸する音なんですよ!(笑)
ス~~~~、ハ~~~~~ってまるでダースベイダーのようですよね!(笑)

でもでも、あれぐらい深く長く息して酸素を取り込まないと
階段の上り下りだけでも、クラッとしたり足が重くなったり
するんですよ~~、個人差もあると思いますけどね~

> 経文の布が経文を読んだのと同じ効果があるという習慣は面白いですね
> そうやって、いろいろなものが身に付くといいな~なんて思っちゃいました

マニ車しかり読んだのと同じ効果が得られるツール?がいろいろあって
興味深いでしょ?手抜きじゃないの?と日本人の感覚なら思うのですが
そこは気候や自然の厳しいブータン、近くのお寺にお参りにいくだけでも
大変な事、そんな事情もあるのかなあ~~?っと。。。

| Chempaka | 2013/06/10 02:10 | URL |

Re: タイトルなし

hungrykazさん!まいどです!

> Chempakaさま 毎度!

まいどまいど!

> ブータンは、もう、近々必ず行きたいところですが、高山病はちょっと気になります。こないだメキシコで2000メートル級のところにいた限りは、丘を登るときにいつもより息苦しいなあと感じるぐらいで大したことはありませんでしたが、更に1000メートル登るとまた違うんでしょうねえ。

高山病については僕もいろいろと調べたのですが大体2500mぐらいから
症状が出るそうです。。。ブータンの玄関、パロの空港ですでに2500m
なんですが、出る人は出ると。。。僕も少し症状が出ましたから。

車酔いなんてしないのに、パロの車内で軽いめまいと吐き気がしましたから。。。

二日目は高度順応したのか症状はなくなって、車酔い?もしなくなりました!
ただ、ほんとクネクネ道をアップダウンしながら3000m級の峠をいくつも
越えていくので酔い止め薬は必携かも知れません!

> 108つという共通点はあれど、お寺の様子は各国違っていて面白いですねえ。ここはちょっとキレイすぎる感じはしますが。。

こういう共通点は興味深いですよね~~。
確かにきれいに整備された公園になってましたけど、情緒があって不思議と
違和感なく観光できました!

| Chempaka | 2013/06/10 01:56 | URL |

Re: 低地から高地へ!

yokoblueplanetさん!まいどまいど~~!

> こんにちは。

こんにちは!

> 移動が(記事の中ですが)高低の差を考えると、高地で苦しむ様子は分かるような。。。シエラ・ネヴァダ山脈は最高峰が4,000+で普通に車で峠越えをすると3,000m+前後の所が多いのですが、それ以外は2,500m前後の所をウロウロします。ヨーロッパのアルプスでも結構高い所をウロウロしますね。

ここブータンでは峠を越えると町、また越えると町という風に
とにかく3000m級の峠を越えないと別の町を観光できないんです。。。

3000mの峠を越えたと思ったら一気に1500m下ったり
そこからまた3000m登ったりを繰り返します(苦笑)

車に乗っていると時々、耳がキーンとなるぐらいなのですが
一度車から降りて歩き出すと、空気の薄さを感じます。
呼吸はゆっくりと深く吸う吐くを意識してましたよ。

なので、掲載した動画も僕の深い息遣いが聞こえると思います(笑)
まるで、ダースベイダーのようです(苦笑)

> 今の所,高山病に苦しめられた経験はありませんが、ヒマラヤ方面ではどうでしょうか。晴れた空の下に広がる嶺嶺を見ていると,良いな〜って思います。

ブータン一日目に車に乗ったときに、『あれ?車酔いかな?気持ち悪いぞ!』って
思ってたのですが、今から思えば高山病だったんだと思います。
日頃、車酔いなんてしないので、不思議に思ってたんですが、空港でも2500mですので
高山病の症状が出てもおかしくないんだと、ネットを調べて納得しました。

きれいなヒマラヤが見られるのはネパールでもブータンでもやはり乾季!
日本の冬の時期なんですが、それはもう、はっきりくっきり見られます!

> 酸素を運んでくれる赤血球が十分にあれば少し楽になるのでしょうが。。。と書いて、突然ランス・アームストロングの「輸血」事件を思い出してしまった。
> 今日はちょっと飛躍し過ぎ?!

そうねんですよね~~、結局血中のヘモグロビンの量が高山病にかかり易いか
どうかの目安になるんでしょうねえ~~、それでいうと僕の直近の健康診断の
結果では標準なんですけど少し少なめだったんですよね~~

この夏に富士山に登るんですけど、あ~~~、大丈夫かな~~(苦笑)

| Chempaka | 2013/06/10 01:49 | URL |

Re: タイトルなし

ピー助さん!まいどです~~!

> 勝手にウロウロ出来ないんですね~。
> 知らなかったです。
> 国民の生活と安全を守るためでしょうか?

完全に自由がない事はないのですが、ブータンのビザを
取得するにあたって予め旅程&宿泊ホテルを申告しないと
いけないのです。。。

自由になるのは宿泊ホテルでガイドと別れて、次の朝までに
なりますねえ~~

国民の生活(文化・風習)を守る為に観光客の行動を
制限しているんですね~~

> 酸素が薄いところでの歩きは、ハードそう。
> 私だったら、圧がかかって
> 鼻血ぶぅーになると思います。

鼻血ぶぅーにならなくて良かったです(笑)
車に乗ってじっとしている時はいいのですが歩いたり
有酸素運動をすると、とたんに足が重くなったり息苦しく
なったり、時には軽いめまいを覚えます(苦笑)

| Chempaka | 2013/06/10 01:39 | URL |

公園の仏塔、幾何学的に整然と並びつつ、
一つ一つの仏塔は木の優しさが伝わるデザインで、
まわりの景色共々、清々しいですね~♪

ガンガーの画像とは対極にある景色、そして高度だけど、
両方訪れると、何だか心の中で
インドとブータンがつながりそうかも~(笑)!!

| キュウ親 | 2013/06/08 08:47 | URL |

ドチュ・ラ峠、青い空が近いですね
ヒマラヤも目の高さできれいです
山はガスがかかって難しいけど、見えてラッキーですね!
それより、
動画でchempakaさんの息遣いが乱れてるのが、高度だというのを物語ってるようでしたよ(笑)

経文の布が経文を読んだのと同じ効果があるという習慣は面白いですね
そうやって、いろいろなものが身に付くといいな~なんて思っちゃいました

| Yottitti | 2013/06/07 18:30 | URL | ≫ EDIT

Chempakaさま 毎度!
ブータンは、もう、近々必ず行きたいところですが、高山病はちょっと気になります。こないだメキシコで2000メートル級のところにいた限りは、丘を登るときにいつもより息苦しいなあと感じるぐらいで大したことはありませんでしたが、更に1000メートル登るとまた違うんでしょうねえ。
108つという共通点はあれど、お寺の様子は各国違っていて面白いですねえ。ここはちょっとキレイすぎる感じはしますが。。

| hungrykaz | 2013/06/07 18:09 | URL |

低地から高地へ!

こんにちは。
移動が(記事の中ですが)高低の差を考えると、高地で苦しむ様子は分かるような。。。シエラ・ネヴァダ山脈は最高峰が4,000+で普通に車で峠越えをすると3,000m+前後の所が多いのですが、それ以外は2,500m前後の所をウロウロします。ヨーロッパのアルプスでも結構高い所をウロウロしますね。
今の所,高山病に苦しめられた経験はありませんが、ヒマラヤ方面ではどうでしょうか。晴れた空の下に広がる嶺嶺を見ていると,良いな〜って思います。
酸素を運んでくれる赤血球が十分にあれば少し楽になるのでしょうが。。。と書いて、突然ランス・アームストロングの「輸血」事件を思い出してしまった。
今日はちょっと飛躍し過ぎ?!

| yokoblueplanet | 2013/06/06 15:07 | URL |

勝手にウロウロ出来ないんですね~。
知らなかったです。
国民の生活と安全を守るためでしょうか?

酸素が薄いところでの歩きは、ハードそう。
私だったら、圧がかかって
鼻血ぶぅーになると思います。

| ピー助 | 2013/06/06 14:57 | URL |

Re: タイトルなし

霧のまちさん!まいど~~~!

> ブータンは国民の幸福度は高いんですが、旅行者の幸福度は
> あまり高くない・・・。(笑)

うまいっ!(笑)

移動以外は幸福度が凄く高いんですけどね~~
3000mの山をクネクネクネクネ何時間も移動していると
正直、しんどいです(苦笑)

>自由じゃないし、ツアーの料金は高い。

これが大きいです!
行きたい所に行きたい手段で観光できないのは辛い!
食事もほとんどセットされているし、チョイス出来ないし。。。

そう、料金も高いですね~~

> ヒマラヤがきれいに見えてよかったですね。
> シッキムでカンチェンジュンガがなかなか顔を出さずに
> 苦労しましたから。  タルチョ風景は 何か幻想的で妖しい
> 雰囲気ありますよね~。

さすがに乾季ですね。きれいなヒマラヤが見られました。
霧が出て幻想的な雰囲気の峠も良さそうですが。。。
シッキムからもきれいなヒマラヤが見られるのですね?

バタバタバタと風にはためくタルチョの景色は
大変印象に残っていますね~。。。
きれいで妖しい。。。

| Chempaka | 2013/06/05 23:25 | URL |

ブータンは国民の幸福度は高いんですが、旅行者の幸福度は
あまり高くない・・・。(笑)  自由じゃないし、ツアーの
料金は高い。
ヒマラヤがきれいに見えてよかったですね。
シッキムでカンチェンジュンガがなかなか顔を出さずに
苦労しましたから。  タルチョ風景は 何か幻想的で妖しい
雰囲気ありますよね~。

| 霧のまち | 2013/06/05 09:36 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nonachempaka.blog69.fc2.com/tb.php/352-ad5a4f7d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。