アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

インド・ベナレス~早朝のガンガーをボートから眺める②

インド・ベナレスのガンガー
記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

ートはスタート地点から500mぐらい下流まで行った所で
Uターン。火葬場の先のゴールに向けて進みだす。

黙々と一言もしゃべらずにボートを漕ぎ続けるインド人の青年。。。

IMG_9574_20130519215340.jpg

ートを上流へ向けると、すでに太陽はかなり高く昇っており5分おきぐらいに
気温がぐんぐん上がっていくのが肌から感じられる

乾季の日差しはほんと強力!今日も暑い一日になりそうだ。。。

IMG_9597.jpg

川岸に目を向けると、おびただしい量の衣類を洗濯する女性の姿が!
彼女は毎日毎日同じ時間にこの場所で洗濯をしているのだろう。。。

IMG_9609.jpg

で、洗濯物を干す様子が圧巻だ!ガートの階段にずら~っと
並べられる衣類!

身体を洗い、口を濯ぎ、祈りを捧げ、洗濯をし、遺体を流し。。。
あらためてこの川の『特別な存在』を感じてしまうなあ~

IMG_9592_20130519215709.jpg

朝の憩いの一時だなあ~

IMG_9584.jpg

1人で熱心に祈りを捧げる男性。。。

家族でワイワイやってくる人もいれば、こうやって1人で
静かに祈りを捧げている人も多いなあ~~

IMG_9585.jpg

川に浸かった後の、お着替えの様子かな?
オバチャン達、楽しそうだなあ~

IMG_9593.jpg

女性はサリーを着たまま川に浸かるんだなあ~
若い女の子もそうなんだなあ~

IMG_9578.jpg

何を祈っているのだろう。。。

後ろにはうつ伏せで倒れている?人がいたりするんだけど。。。

IMG_9575_20130519215423.jpg

それにしてもボートの数が凄いなあ~
半数以上が我々のような観光客を乗せたボートのようだ。。。



動画もアップします~~。
ドゥもいるよ!

ああ~、本当に今インドにいるのだなあ~と実感。。。

続く。。。
関連記事

| ベナレス | 00:00 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Re: タイトルなし

キュウ親さん!まいどまいど!

って、今どちらに?
もう、お帰りなんでしょうか?

> いい眺めですねぇ~

さすがに眺めは最高でした。

> すっかり面倒くさくなっちゃった現代でも、
> ここでは「人間の営み」がストレートに伝わってくるようで。

営みが川とともにあるというのが、良くわかりました。
そして心の営みも川とともにあるんですね~~

> タオルを腰に巻いたおじさん達も、イイ尻や腹をしてるし(笑)!!

そこを見ますか?(笑)
恰幅がいいですよね~、というかおば様達も凄いです!
お尻やお腹の肉が大変な事になってます(笑)

あのボリュームは日本人ではなかなかいないですね!
あのようになる前に糖尿病になりますね!(笑)

> ガンガーを訪れたら....、
> 今の日本では受け入れられがたい!?、「諦念」という心持ちを、
> もっとしっかり考えられそうな気がしますぅ♪

『諦念』。。。こだわりすぎず、ある時には妥協も必要。。。
あきらめの気持ちと言うものにもウェートを置いて考える
バランス感覚も必要なのかな~~

| Chempaka | 2013/05/27 01:38 | URL |

いい眺めですねぇ~

すっかり面倒くさくなっちゃった現代でも、
ここでは「人間の営み」がストレートに伝わってくるようで。
タオルを腰に巻いたおじさん達も、イイ尻や腹をしてるし(笑)!!

ガンガーを訪れたら....、
今の日本では受け入れられがたい!?、「諦念」という心持ちを、
もっとしっかり考えられそうな気がしますぅ♪

| キュウ親@GH FUK | 2013/05/24 12:19 | URL |

Re: タイトルなし

霧のまちさん!ど~~もども!

> 出ましたね~第二弾。

はい!第二弾!相変わらず細切れの更新です(笑)

> 相変わらずのベナレス風景、さすがです。
> このほとりには 「死を待つ家」もあって
> 病人が連れて来られて 家族と一緒に死を一応…待つ
> んですね。

そういう場所がある事は知ってましたけど、あえて行ってません。。。
ある意味、どうなんでしょうね~?日本のように延命治療で苦しい
思いをして死を待つのと、こういう場所があって自然に死を待つのと。。。
そりゃ、経済的に余裕があれば一縷の望みをかけて延命治療を!というのも
わかるんですが。。。

> 圧倒的に死がタブーになっている日本より ある意味
> フトコロが広い。 と言うか どの道死ぬんだし タブー視
> せずに迎えたいもんですよね。

そうそう!おっしゃる通りですね!
日本も基本的に?輪廻転生の思想ってみんな持っているような
気がしますし、フトコロを広げようと思えば案外受け入れられ
るような気がするんですが。。。

> そう言った意味では羨ましい気がします。

羨ましいです。このアッケラカンとした感じ。

| Chempaka | 2013/05/24 00:43 | URL |

Re: タイトルなし

ピー助さん!まいどまいど!

> インドに行ったことないけれど、
> たいていがイメージする、インドの景色ですね。

これこそインド!という風景でしょ?(笑)
しかし、次々と目に飛び込んでくる珍しい風景に
なかなか感覚が付いていきません(苦笑)

> 昔と変わらぬ風景という気がしますが、実際どうなんでしょうか。

何百年も変わってないと思いますよ~~
電線があったり少し建物が近代的になってたりはしますけど。。。

> インドが中国を超す時がくると言われていますが、
> この風景は残ってて欲しいなぁ。

僕の個人的な感想ではまだまだ中国には追いつく事が
難しいのではないかなあ~~。。。
余りにもカーストが浸透していてね~。。。
インドの発展はカースト下層の人々の犠牲をさらに増やす
ものなのかな~と。。。

| Chempaka | 2013/05/24 00:34 | URL |

出ましたね~第二弾。
相変わらずのベナレス風景、さすがです。
このほとりには 「死を待つ家」もあって
病人が連れて来られて 家族と一緒に死を一応…待つ
んですね。
圧倒的に死がタブーになっている日本より ある意味
フトコロが広い。 と言うか どの道死ぬんだし タブー視
せずに迎えたいもんですよね。
そう言った意味では羨ましい気がします。

| 霧のまち | 2013/05/23 19:54 | URL | ≫ EDIT

インドに行ったことないけれど、
たいていがイメージする、インドの景色ですね。
昔と変わらぬ風景という気がしますが、実際どうなんでしょうか。

インドが中国を超す時がくると言われていますが、
この風景は残ってて欲しいなぁ。

| ピー助 | 2013/05/23 14:58 | URL |

Re: タイトルなし

ももくそさん!まいどです!

> ここで洗濯って、洗っているのか汚しているのか謎ですね(笑)
> 沐浴者は口もゆすいでいるんですよね~?

まあ、僕らの感覚では謎になるんでしょうけどね~(笑)
洗っている人は純粋にきれいになっている!と思っているのでしょう~

何人も見ましたけど、ほんと口をグジュグジュゆすいでピューって
やってましたからねえ~、めちゃくちゃ菌に強そうである意味うらやましい!

> 私がよく読んでいるブロガーさんは、北京の温泉に行った時に、日本から水質検査キット持って行って調べてましたが、想像通り、物凄いアルカリ性で大腸菌が検出されていました。

ぐははは!(笑)
まあ、日本の温泉のように水質管理?基準とか厳しくないでしょうし、
行政も何もやってないのでしょうね~

> インドの例の事件が落ち着いた頃、訪れて私もこの水を検査してみたいですね。

ももくそさんなら、ネタ的に絶対、持っていきそうやわ!(笑)
しか~し、例の事件は落ち着くのだろうか?

ももくそさんも体験済みですけど、あの好奇な目、好奇心一杯の表情は
そうそうなくならないかと。。。

> ボートを漕いでいる人、「青年」と書かれてますが、青年に見えません(笑)
> 濃い顔は年齢不詳だわ~。

えっ?見えませんか?(笑)
青年じゃないですか~~!(笑)

ま、確かに年齢不詳なインド人は多いですけどね~

| Chempaka | 2013/05/23 01:06 | URL |

Re: タイトルなし

ぴきさん!まいどっ!

> こんにちは、

こんにちは!

> 写真もすごいけど、動画でみると、圧巻ですね。

そうでしょ?何か見るもの見るものが興味深くてね~

> バリでも思うのですが、”お供えする前に、きれいに掃除しましょうよ。 昨日お供えした花を掃除してから、あたらしくお供えしましょうよ”って、思っちゃうんです。 ここでも、”聖なる川なんだから、みんなできれいにしましょうよ”って思っちゃうんですが、多分、インドの方々には、違う意見があるのだと思います。

あ~~、バリ島のチャナンでしょ?
あれねえ~、何で前のヤツを片付けないのでしょうかねえ~(苦笑)
たまに道端に古くなってクシャクシャになったチャナンを見かけますよね~
お供えして、自分の気持ちが落ち着けば後はどうなろうといいのでしょうかね?

違う意見かあ~~。。。あるのかな?(笑)
インドもバリも暑い国ですし、何でもすぐに腐ってなくなってしまう環境ですし
そういう土地に生まれた時から住んでいると、基本的な感覚が随分と違う感じも
しますよね~~

> スペインからの飛行機の中で知り合った、”世界中をパック旅行するおばさん”によると、お葬式は、死体をいったん、ガンジス川につけて、それから焼いて、お骨を流すのだそうです。 川に死体が流れてくるのかと思っていました(昔はそうだったのかもしれません)。

あっ!今でも未婚の人や赤ちゃんは重石をつけてそのまま流すそうですよ~!
それに遺体を焼く薪もお金がないと少量しか買えないので、半焼けで流す事も
あるとか。。。

う~~ん、色々考えさせられます。。。

| Chempaka | 2013/05/23 00:54 | URL |

Re: タイトルなし

pregoさん!まいどっす!

> これぞ、インドですねぇ~。
> この川には恐ろしくって入れないですが…

実際にこの川を見てしまうと。。。
足を浸けるのも躊躇してしまいます~。。。

外国人観光客が簡単に触れられる川ではありませんね~
それに興味本位で異教徒が川をけがすようで。。。

> でもインドにもし行く機会があれば、この光景はみたいですね。
> 最近はちょっと物騒な事件が多くて
> 躊躇してしまいますが…(^^;)

確かにね~、最近は女性にとっては行きづらい感じですよね~
僕の奥さんもマジマジと穴の開くほど見られてました。
電車の中や休憩中のお茶屋さんとか。それはもう動物園の何か
珍しい動物を見るような目で!!

| Chempaka | 2013/05/23 00:45 | URL |

Re: タイトルなし

美雨姉さん!まいど~~!

> インドらしい風景ですね。
> かたやIT国と呼ばれ、インドの二面を見ているようです。

IT大国と呼ばれて久しいですが、まだまだ一般の生活は
こんな感じでアナログなんですね~

しかも、そのアナログ感のスケールが日本人の感覚では掴めない
くらいに大きくて。。。凄いです!

> これだけの洗濯物って大家族?それともクリーニング業者さん?
> すごいです、この生活力がインドの基盤を支えているのかもしれませんね。

ん~~、業者さんのような気がするんですけどね~この量は。。。
しかしこういう光景を見ているとインド人の底力を感じますね!

> ポチ応援です(^_^)/

どもどもです~~!

| Chempaka | 2013/05/23 00:39 | URL |

Re: タイトルなし

M@lauaealohaさん!どもども~!

> こんにちわ

こんにちは!

> インドのエネルギーが伝わってきそうです!
> 生活のすべてがガンガーに凝縮されているんですねー。
> すごい、の一言です。

そうですね~、生活の全てがガンガーを中心に回っているようです!
ただでさえ、インドにエネルギッシュな雰囲気をひしひしと感じるのに
ここではもう、何もかもが特別です!軽く日本人の感覚を凌駕しますね~!

> おなかを壊すのは、ガンガーの水のせいじゃなくて
> ほとばしるエネルギーに負けるんだわ、きっと。

うまい!(笑)

この光景をまともに理解しようとしてもダメのようです。
ありのままを受け入れないとね~

> 洗濯物の並べ方には彼女なりの規則性がありそうな(笑)
> 毎日こんなに洗濯していたら、握力つきそうですね…

腕力も凄そうですね!
実際、農作業はもちろん、土木作業に従事する女性をたくさん
見かけましたし。。。なんというかインドの女性は逞しいです!

これ、毎日やってるんですものね~、凄いわ!

| Chempaka | 2013/05/23 00:33 | URL |

ここで洗濯って、洗っているのか汚しているのか謎ですね(笑)
沐浴者は口もゆすいでいるんですよね~?

私がよく読んでいるブロガーさんは、北京の温泉に行った時に、日本から水質検査キット持って行って調べてましたが、想像通り、物凄いアルカリ性で大腸菌が検出されていました。
インドの例の事件が落ち着いた頃、訪れて私もこの水を検査してみたいですね。

ボートを漕いでいる人、「青年」と書かれてますが、青年に見えません(笑)
濃い顔は年齢不詳だわ~。

| ももくそ | 2013/05/22 21:08 | URL |

こんにちは、

写真もすごいけど、動画でみると、圧巻ですね。
バリでも思うのですが、”お供えする前に、きれいに掃除しましょうよ。 昨日お供えした花を掃除してから、あたらしくお供えしましょうよ”って、思っちゃうんです。 ここでも、”聖なる川なんだから、みんなできれいにしましょうよ”って思っちゃうんですが、多分、インドの方々には、違う意見があるのだと思います。

スペインからの飛行機の中で知り合った、”世界中をパック旅行するおばさん”によると、お葬式は、死体をいったん、ガンジス川につけて、それから焼いて、お骨を流すのだそうです。 川に死体が流れてくるのかと思っていました(昔はそうだったのかもしれません)。

| ぴき | 2013/05/22 10:06 | URL |

これぞ、インドですねぇ~。
この川には恐ろしくって入れないですが…
でもインドにもし行く機会があれば、この光景はみたいですね。
最近はちょっと物騒な事件が多くて
躊躇してしまいますが…(^^;)

| prego | 2013/05/20 22:39 | URL |

インドらしい風景ですね。
かたやIT国と呼ばれ、インドの二面を見ているようです。

これだけの洗濯物って大家族?それともクリーニング業者さん?
すごいです、この生活力がインドの基盤を支えているのかもしれませんね。

ポチ応援です(^_^)/

| MIUMIU 美雨 | 2013/05/20 20:57 | URL |

こんにちわ

インドのエネルギーが伝わってきそうです!
生活のすべてがガンガーに凝縮されているんですねー。
すごい、の一言です。
おなかを壊すのは、ガンガーの水のせいじゃなくて
ほとばしるエネルギーに負けるんだわ、きっと。

洗濯物の並べ方には彼女なりの規則性がありそうな(笑)
毎日こんなに洗濯していたら、握力つきそうですね…

| M@lauaealoha | 2013/05/20 10:04 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nonachempaka.blog69.fc2.com/tb.php/348-0d78851f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。