アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

パロのレストランで初めてのブータン料理を食べる!

ブータン・パロ国際空港
記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

ブータンパロ国際空港は、意外と立派!
よくある東南アジアの田舎の空港を想像していたけれど
建物もブータンデザインのしっかりとした大きなつくりで
威厳を放っている。。。

IMG_1846_20130113235025.jpg

入国審査のスピードはまあ、のんびりとしているなあ~

パスポートと予め旅行会社に手配してもらっていたVISAを
提出すると、特に何の質問もなく、ハンコが押されて手続き終了。。。

IMG_1847_20130113235058.jpg

そうそう!入国手続きで並んでいると、目に付いたこの看板!!

WELCOME TO THE LAND OF GNH 国民総幸福量の国へようこそ!

これこれ!これ!

今回のブータン旅行で一番、肌で感じたかった事だ!

他の国が国民総生産GNPの値に注力して国の発展を
目指すのに対して、ここブータンでは国民総幸福量GNH
重要視している。

①健全な経済成長と開発
②環境保全と持続的な利用
③文化の保護と復興
④良い統治

実際にブータンの人々はGNHをただのスローガンではなくて
心から実感しているらしいのだ。。。

ぜひぜひ、この旅で僕も実感したものだなあ。

IMG_1848_20130113235140.jpg

入国を終えると歴代の国王の写真がずらり!

以降、どんな場所でも国王一家の写真を見る事になる。
昔の日本も天皇の写真を飾っていた。。。あんな感じかな?
今のタイにも雰囲気が似ているなあ。あそこも国王一家の
写真があちこちで見られるしね。



動画はパロ市内に向かう様子です。

空港の出口を出ると、今回僕にずっと付き合ってくれる事になる
ガイドのペマとドライバーのキンチョーが出迎えてくれた

ペマは27歳でパロの郊外に住んでいるとの事。日本語が堪能で
何でも10歳の時にJICAの日本語教室に通い、日本語をマスター、
日本にも行った事があるらしい。。。

ドライバーのキンチョーは片言の英語しか通じないが、硬派なまじめさが
伝わってくるナイスガイだ。

IMG_1854_20130114000014.jpg

まずはパロ市内のレストランで昼食だ

オフシーズンなのか、客は僕一人。。。

やっぱり、店にも国王の写真がずらり!

IMG_1856_20130114000053.jpg

左が前4代目国王のジグメ・シンゲ・ワンチョク
ちなみに奥さんは4人いるのだが、4人姉妹なんだそうだ

右がご存知、2011年に美人の王妃と来日した
5代目国王のジグメ・ケサル・ナムゲル・ワンチョクだ。

IMG_1851_20130113235915.jpg

料理は写真奥に見える赤米が主食。。。

いただきまーす!

ん~~、正直あまりおいしくない。。。
パサパサしていて風味に乏しく、この米単品で食べるのは辛い。。。

手前の焼きそばみたいな物もこれまた麺がパサパサして
口の中で団子に。。。口の中の水分が奪われるので水分を
取りながら胃に流し込む。。。

IMG_1849.jpg

魚の白身を揚げた物を甘辛く仕上げた料理。

いただきま~す!

ん~~、身がくさい。。。
それに小骨が多くて身が少なく、食べるのに一苦労。。。

なんか食欲が萎えてくるなあ~

IMG_18522.jpg

おお!出た!
ブータン料理の代名詞、エマ・ダツィだ!

唐辛子をチーズで煮込んだだけのシンプルな料理!
ブータン人は庶民から国王まで皆、このエマ・ダツィが
大好きなんだそうだが。。。

いただきま~す!むしゃむしゃ。。。

ぐへぇ~~!辛~~~っ!!
一口にして舌の感覚がマヒする辛さ!凄い!

これでも観光客用にソフトにしているらしいが
凄まじく辛い!

とろ~となったチーズはおいしいけど、この唐辛子は
ちょっと食えないなあ~。。。

ブータン人は唐辛子をまるで野菜のように食べるんだそうだ!
ペマの家族も月に30kgぐらい食べるらしい!
10人家族なので一人3kg!!乾燥した唐辛子を3kg!

食べると身体がポカポカして気持ちいい!とはペマの言葉。。。
でもでも、唐辛子好きが講じて、胃腸を痛めるブータン人も多いらしい。。。

『物には限度』という言葉はないのか??

しかし、参ったなあ~~。。。
これから先、こんな料理ばっかりなのか??
耐えられるかなあ~

IMG_1861_20130114000136.jpg

ふと、レストランの窓に目をやると飛び込んで来たのは
ブータンの『豊穣のシンボル』だ!

今ではかなり少なくなったらしいけど、地方では家の壁に
デカデカと描かれているらしい。。。立派だなあ~~

さて、一路ティンプーを目指します!
関連記事

| パロ | 00:04 | comments:26 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Re: タイトルなし

ぴきさん!まいどっす~!

> すいません、
>
> ??さん!はじめまして!ですよね?
>
> は、常連のぴきでした。。

!!

それはそれは、ぴきさんでしたか!?

引き続き、宜しくお願い致します!(笑)

僕もよくやるんですよね~~名前書くの忘れちゃう(笑)

| Chempaka | 2013/01/28 23:13 | URL |

すいません、

??さん!はじめまして!ですよね?

は、常連のぴきでした。。

| ぴき | 2013/01/25 23:10 | URL |

Re: タイトルなし

ピー助さん!まいど~~~!

> テレビで観たとおり、ブータン料理はやっぱり辛いのですね。

最近、よくテレビでブータンやってますねえ~~
そう、辛いです!舌を刺す強烈な辛さです!

> 私なら、ひと齧りで撃沈です。

僕も撃沈でした(笑)
チーズの味はおいしくて、グッドなんですけどね。
唐辛子は一口で撃沈されました。

チーズフォンデュに唐辛子をつけて食べる感覚でしょうか?

> 豊穣のシンボルって、世界のあちこちにありますけど、共通してますよね。2Dだし可愛らしく?描かれてて、あまりいやらしさは感じないかも(笑)

2D(笑)

ですよね、世界のあちこちでいろんなシンボルとして登場するんですが
ブータンのは写術的でリアルに描かれているのが多いんです。

絵だけなく、木彫り仕様とかもあるんですよ。
はい、いやらしさはないですね!

| Chempaka | 2013/01/22 02:12 | URL |

Re: うへぇ!

ちょいバリさん!まいどまいど!

> よ~く分かりましたよ!
> ブータン料理が日本人の口に合わないって事ですね。

ま、あくまでも僕の個人的な感想ですから~(笑)
ちょいバリさんにとってはウマウマな食事だったかもです!

でもでも、あのお米はいただけないです。。。
同じパサパサでのバリ島のお米の方がおいしいです!

| Chempaka | 2013/01/22 02:06 | URL |

Re: タイトルなし

まちさん!まいどっす~~!

> 見た目は美味しそうなのにー。

でも、パサパサ~~です(笑)

> そういえば私ブータン料理って、日本で食べた事あったのを今思い出しました。すっかり忘れてたけど。。
> うちの市にブータン料理のお店があって、そこの女性と色々話した時に、ホントのブータン料理はもっと辛いのよ。

いや~~、かな~り観光客用の食事は辛さ控えめで
調理されているらしいのですが、唐辛子の品種?が
違うのか、とても舌に刺す辛さでしたよ。

というか、ブータン料理のお店が日本に??
珍しいですね~~、大阪にもあるのかなあ~

その女性の言った事は本当ですよ!
だって、ガイドも世界で一番辛い料理が多い!って
言ってましたもん!(笑)

> 世界で一番辛いかも?!とか言ってた気が。。

正解だと思います!(笑)

> 半年前から計画されてたのですねー。
> まぁブータンは、ガイドさんいないと旅できないですしね。
> 続き楽しみにしてまーす♪

日本の大手の旅行会社にお願いするともっと段取り良く
スピーディーに話が進むのかもしれませんが、特に
問題ありませんし、逆にゆっくりホテルを選べたり、旅程を
考えたりできたので良かったですよ。

そう、ず~~~~っとガイドとドライバーと一緒ですよ(笑)
仕方がないですね。何度、今日は一人で行動したいと思ったか(笑)

| Chempaka | 2013/01/22 02:04 | URL |

Re: タイトルなし

??さん!はじめまして!ですよね?

> こんにちは、

こんにちは!

> 過去3つのブータン旅行記
> 興味深く、読ませていただきました。
> 非常に独特(だけど、チベットとかにも似ている)
> 町並みですね。

チベットとはヒマラヤを挟んで反対側ですし、直線距離なら
そんなに離れていないので、おなじチベット仏教の雰囲気も
あって、やはり良く雰囲気も似ているのだなあ~と思います。

> ブータンといえば、イケメン王子、美女王妃とともに、
> 幸福を追求する国ということですが、

まず思い浮かぶのは、やはりイケメン国王、美人の王妃ですよね~
二人を広告塔とする、GNHのPRは凄く印象に残りますね。

> 首都では、土地の値段が高騰して
> 貧富の差が広がっているということですが、
> どんな感じだったでしょうか?

確かに首都では幹線道路沿いにホンダやヒュンダイなんかの
ショールームができたり、新築のマンションなんかがたくさん
建築中です。活気がある一方、仰るとおり、都市と田舎での
所得格差は広がっており、今後どのように是正していくのか
政府の手腕が試されますね。

なんていったってGNHをスローガンとする国なんですから。

> 写真を見ている限り、
> 辛いもの好きな人たちに見えないけど、
> そうなんですねえ。

あるレストランで地元の人が食べる料理をちらりと見たのですが
真っ赤かでした。唐辛子で(笑)

もう、文化なんですね~

> 引き続き、楽しみにしております!

ありがとうございます!
こちらこそ、引き続き宜しくお願い致します!

| Chempaka | 2013/01/22 01:56 | URL |

Re: タイトルなし

キュウ親さん!どもどもども~!

> これがブータン料理、エマ・ダツィというものなのですね!!

そう、これがエマ・ダツィ!
唐辛子がそのまま丸ごと入ってます!
真っ赤かの唐辛子が~!

> パッと見が辛そうでなく、観光客ナイズドされてても激辛とは~。

これはですね~、なんでしょうか?
唐辛子の品種が違うのか、かなり舌に刺します(笑)
とても痛い!(笑)

> GNH....実は"Gross National Hotな唐辛子"なのでしょうかぁ!?

キュウ親さん!うまいっ!(爆)
ほんま、世界で一番唐辛子を食す人々なんだと思います!

> 一人3kgの唐辛子....、胃にもきそうだけど、
> 痔になったとき、トイレがすご~くツラそうですねぇ(苦笑)。

そうきましたか~~(笑)
ヒリヒリしそうですね!それは辛い!(笑)

実際に胃腸を壊す人も多いんですって!

> 空港から市内の車窓の動画、
> 前半の市街地、人がいて建物があっても、猥雑な感じがしませんね~。

良くあるアジアの喧騒っと言うものは感じられませんでしたよ。
隣の国、インドとは全く異なる雰囲気です。

> やはりブータンの雰囲気・国民性なのでしょうかね~(笑)!?

これでもブータンの都会なのです。
ほとんどのブータンの雰囲気っても~~っと田舎で素朴で
ゆったりとしてますよ!

もちろんそこに住むブータンの人々の気質も反映されている
気がします~

| Chempaka | 2013/01/22 01:48 | URL |

Re: タイトルなし

霧のまちさん!まいどども~~!

> いろんな話には聞きますが さすがですね~。

ね?さすがでしょ?(笑)

> 料理の正直な感想が嬉しいです。(笑)

ぐはははは(笑)

ま、これは僕の感想なので皆さんが実際に体験されると
また違った意見があるとは思いますが。。。

できるだけ、自分の感想に正直にレポートしたいと
考えておりまする。

> 唐辛子の異様な量!!!  すごいですね~。

そう、異様でしょ?
唐辛子を普通の野菜のように食すんですね~
薬味じゃないんですね。

> そりゃ 胃に来るわな・・・。 あの国王夫妻も
> 日本の料理に違和感を持ったかも。 アレ? 辛さが
> 無い・・・!!! 物足りないよってネ。(笑)

京都に来られたときに、きっと精進料理を体験されたと
想像するんですが、かな~~り物足りなかったと思います。
パンチがないですもんね。

> 文化って面白いですよね~。

面白いですね~~!
だから旅行もやめられない!

| Chempaka | 2013/01/22 01:38 | URL |

テレビで観たとおり、ブータン料理はやっぱり辛いのですね。
私なら、ひと齧りで撃沈です。

豊穣のシンボルって、世界のあちこちにありますけど、共通してますよね。2Dだし可愛らしく?描かれてて、あまりいやらしさは感じないかも(笑)

| ピー助 | 2013/01/21 19:14 | URL |

うへぇ!

よ~く分かりましたよ!
ブータン料理が日本人の口に合わないって事ですね。

| 親父 | 2013/01/21 19:11 | URL | ≫ EDIT

見た目は美味しそうなのにー。

そういえば私ブータン料理って、日本で食べた事あったのを今思い出しました。すっかり忘れてたけど。。
うちの市にブータン料理のお店があって、そこの女性と色々話した時に、ホントのブータン料理はもっと辛いのよ。
世界で一番辛いかも?!とか言ってた気が。。

半年前から計画されてたのですねー。
まぁブータンは、ガイドさんいないと旅できないですしね。
続き楽しみにしてまーす♪

| まち | 2013/01/20 23:02 | URL |

こんにちは、

過去3つのブータン旅行記
興味深く、読ませていただきました。
非常に独特(だけど、チベットとかにも似ている)
町並みですね。
ブータンといえば、イケメン王子、美女王妃とともに、
幸福を追求する国ということですが、
首都では、土地の値段が高騰して
貧富の差が広がっているということですが、
どんな感じだったでしょうか?

写真を見ている限り、
辛いもの好きな人たちに見えないけど、
そうなんですねえ。

引き続き、楽しみにしております!

| アジア好き | 2013/01/20 21:16 | URL |

これがブータン料理、エマ・ダツィというものなのですね!!
パッと見が辛そうでなく、観光客ナイズドされてても激辛とは~。
GNH....実は"Gross National Hotな唐辛子"なのでしょうかぁ!?

一人3kgの唐辛子....、胃にもきそうだけど、
痔になったとき、トイレがすご~くツラそうですねぇ(苦笑)。

空港から市内の車窓の動画、
前半の市街地、人がいて建物があっても、猥雑な感じがしませんね~。
やはりブータンの雰囲気・国民性なのでしょうかね~(笑)!?

| キュウ親 | 2013/01/20 16:26 | URL |

いろんな話には聞きますが さすがですね~。

料理の正直な感想が嬉しいです。(笑)
唐辛子の異様な量!!!  すごいですね~。
そりゃ 胃に来るわな・・・。 あの国王夫妻も
日本の料理に違和感を持ったかも。 アレ? 辛さが
無い・・・!!! 物足りないよってネ。(笑)
文化って面白いですよね~。

| 霧のまち | 2013/01/20 10:32 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

pregoさん!まいどです~~!

> ブータンの空港、すごぉーーい!
> 建物がその土地に合わせた建物になっていて、すごくいいですね!!

こういう所には抜け目がありません(笑)
着いた時からブータン気分を盛り上げてくれますよ。

国王夫妻のでっかい看板もそうですが。

> 中のデューティーフリーは小さそうですがW

ええ、こじんまりと数件あったかな?

ちなみにブータンは禁煙国家だからか、タバコの持込には
200%の税金がかかります!!

> ご飯、一発目はちょっと残念な感じだったのですね~
> そして辛い…

辛いのはまだいいのですが。。。
お米や麺の風味とか食感が合わなくて。。。残念でした。

pregoさんもベトナムとかタイのお米をご存知ですが
パサパサでも風味があるでしょ?『あれ』がないのです。
赤米だからかも知れませんが。。。

> 本当に胃腸が強くないと厳しそうですね。
> 今後おいしいご飯に巡り合えるのか?!楽しみです!

ブータン人でも唐辛子の食べすぎで胃腸を壊すらしいです。
彼らはもっと辛い料理を食べていますからねえ~。。。

巡りあえるのでしょうか??
お楽しみにです(笑)

| Chempaka | 2013/01/19 21:54 | URL |

Re: タイトルなし

ももくそさん!まいどっ!

> 食事がマズイって、悲しいですよね・・・。

うん、悲しいこれは(笑)
ももくそさんもご存知の通り、アジアのお米ってやはり基本は
パサパサですよね~、でも噛めば風味が出てきて、箸も進むの
ですが。。。

赤米だからだったのかな~、箸が進まずで。。。

> しかし、これが外国人用に見よう見まねで中華やらなんやら、テキトーに作った為に不味くなってしまったのか謎ですね。

僕も事前の勉強不足があったと思うのですが、正直、何がブータン料理で
そうでないのか判りませんでした。エマ・ダツィは知ってましたけど(苦笑)

料理法についてはやはり、中国とインドに挟まれているので
カレー、中華風なものは多かったですよ。

> 地元民のお店では激ウマなものが食べれたのかも・・・なんて思ってしまいますね。

あ~~、それは思う!!

ホテルの食事を放棄して、街中のレストランで食事すれば
いいんですが。。。外食文化があんまりないのか、そんな
地元民店が非常に少ないんです。

首都のティンプーでは観光客向けのレストランとかはありますけどね。

> やっぱりブーダンもリンガ思想なのですね~。

そう、リンが思想ですね~~
都会では減っているようですが、田舎の家の壁には必ず
描かれてますし、屋根から木彫りのリンガもぶら下がって
ますよ。

そういえば、移動に使った車のルームミラーにも
ぶら下がってたなあ~~

| Chempaka | 2013/01/19 21:46 | URL |

Re: タイトルなし

美雨姉さん!まいどです~~!

> チャレンジングな料理ですね。

そう、チャレンジング!(笑)
ま、実際そんな大げさなものではありませんが、特に
エマ・ダツィだけはチャレンジングな料理でした。

> それにしても唐辛子をそのまま食べるとはどういう舌と内臓の構造をしてるのかしら。

地元の人は唐辛子を食べると身体が温まるし、ガンにも効く!という事で
かなりの量を食べるそうですが、中にはやはり胃腸を壊す人も多いらしく
物には限度ということで。。。

> これってやっぱり生活習慣のDNAが受け継がれているんでしょうね。
> 環境も違うと食も変わりますね。

環境で言えば、スイスの環境に似ているらしく、それに目をつけた
欧州人がこの地でチーズの生産方法を伝授したおかげで、とてもクリーミーで
おいしいチーズが食べられます。

| Chempaka | 2013/01/19 21:02 | URL |

Re: タイトルなし

M@lauaealohaさん!まいどっす!

> こんばんわ

こんばんは!

> どこでも国王さまの写真が飾られているんですねー。
> それだけ尊敬され愛されているということなんでしょうね。

そうですね。どこでも愛されている様子がよくわかりました。
また、国王自ら広告塔になって観光客の誘致を促しているのですね~

> そういえば、学生のころ友人が「ブータン国王の5人目の妻になりたい」と
> 卒業旅行でブータンに行ったことを思い出しました。

ぐはははは(笑)
かなりブータンフリークなお方ですね~

4代目の国王は凄くハンサムで有名だったらしいです。
実際に若い頃の写真とか見ると、ナルホド!と思います!

> 帰国後「王さまには会えなかった」って残念がってました。
> 会えないのがあたりまえじゃ!

でも、国王、時々自転車で街中に現れたりして遭遇率は
高いようですよ!(笑)

大臣級なら僕も財務省の大臣とレストランで一緒になりました!
なにせ、小さい国でしかも幹線道路がほとんど一本なので
他に交通機関もあるわけでなく、そりゃ、遭遇しますよね(笑)

> 結局奥さんは4人しか(「しか」なのか?-笑)いなかったんですね。
> (友人曰く、ブータンでは5人までOKとのことでした)

う~~~ん、ブータンの『大奥』制度はわかりませんが
実際にはどうなんでしょうねえ~~

| Chempaka | 2013/01/19 20:55 | URL |

Re: タイトルなし

Yottittiさん!まいどまいど!

> 世界の競争に呑まれることなく、国民総幸福量GNHを大事にしてる国なのですね
> その素朴さが町の雰囲気でも伝わってきます
> 信仰の深さもまたその現れなのでしょうね

このGNHというブータン特有の試みがどんな風に
浸透し、文化や人々の生活はどんなものなのか?と
言う所に興味があったわけですが、空港から大々的に
PRされると期待感が沸いてくるわけで。。。

今後の記事で一緒に体感しましょう!

> お料理は見た目すごくおいしそうですよ(笑)
> でもおコメ製品がぱさぱさっていうのは、アメリカを思い出し、なんとなく味を想像できました
> それはきついかも

ぱさぱさはねえ~~。。。
慣れてるんですが、肝心の風味に乏しくてお米単品で
モリモリ食べるには少々キツイです。。。

> エマ・ダツィは唐辛子でチーズとは・・・
> 発汗作用はよさそうだけど、水ばかり飲んでそうで、悪循環かも

発汗作用に至る前に舌がギブアップです(笑)
辛いのは苦手じゃないのですが、旅行序盤で胃腸の調子を
悪くしてもなあ~~等と臆病な考えも浮かんだりして(笑)

単純にチーズの味はまったりとしておいしいのですが。
唐辛子のチーズホンデュと言ったところでしょうか?

| Chempaka | 2013/01/19 20:47 | URL |

Re: タイトルなし

さまんささま~

> ええ~~~、まじで???
> 出だしでこの感想ですか~~~?(笑)

まじっすよ~(苦笑)
正直に感想を書かなきゃ~です(笑)

> もうchempakaさんくらい旅慣れている人でも、ちょっとな~って感じの味なんですか??
> どどどっどうしよう←なんでワタシが困っているのか(笑)

なんと言うか。。。
やはり主食のお米や麺がイマイチというのは他の料理が
おいしくても気分が萎えてしまうものなんだなと。。。

お米は特に赤米なんですが、赤米でもこの品種がそうなのかは
わかりませんが、パサパサなんですよ。

バリでもパサパサのお米なんですけど、噛めば噛むほどに
風味があるでしょ?それが乏しいんですよね~

> だって、かなりパサパサの辛すぎて味がよくわからないって、自分がブータン行った時に食べられないじゃないかと思って(笑)

え~~と、アマンではおいしいお米が食べられるそうですよ(笑)
タイ料理やイタリアンなど豊富で食材も輸入しているとか?

> でも、一回目ですものね。
> 次のレポに期待します!!

う~~~ん、どうでしょう!?(笑)
お楽しみにです!

| Chempaka | 2013/01/19 20:39 | URL |

ブータンの空港、すごぉーーい!
建物がその土地に合わせた建物になっていて、すごくいいですね!!
中のデューティーフリーは小さそうですがW
ご飯、一発目はちょっと残念な感じだったのですね~
そして辛い…
本当に胃腸が強くないと厳しそうですね。
今後おいしいご飯に巡り合えるのか?!楽しみです!

| prego | 2013/01/19 12:53 | URL |

食事がマズイって、悲しいですよね・・・。
しかし、これが外国人用に見よう見まねで中華やらなんやら、テキトーに作った為に不味くなってしまったのか謎ですね。
地元民のお店では激ウマなものが食べれたのかも・・・なんて思ってしまいますね。

やっぱりブーダンもリンガ思想なのですね~。

| ももくそ | 2013/01/18 23:47 | URL |

チャレンジングな料理ですね。
それにしても唐辛子をそのまま食べるとはどういう舌と内臓の構造をしてるのかしら。
これってやっぱり生活習慣のDNAが受け継がれているんでしょうね。
環境も違うと食も変わりますね。

| MIUMIU 美雨 | 2013/01/18 22:00 | URL |

こんばんわ

どこでも国王さまの写真が飾られているんですねー。
それだけ尊敬され愛されているということなんでしょうね。

そういえば、学生のころ友人が「ブータン国王の5人目の妻になりたい」と
卒業旅行でブータンに行ったことを思い出しました。
帰国後「王さまには会えなかった」って残念がってました。
会えないのがあたりまえじゃ!
結局奥さんは4人しか(「しか」なのか?-笑)いなかったんですね。
(友人曰く、ブータンでは5人までOKとのことでした)

| M@lauaealoha | 2013/01/18 18:54 | URL | ≫ EDIT

世界の競争に呑まれることなく、国民総幸福量GNHを大事にしてる国なのですね
その素朴さが町の雰囲気でも伝わってきます
信仰の深さもまたその現れなのでしょうね

お料理は見た目すごくおいしそうですよ(笑)
でもおコメ製品がぱさぱさっていうのは、アメリカを思い出し、なんとなく味を想像できました
それはきついかも
エマ・ダツィは唐辛子でチーズとは・・・
発汗作用はよさそうだけど、水ばかり飲んでそうで、悪循環かも

| Yottitti | 2013/01/18 18:44 | URL | ≫ EDIT

chempakaさま~

ええ~~~、まじで???
出だしでこの感想ですか~~~?(笑)

もうchempakaさんくらい旅慣れている人でも、ちょっとな~って感じの味なんですか??
どどどっどうしよう←なんでワタシが困っているのか(笑)
だって、かなりパサパサの辛すぎて味がよくわからないって、自分がブータン行った時に食べられないじゃないかと思って(笑)

でも、一回目ですものね。
次のレポに期待します!!

| さまんさ | 2013/01/18 16:09 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nonachempaka.blog69.fc2.com/tb.php/318-717b89f0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。