アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ルアンパバーンを歩く④

ルアンパバーンのナイトマーケットの様子

プーシーからの夕日を堪能して麓に降りると
ナイトマーケットがずらりと開店状態になっていた。

モン族等、山岳民族の人々が毎日観光客目当てに
ハンドメイドのみやげ物を売っているのだ。

ナイトマーケットの様子

大きな荷物になる事を承知でかわいい渦巻き模様の
スリッパを2足購入。2足で5ドルなり。下の写真の
右手前。象柄などもあり色々欲しいが荷物になるので
あきらめる。

中が詰まっていてモコモコしており冬は暖かそうだ。

モン族のナイトマーケット

その代わり同じく渦巻き模様や幾何学模様が
印象的なクッションカバーを10枚購入。
我が家のリビングはバリ島のクッションカバーで
一杯だが予備?に購入しておく。1枚2ドル

他にも同じく渦巻き模様のベッドカバー等も
気に入ったが、ネットカフェから嫁さんにメールして
家の布団のサイズを教えてもらったが少し大きいので
断念する。

我々が販売するバリ雑貨とはかなり趣が違うが
仕入れれば売れそうな気がする。

が。。。輸送コストと輸送インフラがあまり
信用できないので少し研究の余地がありそうだ。。。

カオニャオ

晩御飯はカオニャオ(もち米ごはん)と
ピリッと辛い3種類のディップに川海苔
付けていただくセットメニューにする。

辛い辛い!たちまち鼻のまわりや額から
あふれ出す汗、汗、汗。

カオニャオを口に放り込んで中和させようと
するが全然ダメ。

辛すぎて風味がわからず、甘激辛、塩激辛、酸っぱ激辛と
いう味覚しか感じない。

オーストラリア人夫婦がやっている小さな店だが
結構流行っている。タマリンド・カフェという店だ。

アムマタゲストハウスの部屋

舌のピリピリを感じながら部屋に戻る。
1泊35ドルとそこそこの価格のゲストハウス
室内は落ちついたシンプルな構造。

アムマタゲストハウス
アムマタゲストハウスのバスルーム

ちゃんとホットシャワーが出る。水圧も良い。
清潔、快適。

続く。。。



関連記事

| ルアンパバーン | 01:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nonachempaka.blog69.fc2.com/tb.php/25-1f6b596b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。