アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ミャンマー・チャイティヨーのゴールデン・ロックの夕日①

ミャンマー・チャイティヨー
記事中の全ての画像はクリックすると拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

ミャンマーヤンゴン空港から約7時間。。。
ようやくゴールデンロックのあるチャイティヨーまで
やってきた。。。

今までの道のりは以下の通り。。。

ミャンマー・ヤンゴンからチャイティヨーへ!とりあえずランチへ!
ミャンマー・ヤンゴンからチャイティヨーへ!キンプン~ヤテタウン~山頂へ!

さあ、ここからゴールデン・ロックまではもう少しだ!

IMG_5671.jpg

たくさんの人々が歩いている。。。
意外と観光客が少ない。。。

IMG_5672.jpg

この入口からは土足厳禁!!
靴を脱ぐだけでなくて靴下も脱がなきゃいけない。。。

靴を預かるおばさんがいる。戻ってくるまで
ちゃんと見ていてね!

ミャンマーではお寺に入る時は必ず素足にならないといけない

右足の薬指が紫色になっているのは机の脚にぶつけたから。。。痛い

IMG_5674.jpg

途中にこんな「なんちゃってゴールデン・ロック」があったりする。。。
というか、このあたりには良く似た岩が大小ゴロゴロしており
それぞれがちゃんとした信仰の対象となっているようだ。。。

それにしても足の裏が痛い!小石がけっこう転がっているのだ
それにすでに足の裏は真っ黒になっているし。。。

きっと地元の人々は痛くもかゆくもないのだろうなあ~~

IMG_5677.jpg

ミャンマーのお寺には必ずと言っていいほどに仏教の他にも
ナッ信仰(非業の死をとげた人々の精霊を祀る土着信仰)の
施設が整備されている

写真は王と結婚した女性が、王によって目の前で焼き殺された兄の
後を追い、火に飛び込んで非業の死を遂げたという伝説の主人公を
祀っている。。。

それにしても凄い賽銭。。。

IMG_5678.jpg

やがて大きな広場に出た。ここが頂上のようだ!
視界がぐっと広がり、遠くまで景色が見渡せる。。。

あれか!!

あれがゴールデン・ロックか!!

夕日に照らされてピカピカに光っているぞ!

IMG_5682.jpg

近くに寄ってみる。。。
思ったよりも小さい。。。

が、金ぴかのこの岩の存在感は凄い!

女性はこの岩に近づく事が出来ず、少し離れた
場所から拝まなければならない



ゴールデン・ロックに金箔を貼る人々の様子を
撮影しました。。。ぜひご覧下さい~~

IMG_5684.jpg

僕も近くの店で金箔を買い、ゴールデン・ロック
願いを込めながら一枚一枚丁寧に貼っていく。。。

風がけっこう強くてうまく貼れない!
何枚か貼る前に飛んで行ってしまった。。。

一枚は夫婦の健康。。。
二枚目は家族の健康。。。
三枚目は会社の発展。。。

さてさて願いは通じるのかな~~??

グッグッと押さえて。。。

IMG_5685.jpg

そっと台紙を離すと。。。金箔がくっつく。。

IMG_5687.jpg

同じように地元の人々も金箔を貼りお祈りしている。。。

しかし。。。不思議な岩だ!
落ちそうで落ちないのだなあ~~!

綺麗な夕日が見れるらしいのでしばらくここで
過ごす事にしようっと!

続く。。。

関連記事

| チャイティヨー | 00:05 | comments:18 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Re: タイトルなし

まちさん!まいどまいど!

> あー金箔貼ってますねー。
> いいな。女性なので、近づけずだったので。

お隣タイでは女性でも近づける宗教施設が大半なんですが
ミャンマーではまだまだなんですねえ~。。。

> 夕陽も綺麗ですね!
> ↓バガンの朝陽も最高!!!!!
> やっぱ、バガンいいですよね♪

まちさんもご覧になりましたよね!?
真っ暗な遺跡の中を懐中電灯で登って。。。
足を滑らせたら大変だなあ~と思いながら
登りました(笑)

> ファランポーン駅も懐かしいし^^

フアランポーン駅からラオスの国境まで電車で
旅したいなあ~というのが目下の目標です(笑)

> それにしてもゴールデンロック、鉄格子じゃないけど、木の枠?!補強?なってますね。
> 2年前はなかった気が。。?!

何か修繕しているようでしたよ。
ヤンゴンのシュエダゴンパヤーも同じく修繕中でした。

> ロンジーもタナカも懐かしい♪

タナカ。最初は違和感ありましたけど慣れました。
ロンジーも機能的で気候にあった衣服なんですよね~
次回はロンジーで旅しようかな??

> でもホント、足の裏真っ黒になりますよね(-_-;)。
> しかも、洗っても暫く取れないくらい、手ごわかった~。

確かに(笑)
飛行機の中で配られていたウェットティッシュがかなり
役に立ちましたよ(笑)

ホテルに帰って足の裏をゴシゴシとタイルに擦って汚れを
落としていました(笑)

| Chempaka | 2012/03/18 23:39 | URL |

あー金箔貼ってますねー。
いいな。女性なので、近づけずだったので。
夕陽も綺麗ですね!
↓バガンの朝陽も最高!!!!!
やっぱ、バガンいいですよね♪
ファランポーン駅も懐かしいし^^

それにしてもゴールデンロック、鉄格子じゃないけど、木の枠?!補強?なってますね。
2年前はなかった気が。。?!

ロンジーもタナカも懐かしい♪
でもホント、足の裏真っ黒になりますよね(-_-;)。
しかも、洗っても暫く取れないくらい、手ごわかった~。

| まち | 2012/03/15 23:52 | URL | ≫ EDIT

Re: こんばんは!

ぽっつさん!まいどっす!

> うううー、
> うらやましいです…。
> ゴールデンロックに触れるなんて…。

風がビュービュー吹いていて、柵がないので
けっこう怖かったですよ(笑)

> もちろん承知の上で行ったんですが、
> いざ目の前にして触れないというのは、
> 結構悲しいものでした(涙

これねえ~。。。
隣のタイなんか男女の区別なくご神体に触れたり
近づいたり出来る所が多いのに、ミャンマーは
まだまだこういう所は遅れてますね。残念です。

> 触れたら金箔貼るふりしておもいっきり押してみるのに…。

あかん!あかん!押したらあかん!(笑)

> 山の下でジェットコースターに乗る前にも、
> ゴールデンロックらしき岩が見えてたんですが、
> ガイドさんによるとそれも偽物だそうで、
> 偽物ロックは他にもいっぱいあるみたいですねー。

あった!あった!山の上の方に見えましたね!
僕もガイドさんに聞いたら違います!と言ってました。

何個ぐらいあったかなあ~、けっこうありましたよね!
地質的にあのような岩が表に出て来やすいんでしょうね!

| Chempaka | 2012/03/12 01:19 | URL |

こんばんは!

うううー、
うらやましいです…。
ゴールデンロックに触れるなんて…。

もちろん承知の上で行ったんですが、
いざ目の前にして触れないというのは、
結構悲しいものでした(涙

触れたら金箔貼るふりしておもいっきり押してみるのに…。

山の下でジェットコースターに乗る前にも、
ゴールデンロックらしき岩が見えてたんですが、
ガイドさんによるとそれも偽物だそうで、
偽物ロックは他にもいっぱいあるみたいですねー。

| ぽっつ | 2012/03/11 19:39 | URL |

Re: タイトルなし

hungrykazさん!まいどです!

> Chempakaさま まいどです。
> いやーゴールデンロックいいですねえ。途中にえせゴールデン・ロックがあるというのは知りませんでした。これはこれでいい感じですね。

えせ(笑)

僕もなんちゃってゴールデンロックなんて書き方をしましたが
一応信仰の対象のようでして。。。

それにこの辺りはゴールデンロックのような岩があちこちにあるんですよ。
金箔こそ貼ってませんが。。。そういう地質なんだと思います、この山。

> しかし、やっぱり遠いですねえ~ 僕は貧乏性で色々見て回りたいので、しばらくは行けないな~

行きたい国は多いですよねえ~~。。。
今年の年末にミャンマーに再訪するか、ブータンに行くか悩んでます(笑)

| Chempaka | 2012/03/05 03:01 | URL |

Re: タイトルなし

ちょいバリさん!まいどまいど~~!

> ゴールデンロックなんてあるんですね。

はい、これがミャンマーのシンボル、ゴールデンロックです!
昔の日本のお伊勢さんのように、死ぬまでに一度はお参りしたい
場所なんだそうです。。。ミャンマーの人々にとって。。。

> ミャンマーって言うとなんかもっと質素な気がするんだけど、こんなに派手な一面もあるんですね。
> ミャンマーも仏教と、勉強になります。

観光地を除いて、ミャンマーの田舎の方は何十年と変わらない
質素な生活を送っている人々が大半だと思います。。。

この数年の間に劇的に変わってしまうのかなあ~~。。。

| Chempaka | 2012/03/05 02:57 | URL |

Re: タイトルなし

Yottittiさん!おひさ!

お元気ですか~~??

> ゴールデンロックはあやうい形だけど、そのアンバランサが魅力的ですね

地面との間にスキマがあって、見れば見るほど落ちそうで落ちない
不思議なパワーを持った岩です、ほんとに。

> 女性はいけないなんて・・・宗教的な問題なのでしょうね
> イスラムも厳しいけど、ナッ信仰も厳しいんですね

同じ仏教でもタイやラオスではここまで厳しくなかったと思います。
お国の習慣、文化なんでしょうかねえ。。。残念です。

> それに裸足でお参りとは、失礼のないよう素のままでってことでしょうか

そういう事でしょうね、たぶん←適当(笑)

> 健康にはよさそう?軽い足ツボみたい!

日本にいると裸足で外を歩くなんてなかなか経験できませんよね~
小石や小さな木の枝なんかが落ちていて、時々痛い!という事は
ありましたよ(笑)

ウェットティシュは必携です!!

> 頂上から見る日の入りは山々を照らして輝いて素敵です!

夕日に照らされてオレンジ色に光るゴールデンロックの姿は
本当に美しかったです!目に焼きついています!

| Chempaka | 2012/03/05 02:51 | URL |

Re: タイトルなし

カントリーママさん!まいどまいど!

> そうそう、女子わね~。

世界中にある、残念な習慣がこのミャンマーにもあります。。。

> ミャンマーはクリスチャンにかなり厳しい国で特に国民にはご法度なところがありますよね。数年前から(遠距離)里子がいるんですが、どうも孤児院がまだまだ足りない。

僕はミャンマー政府が観光客に解放しているキレイな観光地だけを
訪れたので、孤児院の存在を意識する事もありませんでした。。。

ヤンゴンとか都会にも孤児って多いのかなあ~~。。。
僕の目には映りませんでした。。。

> 今、孤児院に入れられる前に家庭の状況を良くしたいとグループを立ち上げたんですが...女性スタッフはまだまだ下に見られちゃうそうです。 外国の男性が今一番使えそうなんです。 話し全然つながってませんね。

信仰の場だけでなく、職場でも女性の活躍が制約されているのですね?
一昔前の日本もそうだったけど(今もかな?)残念な環境ですね。。。
僕もリタイヤしたら現地に滞在して、そういう活動に協力したいですね~。。。

> いいな、晴れてたようでちゃんとキラキラ,キンキラしてますね。 霧に囲まれちゃって何にも見えないで...足が痛いだけで終わってしまった人もここにいます。(苦笑)

ほんと山の頂上なので天候は変わりやすいですよねえ~
僕が訪れた時は天気に恵まれ、キラキラ、キンキラした
ゴールデンロックを見る事ができました。ラッキーです!

> しかも、インドで日焼けた私の顔をみて現地の姉さん、笑ったし。。。(ミャンマーの姉さん、みんな日焼け止めテープしてませんでしたか?)

日焼け止めのテープをしている女性はみなかったです~。
タナカはしてましたけど。

白い肌への憧れは万国共通なのでしょか?女性にとっては。

> 金箔,私も張りたいよ!! いいなあ! 
> どっか宗教関係なしで岩作りたいなあ。(晴れる所ね。)

岩を作る!?(爆)

金箔貼るのって経験されました?
あれ、貼るのん、とても難しいです(笑)

| Chempaka | 2012/03/05 02:41 | URL |

Re: 願い

yokoblueplanetさん!まいど~~~っ!

> こんばんは。

こんばんは!

> 非常に興味深い場所ですね。
> 人々の様々な願いがここに集中する、、、天まで届く階段ができているかも!

実際にミャンマーの人々にとっては一生に一度は
行っておかないといけない場所のようですよ。

なので、人々の願いが集中し、天に一番近い場所かもしれまんせん。。。
遠いですけど行く価値がありますねえ~~。。。

| Chempaka | 2012/03/05 02:29 | URL |

Re: タイトルなし

美雨姉さん!まいどども~~!

> 足の薬指、痛そうですね。
> よくやるんですよね。
> 小指とかも・・・

そう、いつもは小指が多いんですけどね~(笑)
今回は薬指を負傷しました。。。

> その痛みわかります。
> お大事に。

ありがとうございます。

知らずに物を蹴ってしまった瞬間のあの痛さ!!
たまりませんねえ~(笑)
僕も「うお~~~っ!」て叫びましたもん(笑)

> これがかの有名なゴールデンロックですね。
> なんちゃってゴールデンロックがおかしい。
> でも御利益はあるのかしら。

もともとこの辺りにはゴールデンロックのような岩石が
ゴロゴロと転がっているようです。

なんちゃってというのは旅行者の目で見るときで
実際は信仰の対象になっているようです。

> 崖側も金箔貼るとしたら大変そう。

崖側は定期的に足場を組んで金箔を貼るんでしょうか??

| Chempaka | 2012/03/05 02:25 | URL |

Re: タイトルなし

霧のまちさん!まいど!

> ゴールデンロックは よく写真で見ますが こうしてうんと近くて見るのは初めて。  こうなってるのね。(笑)

こうなってます!(笑)
想像していたよりも少し小さかったです。

岩と地面にスキマが開いているのはびっくりしました!

> 女子は行けないんですか・・・なんでかな?

ん~~~。。。
ミャンマーのどこでも神聖とされる所は女性は近づく事が
できませんでした。。。

世界中、こういう所って多いですよね~。。。残念です。

> 裸足で入る寺院はインドでも普通で、夏などは 石の面が熱くて 飛び跳ねながら なんです。(笑)

おかげさまで足の裏がヤケドしそうな事はありませんでした(笑)
ただし、寺院は必ず裸足!ウェットティッシュは必携です!

| Chempaka | 2012/03/05 02:19 | URL |

Chempakaさま まいどです。
いやーゴールデンロックいいですねえ。途中にえせゴールデン・ロックがあるというのは知りませんでした。これはこれでいい感じですね。
しかし、やっぱり遠いですねえ~ 僕は貧乏性で色々見て回りたいので、しばらくは行けないな~

| hungrykaz | 2012/03/04 16:32 | URL |

ゴールデンロックなんてあるんですね。
ミャンマーって言うとなんかもっと質素な気がするんだけど、こんなに派手な一面もあるんですね。
ミャンマーも仏教と、勉強になります。

|  親父 | 2012/03/04 09:11 | URL | ≫ EDIT

ゴールデンロックはあやうい形だけど、そのアンバランサが魅力的ですね
女性はいけないなんて・・・宗教的な問題なのでしょうね
イスラムも厳しいけど、ナッ信仰も厳しいんですね
それに裸足でお参りとは、失礼のないよう素のままでってことでしょうか
健康にはよさそう?軽い足ツボみたい!
頂上から見る日の入りは山々を照らして輝いて素敵です!

| Yottitti | 2012/03/02 14:34 | URL | ≫ EDIT

そうそう、女子わね~。
ミャンマーはクリスチャンにかなり厳しい国で特に国民にはご法度なところがありますよね。数年前から(遠距離)里子がいるんですが、どうも孤児院がまだまだ足りない。
今、孤児院に入れられる前に家庭の状況を良くしたいとグループを立ち上げたんですが...女性スタッフはまだまだ下に見られちゃうそうです。 外国の男性が今一番使えそうなんです。 話し全然つながってませんね。

いいな、晴れてたようでちゃんとキラキラ,キンキラしてますね。 霧に囲まれちゃって何にも見えないで...足が痛いだけで終わってしまった人もここにいます。(苦笑)
しかも、インドで日焼けた私の顔をみて現地の姉さん、笑ったし。。。(ミャンマーの姉さん、みんな日焼け止めテープしてませんでしたか?)

金箔,私も張りたいよ!! いいなあ! 
どっか宗教関係なしで岩作りたいなあ。(晴れる所ね。)

| カントリーママ | 2012/03/02 13:40 | URL | ≫ EDIT

願い

こんばんは。
非常に興味深い場所ですね。
人々の様々な願いがここに集中する、、、天まで届く階段ができているかも!

| yokoblueplanet | 2012/03/01 22:13 | URL |

足の薬指、痛そうですね。
よくやるんですよね。
小指とかも・・・
その痛みわかります。
お大事に。

これがかの有名なゴールデンロックですね。
なんちゃってゴールデンロックがおかしい。
でも御利益はあるのかしら。

崖側も金箔貼るとしたら大変そう。

| 美雨 | 2012/03/01 21:36 | URL |

ゴールデンロックは よく写真で見ますが こうしてうんと近くて見るのは初めて。  こうなってるのね。(笑)
女子は行けないんですか・・・なんでかな?
裸足で入る寺院はインドでも普通で、夏などは 石の面が熱くて 飛び跳ねながら なんです。(笑)

| 霧のまち | 2012/03/01 09:51 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nonachempaka.blog69.fc2.com/tb.php/242-99fcbed2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。