アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

カンボジア・アンコールワット遺跡群~プリア・カン~


記事中の全ての画像はクリックすると拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

アンコール・トムの北大門を抜けてしばらく進むと
プリア・カンという、これまた見ごたえのある遺跡に
辿り着く。。。

出来た当初は単なる寺院だけでなく、様々な職種の
人々が住む「村」としての機能も持っていたようだ。。。

IMG_9908.jpg

入口には巨大なガルーダのレリーフがあるが
寺院としての信仰は仏教なのだそうだ。。。

アンコールの遺跡群はたくさんあるけど
どの遺跡も特徴があって飽きない。特に
僕のような遺跡好きにはたまらない魅力が
テンコ盛りなのだ。。。

IMG_9901.jpg

長~~~い参道を歩く。。。
もう、夕暮れも近い時間なのに4月のシェムリアップ
暑い!暑い!暑~~~い!

この日、二本目の1.5リットルのミネラルウォーターも
残りが少なくなってきた。。。

あっ!遺跡のトイレ事情はご心配なく!!
各遺跡にはトイレが完備されていて、その個々の
トイレには専属?のトイレ係が常駐しているようで
清潔でキレイなのだ。。。

さすが、観光資源としてのアンコール遺跡。。。
国の力の入れようが本気であるなあ~。。。

IMG_9917.jpg

が。。。

中に入ると、痛々しい崩れたままになっている箇所もあり。。。
手付かずのままの姿を見られる!という嬉しさと、この先何年
中に入って観光できるのか?という侘しさを感じてしまう。。。

IMG_9913.jpg

この美しいデバターも風化が激しい。。。
手で触れる事ができるこの世界遺産も、今後は「管理」が
始って触れる事が出来なくなるのだろうか。。。

IMG_9912.jpg

見事な破風のレリーフ。。。

IMG_9921.jpg

遺跡の中は絵になる写真スポットが至る所にある。。。
普段カメラに興味のない僕でも、次回は一眼レフの性能のいいカメラを
用意して再び来たい!と思うほどだ。。。

ちなみに僕が愛用しているデジカメはキャノンのGシリーズ。
少々、大きなカメラだがクセがなく、夜間の撮影もOK!

IMG_9935.jpg

このプリア・カン遺跡の一番の見どころは、この二階建の建築。。。
まるでギリシャの古代神殿のようだ。。。

IMG_9929.jpg

でた~~~!
アンコール遺跡名物の「スポアン」という巨大な木!

この植物の根元部分はまるで生きたヘビのように遺跡に
絡みついていて、成長する度に遺跡を破壊していく。。。

このスポアンと遺跡のコラボレートはタ・プロームと言う
遺跡が有名だが、他の遺跡にも結構見られる。。。

IMG_9930.jpg

カメラを引いて撮るとこんな感じ。。。
その巨大な容姿にほんと圧倒される。

遺跡は整備されているから意識する事はないが
ここは一昔前はジャングルの中だったという事に気付く。

あっ、この遺跡、東と西に出入り口があって
どちらも良く似ているので、迷わないように!(笑)
実際に僕は東から入って西から出てしまい、慌ててしまった(笑)

おまけ。。。

IMG_0398.jpg

写真は、シェムリアップ一の繁華街を走るシヴォタ通り
一応は舗装されているが、所々こんな感じで土剥き出しの
ガタガタ道となっている。。。

一度、雨でも降れば泥でぐちゃぐちゃになり、余計ガタガタに。。。

IMG_0400.jpg

この写真は2009年の物だが翌年、訪れた時には舗装されて
キレイになっていたが。。。

それでもシェムリアップを少しでも離れると、というか
このシヴォタ通り国道6号線を少しでも離れると未舗装の
道路が大半だ。

なので、昼間は凄い土埃が漂い、雨が降ると泥まみれになる。。。
それでも現地の人は隣のベトナムの人々のようにマスクをしないのだなあ~。。。

なんか、興味深い。。。
関連記事

| アンコールワット遺跡群 | 00:01 | comments:22 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Re: タイトルなし

鍵コメさま!はじめまして~~!

ご丁寧にご連絡を頂きましてありがとうございます!
きちんと画像URLも記述して頂いてますし、嬉しいです!

引き続き、宜しくお願い致します!

| Chempaka | 2013/02/04 03:29 | URL |

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2013/02/03 20:47 | |

Re: Re: Re: こんばんは♪

ぽっつさん!まいどです~!

> こんにちは!

こんにちは!

> > ぽっつさん、この遺跡はいかがでしたか?
> > 僕は結構好きな遺跡なんですけど。。。
> > 所々、激しく崩壊してるでしょ?でもそこに
> > はっ!とするようなデバターがあったりして。

> 私も結構好きです!
> 私のポイントは、
> ナーガを踏みつけたガルーダとか、
> ガルーダがナーガをいじめてる像がいろいろあったところが、
> 他と違って面白かったです。

ぐはははは!そんなにガルーダ、ナーガを
いじめてましたっけ?(笑)良く見てはりますね~!(笑)

> あとやっぱり場所柄からか、
> 人が少なくて、
> 崩壊した遺跡の雰囲気を満喫できたのものよかったです。

そうですね!ぽっつさんもツアーでなく個人で
自転車なんですから、ゆっくり鑑賞できたのでしょうね!

バイヨンやアンコールワットのように人は多くないですし
遺跡を独り占め!みたいな気分にさせてくれますね!

> > え~~~っ!自転車で行きましたか?
> > 自転車はホテルでレンタルですか?
> > 遠かったでしょ??意外とアンコールワットまで
> > 距離もありますし。。。凄いですね!

> いやーものすごく辛かったです…。
> 苦行と言っても過言はありません(笑

苦行。。。(笑)
いや~~、しんどかったと思いますよ~!
あの暑さにあの距離でしょ?

とりあえず遺跡に着いたら、20分ぐらい
近くの店でコーラでも飲みながら休憩ですね!(笑)

> ホテルでレンタルサイクルが無料だったので、
> 日焼け止めペタペタ塗って、
> ペットボトルもって準備は万全のつもりでしたが、
> 想像を超えた辛さでした…。

そういえば、ゲストハウスで貸し出しする所がありますね~!
日焼け止めなんて、効きましたか?
ペットボトルは普通にトゥクトゥクで廻っていても
1.5リットルを2本とか飲んでいたので、浴びるように
飲んでいらっしゃったのでは?

> 間違いなくオススメしません…。
> でも、辛かったのもいい思い出です♪

でもね、少し羨ましい気もします!(笑)
ゆっくりと流れる景色、気軽に写真も撮れますしね。
一生の思い出ですね!

| Chempaka | 2011/07/10 23:38 | URL |

Re: 小さい時からの憧れ

takechan0312さん!まいどです~!

> アンコールワットは小さい時からの憧れでした。
> しかしカンボジアの状況は悪くひとりではなかなか行けませんでした。
> やっと戦争から落ち着いた頃行きましたが、
> まだまだひとりたびの観光客が殆ど居ない頃でしたね。

カンボジアの内戦中は観光どころではなかったでしょうし
難民の問題もあったりと国が疲弊していましたからね~・・・

行かれたのは何年前でしょうか?
落ち着いたとは言え、旅行するには結構、勇気が必要だったと
思いますが。。。

> 今ではホテルも沢山できたようで、
> あの頃の面影は殆どなくなったとききましたが、

近代的なホテルがたくさん出来ましたし、今でも
観光化が急ピッチで進んでいますよ!

シェムリアップはもっと素朴な街だったのでしょうか?

> やはりアンコールワット寺院は
> アジアの中でもトップの観光地だと思います。

そうですね。僕もそう思います。
アジアが世界に誇る文化遺産だと思いますね!

| Chempaka | 2011/07/10 23:25 | URL |

Re: 立派な彫り物

yokoblueplanetさん!まいどで~~す!

> こんにちは。

こんにちは!

> 見る度に感心します、この遺跡の豪華さに。
> 遺跡になる前のこの世界を観てみたかったですね。

崩壊、風化している所があっても、おっしゃる通り
「豪華さ」は健在ですね~!
> これだけの巨大遺跡を残すにには相当な力がなければ無理。
> どんな社会だったのか。。。興味深いです。

ほんと、当時の様子を見てみたいものですね~。
アンコールに限らずエジプトやインカ帝国なども。。。
ま、当時を想像するのが遺跡巡りの楽しみでもあるのですが。。。

こういう遺跡はたいてい巨大な石が使用されている訳ですが
遺跡を作る為の道具はもちろん、作ろうとした国家の力にも
脱帽です。。。

| Chempaka | 2011/07/10 23:18 | URL |

Re: Re: こんばんは♪

こんにちは!

> ぽっつさん、この遺跡はいかがでしたか?
> 僕は結構好きな遺跡なんですけど。。。
> 所々、激しく崩壊してるでしょ?でもそこに
> はっ!とするようなデバターがあったりして。

私も結構好きです!
私のポイントは、
ナーガを踏みつけたガルーダとか、
ガルーダがナーガをいじめてる像がいろいろあったところが、
他と違って面白かったです。

あとやっぱり場所柄からか、
人が少なくて、
崩壊した遺跡の雰囲気を満喫できたのものよかったです。

> え~~~っ!自転車で行きましたか?
> 自転車はホテルでレンタルですか?
> 遠かったでしょ??意外とアンコールワットまで
> 距離もありますし。。。凄いですね!

いやーものすごく辛かったです…。
苦行と言っても過言はありません(笑

ホテルでレンタルサイクルが無料だったので、
日焼け止めペタペタ塗って、
ペットボトルもって準備は万全のつもりでしたが、
想像を超えた辛さでした…。

間違いなくオススメしません…。
でも、辛かったのもいい思い出です♪

| ぽっつ | 2011/07/10 18:27 | URL |

小さい時からの憧れ

アンコールワットは小さい時からの憧れでした。
しかしカンボジアの状況は悪くひとりではなかなか行けませんでした。
やっと戦争から落ち着いた頃行きましたが、
まだまだひとりたびの観光客が殆ど居ない頃でしたね。
今ではホテルも沢山できたようで、
あの頃の面影は殆どなくなったとききましたが、
やはりアンコールワット寺院は
アジアの中でもトップの観光地だと思います。

| takechan0312 | 2011/07/09 20:09 | URL |

立派な彫り物

こんにちは。
見る度に感心します、この遺跡の豪華さに。
遺跡になる前のこの世界を観てみたかったですね。
これだけの巨大遺跡を残すにには相当な力がなければ無理。
どんな社会だったのか。。。興味深いです。

| yokoblueplanet | 2011/07/09 16:56 | URL |

Re: タイトルなし

Yottittiさん!まいどっす!

> 根が伸びたこのプリア・カン遺跡は迫力があって、すごそうです。

さすが熱帯ジャングル!という感じでしょ?
この根っこがまるで大蛇のように遺跡のスキマに入り込んで
えらい事になってます!(笑)生き物のようです!

> このままの姿で残ってるのは、そのときそのとき限りなんですよね。そう思うと感慨深いですね。
> 道も整備されて、遺跡も風化との追いかけっこで補修もすすみ、やっぱり若い早いうちに訪れなくちゃ!

Yottittiさん!運動してます??(笑)
僕と同じ歳でしょ??歩いた方がいいっすよ~(笑)
老化は足からですよ~~!←最近、運動を始めたので偉そうに言ってみる(笑)

アンコールの遺跡めぐりは結構、大変なんすから~(笑)

確かに補修は風化といたちごっこ。。。
観光客も増えて、遺跡の痛みも加速化!

早く行かないと、触れる遺跡じゃなくなりますよ!

> だいぶマナーの悪いお隣の大国の観光客も増えて、規制がきびしくなるかもしれませんね。
> やっぱり間近で感じられるのが一番ですよね。

たいてい団体で遺跡めぐりしているのですが、ガイドの説明中に
通路を堂々と塞ぐのはやめてほしいっすね~!通れね~~!

| chempaka | 2011/07/08 22:48 | URL |

Re: タイトルなし

ちょいバリ親父さん!まいどです~~!

> アンコールワットの遺跡群って馬鹿でかいスケールなんですねぇ。

こじんまりとした遺跡もあれば広~~~い遺跡や
でか~い遺跡もありまして。。。興味深いですよ。

この木は文句なしにでかいです!怖いです!

> 一つ一つがすごく大きいような気がするし、実物を見ないとこのスケール感はわからないんだろうな~!
> かなり痛んできてるんですね。
> 修復といっても気が遠くなりそうな。。。

ちょいバリさんにはこのスケールを是非とも味わって頂きたいですね~~。
ウグラライからシェムリアップまでは直行便は無いのです?
やはり、ジャカルタ経由なんでしょうか?

はい、修復はとてもとても地道で気の遠くなりそうな作業だと思います。。。


| chempaka | 2011/07/08 22:35 | URL |

Re: こんにちは~♪

ほぷほぷさん!どもども!

> スラマッマラム~(^^)/

スラマッマラ~~ム!
さすがウブド親善大使!ドイツ、ロマンチック街道記事を
更新中でもバリ島の事を忘れていないとは。。。(笑)

> >アンコールワット
>
> 今、ふと思ったのですが、アンコールワットの「ワット」とタイにある寺院の「ワット・~」は同じ意味ですか?・・・ひょっとして、めっちゃ鋭い質問ですか?・・・えっ!?常識(^^)?

ええ、そうですよ~!ワット=寺院ですよ~~。
タイ、カンボジア、ラオスではワットといいますね~←全部そうなのか知らないけど(笑)

> >風化が激しい。。。
>
> 日本からもお金や人材を随分出資してメンテのサポートをしているっていう話は知っていますが、間に合っていないのですねぇ。これだけ美しい装飾をもった遺跡は守ってほしいですね。

ある意味、手付かずで自然な遺跡なんですけどね。。。
さすがに、これだけ観光客が増えるとメンテは必要ですよね~。
そろそろ、「管理」が始るのでしょうか??

> 今夜みたBSのクラシックホテルズっていう番組でプノンペンのホテルを紹介していました。プノンペンの街並みは結構ホーチミンとにているのですねぇ!

ほうほう、そうなんですか?
ホーチミンに?プノンペンは行った事がないですけど
近いのでホーチミンに似ていても不思議はないでしょうね~。

BSかあ~~。。。
我家は未だに地デジ対策してません(笑)
もう、10年以上テレビを観ない生活になってますね~(笑)

でも、CSのディスカバリーチャンネル、アニマルプラネット
ナショナルジヲグラフィクス、旅チャンネル等は見たいですね~(笑)

> いつもありがとうございます!

サマサマ!

テリマカシ・バニャ!

| chempaka | 2011/07/08 22:30 | URL |

Re: こんばんは♪

ぽっつさん!まいどです~~~!

> プリアカン、
> ちょうど去年の年末に行ってきたところなので、
> 懐かしく思いながら読ませていただきました♪

ぽっつさん、この遺跡はいかがでしたか?
僕は結構好きな遺跡なんですけど。。。
所々、激しく崩壊してるでしょ?でもそこに
はっ!とするようなデバターがあったりして。

> 自分の記事はどんなこと書いてあるかなー、
> と見てみたら、
> なんと記事がなくてびっくり…。

まあ、普通は他の遺跡とまとめて記事にしますよね(笑)
プリアカンだけで記事にする人はあんまりいませんね(笑)

> そういえば、
> ここはサイクリングで訪れて、
> へろへろで写真どころじゃなかった感じで、
> 記事も書かず…。

え~~~っ!自転車で行きましたか?
自転車はホテルでレンタルですか?
遠かったでしょ??意外とアンコールワットまで
距離もありますし。。。凄いですね!

よく、欧米人の旅行者が自転車で遺跡を回ってますけど
こんなに身近にいらっしゃいましたか!(笑)

しんどかったと思います。。。

> 12月のシェムリアップもものすごい暑さで、
> 自転車で廻るもんじゃないですね(笑

え~と、12月は気候で言うと雨季の終わりごろですか?
蒸し暑そうですね~~。。。

熱中症にならなくて良かったですね~!

| chempaka | 2011/07/08 22:15 | URL |

Re: タイトルなし

美雨姉さん!まいどども~~~!

> アンコールはまだ行ったことないです。
> 一度行ってみたいところですね。
> 実際の遺跡の大きさや質感は、写真やテレビじゃわからないです。

おっしゃる通りですね~~。
それに、写真やテレビでは現地の空気(風や温度)が
わからないですし。。。やっぱり実際に行ってみないと!

> それを実感したのはピラミッドを実際に目にした時でした。その大きさは圧巻です。とても当時の人間が作ったものとは思えませんでした。

僕もピラミッドを見た時はびっくりしましたね~!!
まるで山ですよね?あれは!!
それに、一つ一つの石がとても大きくて。。。

あれは本当に人間が作った物なのでしょうかね??

> 遺跡めぐりは私も大好きです。韓国に行ったときはドラマにあった遺跡を実際に見に行っちゃったし、歴史を肌で感じてきました。

ドラマのシーンを追体験する旅行も楽しそうですね!

> 机上ではわからないことを実際の遺跡は教えてくれますよね。
> それがまた楽しいのかもしれません。
> chempakaさんが羨ましいです。

当時に思いを馳せる。。。
急ぎ足で遺跡を廻るのではなく、その辺で休憩しながら
ゆっくりと時間を掛けて鑑賞したいですね~。

| chempaka | 2011/07/08 22:06 | URL |

根が伸びたこのプリア・カン遺跡は迫力があって、すごそうです。
このままの姿で残ってるのは、そのときそのとき限りなんですよね。そう思うと感慨深いですね。
道も整備されて、遺跡も風化との追いかけっこで補修もすすみ、やっぱり若い早いうちに訪れなくちゃ!
だいぶマナーの悪いお隣の大国の観光客も増えて、規制がきびしくなるかもしれませんね。
やっぱり間近で感じられるのが一番ですよね。


| Yottitti | 2011/07/08 16:16 | URL | ≫ EDIT

アンコールワットの遺跡群って馬鹿でかいスケールなんですねぇ。
一つ一つがすごく大きいような気がするし、実物を見ないとこのスケール感はわからないんだろうな~!
かなり痛んできてるんですね。
修復といっても気が遠くなりそうな。。。

| 親父 | 2011/07/08 06:46 | URL | ≫ EDIT

こんにちは~♪

スラマッマラム~(^^)/

>アンコールワット

今、ふと思ったのですが、アンコールワットの「ワット」とタイにある寺院の「ワット・~」は同じ意味ですか?・・・ひょっとして、めっちゃ鋭い質問ですか?・・・えっ!?常識(^^)?

>風化が激しい。。。

日本からもお金や人材を随分出資してメンテのサポートをしているっていう話は知っていますが、間に合っていないのですねぇ。これだけ美しい装飾をもった遺跡は守ってほしいですね。

今夜みたBSのクラシックホテルズっていう番組でプノンペンのホテルを紹介していました。プノンペンの街並みは結構ホーチミンとにているのですねぇ!

いつもありがとうございます!

| ほぷほぷ | 2011/07/08 02:37 | URL | ≫ EDIT

こんばんは♪

プリアカン、
ちょうど去年の年末に行ってきたところなので、
懐かしく思いながら読ませていただきました♪

自分の記事はどんなこと書いてあるかなー、
と見てみたら、
なんと記事がなくてびっくり…。

そういえば、
ここはサイクリングで訪れて、
へろへろで写真どころじゃなかった感じで、
記事も書かず…。

12月のシェムリアップもものすごい暑さで、
自転車で廻るもんじゃないですね(笑

| ぽっつ | 2011/07/08 00:53 | URL |

アンコールはまだ行ったことないです。
一度行ってみたいところですね。
実際の遺跡の大きさや質感は、写真やテレビじゃわからないです。
それを実感したのはピラミッドを実際に目にした時でした。その大きさは圧巻です。とても当時の人間が作ったものとは思えませんでした。

遺跡めぐりは私も大好きです。韓国に行ったときはドラマにあった遺跡を実際に見に行っちゃったし、歴史を肌で感じてきました。

机上ではわからないことを実際の遺跡は教えてくれますよね。
それがまた楽しいのかもしれません。
chempakaさんが羨ましいです。

| 美雨 | 2011/07/07 22:16 | URL |

Re: タイトルなし

だださん!こんばんは~!

> アンコールトム素敵ですね。
> でもあのでかい根っこはちょっと怖い…。

だださんもご覧になりました?
でかいですよね~~~あの根っこ!
しかもとんでもなく背が高い!

うん、確かにちょっと怖いですね~、あの木は。。。

> どんなに繁栄した文明でも盛者必衰、緑のジャングルに呑み込まれてしまうんですね。
> いつかは私達も。

そうなんですよね~、この遺跡もかつては栄えていて
多くの人が出入りしていたんでしょうし。。。

我々の文明もいつかは、未来の遺跡となって観光客が
やってきたりするんでしょうかね~?

> 私も歴史のことはわかりませんが、美しいものはいいですね。
> アンコール遺跡のレリーフは大好きでした。

アンコール遺跡のレリーフに魅了されました。
デバターの表情がたまらなく好きです。

カンボジア以外に散らばるクメールの遺跡を
少しずつ制覇できたらな~と思ってます。

> 私もアジア大好きなのでまた遊びにこさせてください。
> ブログにリンクさせてもらってよろしでしょうか?

どうぞ!どうぞ!ツッコミどころがありましたら
ご遠慮なくコメントをお願いいたします!(笑)

相互リンクですね!?大歓迎です!
今から設定します~~!

| chempaka | 2011/07/07 21:26 | URL |

こんにちは。
アンコールトム素敵ですね。
でもあのでかい根っこはちょっと怖い…。
どんなに繁栄した文明でも盛者必衰、緑のジャングルに呑み込まれてしまうんですね。
いつかは私達も。
私も歴史のことはわかりませんが、美しいものはいいですね。
アンコール遺跡のレリーフは大好きでした。
私もアジア大好きなのでまた遊びにこさせてください。
ブログにリンクさせてもらってよろしでしょうか?

| だだ | 2011/07/07 21:04 | URL |

Re: タイトルなし

霧のまちさん!まいどです~~!

> 遺跡に絡む巨大な根っこ・・・よくいろんなパンフなどで
> 見ますね。  凄いです。

これはね~~、ほんとにでっかい木なんですよ!
それにやたら、木の表面がきれいでツルツルしているので
植物でないような感じもして。。。

まるで「謎の怪生物」ですよ!

> ところで その木の下は見ましたか?(笑)
> 日本で一丁 根を延ばしてやろうかと・・・。(笑)

あっ!!

忘れてた!!(爆)

今度は拾ってきますね!(笑)
というか、こんな木が我家で育ったら。。。
家が崩壊しますよね!(笑)

> 東南アジアでは 石造りの仏様の遺跡群がたくさんありますね。 みんな同じに見えて…帰ってからゴチャゴチャに
> なりそうな私です。 歴女じゃないからナァ・・・。

僕もね、歴男じゃないのですが、同じに見える遺跡も
それぞれに特徴があって楽しいですよ!

もう、アンコールの遺跡の虜になってます!(笑)

| chempaka | 2011/07/07 20:55 | URL |

遺跡に絡む巨大な根っこ・・・よくいろんなパンフなどで
見ますね。  凄いです。
ところで その木の下は見ましたか?(笑)
日本で一丁 根を延ばしてやろうかと・・・。(笑)

東南アジアでは 石造りの仏様の遺跡群がたくさんありますね。 みんな同じに見えて…帰ってからゴチャゴチャに
なりそうな私です。 歴女じゃないからナァ・・・。

| 霧のまち | 2011/07/07 10:22 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nonachempaka.blog69.fc2.com/tb.php/190-68c2e0fe

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。