アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

カンボジア・アンコールワット寺院・西塔門付近

アンコールワット寺院のデバター1

アンコールワット寺院は環濠を橋で渡ると
西塔門を中心とする周壁が寺院全体を囲み
その中央に3つの回廊中央塔が存在する。

ツアーで来ている訳ではないので先を急がずに
ゆっくりと西塔門付近を歩いてみる。

アンコールワット寺院の西塔門

西塔門に入った所、日陰になるが中はムシムシしている。
ほとんどの観光客はここを素通りして参道に出て行く。

アンコールワット寺院の西塔門付近にある仏像1
アンコールワット寺院の西塔門付近にある仏像2
アンコールワット寺院の西塔門付近にある仏像3

西塔門付近の周壁内には上のような仏像が安置されている。
三枚目の仏像は修復されたヴィシュヌ神で、現在でも信仰の
対象としてオレンジ色の布を身に着けたお坊様が祈りを
捧げていた。この仏像だけでなく遺跡全部が現在でも地元の
人々にとっては大切な信仰の場所なのだ。

歯を見せて笑うデバター

有名な歯を見せて笑うデバター
愛嬌たっぷりだ。

アンコールワット寺院の西塔門付近のデバター2

3人のデバター
出来上がったばかりのデバターはどれほど
美しかった事だろうか。。。
色も付いていたらしい。

アプサラのレリーフ

踊るアプサラレリーフ
アプサラは天女。
あちこちの遺跡にこのアプサラレリーフがある。
踊りは神への捧げ物として重要であったようだ。

そろそろ参道へ行こう!
続く。。。
関連記事

| アンコールワット遺跡群 | 22:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nonachempaka.blog69.fc2.com/tb.php/18-4b1a979b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。