アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ルアンパバーンを歩く①

ルアンパバーンの街

アムマタゲストハウスチェックインを済ませて
早速、街へぶらりと出かける。

道路は舗装されているものの端っこのあちこちに泥があって
車が来た時に足がとられそうで気を使う。

とは言ってもまだまだ車を所有できる家が少ないのか
道はとても空いている。まだまだバイクが生活の足のようだ。
タイがそうであったように自転車が少ない。
乗っているのは観光客、それも欧米人ばかりだ。
どこでもそうだが、彼らは自転車をレンタルして観光するのが
好きなようだ。

天気は比較的カラッとしていて蒸し暑くなく過ごしやすい。
空気もいい。

ナムカーン川まで歩いた時にオープンテラスのカフェを見つけた
ちょっとお茶しよう。

ナムカーン川のカフェで飲むコーヒー

愛想よく、控えめな笑顔が印象的な20代の若者2人が
ナムカーン川が良く見える席に案内してくれる。

アイスコーヒーを頼む。
出てきたコーヒーはすでにガムシロップがこれでもかっ!と入った
とびきり甘い代物だ。
僕はいつもブラック派だが、こういう暑いアジアに来ると
当たり前のように出てくるこの甘~いコーヒーがなぜか
おいしく感じる。むしろ好きかも(笑)

インドネシアではティーボトルという日本のほうじ茶に砂糖を
混ぜたような味のドリンクがあるが、あれも好物だ。

ナムカーン川の流れ

席の横にはナムカーン川が割と勢い良く流れている。
川の土手も護岸工事されることなく自然のままだ。
この川はこの先ですぐにメコン川と合流し、タイ、カンボジア、
ベトナムへと流れて行くのだなあ~と見ていると

川を流れるラオス人

二人の少年が川をスーッと流れていくではないか!?
良く見ると彼らは大きなタイヤのチューブに空気を入れ
その上に乗って川下りを楽しんでいるのだった。

何とも長閑な風景だ。

コーヒーも飲んだし、中心街へ行こう!
ちなみにコーヒーは15000キープ(約150円)だった。

続く





関連記事

| ルアンパバーン | 23:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nonachempaka.blog69.fc2.com/tb.php/10-552cc774

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。