アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

2016年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年05月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

このGWはバリ島へ行ってきま~~す!



このGWは約5年ぶりにインドネシアバリ島に行ってきま~~す!

と言っても、今回は単なる旅行ではなく、仕事・・・
朝から晩まで、馴染みの店を回って雑貨の買付けです(苦笑)
毎年、買付けには行っているけど、僕は本当に久しぶり!

IMG_7769_201604241509595e9.jpg

排気ガスと雑貨のニスの匂いが混ざり合う、蒸し暑くて薄暗い店を
根気よく回ります・・・

IMG_7717.jpg

年々物価が上昇するインドネシア
価格交渉も一筋縄ではいかないんですよね~
去年の相場が通用しない事も・・・

相手が女性、特におばちゃんだと値切るのも本当に一苦労!(笑)
1000ルピア(100円くらい)の値引きにもなかなか応じてくれず
そんな時は、計算機片手に、座り込んでじっくりと交渉です!(笑)

IMG_7794.jpg

さて、5年のブランク。僕のセンスで雑貨を選んで来るのですが
売れるのかな?これが一番の不安(苦笑)

忙しい買付けの合間を縫って、久しぶりに観光も考えているけど
そこは気分次第で!街スパは色々と通いたいなあ~

では、気合を入れて行ってきま~~す!!
関連記事
スポンサーサイト

| 行って来ま~~す! | 00:00 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ミャンマー・ヤンゴンの街をウロウロと歩く②


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

ミャンマーヤンゴン。旧市街はインド人街中華街が入り混じり
異国の中の異国を感じる事ができる・・・

上の写真は旧市街から望むスーレー・パゴダ

インド人街の次は中華街へ行ってみる。

IMG_7414.jpg

中国式寺院もミャンマー仕様になると電飾が賑やかに(笑)
とにかくミャンマーの人々は宗教施設をとにかく派手にアピールしないと
気が済まないのかな?

IMG_7404.jpg

ヤンゴン中華街インド人街と隣り合わせの位置にあって
インド人街から数分歩くと、ガラリと街の雰囲気が中華風に!

街もどこからともなく線香の香りが漂う・・・

しかし、華僑って凄いよな!東南アジアの主要な都市には
必ず中華街があるもんな~
こういう馬力は認めないといけないな!

IMG_7406.jpg

で、やっぱりあるよね。金行や金のアクセサリーショップ。
とにかく東南アジアの人々はゴールドがお好き!
いやアジア全体だな。中華街の象徴的な店だよな~

IMG_7398.jpg

こんな看板がずらりと並ぶ。
金だけでなくて宝石類、特にミャンマーはルビーが有名で
ピジョン・ブラッド(ハトの血)と呼ばれるルビーは最高級品だ。

IMG_7400.jpg

ん?この女性は歩道で何をしているんだろう・・・

まさか、電話屋さん!?

IMG_7395.jpg

街には至る所に同じような店?がたくさんあって、観察していると
どうやら本当に電話屋さんのようだ。

電話機を売るのではなくて公衆?電話屋さんなのだ。

ミャンマーでは携帯電話が爆発的に普及しているが、まだまだこのような
サービスが健在なんだなあ~

IMG_7419.jpg

健在なんだなあ~と言えば、中古の日本車!
しかも20年以上前の古い車が現役で活躍している!

いすゞ、ホンダ、トヨタ・・・

IMG_7415.jpg

マルトモ株式会社さん!ミャンマーで活躍中ですよ!

IMG_7394.jpg

バスの外観はミャンマー仕様に塗装されているがほとんどが
日本から運ばれた中古のバスのようだ。

「ワンマン」のプレートがそのまま付いてるバスもあったなあ~

とにかくアジアのどの国に行っても日本車は丈夫だ!潰れない!と
大評判なのだ。日本の工業製品が中古であれ、こうやって元気に
第二の人生を過ごしているのを見るのは嬉しいもの!僕も日本で
車や建機メーカーへ部品を供給しているが、ウチの部品もきっと
がんばっているハズだ!



インド人街中華街の中間あたりでセパタクローを楽しむ若者たちを
撮影しました~~

ヤンゴンのウロウロ歩きは続きます・・・

| ミャンマー | 00:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

タイ・バンコクからチェンマイまで寝台列車に乗って①


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

タイバンコクフアランポーン駅
もう、ここへは何回目になるだろう・・・

今回はバンコクからチェンマイまで寝台列車に乗って行って見る事に。

列車の予約は個人ではなかなか取りづらいので、今回もバンコク
ある現地日系旅行会社に日本から手配をお願いした。

IMG_5429.jpg

これがチケット。22時発の列車で、チェンマイ到着は翌日の13時!
15時間の列車の旅だ。最近はエアアジアやノックエアーなど安い
国内線が選び放題だが、ここはスローな列車の旅を楽しみたい!

何もかも「ゆるい」タイではゆっくりした列車の旅がマッチするように思うのだ。



それでは出発時刻が近づいてきたので乗り込む事にしよう!
フアランポーン駅のホームの様子です!

IMG_5432.jpg

ミネラルウォーターと食料を構内のコンビニで調達!
準備は万端だ!あ~~、ワクワクするなあ~~

IMG_5434.jpg

今回は2等寝台車なので上下のベッド。
昼間はボックスシートになっているが、時間も時間なので
すでにベッドとしてメイキングされていた。

IMG_5441.jpg

汽笛を鳴らしながら列車はチェンマイに向けて、ゆっくりと動き出した・・・
窓からは、まだまだ眠らない大都会バンコクのネオンが眩しい・・・

他の乗客はカーテンを閉め、思い思いのプライベートを楽しんでいる模様・・・

IMG_5440.jpg

タイ人の乗客も多い。女性の乗務員がにこやかに話しかける場面も。

IMG_5448.jpg

上段のベッドの様子。狭っ!(笑)
寝返っても落っこちないように、一応バンド?みたいな物が
通路側に2本ある・・・

ブランケットは薄くて、空調が効いた車内では少し寒い!
寝心地は・・・硬いなあ~~(苦笑)

日本でも昔、シュプール号とか言って関西方面から新潟や長野の
スキー場に向かう寝台列車があったが、ほぼ同じ感覚だ。懐かしい~~

IMG_5450.jpg

ふと窓側を見ると、読書灯?のスイッチやネット状の物入れが。
メガネ入れに使おう!ミネラルウォーターもかろうじて置ける。

ガタンゴトンガタンゴトン・・・
急行のクセに速くはないが、その心地良いリズムカルな音に
集中していると、自然に瞼が重くなってくる・・・

IMG_5452.jpg

「モーニン、モーニン、ブレックファースト!」と言う元気な女性乗務員の
声で叩き起こされた(笑)

狭いながらに良く眠ったようだ。すでに外は明るくなっており、この声は
前もって朝食を予約してした乗客を起こす声だったのだ。

前回、ノーンカーイに行くときに値段の割に朝食の内容がイマイチだった事も
あって、今回は予約せずに予めコンビニで食料を調達しておいたのだ。

IMG_5456.jpg

ムシャムシャとパンなどを食べながら、スマホの充電を試みる。
コンセントの数が少ないので、譲り合いの精神で!(笑)

さてと、チェンマイまでまだ3時間以上あるぞ~~
車窓からの景色を楽しみながら、のんびりするか!

続く・・・

関連記事

| チェンマイ | 00:00 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。