アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

2015年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年12月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

台湾・台北~台北のシンボルTAIPEI101の展望台へ!


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

象山の山登りを終えて、MRTの象山駅に戻り、台北101/世貿駅まで
行ってからTAIPEI101へ向かう予定だったが、象山を下山した場所から
道に迷ってしまい、あれよあれよでTAIPEI101の近くまで来てしまった・・・

IMG_9632_20151012230234e27.jpg

この辺りは台北の市政府があったりと行政の中心地。
しかし新光三越百貨店やシネマコンプレックスもあり、
若者の姿も多く見かけるなあ~

IMG_9633_20151012230331f9a.jpg

おお!警察署の前にパトカーが停まっているけど三菱製ではないか!
こういうのを見ると日本人としては大変に嬉しいものだ。

IMG_9638_20151012230303393.jpg

で、TAIPEI101に到着すると、ランニング姿の台湾市民の姿が!
しかも物凄い人数だ。何かな?とビルの中を覗くと・・・
何やらタイムを競う大会か!?

IMG_9641_20151012230247510.jpg

カップを持って記念撮影する参加者。
ウィキペディアで調べてみると毎年5月に91階までの2046段を駆け上がる
台北101國際登高賽」レースという大会らしい。

今でも世界8位の高さを誇るビルらしいイベントだなあ~

IMG_9645_20151012230519b65.jpg

展望台に行くには一人500台湾ドル!
しかも大陸からの観光客が団体で訪れていてエレベーターまで
スゴイ長蛇の列・・・

展望台へ行くのを一瞬やめようかな?と思ったが
せっかくなので列に並ぶ事にする・・・

で、このビルのエレベーターは世界最速を誇り、ギネスに認定されている。
しかも嬉しい事に東芝製!なんでも時速60kmぐらいの速さで昇るのだ!



その上昇中のエレベーター内の様子を撮影しました~

91階の展望台まであっという間!
エレベーターの位置がモニターに映し出されるのだが早い!
こういう場合、気圧の変化で耳が痛くなるが、ここでは一瞬で
耳が遠くなる感じがした。

IMG_9647_20151012230547420.jpg

展望台から台北の街を望む・・・
さっきまで象山から眺めた景色とはまるで違う・・・
人や車がめちゃくちゃ小さく見える・・・

現在世界8位の高さ509mは2007年までは世界一であった。
現在の世界一はドバイのブルジュ・ハリファで828m!!

IMG_9650_20151012230643b3a.jpg

角度を変えて真下を見るように・・・
ゾクゾクッとお尻から寒気が走る(笑)
それになんだか身体が揺れる感覚がしてきたぞ!

IMG_9654.jpg

これはチューンドマスダンパーと呼ばれる巨大な鉄球で
重さがなんと660トン!これを太さ9センチのケーブル16本で
吊り下げているらしい。

これは台風が良く通る台湾事情を考慮して、強烈な風圧からの
振動をこの鉄球で抑えるシステムなのだ。

この鉄球を見ていたらますます揺れてる感覚が酷くなってきた(苦笑)
早く地上!地上へ!(笑)

関連記事
スポンサーサイト

| 台北 | 00:00 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

インド・ジャイプール~象に乗ってアンベール城へ


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

ジャイプールから北東へ11km、いくつかの小高い丘を越えると
左手の斜面にアンベール城が見えてくる。

太陽はギラギラ、雲一つない晴天なのだが不思議と暑くはない。
この一帯はタール砂漠にも近く、非常に乾燥した砂漠気候なのだ。



そんなアンベール城を車から撮影しました~~

IMG_0425.jpg

車から降りて辺りを見渡すと他の小高い丘にも
まるで中国の万里の長城のような建築物が!!

かつてムガル帝国と争った砦の跡か?

そんな姿をゆっくりと楽しむ間もなくガイドに
行きますよ~!と急かされる(苦笑)

IMG_0424.jpg

アンベール城の内部へはこの長い坂道を登って
行かなければならないのだが、象に乗って行く事が
可能。これがここの目玉のようだ。

その乗り場に急かされて行くと、色んな国の観光客が
押し合いへし合いの大混雑!こんな状態で乗れるのか?

IMG_0432_2015101221291542b.jpg

あちこちで象使いとガイド、観光客の言い争うような声が聞こえる・・・
ほんとインドでは何をするにしても大変だよなあ~・・・

僕のガイドも象使いと何やら激しく交渉しているな~と思っていたら
1人の象使いがこっちへのっしのっしと象に乗って向かってきた。

IMG_0430.jpg

「その象に乗って下さい!」とガイド氏。
顔に BIL BAOの文字。ビルバオ君よろしく~と、象の背中へ・・・

IMG_0438.jpg

のっしのっしとゆっくり歩く象・・・
以前、カンボジアでも乗った事があるが、歩くたびに結構揺れる・・・
これ、酔いやすい人はダメだろうなあ~

いや~~、楽しい。インドに来ている事を実感!

狭い道は仕事を終えて戻ってくる象もいるので時々渋滞が発生。
道には無数の「象の落し物」が(笑)

IMG_0466_20151012213205909.jpg

後ろを振り返る・・・
しかし凄い数の象だなあ~

象の動きが鈍くなると象使いが鉄の鉤で頭をこつくのだが
痛そう・・・良く見ると頭が傷だらけだ・・・



イクスキューズミー!っと象に乗る観光客に声を掛けて
手に持った布製品を売ろうとする者もいる・・・
この状態で買い物の交渉をしろと?(笑)

すれ違う象を見ていると、どの象も派手に装飾され
中には耳に大きなピアスをしている象もいた。
これらは全て象使いの趣味なのかな?

IMG_0451_20151012213214798.jpg

象が進むにつれて景色が眼下に見えてくる。

水上に美しい庭園も見える。
かつて、この城の主(ラージプート族のマハラジャ)も
こうやって象に揺られて入城したのだろうか・・・

IMG_0482.jpg

やがて象はジャレブ・チョウクと呼ばれる宮殿の前庭に到着。
ここで象とお別れ。

ガイドと合流し、アンベール城内部の観光のスタートだ!

続く・・・
関連記事

| ジャイプール | 00:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

この連休は香港に行ってきま~~す!



この連休は香港に行ってきま~~す!
香港に行くのは初めての経験!

で、今回の旅のポイントは・・・

①食い倒れ!

以上です(笑)

先の台湾旅行で食の楽しみを覚えた事もあり
ついに香港に進出です!(笑)

台湾以上に食に関してはなんでも揃う香港
手強そうです・・・

気に入ったら台湾同様、今後何度も通う事になりそうです!

では、行ってきま~~す!
関連記事

| 行って来ま~~す! | 00:00 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。