アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

2014年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年11月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ベトナム・ホイアン~美しいランタンが印象的な夜の風景


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

以前、ベトナムホイアンにやってきた時に街の雰囲気に魅了され
また行きたいなあ~~とずっと思ってきた。

そして2泊3日の弾丸ではあるがチャンスがあったのでやってきたのだが
相変わらず夜の雰囲気は良いなあ~~



そんな夜のホイアンの様子です。

IMG_9667_20141020003736e5e.jpg

街全体が世界遺産と言う事もあるが、こじんまりとして静かで落ち着いた
夜のホイアンは格別であるなあ。

ランタンの灯がこれほど似合う街は他になのでは?とさえ思う。
暑い日中がウソのような気温の心地良さもあって街歩きが楽しい!

IMG_9543.jpg

そう!これこれ!この雰囲気!

IMG_9664_20141020003631aee.jpg

ぜひ我家にも一つ!と思うのだが、持ち帰るのがやはり大変そうだ・・・
折りたたんで持ち帰るにも壊れてしまいそう・・・

心の中に焼き付けておく

IMG_9542_20141020003434bae.jpg

キレイだ・・・

IMG_9666.jpg

ホイアンの街の美しさはやはりランタンの存在が大きいなあ~
この鈍くて柔らかい光は古い町並みに良く似合う・・・

IMG_9652_201410200036226eb.jpg

確かこの辺りに橋があってトゥボン川の対岸に渡れるはずだと歩いていたら・・・
おおっ!ここだ!以前にはなかった灯りが橋の両サイドを照らしている・・・

ベトナム政府も観光に力を入れているんだなあ~
そういえば、以前よりも観光客の数も店も増えているような気がする・・・

IMG_9655_20141020003559d99.jpg

橋を赤くぼーっと照らす・・・

IMG_9537_20141020003414345.jpg

橋の上では少女がアオザイと菅笠姿で川にロウソクを流しませんか?と
商売している。いろいろと考えるものだなあ~

IMG_9538_20141020003430af1.jpg

対岸も多くの観光客で賑わっている・・・
で、異様にベトナム人も多いなあ~と思っていたら

IMG_9541_2014102000342410e.jpg

ナイトマーケットをやっていたのだった。
地元のベトナム人カップルや家族連れで大賑わい!
川沿いの駐車スペースはバイクや車で大混雑なのだった・・・

皆、楽しそうだなあ~~いいなあ~~幸せそうだ・・・

IMG_9535.jpg

夜の来遠橋(日本橋)の様子。
グリーン、ブルー、レッド、紫・・・と時間をおいて色んな色の光に照らされていた。
これも以前にはなかったなあ~

しかし相変わらずこの街は美しい!!
間違いなく僕の好きなアジアの街ベスト5に入る!
ちなみに他の4つは・・・

インドネシア・バリ島のウブド
カンボジアのシェムリアップ
ラオスのルアンパバーン
タイのバンコク

これからは好きになった街でゆっくりする旅行もいいかも知れないな。
関連記事
スポンサーサイト

| ホイアン | 00:00 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

タイ・バンコク~エラワンプームとインターコンチネンタルホテル


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

タイのバンコクに滞在する時はどうしても買い物や観光、移動に便利な
ラチャダムリ通りに面したインターコンチネンタルホテルを良く利用する。
特に家族大勢でバンコクに滞在する時は『楽』なのだ。

家族を野?に放ち、集合場所としてもどこからでも目立つので迷う事もない

近くにはBTSチットロム駅も近く、巨大なショッピングモールである
セントラルワールドやサイアムパラゴンにも連絡しており、スクンビット
ナーナーと言った繁華街にも近いのが魅力なのだ。

IMG_1084.jpg

夜景も素晴らしい!ず~~っと眺めていたい!

画像はないが、朝食のバイキングは種類も豊富で和・洋・中・タイ料理から
あれこれ選べるのが嬉しい。それに味もなかなかいける。

ついつい食べ過ぎて昼食がいらない程だ

IMG_1070_20141019233916096.jpg

昼の眺めはこんな感じ。
バンコクは東南アジアでも有数の大都市である事を実感できる。
東京はともかく大阪なんかよりもずっと都会!高層ビルも多いが
意外と緑も多いのが特長。

IMG_1069_20141019233856962.jpg

アジアンテイストは感じられないが都会的で洗練された印象・・・

IMG_1078_20141019233908e42.jpg

ここにたくさんの衣装を持ち込んで長期滞在をしてみたい・・・

IMG_1073.jpg

部屋で意外と重宝するのがミニ書斎?
旅行にPCを持っていく事が多いのでインターネット環境は必須!
こういうデスクがあると大変ありがたいのだ。

IMG_1089.jpg

さて、このラチャダムリ周辺に滞在する目的がもう一つあって・・・
それがここ、エラワンプームと呼ばれる祠のある所。

IMG_1091.jpg

タイ人や外国人で一日中人が絶えないここエラワンプームはヒンドゥー教の
ブラフマーを祀るタイで最も御利益がある祠として有名なのだ。

IMG_1144_201410192343180fe.jpg

僕も毎回、このようにタイ人にまじって祈りを捧げるのだ・・・

で、あまりに参拝者が多く線香を刺す場所が限られているため
祈り線香や花を置いたしりから無造作にぼんぼんと回収され
処分される・・・

なんだかなあ~~・・・

IMG_1090.jpg

で、もしも願い事が成就したらお礼の奉納ダンスとなるのだ。
この奉納ダンスも松竹梅があって最大8人のダンスが一番高価!
画像は最高の8人ダンスだな。前で願い事が成就した人が手を
合わせてお礼中・・・

で、ワタクシはと言うと、願い事が成就したら8人ダンスをお願いしたいと思いながら
未だにお願いするまでには至っていないのであった・・・

頑張らないといけないなあ~~・・・

関連記事

| バンコク | 00:00 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

インド・カジュラホーからアグラへ車と鉄道と③

IMG_0045.jpg
記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

朝にカジュラホーを車で出発し、夕刻にやっとジャンシー駅に到着。
今回のインド旅行は移動に丸一日かかる為、なかなかハードだ。

IMG_0043.jpg

さすがインド!駅にもたくさんの人・人・人!
とにかくどこでも人が多いなあ~
しかも皆、大きな荷物をたくさん持って列車に乗り込むようだ。

駅まで送りに来た車、迎えに来た車でごった返しているぞ。

IMG_0046.jpg

そんな混沌とした駅の様子を見て驚いているのも束の間。
せっせと僕らの荷物を頭に乗せて駅舎に入って行くドライバー!

おっと!見失ったら大変だ!慌てて着いていく

IMG_0049.jpg

頭に乗せたスーツケースを見失わないように人で一杯の駅舎を歩く。
エスカレータとかエレベーターとか日本のちょっとした駅には必ずあるような
設備はない。
どんなに大きな荷物を持っていようが自力でホームまで運ばなくてはならない。

IMG_0052.jpg

と言いつつ、こんなバイクはどこから運んだんだ?
駅のホームにバイクがあるなんて初めて見た!

IMG_0064.jpg

リアカーに満載の野菜?果物?
へえ~~、これを全部列車に積むんだろうなあ~~

もしかしてアグラまでこんな荷物にキツキツに囲まれて行かなければ
ならないのか??少し不安になる

そういえば前にラオスでウドムサイからパークベンまでバスで移動した事が
あったんだけど、辛かった~~!人も多いけどそれ以上に荷物が多くて
身動きが取れないまま5時間ぐらい暑いバスに乗ったっけ・・・



そんなジャンシー駅のホームの様子を撮影しました

IMG_0062.jpg

う~~ん・・・どこにでもいるなあ~~
ストリートチルドレンだろう、人が通るたびに手を差し出してるなあ~~

外国人はこの子達を見ると、キャンディーをあげたり小銭をあげたりするんだけど
インド人は日常風景のようにこの子達に目もくれずにスタスタ通り過ぎる・・・
インド社会とはこういうものなんだろうなあ~、あまりにも普通なんだろう。

IMG_0063.jpg

列車の窓は頑丈な鉄の格子がはめ込まれており、見ていてギョッとする。
外からの侵入を防ぐのと子供が落下しないようにする為かな?

IMG_0076.jpg

それにエアコンなんてないから人でキツキツになる車内では窓を全開に
する必要もあるんだろうなあ~

IMG_0080_20141006021118de2.jpg

この親子はどこへ行くのだろう・・・

IMG_0055.jpg

とにかくインド人は外国人と見ると珍しいのかじ~~っと見る人が多い
遠慮とか失礼とかという考えは全くないんだろうな。そういう教育も道徳も
受けていないのだろう、興味津々でじ~~っと見られる。

特に対象が女性の場合はひどい!至近距離でまじまじと何分でも見るのだ。
ウチの奥方などはあまりに露骨過ぎて笑ってしまうほどだ

ブロ友さんも同じ目に遭っている人がいて記事を読んでいると
その状況が良く理解できる。



さて、列車が到着したぞ!ぞ
おおっ!一応、ぞくぞくと降りてくる乗客を待ってから乗り込むんだな。

指定席のある車両なので座れなくなる事はないのだろうが、そこはインド
座るまでは気が気でない・・・

競うように荷物を荷台に乗せ、席にも座れた・・・
良かった~、荷物でキツキツの車両でなくて!

後は遅延なくアグラに着けばいいのだが・・・

続く・・・
関連記事

| アグラ | 00:00 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。