アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

2014年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年04月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

カンボジア・アンコールワット遺跡群~プノン・バケンを象に乗って


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

アンコールワット遺跡群には美しい夕日が見られるというポイントが
いくつかあって、その中でもプノン・バケンという遺跡から見る夕日は
美しいと評判で、アンコールワット寺院から見る朝日と共に定番に
なっているのだが・・・

前回は徒歩で遺跡のある頂上まで山を登ったのであるが、今回は2回目と
言う事もあり、趣向を変えて象で頂上を目指す事にした

IMG_6115_20140324014419885.jpg

象に乗る機会はアジア旅行では結構あるものだが、今回人生初の経験!
ワクワクしながら象使いのアシストを受けながら象の背中に取り付けられた
座席に座り込む・・・

ユッサユッサ・・・ユッサユッサ・・・

象が歩くたびに左右に大きく揺れる座席は、時にこのまま落っこちてしまうのでは
ないかと言うぐらいに不安定で・・・

IMG_6117_20140324014431ab1.jpg

途中で左側に目をやると遠くにアンコールワット寺院が見えたりして
感動を得つつも・・・「おえっ~~~」気持ち悪い

そう、車酔いというか船酔いに近い気持ち悪さが襲ってくる

IMG_6118.jpg

時折、頂上で客を降ろして仕事を終えた象とすれ違いながら高さ60m程の
小さな山をゆっくりゆっくりと登っていく。

心の中では「もう、ええわ!」って感じ

そうこう思っている内にプノン・バケンの遺跡にたどり着いたようだ。

IMG_6119.jpg

降り場が近付いてくる。こう見ると象って背が高いよな~
実際、乗った時に「高~~っ!」と思ったもんな~

象使いの着ているTシャツの後ろに「TIPS」と書いた小さなポケットが
縫い付けてあって、「むははは!なかなか商売上手だな~」と思いながら、
2ドル突っ込んだ(笑)

IMG_6133.jpg

しかし・・・

相変わらず凄い人・人・人・・・
前回もそうだったが、その時よりも多いかもしれない・・・

どこの遺跡の階段も急なのだが、ここも結構な勾配。写真の中にお尻を付きながら
降りている人がいるが、ほんと怖いものなのだ

IMG_6123.jpg

日の沈む西の方には西バライという人口湖があって、そこに沈む夕日が
とてもきれいなのだ

遺跡の頂上は世界中から来た観光客で一杯・・・
この遺跡は修復中なのだが、毎日毎日こんな大量の観光客が頂上にいて
崩れたりして事故がないのか心配になったりするなあ~

IMG_6135.jpg

はい。こんな感じ・・・
広くない頂上にこれだけの人がっ!

カンボジアの政情も近年安定し、観光客を迎えるホテルやレストラン
旅行会社等も充実してきており、遺跡を訪れる観光客は年々増加!!

しかし、遺跡の保護が全く追いついていない現状をあちこちで見かけるのだ・・・

下の写真は今回の夕日のベストショット・・・
雨季のせいか雲が多く、きれいな丸い夕日を見る事は出来なかった・・・

IMG_6130.jpgIMG_6131_201403240145466e4.jpg

さて!暗くならない内に山を降りよう!!
山には外灯もなく、日が沈むと真っ暗闇になるのだ!

皆、慌てずにゆっくりと階段は降りましょう~~~

前回の夕日の様子はこちら
関連記事
スポンサーサイト

| アンコールワット遺跡群 | 23:39 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フィリピン・マニラの街をぶらぶら歩いてみる③


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

僕は前にフィリピン、特にマニラのイメージは・・・

①治安が悪い
②おっさんパラダイス(歓楽街)
③アジアの中の南米

と記事に書いた。で、マニラの街をウロウロしていて①を実感する事になった

上の写真のリーサル公園を経て、イントラムロスへ観光しに行こう!と
思い、リーサル公園を目指して歩いていた時だった・・・

IMG_8114.jpg

リーサル公園は58万平方メートルものの広大な敷地を擁する市民の憩いの場所だ!
青空の下、広々とした景色が気持ちよい。


45~50歳ぐらいの赤いシャツを着た小柄な黒いサングラスをしたおっさんがやってきて・・・
「どこへ行く?日本人?コリアン?」と歩く僕のペースに合わせて歩きながら
矢継ぎ早に質問をしてきた。

僕は「面倒くさいな~~、ガイドとか要らないし・・・」と思いながら
しばらくおっさんの質問を無視して歩いていた・・・

IMG_8118.jpg

この公園には中国庭園日本庭園と言うのがあって、フィリピ人が想う
それぞれの国の庭園を再現した場所がある。


そのうち、質問を無視し続ける僕に苛立ったのか・・・
「あなた日本人ね!何故話さない!ねえ、何故話さない!」と怒り気味に
話してきたので、僕はさらに面倒くさくなって、手でおっさんを払うような
ジェスチャーであっちへ行け!と無言で返したら・・・

IMG_8120.jpg

中国庭園に入るとそこには中国式の寺院を模した建物があり、まさに異国の
中の異国が広がっていた。


「あなた!失礼!手でこうやった!!怒るよ!」とまくし立てる・・・
他のアジアの地域なら無視している時点で、「商売的に」脈なしと見て
どこかへ行ってしまうのだが、このおっさんはしつこい!というかヤバイ!

そのうちにこのおっさん「あなたの失礼、100ドルで許してやる!これフィリピンの法律ね!」と
ますますヒートアップしてきやがった・・・

IMG_8121.jpg

孔子」の像があったりする力の入れよう。近くにチャイナタウンもあるし
この中国庭園の出来はなかなかのものだなあ~~


さすがに僕も堪り兼ねて「日本人だ。そんな法律はない。もう付いて来ないでほしい!」と
おっさんに話す。するとおっさん「じゃ70ドルで許してやる!早く払え!」と返してくる。
そのうち僕のシャツの袖を掴み引っ張ってくるではないか・・・

IMG_8125.jpg

ちなみのこの庭園に入るには入場料が必要だ。現地の人はフりーで入れるようであった。

これはやばいな~~本気で怒らせたかな~?と思いこのままリーサル公園
目指すのを止めて(何故なら途中に治安の悪い地区を歩く事になる為)道を
戻り始めたのだが、いつまでも「払え!払え!あなた失礼!罰金ね!」と
言いながら横にべったりと付いて来る・・・

IMG_8127.jpg

中国庭園に隣接して日本庭園がある。やはり入場料を払って入ってみると・・・
入口に大きな銅鑼が・・・これって日本的か??この先が少し楽しみに
なってきたぞ。


このおっさん、ふところに銃とか持ってたら発作的に撃ってきそうだなあ~とか
いろいろ不安になりながら歩いていると目の前にロビンソンの巨大なショッピング
モールが見えてきた!
「よし!あそこなら入口に銃を持ったセキュリティーもいるし、中に入って巻いてやろう!」と・・・

IMG_8132.jpg

次に目に飛び込んできたのは朱色に塗られた鳥居・・・まあ、良しとしよう・・・

ショッピングモールの入口がこんなに遠くに感じた事はない!
作戦を悟られないように急ぎ足でもなく、普通な感じで歩いていく・・・
この間にも「あなたどこ行く!どこまでも行くよ!払え!払え!」と脅してくる。
ほんとに参った。こんな事は初めてだ。変にその辺のフィリピン人に助けを求めると
このおっさんに同情して加勢してくる危険もある!冷静に冷静にただただ入口を目指す・・・

IMG_8128.jpg

日本庭園の全景・・・日本的かあ~??これで入場料を取る?
これなら中国庭園の方がそれっぽくっていいやん!池も工夫がないし・・・


ショッピングモールの入口に銃を持ったセキュリティーを確認!!
よし!とばかりに中へ入って行く・・・

案の定、おっさんは入って来ず・・・

ふう・・・良かった・・・開放された・・・
物凄い疲労感を覚え、なんだかこれから観光する気も失せてきたなあ~・・・

とにかく、外でおっさんが待ち構えているかもしれないし、しばらくここで
時間を潰そう・・・

続く・・・



≫ Read More

関連記事

| マニラ | 01:36 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブータン・ワンデュ・ポダンのホテルで年越し、そしてトンサへGO!


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

リンチェンガン村を後にして、ホテルに到着。
プナツァンチュ・コテージというホテルで
ワンデュ・ポダンに2009年に出来たばかりの
新しいホテルだ。

IMG_2174.jpg

部屋は清潔で落ち着いた印象。
オイルヒーターが備え付けられているがそれでも
深夜は寒く、フリースを着込んでベッドに潜る。

IMG_2175.jpg

バスタブがなくてカプセル型のシャワーブースになっており
お湯は出るけど非常にぬるい!
冷たくなる前に通常の三倍速ぐらいで頭を洗う

IMG_2177.jpg

部屋にはテラスが付いているが寒くて外に出る気がおきない・・・

IMG_2180.jpg

ロウソクが備え付けられている。
やはり電力事情は良くないようだな~・・・

でもブータン滞在中は停電に遭った事はなかったなあ~

IMG_2181_2014020923585110e.jpg

さてさて本日はニューイヤーイブ、大晦日だ!
ホテルのオーナーからビールがプレゼントされた。

ドゥルックビール?ブータン製なのかな?
味は薄めだけどアルコールはそこそこあるなあ~

おいしいけど寒い!

IMG_2183.jpg

ダイニングには僕と若い白人の青年2だけ・・・
寂しい年越しだな~~

食事は山盛り出てくるけど、こんなに食べられる
訳もなく、おかずを主にそこそこ食べて終了。

そそくさと部屋に戻って寝る事にする・・・
明日も5時間くらいの移動が待っているのだ

毎年恒例の初日の出も今回は見られないなあ~
東の方角には高い山があるし・・・

IMG_2186.jpg

朝7時前には起床。コーヒーだけ飲んで出発の準備!

ふと東の方角を見るとかなり昇ってしまったが初日の出が
見られた!!

IMG_2193.jpg

さあ!中央ブータントンサに向けて出発だ!

車の窓から昨日訪れたリンチェンガン村が見えた。
ほんとこじんまりした小さな村だったんだなあ~

IMG_2213.jpg

一路、ぺレ・ラと呼ばれる3360mの峠を目指す!
それまでの道のりはず~~っと3000mの山道を
延々とクネクネと移動する・・・

いつの間にか高山病の症状も治まり、酔い止めナシでも
大丈夫になってきたぞ

そんな高地で放牧されるヤクの群れに出会う。
初めてヤクを生で見たので少し感動

IMG_2216.jpg

途中のトイレ休憩って言ってもトイレがある訳ではない
男はその辺の端っこで用を足す

これ、女性はどうするんだろうか?って茂みの中まで
行かなきゃいけないよな~やっぱり・・・

用を足しながら目の前に広がるヒマラヤの山々を見る・・・
う~~ん、開放的な気分だな~~

続く・・・

関連記事

| ワンデュ・ポダン | 00:00 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。