アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

2014年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年03月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ベトナム・ホーチミン~チャイナタウンのチョロンを歩く②


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

ベトナムホーチミンにあるチャイナタウンである
チョロンを散策

そのチョロンエリアでも天后宮(ティエンハウ廟)は
一番の見所であるかもしれない

IMG_3777.jpg

屋根の装飾が細かいなあ~~
陶器製なのだろうか?色も鮮やかだ、それにやはり中国っぽいなあ~

IMG_3780.jpg

境内に入ると、物凄いお香のかおりが充満している。

この廟は1760年にベトナム最古の華人寺の一つらしい。
福建系華僑の多くが信仰する航海安全の守り神、ティエンハウ
天后聖母)祀られている・・・

IMG_3781.jpg

しかし大きな線香だなあ~~

この廟の天井から吊り下げられた線香は中国そのものという雰囲気だ。

この巨大な渦巻き線香は一ヶ月くらい燃え続けるらしい・・・

IMG_3789.jpg

境内に一日中絶える事のない線香の香りが、今も変わらない
人々の信仰を感じる・・・

IMG_3787.jpg

航海安全の守り神、ティエンハウ天后聖母

IMG_3785.jpg

では、我々も無事に帰国できるようにお祈りしておこう~

参拝用の線香は寺周辺や境内で6000ドンぐらいから
売られている・・・

IMG_3786.jpg

僕の前で祈っている女性を見よう見まねで・・・



関連記事
スポンサーサイト

| ホーチミン | 00:00 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

インドネシア・バリ島~ウブドでティルタサリのバリ舞踊を堪能~


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

インドネシアのバリ島は世界有数のリゾートの島だけれども
その魅力はコストパフォーマンスの良いホテルやレストラン
さらには最近流行のオシャレなカフェだけではない。

IMG_4149.jpg

バリ島は「芸能」が盛んな島なのだ。

しかもその芸能のレベルは半端なく高く、特にバリ舞踊と
呼ばれる踊りのレベルや質は他国のよく似た舞踊とは桁違いに
高い!

IMG_4151.jpg

細かな目の動き、指先まで使った表現力、首の動き・・・
どれをとってもレベルが高い!

カンボジア、タイ、ミャンマーでも同じような衣装を
着た舞踊を見たがバリ舞踊を見た者ならそのレベルの
違いを明らかに感じるだろう・・・

IMG_4153.jpg

そんなバリ舞踊の中でもウブドを拠点として活躍する
ティルタサリという集団は来日経験もある実力派の
舞踊団として世界中にファンを持つ。

IMG_4154.jpg

そんなティルタサリの舞踊を初めて観たのは1998年だったが
今でこそプリアタンに自前のステージを持ち活躍しているが、
当時は地域の集会所のような辺りが真っ暗な場所で限られたライトを
浴びながら踊っていたなあ~

IMG_4159.jpg

現在バリ島にはティルタサリの他、様々な舞踊団が結成され
伝統的な演目から創作物まで幅広く活動している。

IMG_4161.jpg

レベルの高いその舞踊は知識がなくても「凄い!」と思わせる
要素が満載!

是非、バリ島を訪れた際には必ず観てほしいなあ~~

IMG_4163.jpg

ガムランの調とともにバリ滞在の素晴らしい思い出に
なると思います!!

ぜひ!

関連記事

| バリ島・ウブドとその周辺 | 00:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

インド・カジュラホーの寺院群~青空の下のエロチシズム


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

世界遺産にも登録されているカジュラホーの寺院群は
エロチックな彫刻で有名

ヒンドゥー寺院の外壁を埋め尽くす天女像とかミトゥナ像(男女交合像)は
大胆なエロチシズムで見る者を圧倒してくる・・・

IMG_9857.jpg

カジュラホーの寺院群は西群を中心として東や南にも点在しているが
今回は規模も大きく、興味深い彫刻も多い西群の寺院を訪れた。

西群の寺院は柵で囲われてちょっとした遺跡公園のようになっている。

上の写真のような寺院が点在しており・・・

IMG_9878_20140209032813901.jpg

ズーム!!

その壁面にはびっしりと彫刻が施され・・・

IMG_9879_2014020903284616a.jpg

さらにズーム!!

青空の下、大胆なエロチシズムを発信していた・・・

IMG_9797.jpg
IMG_9866.jpg

写真のような「1対の男女」や「性的結合」を表現したミトゥナ像
寺院が建立された当時(10世紀~11世紀)、北インドに台頭した
タントリズムの影響であると言われている・・・


しかし、凄いポーズだな~・・・

IMG_9818.jpg

そのタントリズムがやがてヒンドゥー教や仏教に汲み込まれ
やがて女性が持つ性力や性的結合そのものが神聖化されて


表情が「まじめ」なのが良いなあ~

IMG_9824_20140209032543871.jpg

寺院を飾るにふさわしい、あるいは飾らなければならない
ものにさえなっていく・・・


ゾウが覗き見しているぞ

IMG_9847.jpg

そんな寺院が100年足らずの間に85も建立されたという・・・

馬と??

IMG_9909.jpg
IMG_9910.jpg

思わず覗き見!

今回ガイドを雇って見学したけど、彼は非常に真面目に彫刻の
説明をしていたなあ~

たまに変なガイドになると女性観光客に対してセクハラまがいの
言動をしてくるらしい・・・

インドの女性蔑視はかなりの物で外国人を相手にするガイドであっても
こんな感じなのだから、一連の女性への悲しい事件を根絶するのは至難の
業なんだろう・・・



こんな青空の下でこれだけ大胆に見せつけられると
逆に清々しいなあ~、貴重な体験だったなあ~

関連記事

| カジュラホー | 00:00 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。