アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

2013年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ブータン・ティンプー~タシチョ・ゾンと官公庁街を訪ねて

ブータン・ティンプーのタシチョ・ゾン
記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

ブータンの首都、ティンプーの中心から車で5分ぐらいの
所にタシチョ・ゾンと官公庁が集まる一画がある

タシチョ・ゾンは国王のオフィスでもあり、ブータン仏教界(ドゥク派)の
総本山でもあるのだ。。。

IMG_1894.jpg

タシチョ・ゾンの隣には国会議事堂もある

1994年に建設され、1996年からはそれまでタシチョ・ゾン
開催されていた国会がこちらで行われるようになったらしい

現在、外務省など一部の官庁も入っており、周囲には
日本ブータン友好協会が植樹した桜がたくさん植わっている。

IMG_1897.jpg

で、タシチョ・ゾン

内部に入る事ができるのだが、カムニと呼ばれる白い帯のような布を
民族衣装であるゴに着用しないといけなかったり(観光客は義務ナシ
ガイドは必須、基本的に宗教施設や官庁には着用義務アリ)車の乗り入れが
禁止されたり、クラクションの使用も禁止されているのだ

IMG_1898.jpg

タシチョ・ゾンの入口に着いた。

階段の上では、銃を携帯したポリスが数名、警備に
あたっている。。。

IMG_1900.jpg

観光客は右に見えるセキュリティゲートを通る事はもちろん
手荷物検査も慎重に行われるのだ

ま、建物の機能を考えると当然なんだけど。

IMG_1903.jpg

中は広々とした中庭?広場を中心にぐるりと建物が囲む
造りになっている。

昔はこの広場でツェチュと呼ばれる祭りの会場になっていたが
現在は専用の施設が外部に増築されたとの事

IMG_1909_20130121002645.jpg

至る所にマニ車が設置されている。
建物の外壁の出っ張った所には必ずと言っていいほどある。

このマニ車、回すときは胴体ではなく根元の軸を時計回りに
回すのが正しい

胴体を触って回していたらガイドのペマに軽く注意された
こういう無作法はブータン人として許せないらしい

そりゃそうだろうな。注意しよう。。。

IMG_1912 (2)

僧侶の姿もチラホラ。。。

『ゾン』と呼ばれる建物はブータンの要所要所にあるのだが
地方では寺院と地方行政の中核としての機能を持った建物だ。

通常、尾根や見晴らしの良い場所に建ち、古くはチベット軍の
攻撃に備えた砦でもあったのだ。

ツェチュが行われる広場、裁判所や県庁のオフィス、寺院等で
構成されているのが一般的だ。

IMG_1915.jpg

なので、僧侶の姿を良くみるのだ。

絵になるなあ~~

IMG_1916.jpg

ブータンの伝統的な建築方法で建てられているのだが、
なんと、釘1本も使われていないとの事!

日本建築でも見られる、ミゾとホゾだけで木組みされているのだ。

なんか、日本と共通項があって興味深いなあ~~

地方のゾンではこのような広い石畳の広場でツェチュ
行われるのだが、そういう時期は世界中から観光客が
集まるらしく、飛行機もホテルも予約で一杯になるらしい。。。

一度見て見たいなあ~

IMG_1917.jpg

荘厳で威厳のある建物だった。。。

このタシチョ・ゾンの近くに現国王の住むサムテリン宮が
あるのだけど、写真を撮ろうとしたら、ガイドのペマがNO!NO!と
小声で伝えてくれた。撮影禁止。最悪な場合はカメラを没収される
らしい。。。

ブータン観光では写真撮影に関しては制限が多いので
撮影する前にガイドに聞くのが一番だ

続く。。。
関連記事
スポンサーサイト

| ティンプー | 00:00 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。