アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

2013年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年03月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ブータン・ティンプー~タシチョ・ゾンと官公庁街を訪ねて

ブータン・ティンプーのタシチョ・ゾン
記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

ブータンの首都、ティンプーの中心から車で5分ぐらいの
所にタシチョ・ゾンと官公庁が集まる一画がある

タシチョ・ゾンは国王のオフィスでもあり、ブータン仏教界(ドゥク派)の
総本山でもあるのだ。。。

IMG_1894.jpg

タシチョ・ゾンの隣には国会議事堂もある

1994年に建設され、1996年からはそれまでタシチョ・ゾン
開催されていた国会がこちらで行われるようになったらしい

現在、外務省など一部の官庁も入っており、周囲には
日本ブータン友好協会が植樹した桜がたくさん植わっている。

IMG_1897.jpg

で、タシチョ・ゾン

内部に入る事ができるのだが、カムニと呼ばれる白い帯のような布を
民族衣装であるゴに着用しないといけなかったり(観光客は義務ナシ
ガイドは必須、基本的に宗教施設や官庁には着用義務アリ)車の乗り入れが
禁止されたり、クラクションの使用も禁止されているのだ

IMG_1898.jpg

タシチョ・ゾンの入口に着いた。

階段の上では、銃を携帯したポリスが数名、警備に
あたっている。。。

IMG_1900.jpg

観光客は右に見えるセキュリティゲートを通る事はもちろん
手荷物検査も慎重に行われるのだ

ま、建物の機能を考えると当然なんだけど。

IMG_1903.jpg

中は広々とした中庭?広場を中心にぐるりと建物が囲む
造りになっている。

昔はこの広場でツェチュと呼ばれる祭りの会場になっていたが
現在は専用の施設が外部に増築されたとの事

IMG_1909_20130121002645.jpg

至る所にマニ車が設置されている。
建物の外壁の出っ張った所には必ずと言っていいほどある。

このマニ車、回すときは胴体ではなく根元の軸を時計回りに
回すのが正しい

胴体を触って回していたらガイドのペマに軽く注意された
こういう無作法はブータン人として許せないらしい

そりゃそうだろうな。注意しよう。。。

IMG_1912 (2)

僧侶の姿もチラホラ。。。

『ゾン』と呼ばれる建物はブータンの要所要所にあるのだが
地方では寺院と地方行政の中核としての機能を持った建物だ。

通常、尾根や見晴らしの良い場所に建ち、古くはチベット軍の
攻撃に備えた砦でもあったのだ。

ツェチュが行われる広場、裁判所や県庁のオフィス、寺院等で
構成されているのが一般的だ。

IMG_1915.jpg

なので、僧侶の姿を良くみるのだ。

絵になるなあ~~

IMG_1916.jpg

ブータンの伝統的な建築方法で建てられているのだが、
なんと、釘1本も使われていないとの事!

日本建築でも見られる、ミゾとホゾだけで木組みされているのだ。

なんか、日本と共通項があって興味深いなあ~~

地方のゾンではこのような広い石畳の広場でツェチュ
行われるのだが、そういう時期は世界中から観光客が
集まるらしく、飛行機もホテルも予約で一杯になるらしい。。。

一度見て見たいなあ~

IMG_1917.jpg

荘厳で威厳のある建物だった。。。

このタシチョ・ゾンの近くに現国王の住むサムテリン宮が
あるのだけど、写真を撮ろうとしたら、ガイドのペマがNO!NO!と
小声で伝えてくれた。撮影禁止。最悪な場合はカメラを没収される
らしい。。。

ブータン観光では写真撮影に関しては制限が多いので
撮影する前にガイドに聞くのが一番だ

続く。。。
関連記事
スポンサーサイト

| ティンプー | 00:00 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ベトナム・クチ~総距離250km!地下トンネルを見学①

ベトナム・クチにある地下トンネル
記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

ホーチミンから北西へ約70kmに、クの地下トンネルがある。
いわゆるクチトンネル

トナム戦争当時、この地域に解放戦線の拠点が置かれ
『鉄の三角地帯』と呼ばれた難攻不落の場所だった!

今回はホーチミンからの格安日帰りツアーに参加した

IMG_9548.jpg

まず実際にトンネルを訪れる前に、トンネルの歴史と
様子についてレクャーを受ける

まるでアリの巣のように縦横無尽にトンネルが!!

これを掘ったんだなあ~~凄い!気が遠くなる

IMG_9550.jpg

では、実際にトンネルを見に行こう!

このようにトンネルの入口は人ひとり通るのがやっと
入口を枯葉で覆い、カモフラージュ。。。

IMG_9553_20130120233945.jpg

で、僕も入ってみる

狭っ!!

僕よりも大きな人間になると、とても入れないと思う。。。
実際に僕よりも大きな観光客がトライしたのだが、
抜け出す時に、お尻がつっかえてなかなか出られなかった。

華奢なベトナム人だからこそ!だと思う。

IMG_9554.jpg

で、このジャングルにはたくさんの罠が仕掛けられていて
例えば、この回転式落とし穴にはまってしまうと。。。

IMG_9556.jpg

斜めにカットしたするどい竹が待ち構えている!
しかも、先端には汚物などが塗られていたそうで、
抜け出しても傷口が化膿したり感染症に侵されたり
したそうだ!

IMG_9570.jpg

また、こんな回転しながら身体をズブズブ刺していく
落とし穴があったり。。。

IMG_9572.jpg

バチンッ!と挟まれてしまう罠があったりと、
当時、アメリカ軍は相当に参ったらしい。。。

どこからともなく突然現れては銃撃され
いろんな罠に引っ掛かり、どんどん仲間が
減っていき。。。

アメリカ軍は大量の枯葉剤でや空爆で応戦するが
総距離250kmにも及ぶ手堀のトンネルを最後まで
攻略する事はできなかったのだ

IMG_9563.jpg

そんなアメリカ軍を翻弄させたベトナム解放軍兵士の
蝋人形があちこちに展示してある。。。

なかなかリアルで今にも動き出しそうだった

IMG_9561.jpg

で、その彼らが当時履いていたサンダルは古タイヤを
再利用したものだったらしい。。。

このサンダル、お土産としても売っていたなあ~

IMG_9565.jpg

地雷で爆破されたアメリカ軍の戦車もそのまま残されている。

ちょっと記念撮影

では、トンネルに入ってみよう!!

続く。。。



関連記事

| クチ | 00:00 | comments:18 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ミャンマー・バゴー~チャイプーン・パヤー~4面仏像

ミャンマー・バゴーの街中
記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

写真はミャンマーヤンゴンバゴーを結ぶ幹線道路の様子。

季節が乾季という事で、空気がやや乾燥していているのと道路の
舗装状態が悪いので車が通る度に土埃が舞う

しかし街には活気があるなあ~

軍事政権下で人々はどんな生活をしているのだろうと
思ったが、皆、生き生きしているなあ~

IMG_5896.jpg

街のガソリンスタンドの様子。

リッターいくらか忘れてしまったが、他のアジア同様に
生活水準を考えると高かった覚えが

給油してくれる若い女の子、顔にタナカを塗っている
なんだか、おもしろいなあ~ミャンマーらしい。

IMG_5897.jpg

そんな幹線道路から500mほど脇へ入った所に建っているのが
チャイプーン・パヤー

非常に興味深い形をしているなあ~~

IMG_5899.jpg

間近に見るとこんな感じ。

高さ30mの太い柱の4面に、全く表情の異なる仏様が
鎮座しているのだが、珍しいなあ~~日本じゃ見ないなあ~

それにここもそうだけど、ミャンマーの寺院とか仏像って
歴史があっても古臭くないのだ。常にペンキを塗ったり
金箔を貼ったりしてメンテナンスしているようだ。

IMG_5904.jpg

ミャンマーには世界遺産がひとつもない!!

何故か??

これは歴史的価値のある建造物が考古学的な調査もされず
常に新しいものにどんどん更新されるのがまずいのと、
欧米諸国による軍事政権への圧力とも言われている。

ミャンマーでも一番有名な遺跡である、バガンの寺院群に
関して、世界遺産委員会は、遺跡の普遍的価値を認め、
ミャンマー政府にバガンの保護体制を改善して早急に
再推薦するように要求しているそうだ

要は、適当な修復や管理はやめた方がいいよ!と
言っているのだなあ~。。。

IMG_5905.jpg

写真はお祈りするガイドさん。。。

しかし、ブータンのように国の文化や信仰、歴史的建造物が
『ビジネス』になるのを嫌って、世界遺産として申請しません!
という考え方もあるしねえ~~。。。

というか、最近いろんな物が世界遺産、自然遺産になりすぎて
価値がよく判らなくなっていると思うのだが??

IMG_5912.jpg

で、これは僕の八曜日であるライオンの祠。
もちろん、ライオンに水を掛け、お祈りする。。。

IMG_5919.jpg

チャイプーン・パヤーを後にして、首都ヤンゴンに向かう。

その途中にタウチャン村という小さな村があるのだが
そこには連合軍兵士の墓地があるのだ

IMG_5920.jpg

ここには第二次世界大戦中にビルマ戦線やインド領の
アッサム地方で戦死した連合軍兵士2万7千人の遺骨が
眠っているそうだ。。。

IMG_5918.jpg

この人は21歳で亡くなったのか。。。

ビルマ戦線では日本軍も多数の死者を出しているし。。。

世界中のこういった人々の犠牲の上に今日の平和があるのだなあ~

もう!ほんまにやめようよ!
戦争はいらない!
関連記事

| バゴー | 00:00 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。