アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

2012年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年11月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ネパール・バクタプルのタチュパル広場を歩く

ネパール・バクタプルのタチュパル広場
記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

トマウディー広場から古い町並みを15分程歩くと
タチュパル広場に出る

写真はダッタトラヤ寺院と向かいに建つガルーダ像

IMG_1846_20121021174756.jpg

このダッタトラヤ寺院は1427年建立。
ご本尊はダッタトラヤはなんと!ブラフマーとヴィシュヌ、シヴァ神の
ヒンドゥー教3大神が一体になったものらしい!!

なんか凄い神様だなあ!

IMG_1847.jpg

この広場の特徴はやはり古い街並みと静かな雰囲気。。。

古い町並みに囲まれた広場は石畳。。。
訪れる観光客も少なく、ゆっくりとした時間が流れる。。。

IMG_1848_20121021174755.jpg

地元のおじさんやおばさんが集まる憩いの場でもあるようだ。。。
毎日繰り返される日常の風景なんだろうなあ~。。。

IMG_1850.jpg

古い町並み。。。屋根は草が生えて、枯れて。。。
修復されずに放置されているようだ。。。

危ないけど、これはこれで味があるなあ~~

IMG_1851.jpg

しかし、木彫りの装飾の緻密さには感心させられる。。。
ネパールの古い街(パナウティバクタプル)の特徴だなあ~

今度ネパールに行く時は騒々しいカトマンドゥをパスして
こういう町でゆっくりしたい

IMG_1853.jpg

木彫りと言えばこの広場にあるこの孔雀の窓はネワール彫刻の
最高傑作と言われる見事なものだ!

IMG_1854.jpg

ダッタトラヤ寺院のすぐ裏側にある木彫美術館の左側面に
見る事ができる。。。

画像をクリックして拡大してみて頂きたいです~~

さて、バクタプルを後にしてナガルゴットへ移動しよう!

続く。。。
関連記事
スポンサーサイト

| バクタプル | 00:00 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

インド・ベナレス~ガンガーでアールティ(プージャ)を鑑賞する①

インド・ベナレス
記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

ベナレスダシャーシュワメード・ガートに着くとアールティを待つ
インド人や観光客でいっぱいだ!

写真はアールティに使用する燭台だ

IMG_9401.jpg

アールティの会場をガンガーから見てみる。。。
あたりはすっかり暗くなり、電飾で装飾された会場が一際目立つ。。。

IMG_9417.jpg

ガンガーの上流の方を見る。
ガンガーに沿って、明かりが続く。。。なんだか幻想的だ

乾季の為か?想像していたよりも水位が低いなあ~

IMG_9420_20121001031354.jpg

次は下流の方を見る。
隣のガートでもアールティが行われるのか賑やかな雰囲気だ。

ザッ、ブ~~~ン!

へっ??

IMG_9413.jpg

下を見るとガンガーに飛び込み沐浴する少年が。
ピンボケだけど手を振ると、応えてくれる

でもね、この少年が浸かっているガンガーって。。。

IMG_9404_20121001031042.jpg

こんなに汚い!!
いろんな物がプカプカ浮いている。。。

最初、ガンガーに来たら『沐浴にチャレンジ!』等と思っていたけれど、
これを見て気持ちが一気に冷めてしまった。。。

旅の前半で『謎の腹痛』とか『謎の発熱』はカンベンだ。。。



そんなガンガーで沐浴をする人々を撮影!!

IMG_9414.jpg

僕らが見て汚い!と思う川でもインド人にとっては聖なる川。。。
川に入り、水を浴び、口をゆすぐ事は自然な事だし、幸せな
事なんだろうなあ~

ポリタンクで川の水を持って帰る人もいるんだからねえ~。。。

IMG_9427_20121001031353.jpg

インド国内からはるばるやって来た人々にとっては一生の思い出に
なるんだろうなあ~

IMG_9407.jpg

ふとガンガーの沖を見ると、たくさんの人々が小船に乗って
アールティの開始をまだかまだかと待っている

IMG_9428_20121001031353.jpg

しかも、その小船の数が凄い!!

続く。。。
関連記事

| ベナレス | 00:01 | comments:20 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カンボジア・アンコールワット遺跡~タ・ケウ

カンボジア・アンコールワット遺跡群~タ・ケウ
記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

11世紀初頭に建造された寺院タ・ケウ。。。
別名『クリスタルの古老』と呼ばれるこの寺院は
アンコール・ワット造営の試金石とされる

IMG_0239.jpg

ピラミッド式寺院の周囲に回廊を組み合わせるという
当時、新しい挑戦がなされた。

IMG_6753.jpg

中に入って見ると。。。
他の遺跡のようにきれいなレリーフも彫刻もなく
寂しい感じ。。。

そう、この遺跡は王の突然の死によって、石材を積み上げた
様態で放置されてしまったのである

エジプトピラミッドでも良く聞く話だなあ~~。。。
日本だと王が突然亡くなっても完成させるのだろうなあ~

IMG_6742.jpg

で、この階段の勾配をご覧下さい~
まるでロッククライミングですか!?と思うぐらい階段の急な事!

僕の奥さんが登るのを心配そうに見つめる。。。一応

IMG_0247.jpg

登ると眺めはこんな感じ。。。
柵なんてものは無く、吸い込まれそうな感覚がする

アンコールの遺跡群にはどんなに高くても柵なんてない
絶対に何人も落っこちていると思う!

IMG_0246.jpg

上を見上げるとまだ祠堂があるぞ!
何があるのかな?

IMG_0250.jpg

うわ~~、また急な階段だ!
風がけっこう強いぞ!

IMG_6748.jpg

祠堂には後世に置かれたと思われる仏様が何体かあった。。。
静かで薄暗い内部に所々、太陽の光が差して仏像を照らす。。。

神聖な雰囲気に満ち溢れていて、しばらく惹き付けられるように
じ~~~っと仏様を見つめてしまった。。。

ここまで登ってきた甲斐があったなあ~と。。。

行きはよいよい帰りは怖い。。。
下を見ず、一段一段慎重に階段を下りる。。。

アンコールワットの遺跡を訪ねる時はグリップの効く
トレッキングシューズ等がおススメです!

IMG_0237.jpg

あ~、落っこちずに戻れて良かった~~

続く。。。


関連記事

| アンコールワット遺跡群 | 00:00 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。