アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

2012年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年04月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

カンボジア・アンコールワット遺跡~プレ・ループ

カンボジア・アンコールワット遺跡~プレ・ループ
記事中の全ての画像はクリックすると拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

東メボンの南約1.5kmの所にあるピラミッド式寺院。東メボンと同様の造りだが、
こちらの方が壮大な感じがする。。。

IMG_0110.jpg

この石槽で死者を荼毘に付したとされる。。。
他の遺跡では見られないこの寺院独特の遺構なのだ。。。

IMG_0112.jpg

で、その死者の遺灰を流し込んだとされる場所。。。

南米では生贄の儀式など血生臭い風習の痕が遺跡に見られるが
アンコールワットの遺跡群にはそのような風習の痕はない(あったのかな?)

IMG_0114.jpg

この広場で火葬の儀式が行われていたのだなあ~~。。。

遺跡めぐりの醍醐味は当時の情景を想像しながら歩くこと。。。
普段使わない脳が活性化され、妙にワクワクしてくる自分が楽しい

IMG_0122.jpg

急な階段を登ってみる。。。

アンコールワットの遺跡群はどんなに高い場所でも転落防止柵なんてない!
カメラアングルに夢中になっていると、時々ヒヤっとする事も!

相当な事故が発生していると思うけど、今の所どこでも登れる。。。
いずれ、遺跡の管理が始まると好き勝手にあちこち移動できなくなるのだろうなあ~

IMG_0121.jpg

プレ・ループの見所の一つイノシシの顔の女神
ヴィシュヌ神の妻、ラクシュミーヴィシュヌ神の化身のイノシシに
化けた姿だ。。。

IMG_0117.jpg

で、こちらは4つの顔を持つブラフマー神の妻、サラスヴァティー

インドネシアのバリ島、ネパールでヒンドゥー教の同じ神々を
見てきたけど場所によって容姿が全然異なるなあ~~

IMG_0119.jpg

実はこのプレ・ループはサンセットポイントとしても有名で
この一番高い祠堂からみる夕日は最高との事!

次回のアジアのあちこちで見た夕日集でアップしたいと思います

IMG_0115.jpg

IMG_0124.jpg

遺跡の周りのジャングルのグリーンと空のブルー、
遺跡のオレンジ色のコントラストが見事な遺跡だったなあ~~。。。

さあ、次の遺跡へ!!


関連記事
スポンサーサイト

| アンコールワット遺跡群 | 00:05 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラオス・フアイサーイからメコン川をボートで渡ってタイへ入国!

ラオス・フアイサーイの街並み
記事中の全ての画像はクリックすると拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

ラオスフアイサーイ。。。
予定ではここに泊まらずに対岸のタイチェンコーンの街で
一泊してからチェンマイに行くはずだったのだが、スローボートの
到着が遅かったのでイミグレーションの窓口時間に間に合わず。。。

でもまあ、フアイサーイの街並みも素朴でいい感じだし結果的に
良かったかな?

すっかり日が落ちてゆる~い雰囲気のフアイサーイの街並み。。。

IMG_1051.jpg

夕食はこの日泊まるB.A.Pゲストハウスで食べた。。。
コレなんだろう??タイで言う、センレックと呼ばれるきし麺に似た
こしのある米麺を野菜と鶏肉で炒めたもの。
フー・クア・シーウー。味はまあまあ。。。

明日からタイなので50ドル分だけバーツに両替をしておく。
1600バーツなり。レートは悪いが仕方がない。

IMG_1052.jpg

部屋は生暖かい空気をかき回すだけのファンルーム。。。
風に当たって風邪をひくのもイヤなので付けずに寝る。。。
布団も被らずにベッドにゴロリと横になってそのまま寝た
蚊は意外といなかったなあ~~。。。

散乱した荷物。。。
移動の前の晩は明日着る衣服だけ外に出して荷造りだけは
いつもしっかりやってから寝るようにしてるんですよ!(笑)

IMG_1053.jpg

さあて、翌朝7:30に起きてラオス名物の
おかゆ(米がほとんど入っていない)を食べて
元気良くゲストハウスを飛び出す。

目と鼻の先のラオスのイミグレーションに行く。。。
外国人の姿も多いが、地元の人々もたくさん

出国のスタンプが押される。。。

IMG_1054.jpg

そしてメコン川を目指して坂道を歩き。。。
写真左に見えるテントで渡し舟のチケットを購入する。
10000キープ(100円ぐらい)なり。

実はタイ入国にあたって、不安が一つあって。。。
ガイドブックに「空路以外での入国には基本的にビザが必要」と
書いてあったのだ!!!

渡ってタイ側に行ったはいいがビザがなく入国できなかったら
どうしようか??等と気分は穏やかではなかったのだ。。。

IMG_1055.jpg

ラオスのイミグレーションを振り返ってパチリ
ん??どこにデューティーフリーショップなんてあった??

と、思いながらいざ渡し舟に乗る。。。

IMG_1058.jpg

渡し舟は満員御礼!!
ゆ~~くりと進んでいく。。。

IMG_1059.jpg

ラオス側を振り返る。。。

何にもなかった国だけど日本にはないゆっくりとした時間の流れ
素朴だけど生き生きとして暮らす人々の様子。。。良かったなあ~
近いうちにまたラオスに行きたい!今度はパクセーだな!

スローボートで一緒になったカナダ人の夫婦が絶対に行くべき!だと
言っていたパクセー。。。メコン川に点在する4000もの島々。。。
ラオスのアンコールワットと言われるワット・プーも近くにある。。。

IMG_1060.jpg

乗ってから5分くらいで対岸のタイチェンコーンに到着した。

イミグレーションは大混雑。。。
結局、不安だったビザも必要ではなく安心したが滞在有効日数が
15日間と空路で入国する半分に制限された。。。

予定では2週間の滞在だったので問題はなかったがどきどきした

陸路の入国は初めてだったが入国の条件や制限が流動的で
なかなかタイムリーな情報が得にくいのできっちりとした
予定を組んだ旅行は難しいかも。。。

IMG_1062.jpg

トゥクトゥクに声を掛けてチェンマイ行きのバスターミナルまで
行ってもらう。。。

このチェンコーンもタイでは田舎のはずだが、対岸のラオスよりも
遥かに人もバイクも車も物も食べ物も多い!!
圧倒的な格差を対岸に渡っただけで実感した。。。

IMG_1063.jpg

ラオスもいつの日かこんな街があちこちで見られるように
なるのかなあ~~。。。

さびしいなあ~~←旅行者の勝手な感情(笑)



関連記事

| フアイサーイ | 00:05 | comments:15 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

インドネシア・バリ島~昼はウブド市場で買い物・夜はトペンを観る~

バリ島・ウブド市場
記事中の全ての画像はクリックすると拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

バリ島ウブドに行ったら必ず訪れるだろうウブド市場パサール・ウブド

この巨大な市場には所狭しと土産物屋がぎっしりと詰まっていて
見ているだけでも楽しい。。。

が、かなり値段をふっかけてくるので注意が必要なのだ!

IMG_7797.jpg

仕事柄、バリ雑貨の卸値を熟知しているのと、どうがんばっても
その卸値で買う事が出来ないのがわかっているので、ここで
買い物をする事はまずない。。。

でもでも、こうやってたまに市場の様子を伺ったり
交渉中の話に耳を傾けて、マーケティング調査を
しているのだ

IMG_7798.jpg

ここで買い物をする時は1階の店で買うよりも
2階の店で買う事をおすすめします!

1階の店は家賃も高く、ひっきりなしに客が来るので
この客はダメだと思ったらすぐにギブアップするし
値段もなかなか下がらない。。。

2階はその逆で客も少なく、たまに思いがけない値段で
商品を買う事ができる事も!!

必ずおばちゃんじゃなくて、おっちゃんと交渉して下さい!
おばちゃんは万国共通でなかなかまけてくれません!

IMG_7801.jpg

全然、話は飛びますがバリ島の伝統舞踊にトペン・トゥオという
仮面劇があるのだけど、トペンは仮面、トゥオは老人の意味。

ここはアルマオープンステージ
カフェ・アルマをずっと奥に歩いていくと美術館になっていて
そこが演劇の場になっている。

JLラヤ・プンゴセカンの近く。。。

IMG_7820_20120213014146.jpg

演劇が始まった。。。

いかにも老人という仮面をつけてはいるが、威厳を感じさせないと
いけないところがこの舞踊の見せ所らしい。。。

IMG_7807.jpg

ピンボケ写真で失礼。。。

演奏もしっかりしていて聴き応え充分!

IMG_7808.jpg

またまたピンボケ写真で失礼。。。

ガムランもテンポ良くリズムを刻んでいく。。。

IMG_7834.jpg

肝心の演劇の内容は事前に配られる冊子に書いてあるのだが
忘れてしまった。。。

ユーモラスな演劇で所々に日本人観光客や欧米の観光客を
題材にしたパロディーみたいなものもあって笑ってしまった

IMG_7835.jpg

皆さんもぜひ!ぜひ!

スラマッ・ティドゥール!
関連記事

| バリ島・ウブドとその周辺 | 00:04 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。