アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

2011年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年01月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

28日からミャンマーへ行ってきます!今年一年、ありがとうございました!

ミャンマー・チャイティヨーのゴールデン・ロック
ミャンマーチャイティヨーにあるゴールデン・ロック

28日よりミャンマーに行ってきます!

民主化の進むミャンマー。。。
アウンサンスーチー女史も自由の身となりアメリカの
クリントン国務長官もミャンマー入りするなど、今後の
発展が気になるミャンマーをじっくりと見てきます!

今回の旅のポイントは。。。

ゴールデン・ロックで素晴らしい夕日と朝日を堪能する!
バゴーで「ビルマの竪琴」のモデルになった涅槃仏を見る!
バガンで気球に乗って初日の出を見る!夕日も見る!
インレー湖近郊にある開放されたばかりの遺跡を見る!
ヤンゴン駅から環状線に乗ってありえない「縦揺れ」を経験する!

以上です。。。

bagan.jpg
2000以上の遺跡が林立するバガンの様子。。。

ミャンマーを旅した人の話によると。。。
人々は素朴で礼儀正しく、笑顔が素敵なんだそうな。。。

そんな人々の一期一会も楽しみです!

inle.jpg
片足で船を漕ぐ独特のスタイルが印象的なインレー湖の人々。。。

本年も当ブログにお付き合い頂きましてありがとうございました!

今年一年もブログを通して新しいブロ友さんとの出会いがありました。。。
同じ旅行を趣味とする方々との交流は僕にとって日々の活力であり
旅行にたいする考え方に深みを与えてくれる貴重な場となっています!

非常にマイペースな当ブログですが、来年も引き続き宜しくお願い致します!

来年、1月10日頃までブログの更新、及び皆様の所へお邪魔する事が
出来ませんが、ご了承願います。。。

それでは、皆さん!良いお年をお迎え下さい!

行ってきま~~す!
関連記事
スポンサーサイト

| 行って来ま~~す! | 00:01 | comments:29 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ベトナム・ハノイでブン・チャーを食す!~ダックキムにて

ベトナム・ハノイのダックキム
記事中の全ての画像はクリックすると拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

ハノイ旧市街、ハン・マン通りにおいしいブン・チャー
食べられる専門店があるとの事なので行ってきた!

ブン・チャーとはそうめんに似た米麺を、チャー(焼肉)、チャー・ゾー(揚げ春巻き)
ザウ(野菜)と一緒に青パパイヤが入ったヌックマムベースのタレに付けて食べるのが
ブン・チャーなのだ

細長い5階建てのビル全部がお店!地元のベトナム人でいっぱい!

IMG_8980_20111204233404.jpg

ちょっとピンボケだけど。。。
凄く流行っているなあ~~!!

手前のオレンジ色の女性は店のスタッフだな?
片手に札束が・・・

相当おいしいのだろうなあ~~と期待が沸く!!

IMG_8976.jpg

結局、どの階も満席で最上階の5階で席につくが。。。

きたない。。。
床にいろんな物が散乱している。。。
それを片付ける事無く、次々と客を座らせる店員。。。

そして、僕の真横ではチャー(焼肉)を炭火で焼いているので
非常に煙ったく、目が時々痛くなる

仕方ないからさっさと食べよう!!

IMG_8977.jpg

まず、ドン!と置かれたブン(米麺)とザウ(野菜)。。。
やはりここでも見慣れない野菜が多い。。。

つる性植物のような物、ギザギザ葉っぱの物。。。

IMG_8979.jpg

次に、ドン!と置かれたのがチャー・ゾー(揚げ春巻き)

これはおいしそうだなあ~~!!

さっきの汚いテーブルにベトナムの若者が4人座った。。。
二人の女の子が何やら険しい顔して床を眺めている。。。
立ち込めるチャーの煙もうっとうしそう。。。

そして彼らは何も食べずに去って行った。。。

地元の人ですら敬遠するような店で食事をする僕達って??

IMG_8978.jpg

次にドン!と置かれたのが青パパイヤが入ったヌックマムベースのタレに
浸かったチャー(焼肉)

焼肉というよりはハンバーグ?肉団子?のような感じ。。。

タレはあっさり甘く、肉も炭火の味がしてなかなかよろしい。。。
このタレに野菜や揚げ春巻きを浸けて食べる!

なんか素朴な味だなあ~~。。。

日本なら米麺はスープで、ザウ(野菜)はサラダで
肉団子は皿に盛り付けてケチャップとかソースで食べて
揚げ春巻きもそのまま食べるだろうが、ここでは何でも
このヌックマムベースの甘いタレに浸けて食べる。。。

どうしても野菜が余るんだよなあ~~。。。
米麺と肉団子は浸けて食べるのは判るんだけど
野菜を浸けたら何がなんだか??

お味は可も無く不可もなくという印象。
肉団子はおいしかった!そのまま食べた方がおいしいかも?
揚げ春巻きはタレよりも塩をかけて食べたかった。。。

やっぱりベトナム料理は基本、薄味なんだよなあ~~。。。
関連記事

| ハノイ | 00:01 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カンボジア・アンコールワット遺跡・東メボン~ゴールデンマウンテン

カンボジア・アンコールワット遺跡群~東メボン
記事中の全ての画像はクリックすると拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

かつてこの地に東バライと呼ばれる東西7km、南北1.8kmもの
灌漑用の貯水池があり、その中央部に浮かんだこの東メボン遺跡は
「ゴールデンマウンテン」と呼ばれていた

IMG_0078.jpg

その貯水池は今ではすっかり涸れてしまい、水に浸かっていた遺跡部分は
色が変色しており、当時の水位の高さが伺える

IMG_0083.jpg

遺跡の周壁の4隅に等身大のゾウが立っている

IMG_0080.jpg

そしてシンハ像(獅子)も立っている。。。

やっぱりこういうのを見ると沖縄のシーサーや
神社の狛犬なんてのは、東南アジアがルーツなんだろうなあ~と思う

IMG_0104.jpg

で、「ゴールデンマウンテン」と呼ばれるのは遺跡が
赤いレンガや砂岩で作られていて、貯水池に浮かぶその
赤い寺院は黄金色に見えたのかも知れない。。。

IMG_0087.jpg

美しいレリーフも残る。。。

IMG_0105.jpg

遺跡を近くで見ると無数の穴が開いている。。。
これは昔、ルビーやダイヤなどの宝石や金が
埋め込まれた穴だとする説がある!!

が。。。実際は壁面を覆った漆喰がはがれにくくする為の穴だと言う。。。
な~~んだ夢がないなあ~~

少しマイナーな遺跡だけどゆっくり遺跡と対峙したい人はどうぞ!

以下、おまけ。。。

IMG_9743[1]

アンコールワットの遺跡群を見学するには上のような
写真付きのパスを購入しなければならないのだが。。。

1週間有効は2009年当時で60ドルもするのだ!
1日が29ドル、3日が40ドル。。。

これらのお金は国ではなく、一民間企業の懐に入るのだとか。。。

IMG_5972.jpg

これが、チケット・チェック・ポイント。。。
遺跡群の見学はまずここを必ず通らなければならない。。。

郊外の遺跡にも必ずチェック・ポイントがあって
パスを見せなければならない!

IMG_6688.jpg

こんな感じでチェックされる。。。

そういえばカンボジア人とタイ人は無料で見学する事が出来るのだが。。。
昔、タイ人顔のネプチューンの名倉がチェック・ポイントをフリーで
突破できるかやってたなあ~

なんとフリーで入れたんだよなあ~彼!!
関連記事

| アンコールワット遺跡群 | 00:01 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。