アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

2011年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年11月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

カンボジア・アンコールワット遺跡・バンテアイ・スレイ~東洋のモナリザ

カンボジアにあるバンテアイ・スレイ
記事中の全ての画像はクリックすると拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

シェムリアップから約40Kmにあるこのバンテアイ・スレイ
別名「女の砦」とも言われる遺跡で、創建から1000年以上も
経った古い寺院なのだが。。。

なんと言っても「東洋のモナリザ」とも言われる
優美なデバターがたくさんある事で有名なのだ。。。

とりあえず入口で写真を撮る

IMG_0073.jpg

周囲は400mとこじんまりとした寺院だが、堀もちゃんと残っていて
保存状態は良い。赤い砂岩が印象的な寺院だ。

IMG_0014.jpg

地元の人々にも憩いの場となっていて、写真のようにヨガ?を
する人にも出会った。というか、看板に「NO ENTRY」って
書いてるんだけど。。。

IMG_0020.jpg

赤色の砂岩に緑の苔が生えていて、歴史を感じる。。。

IMG_0022.jpg

彫りの深い破風にはじっくりと鑑賞したい神々の世界が
表現されている。。。

写真はヴィシュヌ神の妻ラクシュミーがゾウの聖水で
身を清めてもらっている。下部にはガルーダナーガ
描かれている。。。

他の遺跡に比べてレリーフの掘りが深く緻密なのが
この遺跡の特徴だ

IMG_0024.jpg

これぐらい離れていても、レリーフの細部が伺える。

IMG_0034.jpg

で。。。肝心の東洋のモナリザはこの経蔵の周りにある。

IMG_0059.jpg

しなやかで柔らかな体の線と表情に魅せられる。。。

当時、実在した女官達を表現したのだろうか?
ぽってりとした唇は現在のクメール女性にも見られるなあ~

IMG_0039.jpg

こちらは別のデバターなのだが、ほんと表情が豊か。。。
それにしてもイヤリングが凄いなあ~、耳が垂れ下がってる!

当時のおしゃれなんだろうなあ~。。。
髪飾りもリアルに描かれている。。。

IMG_0026.jpg

これも別のデバター。。。

実は本当の「東洋のモナリザ」と呼ばれるデバター
現在、遺跡保護の為のロープが張り巡らされていて、
立ち入り禁止となっていて見る事が出来ないのだ。。。

作家のアンドレ・マルローがそのデバターに魅せられて
盗掘して国外に持ち帰ろうとして逮捕されたというデバター。。。
見れないとは残念だなあ~~。。。

img_616558_34105037_2.jpg

写真はお借りしました~~。。。

これが「東洋のモナリザ」と呼ばれるデバター。。。
ん~、何となく西洋的な顔つきにも見えなくもない。。。

確かに他のデバターに比べたら群を抜いて美しく見える。。。かな?

人によって好みもあるだろうから、あなただけの
東洋のモナリザ」を探すのもいいだろう。。。

IMG_0072.jpg

おまけ。。。

この正月に遊ぶ羽根突きの玉のような物は植物の種なのだが、
これを拾って放り投げるとグルグルとゆっくり回転して落ちてくる!
それが面白くて子供みたいにしばらく遊んでしまった

種を傷つけずに地面まで送り届ける為の知恵なんだなあ~。。。
植物も色々と考えてるんだなあ~~。。。

この寺院にいっぱい落ちていたのであった。。。




関連記事
スポンサーサイト

| アンコールワット遺跡群 | 00:10 | comments:18 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラオス・パークベンからフアイサーイへメコン川をスローボートで遡る①

ラオス・パークベンからスローボートに乗る
記事中の全ての画像はクリックすると拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

朝の8時発のフアイサーイ行きのスローボートに乗り込む

本当はメコン川をビュンビュンぶっ飛ばすスピードボートに乗って
本日中にフアイサーイからタイへ入国したかったのだが、生憎僕以外に
乗り手がなく、チャーターすると100ドル以上するのでやめた(笑)

IMG_0996.jpg

スローボートの様子。。。

縦に長~い船内には木の椅子が並んでいるだけ。。。

乗客は現地の人々やカナダやフィンランドからの観光客が
たくさん乗っていた

僕もそうしたように観光客は皆、8~9時間の船旅を覚悟して
予めビスケットやミネラルウォーターなどを調達。。。

今日は一日、ボーっとメコン川を眺めて過ごそう。。。

IMG_0994_20111023235417.jpg

荷物は前方にまとめて置かれる。
他の観光客もバックパッカーばかり。。。
ここではスーツケースは似合わない。。。

船が動き出してわかったが、凄く寒い!
あわててウインドブレーカーを引っ張り出して
フードまで被る羽目に。。。

IMG_0997.jpg

ルアンパバーンからノーンキヤウまで遡ったナムウー川よりも
断然広くて深そうなメコン川。。。

中国、ミャンマーラオスタイカンボジアベトナム
インドシナ半島の国々を流れる国際河川。。。
アジア好きの僕にとっては今までも、そしてこれからもずっと
長い付き合いになるんだろうなあ~。。。

IMG_0999.jpg

所々に民家が見られる。。。

IMG_1009.jpg

ほんとうに簡素な家が多い。。。
朝晩はけっこう冷えると思うのだけど。。。

IMG_1007.jpg

焼畑の準備だろうか?急な斜面に人がたくさんいた。。。

IMG_1015.jpg

この人達はメコン川名物?の川ノリを採っているようだ。
川ノリは乾燥させた物を僕も食べたが、そのまま食べても
味があまりしないので辛いコチジャンのような物を付けて
食べたなあ~。。。ノリというよりは「藻」のような香り

IMG_1013.jpg

これは漁船かな?

この乗っているスローボート。船頭さん一家はこの船の
後ろ部分で生活している。洗濯物とかその辺に干してある。
そもそもこの船の持ち主なのかそれとも別にオーナーがいて
借りているのかわからないが、彼らはボートの中で生活し人や
荷物を運んで生計を立てているようだ。。。

当然、トイレも観光客と共用。勢い良くトイレのドアを開けたら
船頭さんの子供が用を足していた事も。。。
ごめんね!(笑)

メコン川にはこういういわゆる水上生活者が多く、カンボジアにある
メコン川の一部でもあるトンレサップ湖ベトナムのメコン川の下流の
ミトーなどでもたくさん見た。

日本でも仕事場が自分の家!なんて人も結構いるし、それがたまたま
水上なだけと考えれば、さほど不思議な感じはしないなあ~。。。

いろんな事を考えながらボートはゆっくりと進んでいく。。。

続く。。。


関連記事

| パークベン | 00:07 | comments:18 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

インドネシア・バリ島のホテル~デンパサールのインナ・バリ

バリ島のホテル~インナ・バリ
記事中の全ての画像はクリックすると拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

僕が雑貨の買い付けでバリ島を訪れる時は、今でこそ
サヌールとウブドを拠点にしているが、以前はサヌール
替わりにデンパサールを拠点にしていた時がある。。。

何回滞在しただろうか?インナ・バリの紹介です。

IMG_7898.jpg

1927年にバリ島最初のホテルとして誕生した老舗。
当時の「バリ・ホテル」という名前は1930年代の
バリを描いた書物には必ず登場していた。。。

古き良きコロニアルスタイルで、今も往時を偲ぶ事が
できる落ち着いた雰囲気のホテル。

中庭を囲むように部屋が並んでいる。。。

IMG_7896.jpg

ホテルのエントランス。

宿泊客のほとんどはビジネス利用のインドネシア人や
修学旅行?でやって来た小学生の団体などが多くて
外国人観光客は皆無に近い

IMG_8064.jpg

部屋の様子だけどそんなに広くはない。。。
備え付けのタンスやテレビなんかはある。

いつだったか、小学生の団体が10室ぐらい確保して
一部屋に15人から20人ぐらいで利用していたのを
目撃した事があったけど、どんな風にして寝ていたのだろう?

部屋はあんまり広くないので、床はもちろん洗面所でも
転がって寝ていたんだろうなあ~。。。

IMG_7901.jpg

長いホテルの歴史の中でリノベーションが繰り返されて
きたのだろうが、水周りは可も無く不可もなく。。。

ただ、「おっさんinバブルバス」をしよう!という気にはなれない

IMG_7897.jpg

ちゃんとパブリックのプールもある。
遊んでいるのはインドネシアの子供達。

デンパサールにはそもそも観光地と呼べる所はなくて
インドネシア、バリ州の州都として栄えているので
ビジネス中心の滞在になるのは仕方がないのだなあ。

IMG_8062.jpg

良く手入れされた庭が美しい。

もう歳だし(笑)クタレギャンのホテルのように騒々しいのは
いただけない!バリの歴史を感じながらゆっくりと落ち着いて
滞在出来るのが魅力。スタッフの対応もなかなかいい。

一泊、4000円ほど。

IMG_7892.jpg

このホテルの注目は何と言っても同じ敷地内にある
アマンダという足ツボマッサージサロン!!

利用客はいつ行っても地元のおっちゃんばかり
でもでも、ここのスタッフの技術は素晴らしい!

痛くて絶叫するほどの力で足裏を押しまくられるので
僕はいつもウ~~~ッと呻きながらクッションを抱いて
我慢している

そして、僕が痛がるとその箇所から。。。
「あなた、肺が悪い」だの「頭が悪い」だの助言?してくれる
頭って。。。脳梗塞の恐れがあると言うことか?それともボケが始まってる!?
怖いこと言うねえ~~。。。

足裏が終わると肩や背中をグイグイ押してくれるのだが
これが気持ちいいのなんの!

いわゆるツボをしっかりと押してくれるのでスッキリ感が
観光地のマッサージ店とは全然違う!
いちどお試しあれ~~!

以下、おまけ。。。

IMG_7889.jpg

デンパサールアートセンター(上の写真)近くの花屋さんで。。。

IMG_7886.jpg

こんな物を見つけた。。。

なんじゃこれは!?

サンスベリアにアニメキャラのプリントが。。。

これは誰をターゲットに商売しているんだろう?
そしてどんな人が買っていくのだろう?

深いなあ~~。。。
関連記事

| バリ島のホテル | 00:21 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。