アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

2011年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年09月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ネパール・ドゥリケル~ナモーブッダ~パナウティまでトレッキング④

ネパール・ドゥリケル
記事中の全ての画像はクリックすると拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

ネパールドゥリケルの街を出発して6時間。。。
自分でもウソのような時間をバックパックを背負って
ひたすらに歩く!歩く!(笑)

ず~っと左側に見えていた雄大なヒマラヤのパノラマもそろそろ見納め。。。

あ~~、天気に恵まれて良かったなあ~!!

ネパール・パナウティ

トレッキングは山間の盆地を見ながらのルートに変わった。
もう、昼食の時間はとっくに過ぎているけど、ゆっくりしているヒマはないのだ。

日の落ちる前にパナウティの街に着いておかないと宿もないし
とにかく先を急がなくてはいけない。
しかも、途中のナモーブッダにも着いていない状況。。。

バックパックを背負う肩がしびれて感覚が鈍くなっているし
足の脛は早くも筋肉痛でだるく、休ませてくれ~と悲鳴を上げている。
手のひらもむくんできた!でもでも、スピードアップして歩くしかない!

こんな所で夜になったら大変だしね。

ネパール・ナモーブッダ

にわかに道の両側に土産物屋が現れ始めたと思ったら
ようやく、ナモーブッダに着いたようだ。。。

IMG_1658.jpg

真っ青な空にストゥーパにくくりつけられた色とりどりの
タルチョが風にはためいている。。。

辺りは地元の人々や観光客で溢れているが、意外と静か。
目が痛くなるほどの線香の煙りと濃厚な香りが充満していて
信仰の深さを感じとる事ができる。

IMG_1655.jpg

そうそう、このナモーブッダカトマンズ盆地での
チベット仏教三大聖地のひとつで、このストゥーパの周りを。。。

IMG_1656.jpg

主にチベット人が写真のマニ車をコロコロ回しながら礼拝している。
土産物屋にはこのマニ車をかたどった土産がたくさん置かれていたなあ~。。。

ちなみに残りの聖地はボダナートスワヤンブナートだ。

IMG_1660.jpg

ん?この表示って日本でも良く見ますよね!?
東南アジアではタイのカンチャナブリーにある
JEATH戦争博物館の入口にもあったなあ。。。

なんというか、こういう聖地でこんな表示を見ると
余計に世界の平和を願いたい気持ちになる。
あっ!これが狙いなんだよね!(笑)

IMG_1661.jpg

あ~~、お腹が減った~~。。。
でも、ゆっくり出来ない!パナウティに着かないと!

しかし、これだけ歩いたのは何年ぶりか??(笑)
すでに足は筋肉痛。歳を取ると、運動した日から数日置いて
身体中が痛くなるらしい(笑)全身に来るのか?筋肉痛!(笑)

参ったな~~(笑)

続く。。。

関連記事
スポンサーサイト

| パナウティ | 23:55 | comments:20 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

chempakaの旅の楽しみ。。。

僕、chempakaには旅の楽しみがいくつかあるのだが。。。
ちょっと高級なホテルに滞在すると、やっておきたい事がある。。。


それは。



それは。



それは!




今回は、記事中の全ての画像はクリックしても拡大しません(笑)


おっさん in バブルバス!!(爆)

↑「フォーシーズンズ・アット・ジンバランベイ」


IMG_8281_20110825223425.jpg

↑「クプクプバロン」


IMG_2694.jpg

↑「アマヌサ」


IMG_3022.jpg

↑「アマンジヲ」


撮影は全て奥さん(笑)
半ば呆れ顔で「またかよっ!」って言いつつ写真を撮ってくれる(笑)

いや~~、バブルバスっていいっすね~~!!
泡はきめ細かいほど良く、持ちがいいこと!
あっ、しっかり洗い流さないとお肌が荒れるのでご注意を!

また写真が溜まったら記事にしたいと思います!←そんなもん、見たくないか?(笑)


皆さんもぜひっ!!

関連記事

| アジアのあっちとこっちで | 22:59 | comments:28 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラオス・メコン川に面した小さな町パークベンを散策する

ラオス・パークベン
記事中の全ての画像はクリックすると拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

ラオスウドムサイからバスで5時間!
↑日本の道路事情なら2時間で着くと思うな(笑)

メコン川に面した小さな町、パークベンに到着。

メコン川の船着場から小高い丘を登るようにメインストリートが
続いている。。。というか、町にはこの道だけ(笑)

町と言っても半径300mぐらいなので一時間ぐらい
ブラブラすれば見物も終わり(笑)

IMG_0978.jpg

メインストリートから山を見ると斜面にへばりつくように
立ち並ぶ民家が見られる。。。

高床式の素朴な作りだ。。。

この町に見所は特になく、あると言えば。。。

IMG_0979.jpg

この市場ぐらいかな~(笑)

野菜、果物、魚、肉類。。。
売っているのも買っているのも地元の女性ばかりだ。

観光客の僕などまるで眼中にないのだろう←当然だよね(笑)
見向きも声も掛けず、ただただ目の前の商品を
売る事だけに専念している。

IMG_0980.jpg

その市場に首を傾げたくなるような物を売っていたので
思わず写真に撮ってしまった。

何に使うのだろうか?古びた使えるかどうかも怪しい
ラジオ(しかもカセットデッキ!)や電池、懐中電灯。。。

タイバンコクにも泥棒市場と呼ばれるサンダル片方とか
壊れた電化製品とか何かの金具1個とか売っている所があるが
それに近い雰囲気だ(笑)

IMG_0967.jpg

僕がこんな鄙びた町に立ち寄った理由は、この町からボートに
乗り込みメコン川を遡ってタイとの国境の町であるファイサーイ
行くためなのだ。

近年はルアンパバーンとそのファイサーイを結ぶボートの
中継地点として外国人も多く訪れるようになったので意外と
ホテルやレストランが多い。

ただし携帯電話は圏外だ(笑)

IMG_0985.jpg

こういう看板を見るとついつい嬉しくなるものだ。
JICAが水の循環ステーションを作ったのかな?(笑)

IMG_0986_20110822022050.jpg

で。。。僕の泊まったビラ・サリカというゲストハウス。
1泊50000キープ(約500円)(笑)

IMG_0988.jpg

一応、トイレとシャワーはついてるけど、水しか出ない。。。
夜は山間部なので涼しく、水シャワーでは寒い!
でも、仕方がないので浴びるのだが何かの苦行のようで辛い(笑)
シャンプーなどはいつもの三倍速ぐらいでシャカシャカ洗わないと
身体が冷えて風邪をひきそうだ(笑)

IMG_0989.jpg

近くのレストランで軽い夕食(チャーハンとビール)を済ませると
他に何もする事がないので、21時ごろには寝てしまった(笑)

朝4時頃、喉の渇きを覚えて起きたのだが、辺りは真っ黒!
電気がつかない!そう、この町は電気の供給時間が決まっているのだ!

こんな真っ暗闇は始めての経験。とにかく真っ暗で何も見えない!
机の上にロウソクがあったが使うのも面倒なので携帯電話の明かりを
頼りに水を飲む。。。

今から思えば、あの市場に売っていた懐中電灯の意味が良くわかる(笑)

後悔なのは、思い切って外に出れば、ここはラオスの山間部なので
とってもきれいな夜空が見られたかも?と言うこと。。。

続く。。。
関連記事

| パークベン | 03:58 | comments:20 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。