アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

2010年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年07月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

バリ島・ゴアガジャ遺跡を訪ねて。。。

ゴアガジャ遺跡入口

バリ島ウブド近郊に11世紀頃の古代遺跡、ゴアガジャがある。
14世紀にオランダ人が発見したそうな。。。

ツアーに参加してもいいし、ウブドの街中で終日『タクシー?』と
観光客に呼びかける『白タク』と交渉してチャーターするのもいい。

今回はハヌマン通りで声を掛けてきた20代のお兄ちゃんに往復5万
ルピアという破格の値段でチャーターした(笑)がんばれば、近いので
3万ぐらいでいけたかも知れない(笑)

最近、値切るのがしんどくなってきた。というか、
見るからに年上の日本人が1000ルピア、5000ルピアを
値切るのも恥ずかしくなってきたのだ(笑)


沐浴場の女神像

入口でチケット6000ルピアを払い、長~~い階段の坂道を
下って行くと、沐浴場に辿り着く!

ん~~。何かいい感じ!暑いし、水を浴びたい感じだ!

沐浴場の近くには。。。

ゴアガジャの洞窟

何やら怪しげな彫刻のある洞窟の入口が。。。

この彫刻、カンボジアアンコールワットにも
時々見ることのできる『カーラ』だと思うのだが。。。
食に貪欲で自らの身体まで食べてしまった、顔と手だけの
モンスター。。。

中に入ると、リンガ(男根)が祀ってあった。
リンガはシヴァ神の化身としてヒンドゥー教では
ポピュラーな存在だ。

カバンをたすき掛けした、観光客バリバリの私。。(笑)

道端のレリーフ

ゴアガジャで見るべきものは沐浴場と洞窟なのだが、
ここから歩いてもう一つの遺跡『イエ・プル』にも行ける。
全長25mにも及ぶレリーフが素晴らしいとの事。

険しい山道を歩いていくのだが、その途中に色々なレリーフ
見る事ができる。

上の写真なんか、どう見てもドラえもんの顔しか見えませんよね~~(笑)

イエ・プルに続く道

上の写真のよな山道をひたすら歩くのだが、一向にイエ・プル
辿り着かない(笑)

暑いし、靴は泥だらけになるわで、少々不安になってきた(笑)
人もいないし。。。追剥ぎにあったらどうしよう(笑)

ビダダリ像

あっ!美しいビダダリ像!って感激している場合でない!
どうやら道に迷ってしまったようだ。。(笑)

白タクの兄ちゃんも待たせてあるし、心配させるわけにも
いかないので、イエ・プルをあきらめ、シヴァ神を祀るお寺が
あるよ!と、すれ違いのバリ人のお姉さんに教えてもらったので、
そこに寄ってから帰る事にした。

シヴァ神像

やっぱりバリ島はヒンドゥー教なのだな~。
古くて損傷が激しいがシヴァ神像がしっかり祀られていた。
小さくて見落としそうなお寺だったが風情があって良かった良かった。

何とか山道を戻ってゴアガジャへ辿り着いた!
白タクの兄ちゃんは『おせ~~よ!』と言いたげな表情(笑)

すまんのう!兄ちゃん!(関西弁風)

↓↓ いつもご覧頂きありがとうございます!ぽちっと! ↓↓


関連記事
スポンサーサイト

| バリ島・ウブドとその周辺 | 23:55 | comments:22 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バリ島のホテル・サヌールのガンサ

ガンサの様子

クタレギャンの喧騒はもう嫌だ!
若くないし、賑やか過ぎる所はもういい!と言う
バリ島リピーターの皆さんが滞在する場所のひとつサヌールエリア。

サヌールはビーチもあって、街はそこそこ賑やか。
空港にも近く、ウブド等のギャニャール周辺へのアクセスも便利な場所。

そのサヌールのはずれ、バイパスに程近い場所にあるヴィラが
ガンサ』。

ここではプライベートの写真はあまり撮らなかったので
たくさん紹介できませんが、悪しからず。。。

ガンサの様子2

写真は2階建ての3ベッドルームのヴィラ。
大きなプライベートプールのそばには広いリビングと。。。

ガンサのダイニング

ダイニングキッチンが続いている。

そして。。。

デイベッド

広々としたデイベッド!
デイベッドって意外に使わないですよね?(笑)
アリとか虫が多かったりして(笑)

目に付いたインテリアは。。。

大きな甕

大きな甕と。。。

アジアン家具

鍵つきの大きなアンティーク調のアジアン家具。。。

今までの写真でお気づきでしょうが、全て布が掛かってますよね?
そうなんです、我がアジアン雑貨ショップのイメージ写真を宿泊ついでに
撮っていたのです(笑)

その替わりプライベート写真はほとんどなくて。。。
気分は仕事でした(笑)

イメージ写真

ほら、こんな感じのイメージ写真(笑)

いい感じでしょ?(笑)

この滞在中、ちょうどバリ島で2回目のテロが発生。
ジンバランクタスクエアで観光客が多数亡くなりました。

日本の家族が心配しないよう、すぐに電話をしたのは言うまでもありません。

2009年、ようやくテロの影響で落ち込んでいた観光が
テロ前の状態に戻ったと思ったら、邦人女性殺害の事件が続き、
2010年10月にはJALがデンパサールへの就航を停止します。

残念でなりません。。。

↓↓ いつもご覧頂きありがとうございます!ぽちっと! ↓↓
関連記事

| バリ島のホテル | 22:12 | comments:20 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バリ島・ジェゴグと踊りを堪能する~ウブドにて

ジェゴグに合わせた舞踊

バリ島は『バリ舞踊』が有名ですが、それに欠かせない
要素と言えば、もちろん。。。ガムランの音色ですよね~~。

普通、この大小の竹筒を音階順に並べた打楽器の音色はとても
軽やかで、コミカルなのですが。。。

同じガムランでも『幻のアンサンブル』とも
言われる『ジェゴグ』は一味違います!!

本来はバリ島の西部にあるヌガラという所でしか
鑑賞できないのですが、時々ウブドで定期公演してます。

巨大なガムラン

これが、ジェゴグガムランです!!
大きい竹筒は全長4~5mぐらいあるとの事です!

これを、若いおにいちゃん達が大きなバチ?で
叩きまくってます。

そう、ジェゴグの魅力は軽やかでコミカルな音色でなく
この、巨大な竹筒から発せられる、人間の可聴振動帯ぎりぎりの
超重低音を楽しむのです!(笑)

もう、何と言うか。本当に腹の底から響く音って
こういう物だったのだと。。。(笑)
腹の底、心臓、脳が心地よく振動するんです!(笑)
頭蓋骨が共鳴するような感じでしょうか。。。

ジェゴグを叩くお兄さん

大きなバチで一生懸命、大竹と格闘し終わった
お兄さん達です。いや~、これはしんどいと思うな(笑)

お疲れ様でした~。ありがとう!

ジェゴグの下

フィナーレ時にステージに上がって良い!っとの事なので
早速、ステージに上がって中ぐらいの大きさのジェゴグの
下に潜り込んで、寝転がってみました!

写真は上を向いて撮ったもの(笑)

すんごい重低音とその余韻(波動)が寝転がる僕の
体全体に染み渡る~!(笑)

波動がおさまる前に、次の波動が~!!ん~すごい!

ジェゴグのフィナーレ

体中の振動が完全に抜け切った後に、本当のフィナーレ。

どうも、貴重な体験ありがとうございました!

バリ島ウブドでご滞在の際は、ぜひこの『ジェゴグ』を
体験して見て下さいね~。

僕にとって超重低音は心地よかったです!

↓↓ いつもご覧頂きありがとうございます!ぽちっと! ↓↓
関連記事

| バリ島・ウブドとその周辺 | 23:35 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。