FC2ブログ

アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

2010年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ルアンパバーンを歩く⑥

ワットシェントーン

街自体が世界遺産ルアンパバーンの中でも
特に見ておきたい所はこのワットシェントーン。。。

本堂はルアンパバーン様式と言われる重なり合った
独特の屋根が特徴。

タイの寺院と同じく色ガラスを使った装飾や
金ピカのレリーフが美しい。

ワットシェントーンの黄金の木

特にかつて境内にあったという伝説の木『黄金の木』の
モザイクは必見。

宗教関係の仕事、工事、作品になると凄まじいパワーを発揮し
労力を惜しまない東南アジア人の『心』を覗くことができて興味深い。

ペンキを塗る若いお坊さん

寺の小僧達が先輩小僧の指示に従いながら
境内のペンキの剥げた所を塗りなおしていた。

立派な修行のひとつなのだろう。

ペンキを塗る小僧たち

暑いっすね~先輩!ほんまに暑いわ!
俺もペンキで真っ白や!

こじんまりとした境内

お寺の敷地はそれほど広くなくこじんまりとしている。
20分もあれば充分に見て回れる。

霊柩車

1960年に行われたシーサワンウォン王の葬儀で
使用された霊柩車。立派なものだ!

本堂の中に入ろう。。。


↓↓ ぽちっとお願いします! ↓↓

関連記事
スポンサーサイト



| ルアンパバーン | 01:10 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |