アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

2010年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年03月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アンコールワット寺院の第一回廊壁画

アンコールワット壁画

アンコールワット寺院第一回廊の壁画には。。。
写真のような古代インド叙事詩『マハーバラタ』の場面を
表現した物や。。。。

『天国と地獄』を表現した物も多い。

アンコールワット壁画・天国と地獄

おっと。顔を踏まれているぞ!イタタタ!

アンコールワット壁画・天国と地獄2

これはなんだ?頭を押さえつけられているぞ?
首を切られるのか?

アンコールワット壁画・天国と地獄3

うわっ~!舌を抜かれているぞ!

アンコールワット壁画・天国と地獄4

げげげっ!人間の串刺しだ~!

アンコールワット壁画・天国と地獄5

釘を打ち付けられているぞ!

アンコールワットの第一回廊
西面がインド叙事詩『マハーバラタ』と『ラーマーヤナ
南面がアンコールワット寺院を建立した『スールヤヴァルマン二世の行軍』
東側が『天国と地獄』と『乳海攪拌
北川が『ヴィシュヌ神阿修羅の戦い』が
描かれているのです。。。


関連記事
スポンサーサイト

| アンコールワット遺跡群 | 01:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヘリコニア・ロストラタを栽培中

我が家のヘリコニア・ロストラタ

写真は6年前の物で前列左から

ヘリコニア・プッシタコルム(インドネシア産)
ヘリコニア・ロストラタ(インドネシア産)
沖縄産のヘリコニア・ロストラタ(オークションで購入)
旅人の木(国華園の通販で購入)
ストレリチア・レギナ(同じく国華園の通販で購入)

上左から
アロエベラ
隠れているのはおそらくドラゴンフルーツだと思います。

で、今回の話題はヘリコニア・ロストラタ(沖縄産)です。

オークションで2004年2月の寒い時期に購入し温室
越冬させました。同年の秋口までは子株を増やしながら
良く成長し1m60cmぐらいの高さまで育ったのですが
悲しいかな花が咲くかも!という所で冬になってしまい、
温室から出す2005年4月末にはせっかく成長した株も
枯れてしまい一年を無駄にしてしまいました。。。

原因は冬場の水遣り加減でした。温室と言えども我が家の
物はビニール製のハウスに園芸用の電気ヒーターなので
どんなにがんばっても外気温とは+7度ぐらいしか望めません。

ハウスの内側にプチプチを隙間無く貼ってもそれぐらいです。
なので根に負担をかけまいと水遣りを控えていたら逆効果でした。

その反省を次の年の冬にいかしてついに2006年8月に。。。

ヘリコニア・ロストラタ

ついに咲きました!感動です!
次々と左右一つづつ咲いていきます。
ただ、南国育ちの物に比べると長さが違います。

本場の物は60cmぐらい余裕で垂れてますから。。

でもまあ満足です。

2010年の現在でも元気に育ってます。
今年は株分けしてリフレッシュさせてあげるつもりです。

またレポートします。
関連記事

| 栽培している熱帯植物 | 00:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

タイ・チェンマイのターペープレイスホテル

タイ・チェンマイのターペープレイスホテル
ラオスファイサーイからメコン川を渡ってタイ
チェンコーンに入国。そこからバスでチェンマイへ。

ラオスでは何となくじめっと湿気を帯びた布団に
ダニがたくさんいるようなベッドに寝ていたので
久々にノリがパリッときいたシーツの上で寝たいと
思い、少し良いホテルを予約しておいた。

ターペープレイスホテルの室内

と言っても一泊500バーツでそんなにリッチな
ホテルでもないし、手頃な中級ホテルといったところか。
朝食付き。ネットはロビーで30分、30バーツ

ターペープレイスホテルの浴室内

おおおお!バスタブだ!

汚い話だが安宿ばかりでシャワーばかりだったので
湯船に3週間くらい浸かっていなかったのでバスタブを
見たときは嬉しくなった。湯を張ってザブンと入ろう!

やっぱりシャワーで身体を洗っているといっても
湯船につかると大量に垢が浮いてきた。。。。
汚いおっさんや。。。

外人は湯船に浸かる習慣がないそうだが
汚れをちゃんととっているのか??

ターペープレイスホテルのまわり

ホテルの部屋から外を眺めるとこんな感じ。。。
バンコクよりも高層ビルが少なく何となく落ち着いた印象だ。

ターペープレイスホテルのまわり2

ターペーと言う名前だけあってターペー門はすぐ近くにある。
ナイトマーケットや市場にも近く観光には良い立地だ。

さあ、チェンマイの街に繰り出そう。。

関連記事

| チェンマイ | 00:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。