アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

2009年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年02月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ルアンパバーンを歩く③

プーシー

ルアンパバーンを一望できるプーシーという小高い山が
メインストリートのシーサワンウォン通り沿いにある。

ここの夕日が絶景らしいので、少々時間が早いが行って
みることにした。

20000キープを払って長~い階段を登って行くと
やがてタートチョムシーと呼ばれる寺院が見えてくる。
そこが頂上だ。

ルアンパバーンの街並み1

おおおお!絶景だ!
ルアンパバーンの街並みが一望できる!
あらためて何とのどかな街だろう。。。

いつか日本のどこかで見たことがあるような景色に
しばしボーっとしてしまう。

ルアンパバーンの街並み2

でも良く見るとあちこちに椰子の木がニョキと
生えていて『ああ、ここはやっぱり東南アジアなのだ』と
気づかされる。

ルアンパバーンの街並み3

道路は広いのだけど、車の往来が少なくスカスカ。
車よりもバイクを良く見かけるけども圧倒的に
他のアジアの国々に比べて少ない。

プーシーで鳥を売る

観光客目当てに頂上では様々な土産物屋が
出ているが、その中に鳥を売っている店があった。
観光客は鳥なんか買っても仕方がないので
興味深く見ているだけだが、地元の人たちは
真剣な顔つきで品定めをしている。何やら
ラオス語でしゃべっているが良くわからない。
なんだろう?この鳥。

プーシーの頂上

観光客はこの写真に見えるコンクリートの階段状の
場所に座り、夕日を待っていた。

僕もあと夕日まで1時間半以上あるが座りながら
待つことにする。

ルアンパバーンの夕日1

50枚ぐらい写真をとってこれがベストショット!
夕日に染まるメコン川と山々。。。
本当に美しい。。。

ルアンパバーンの夕日2

夕日って沈み始めると早い。
あっという間に沈んでしまう。。。

この日、カンボジアのアンコールワット日の出を見、
夕日をラオスのルアンパバーンで見ることができた。

一日で異なる国で、それもどちらも世界遺産の中で
見ることが出来、素晴らしい貴重な経験ができた。
どちらも一生忘れない太陽の輝きとなろう。

もちろんこの日かなり疲れていた事は言うまでもない。

続く。。。
関連記事

| ルアンパバーン | 01:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カンボジア・アンコールワット寺院・西塔門付近

アンコールワット寺院のデバター1

アンコールワット寺院は環濠を橋で渡ると
西塔門を中心とする周壁が寺院全体を囲み
その中央に3つの回廊中央塔が存在する。

ツアーで来ている訳ではないので先を急がずに
ゆっくりと西塔門付近を歩いてみる。

アンコールワット寺院の西塔門

西塔門に入った所、日陰になるが中はムシムシしている。
ほとんどの観光客はここを素通りして参道に出て行く。

アンコールワット寺院の西塔門付近にある仏像1
アンコールワット寺院の西塔門付近にある仏像2
アンコールワット寺院の西塔門付近にある仏像3

西塔門付近の周壁内には上のような仏像が安置されている。
三枚目の仏像は修復されたヴィシュヌ神で、現在でも信仰の
対象としてオレンジ色の布を身に着けたお坊様が祈りを
捧げていた。この仏像だけでなく遺跡全部が現在でも地元の
人々にとっては大切な信仰の場所なのだ。

歯を見せて笑うデバター

有名な歯を見せて笑うデバター
愛嬌たっぷりだ。

アンコールワット寺院の西塔門付近のデバター2

3人のデバター
出来上がったばかりのデバターはどれほど
美しかった事だろうか。。。
色も付いていたらしい。

アプサラのレリーフ

踊るアプサラレリーフ
アプサラは天女。
あちこちの遺跡にこのアプサラレリーフがある。
踊りは神への捧げ物として重要であったようだ。

そろそろ参道へ行こう!
続く。。。
関連記事

| アンコールワット遺跡群 | 22:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バンコクでカウントダウン2010に参加した。

カウントダウン2010バンコク1

年末から年始にかけてバンコクに滞在。
カウントダウン2010に参加してきた。

カウントダウン2010バンコク2

12月31日。
カウントダウン2010の会場であるサヤームスクエアに
近いセントラルワールドでは準備が着々と進んでいる。

準備中でも入場するには手荷物のチェックが必要。
セキュリティーが立っている。

カウントダウン2010バンコク3

さて夜。あちこちライトアップされカウントダウンへの
期待が高まる。

タイではクリスマスも正月も同時に祝うようだ。
あちこちにクリスマスツリーがあるし、赤い帽子を被った
店舗のスタッフも多い。

カウントダウン2010バンコク4

ものすごい人!人!人!
この日はBTSスカイトレイン)もMRT(地下鉄)も
午前2時まで運行している。

屋台も大忙し

屋台も大忙し!!
通りは完全な歩行者天国になり屋台が出動。
腹ごしらえにソーセージとビーフンを食す。

カウントダウン2010バンコク5

この特設電光板にてカウントダウンを表示。
あと9分39秒!!

ステージでは国民的歌手(知らないけど)が
歌って踊って盛り上がる。周りは大歓声。
みなそれぞれお目当ての歌手がいる模様。

カウントダウン2010バンコク6

3分前から何やらお偉いさん達がぞくぞく出てきて
あいさつの後、サー!ソーン!ヌン!スーーーーーー!!!!の
大合唱と共にカウントダウン終了。
一斉にあちこちから花火が炸裂!
タイ人も世界中から来た観光客もあちこちで
ハッピーニューイヤーーーー!!!の声。
感動して鳥肌が立った。
生まれて初めての海外での年越しは良い思い出になった。

カウントダウン2010バンコク7

これから群集に揉まれながらBTSMRT
ホテルに戻るのかあ。。。

続く。。
関連記事

| バンコク | 01:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。