アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

2009年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年11月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ハノイの旧市街を彷徨ってみる。

ハノイ旧市街
英語表記の全くない店舗達。一応、観光地なのにね~。

なんとか道に迷いながらも目当ての旅行会社に
辿り着く事ができた。

日本人スタッフが丁寧かつ良心的な価格で
あなたのベトナム旅行をクリエイトします!
APT TRAVEL JAPAN

ハノイ旧市街を走るバイク達

しかし、バイクの多いこと!
両側に強引に止めるので道が狭くなっている。
ホーチミンに比べるとマスクをしている人が少ない。
この時期(3月)は霧が多く、ホコリが少ないからかな?

皆さんは何月頃ハノイにいかれましたか?

ハノイ旧市街のゲーム屋

おおっ!ベトナムに似つかわしくないPS3(プレイステーション3)の
看板がっ!

ゲームソフトを販売しているのではなく、時間制で通信対戦させて
料金をもらうシステム。

意外とハノイの通信環境は良い。
僕が泊まっている一泊20ドルのホテルでも(そこそこ?)
部屋で無線LAN使用可能だ。

ハノイ旧市街の建物

旧市街の建物というか、ベトナムの建物は写真のように
縦長で3階建て以上の物が多い。
それが何軒も寄り添うように建っているのだ。
地震に耐えれるのか?
心配してしまう。

おっと~市場に遭遇。
入ってみるか!

続く





関連記事
スポンサーサイト

| ハノイ | 22:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

いざ!ラオス・ルアンパバーンの街へ

トゥクトゥク

空港で5万キープタクシーチケットを購入して
写真のようなバイクに荷台をくっつけたようなトゥクトゥク
乗って市内を目指す。客は僕だけで荷台はスカスカ。

軽快なバイクのエンジン音と風が心地よい。
僕は荷台後方で後ろを向いて流れていく景色を楽しむ。

空港からすぐ出た交差点

写真は空港からすぐ出た交差点。
ありゃ?信号機がないぞ!
ここはラオス国内第二の都市でしかも空港近くの交差点のはず。。。
のっけからラオスの田舎度を確認した思いだ。
ラオスへ行かれた方々、最初の印象はどうでしたか?

ルアンパバーンの郊外

十分ぐらい走ってぱらぱらと家や店が現れてきたが
やはりとんでもなく田舎だ。。。
車、バイクの量がとにかく少ない。

ナムカーン川

写真はナムカーン川の流れ。
全体的な雰囲気は日本の長野県や群馬県あたりの山道を
温泉町に向かって走っている感じ。でも圧倒的に人が少ない。

ルアンパバーンの街の様子

空港から20分くらいで今回ルアンパバーンで宿泊する
アムマタゲストハウス』に到着。
周りはメインストリートから一本入っただけなのにご覧のように
素朴なたたずまい。一昔前にあった日本の田舎の住宅地の様。

チェックインを済ませ
とりあえず街を散歩しよう!

続く



関連記事

| ルアンパバーン | 22:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カンボジアのゲストハウス

チェンラーのスタッフ?チャイ君

空港を出て出迎えてくれたチャイ君と合流。彼はカンボジアの27歳の
青年で予約していたゲストハウスチェンラー』のスタッフ。
長めの髪をピシッ、ペタッと整えている。まるで30年ぐらい前に日本で
流行っていたような髪形だ。

流暢な日本語で『こんにちは!』と挨拶をしてくれた。
勝手に車で出迎えてくれていると思ったら。バイクだった。。。

慣れた様子で重いバックパックを足の間に挟み、『行きますよ!』と
合図。ヘルメットもなく、一瞬『やばいかな?』と思ったが仕方がない
安全運転するように告げて出発!

太陽ってこんなに眩しかったっけ?というほど光の量がすごい!!
雲ひとつない晴天で真っ青な空が遠くまで続いている。
地上は赤茶けた土地が広がり、空の青との鮮やかなコントラストが
とても印象的だ。

が、この赤土のあちこちに地雷が埋まっていることを思い出し
開放感に浸りかけた心が少し窄んでしまった。

それにとても『暑い!』
アスファルトの熱気がバイクで走っていても伝わってくる。

風が吹くと赤土が舞い上がり眼が少し痛い。
そう言えば、ベトナム程ではないがバイクに乗っている人は
マスクをしている。

シェムリアップのゲストハウス『チェンラー』

バイクで15分くらいでゲストハウスチェンラー』に到着。
日本人にも有名で、6日間滞在したがほとんどのゲストが
日本人だった。

ネットから予約を入れ、3ナイトパッケージで
空港の送迎、マッサージアプサラダンスショーディナーが付く。
5泊で110USDだった。朝食付き。

ロビーにインターネットができるPC3台がゲスト用に開放されて
いる。ただし、通信は不安定。日本語OK!

ゲストハウス『チェンラー』の外観

ウエルカムドリンクのマンゴジュースが実にうまい!

チェックインを済ませ、部屋に荷物を放り込むと
さっそくアンコールワットに行きたくなってきた!
まだまだ日は高い!見に行こう!

続く

関連記事

| シェムリアップ | 22:41 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。