アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ブータン・トンサ~トンサ・ゾンを訪ねて‐その後ブムタンへ‐


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

トンサ・ゾンに近づき、トレッキング終了・・・
渓谷を降りてから今度は逆に登り一辺倒だった事もあって太ももが
ガクガク・・・

そんな太ももを両手でモミモミしている僕をよそにガイドのペマは
せっせとゾンに入る為の正装準備をしていた・・・

IMG_2368.jpg

ゾンの中に入って行くと、豪華絢爛!色とりどりの装飾が施された
窓枠や柱が目に飛び込んで来た・・・

豪華で美しいが、この地域の行政府としての威厳も感じられる。

IMG_2378.jpg

広場を歩く彼らはこの行政府に勤める役人さんなんだろう。
日本で言うところの県庁に勤める公務員みたいなものか?

やはり皆、伝統衣装であるを着用している。
ブータンの文化風習に誇りを感じるなあ~

IMG_2380.jpg

ほう~~、ここは「金融課」かあ~
トンサ地方にかかわる融資や投資に関する仕事をしているのかな?

他にも「農業課」「市民課」みたいなセクションの看板があって
やはりここはトンサ地方の言わば「県庁」のようなものなんだなあ~

IMG_2370.jpg

で、この「県庁」と言うのがこのような木造作りの古い建物である事と
ここに勤める役人の姿がまるで日本の着物のようなので、なんだか
時代をタイムスリップしてきたような感じを覚えるのだ・・・

IMG_2369.jpg

なんだか江戸時代の日本を見るような感覚かな~~

でも、確かに今は21世紀なのだ・・・



そんなトンサ・ゾンの雰囲気を動画で確認してください!

IMG_2389.jpg

そんな感覚がブータン旅行の醍醐味であるのだなあ~
小さな国だが他の国のやり方に流されず、自国の文化と伝統、風習を
守り続ける・・・なかなかこんな事、できないよなあ~

で、極めつけがあのGDPを追いかけるのではなくてGNH(国民総幸福量)を
目標とする概念・・・

ブータン、恐るべしなのであった・・・

IMG_2402.jpg

ガガガガガッ!ドンッ!

トンサを後にしてブムタンへ向かう途中、大きな音と衝撃で
車の中で眠っていた僕は叩き起こされた!

なんと車のタイヤがシャフトから折れてしまったのだ・・・

IMG_2410.jpg

完全にシャフトが折れてしまっている・・・
今でこそ笑いながら話せるが、対向車とすれ違い時や
もう少し谷側を走っていたらと思うとゾクッとする・・・

ここで完全に立ち往生・・・
ブムタンに行くにもトンサに戻るにもちょうど真ん中の地点・・・

IMG_2405.jpg

細い山道であったが車がもう一台通れる隙間が確保できたのは
奇跡的だ・・・

ガイドのペマが旅行会社に電話を入れる・・・
なんと!今から遠くパロから替りの車を手配すると言う・・・

えっ?何時間かかるの?ちょっと途方に暮れる・・・

IMG_2424.jpg

何にもする事がないのでペマもドライバーも暇そうだ。
僕が持ってきた某歩き方のブータン版を二人で興味津々に
読むの図。

IMG_2423.jpg

そんなこんなですでに夕暮れ時になっており、きれいな夕日が
見られたのは良いが、急に辺りが寒くなってきた・・・
吐く息がしっかりと白く見えるようになった・・・

日中は暖かくても、夜は完全にマイナス温度!
しかも今いる場所は軽く2500m以上の場所!

IMG_2446.jpg

寒さに耐えかねて3人で薪を集め、たき火をする・・・
なんだかサバイバルになってきたぞ!

本当に車はやってくるのか?
あとどれぐらいで??

続く・・・
スポンサーサイト

| トンサ | 00:00 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブータン・トンサ~トンサ・ゾンを目指して深い渓谷をトレッキング


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

車はブータンを東西に分断するブラック・マウンテンの東にあるトンサ
めざし標高2000mの山道を進む・・・

IMG_2318_20140908012054fba.jpg

やがて車はトンサに入り、トンサ地方の入口に控える行政府としての要塞
トンサ・ゾンを眺める展望台に到着した。

斜面から谷に向かって突き出した巨大な軍艦のようなシルエットは、数ある
ゾンの中でもひときわ勇壮で印象的な建物だ。

IMG_2327_20140908012057a55.jpg

今回そのトンサ・ゾンをこの展望台から深い渓谷を下り、伝統橋を渡って
再び渓谷を登ってトンサ・ゾンを目指す、約2時間のトレッキングに挑戦だ!

必要最低限の荷物だけを持って、ガイドのペマが先頭になりトレッキングスタート!

IMG_2330.jpg

で、そのペマがおいしいからとくれたのが、ひとかけらのヤクのチーズ。
チーズと言っても非常にかたく、歯で砕くには到底無理!
仕方がないので口の中で飴のように転がしてなめるしかない・・・

味はチーズのそれ。しかし、口の中で転がしてもなかなか溶けないのだ・・・



天候は良く、暑くも寒くもない絶好のトレッキング日和。
渓谷を伝統橋を目指して軽快に歩いて行く・・・

陽の光が眩しいくらいだが、谷底に向かうにつれ木々が生い茂り
だんだんと辺りが暗くなっていく・・・

この時期は大丈夫だが、夏になると山ビルが大量発生するらしく
トレッキングはNGになるらしい・・・

IMG_2332.jpg

足元を見ると山桃がたくさん落ちているぞ!

標高は2000mぐらいなので高山病の心配はなく、普通の呼吸で
歩いていける。4000mならこんなに軽快には歩けないだろう・・・

IMG_2335.jpg

一時間ぐらいかけて渓谷を下って行くと、川の流れる音がし始める・・・
そうここが伝統橋と言われる場所だ!

IMG_2340.jpg

橋にはたくさんのタルチョがはためき、幻想的な風景を醸し出していた。

実はこのトレッキングルートはかつてブータン東西を結ぶ歴史的な街道として
使われていたのだ。で、この橋は2007年に新しく再建されたものだ。

IMG_2337.jpg

谷底を流れる川は青く美しく、程よくトレッキングで熱くなった身体を
冷たい風が癒してくれる・・・

しばらくここでゆっくりしたいのだが、ガイドのペマは先の旅程を気にしてか
さっさと先を歩いて行く・・・仕方がないな~~・・・

IMG_2343.jpg

オーストリアの協力を得て橋が再建されたようだ。

IMG_2333.jpg

橋の全景。

伝統的なブータン様式の橋なのだろう。
ブータンらしい絵になる橋だな。

さて、これからの道のりは渓谷を登って行く事になるのだが
大丈夫かな?

IMG_2347.jpg

ペマは軽快に登って行く・・・
僕はと言えば、未だ少ししか溶けていない堅いままのチーズが口の中に
あって、これを噛み砕こうと苦戦中・・・

しかも、かなりの勾配で息がだんだんとあがっていくのだった・・・
情けないなあ~~、中年なんだなあ~~、足が弱ってるなあ~~

IMG_2348.jpg

そんな僕の目を楽しませてくれた蝶の一種。

そういえば、ブータンには世界的にも珍しい蝶がいるそうだ。
ブータンシボリアゲハという蝶で幻の蝶らしい・・・
まだまだ、ブータンには知られていない動植物がたくさんありそうだな!

IMG_2350.jpg

時々、休憩を挟みながら渓谷を登って行く。
その度に眺める景色が非常に美しい・・・

青い空に棚田が続く。この光景はネパールでもたくさん見たなあ~

IMG_2361.jpg

トレッキング開始から約2時間でトンサ・ゾンに到着・・・
到着と同時に口の中のチーズがほろりと欠けた・・・

トレッキング無事に終了!!

| トンサ | 00:00 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブータン・ワンデュ・ポダンからトンサを目指す!②

IMG_2283_20140721181306cbf.jpg
記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

相変わらず3000m級の山々をクネクネと車は走り続ける・・・
高山病特有の車酔いに似た吐き気も頭痛もすることなく、車窓からの眺めを
余裕を持って堪能するのだった・・・

道路に面した岩肌にちょっとした洞窟があれば、そこが神聖な場所だと言うように
グル・リンポチェ?のような壁画?が描かれていたりと楽しい

IMG_2286.jpg

そして車は今日の昼食をとるレストランを目指し、最寄のこのネパール式の
ストゥーパのある場所で停車。そのレストランまでは歩いていく事に・・・

IMG_2289.jpg

ズーム!!

確かにネパールで見た「眼」のあるストゥーパだなあ~
チョンデブジ・チョルテンと呼ばれるこの巨大な白いストゥーパ
この地の悪霊を鎮めるために造られたとか。どんな悪霊だろう?

ネパールは隣の国だし、こんなストゥーパがあってもおかしくない。

IMG_2291_201407211812189cd.jpg

ストゥーパにもいろいろあって、写真のような壁のような物もある。
仏塔のイメージからは程遠いなあ~~

IMG_2287_20140721181324e27.jpg

あらららら!これはトイレ??
一応囲いはあるけど・・・落ち着かないなあ~これは

高山病予防の為にマメに水分補給するのだが、その分やはりトイレが
近くなるもの。僕はまあ男なので、ちょっとストップ!とドライバーに声を
掛けて、その辺で済ます事ができるけど、女性の場合は大変だ

IMG_2294_20140721181620d40.jpg

では歩いてレストランを目指す!
ガイドのペマがしょっちゅう携帯電話でスムーズな旅をサポートすべく
ホテルに電話したり、先の道路状況を仲間に聞いたり、何かと気に掛けて
動いてくれる。ペマだけでなく、ブータンのガイド達はきっと皆そうなんだろうなと
思えるのだ。僕が会ったブータン人は皆素朴で親切な人ばかりだった。

IMG_2303_201407211816216b4.jpg
IMG_2304_20140721181805615.jpg

野生の猿?がたくさんいたなあ~~
珍しい種なのかな?
人間に怯える様子も無く近付いてくる・・・

IMG_2298_20140721181543499.jpg

ブータンのあちこちで見かけた大きなストーブ。
薪を燃やして暖をとる。ポプジカでは薪ストーブ付きの部屋に
泊まったが、僕がヘタクソなのか?なかなか薪を燃やすのが
難しく、寒い思いをしたなあ~~

IMG_2297.jpg

レストランの壁に前国王ジグメ・シンゲ・ワンチョクの写真が飾ってあった
一緒に写っている女性達は国王の奥さん!
しかも、女性達は4人姉妹なのだ!
それぞれの奥さんとの間に子供もいる。

ただただ凄いなあ~~と・・・

IMG_2300.jpg

で、この写真の左が現国王ジグメ・ケサル・ナムゲル・ワンチョクで
右が前国王のお父さん。

2011年に美しい奥さんと一緒に来日した時はそのハンサムフェイスで
一躍有名人に。そしてブータンという国が知られる事になるきっかけにも
なった。

今では数少ない王様のいる国、それがブータンなんだなあ~

続く・・・

| トンサ | 00:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブータン・ワンデュ・ポダンからトンサを目指す!


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

ワンデュ・ポダンを出発し、標高3000m以上の山道をひたすら右へ左へ
ウネウネ曲がりながら四駆の車で進んでいく
時折遠くに雪を被ったヒマラヤの山々やヤクの放牧の群れを見ながら・・・

身体も高度順応したようで、頭痛も酔ったような感覚もなく
すこぶる調子がいい!

で、目の前がパッと開けたと思ったらそこはペレ・ラと呼ばれる
標高3360mの峠の頂上に着いた。

IMG_2227.jpg

頂上には仏塔がある程度で、これといった建物も何もなく
寂しい感じ。澄み切った青空をバックにタルチョや仏を描いた
旗が冷たい風にはためいているだけだ。太陽も眩しい

IMG_2231.jpg

そんな一日に何人訪れるかもわからない寂しい峠の頂上で
自分が織って作ったという織物(ヤタ)を売る女性がいた。
確かに時間を掛けて織ったという感じで少し汚れてはいるが
物はよさそうだ。

IMG_2228_2014042300171452e.jpg

訪れた国の織物を自分の土産として集めている事もあり
もちろんブータンでも購入するつもりなのだが残念ながら
これはっ!と言う物がなかった・・・

奥に見える隙間風が寒そうな小屋で彼女は生活しているのかな?

IMG_2268.jpg

ガイドのペマの提案でこのぺ・レラから少し歩く事に

呼吸を深くしてゆっくりと歩く。急な動きは厳禁!
時折、トラックが通り過ぎるがインドやネパールでもよく見たような
デコトラ仕様だ

IMG_2247.jpg

恐らく気温は5℃以下だと思うが歩いているとダウンジャケットが
暑く感じるぐらい身体がホカホカしてきた。

おっ!新築工事中の家を発見!
ちょっと覗いてみたいなと思うよりも先にペマがその家に向かって
歩き出していた。

IMG_2252.jpg

新築工事中の家に漂う独特の木の香りはブータンでも一緒。
1階部分のしっかりとした土壁!この土壁は廃屋になっても
いつまでも残るぐらいに頑丈なんだそうだ。

昔は1階部分が家畜小屋になっていて一種の床暖房のように
していたが、現在は衛生的な理由で許可されていないらしい。

IMG_2251.jpg

なかなか大きくて立派な家ではないか!
ブータンの民家は世界の住宅の中でもかなり立派な部類に
入るのではないだろうか?大きいだけでなく他の家とは距離が
離れており、一戸一戸が独立して建っている。しかも3階建ては
当たり前で屋根裏にも広いスペースがある。
住居環境も幸福度が高いようだなあ~

IMG_2275.jpg

しばらく歩くとスキーのゲレンデのような地形が現れた。
このゲレンデのような斜面は、大蛇が姿を変えたという
伝説のあるルクブジ村の耕作地との事
村は斜面の一番下に見える。

う~ん、印象的な地形だ!



そんなルクブジ村の耕作地の様子を撮影しました!

IMG_2281_20140423002105d1b.jpg

で、ペマがルクブジ村をバックに写真を撮るよ!と言ってくれるのは
ありがたいのだが、高く飛べ!と言う・・・

あのなあ、ペマ、アラフォーのおっさんに無茶言うたらアカンわ!
しかも高地やし!シンドイやないか!と思いつつパチリ

続く・・・

| トンサ | 23:04 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。