アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

パロのレストランで初めてのブータン料理を食べる!

ブータン・パロ国際空港
記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

ブータンパロ国際空港は、意外と立派!
よくある東南アジアの田舎の空港を想像していたけれど
建物もブータンデザインのしっかりとした大きなつくりで
威厳を放っている。。。

IMG_1846_20130113235025.jpg

入国審査のスピードはまあ、のんびりとしているなあ~

パスポートと予め旅行会社に手配してもらっていたVISAを
提出すると、特に何の質問もなく、ハンコが押されて手続き終了。。。

IMG_1847_20130113235058.jpg

そうそう!入国手続きで並んでいると、目に付いたこの看板!!

WELCOME TO THE LAND OF GNH 国民総幸福量の国へようこそ!

これこれ!これ!

今回のブータン旅行で一番、肌で感じたかった事だ!

他の国が国民総生産GNPの値に注力して国の発展を
目指すのに対して、ここブータンでは国民総幸福量GNH
重要視している。

①健全な経済成長と開発
②環境保全と持続的な利用
③文化の保護と復興
④良い統治

実際にブータンの人々はGNHをただのスローガンではなくて
心から実感しているらしいのだ。。。

ぜひぜひ、この旅で僕も実感したものだなあ。

IMG_1848_20130113235140.jpg

入国を終えると歴代の国王の写真がずらり!

以降、どんな場所でも国王一家の写真を見る事になる。
昔の日本も天皇の写真を飾っていた。。。あんな感じかな?
今のタイにも雰囲気が似ているなあ。あそこも国王一家の
写真があちこちで見られるしね。



動画はパロ市内に向かう様子です。

空港の出口を出ると、今回僕にずっと付き合ってくれる事になる
ガイドのペマとドライバーのキンチョーが出迎えてくれた

ペマは27歳でパロの郊外に住んでいるとの事。日本語が堪能で
何でも10歳の時にJICAの日本語教室に通い、日本語をマスター、
日本にも行った事があるらしい。。。

ドライバーのキンチョーは片言の英語しか通じないが、硬派なまじめさが
伝わってくるナイスガイだ。

IMG_1854_20130114000014.jpg

まずはパロ市内のレストランで昼食だ

オフシーズンなのか、客は僕一人。。。

やっぱり、店にも国王の写真がずらり!

IMG_1856_20130114000053.jpg

左が前4代目国王のジグメ・シンゲ・ワンチョク
ちなみに奥さんは4人いるのだが、4人姉妹なんだそうだ

右がご存知、2011年に美人の王妃と来日した
5代目国王のジグメ・ケサル・ナムゲル・ワンチョクだ。

IMG_1851_20130113235915.jpg

料理は写真奥に見える赤米が主食。。。

いただきまーす!

ん~~、正直あまりおいしくない。。。
パサパサしていて風味に乏しく、この米単品で食べるのは辛い。。。

手前の焼きそばみたいな物もこれまた麺がパサパサして
口の中で団子に。。。口の中の水分が奪われるので水分を
取りながら胃に流し込む。。。

IMG_1849.jpg

魚の白身を揚げた物を甘辛く仕上げた料理。

いただきま~す!

ん~~、身がくさい。。。
それに小骨が多くて身が少なく、食べるのに一苦労。。。

なんか食欲が萎えてくるなあ~

IMG_18522.jpg

おお!出た!
ブータン料理の代名詞、エマ・ダツィだ!

唐辛子をチーズで煮込んだだけのシンプルな料理!
ブータン人は庶民から国王まで皆、このエマ・ダツィが
大好きなんだそうだが。。。

いただきま~す!むしゃむしゃ。。。

ぐへぇ~~!辛~~~っ!!
一口にして舌の感覚がマヒする辛さ!凄い!

これでも観光客用にソフトにしているらしいが
凄まじく辛い!

とろ~となったチーズはおいしいけど、この唐辛子は
ちょっと食えないなあ~。。。

ブータン人は唐辛子をまるで野菜のように食べるんだそうだ!
ペマの家族も月に30kgぐらい食べるらしい!
10人家族なので一人3kg!!乾燥した唐辛子を3kg!

食べると身体がポカポカして気持ちいい!とはペマの言葉。。。
でもでも、唐辛子好きが講じて、胃腸を痛めるブータン人も多いらしい。。。

『物には限度』という言葉はないのか??

しかし、参ったなあ~~。。。
これから先、こんな料理ばっかりなのか??
耐えられるかなあ~

IMG_1861_20130114000136.jpg

ふと、レストランの窓に目をやると飛び込んで来たのは
ブータンの『豊穣のシンボル』だ!

今ではかなり少なくなったらしいけど、地方では家の壁に
デカデカと描かれているらしい。。。立派だなあ~~

さて、一路ティンプーを目指します!
スポンサーサイト

| パロ | 00:04 | comments:26 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ドゥルック・エアーに乗ってブータンへ!

ブータン国営航空のドゥルック・エアー
記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

タイ航空で関空を0:30にバンコクに向けて出発し
バンコクに4:20に到着。。。

4時間余りのトランジットを経て、いよいよブータン
国営航空、ドゥルック・エアーに乗り込む。。。

ちなみにブータンへは今の所、日本からの直行便はないのだ

IMG_1811.jpg

ドゥルック・エアーのCA達。初めて出会うブータンの女性だが
日本人と似ているなあ~~

ちょっと日焼けした日本人みたい

チベットの人達もそうだが、凄く日本人に近い顔立ちを
しているので、地理的に頷ける。

IMG_1823_20130113213628.jpg

飛行機はバンコクからミャンマー、バングラデシュの上空を飛び
インドのバグドグラを経由してブータンパロ国際空港を目指す!

乗客の半分以上が日本人の団体さんだなあ
特に50代~60代のおばさま方が多い。

一人旅の中年女性もチラホラ見かけるが、ツアーに一人参加していると
思われる。

そうなんだよなあ~、その方がある意味『楽』だと思う。
お決まりの観光地を巡るだけなら、大手の日本の旅行会社が
主催するツアーに参加する方がいいかも。ツアー代金の
決済も簡単だしね。

そういう、一人グループツアー状態の個人旅行者は多いなあ~。

IMG_1819_20130113213601.jpg

おおお!眼下に黄金に輝くパゴダがあちこちに見えてきたぞ!
そう、ミャンマー上空を通過中なのだ

今回、僕はそういう、高い日本の大手旅行会社のツアーには
参加せずに、ブータンにある現地の旅行会社に僕の理想とする
旅程を組んでもらった。

正確にはスタンダートなツアーコースに。。。

①毎日、ミニ・トレッキングを楽しみたい!
②ポプジカでオグロヅルの越冬の様子を見たい!
③ホテルを自由に選びたい!
④ドツォ(伝統的な石風呂)に浸かりたい!

以上の希望を盛り込んでもらったのだ。

IMG_1817.jpg

いつの間にか飛行機はバングラデュ上空へ!

その現地旅行会社というのがドゥルック・サクラ・ツアーズという奥さんが日本人の旅行会社なのだが、結果的に大満足だった

ガイドもドライバーも気のいい人ばかりで、気が利くし
一週間以上、一緒に行動を共にしたが、苦じゃなく、
むしろ楽しかった。

逆に、よいガイドやドライバーに恵まれないと苦痛な
旅にもなり得るので、旅行会社選びは重要だなあ~

準備は出発の半年前からメールで旅程の決定→代金の支払い
(郵便局から海外送金)→ホテルの決定確保→ビザの取得と
気長でゆっくりとしたペースで進んだ。

これはもう、ブータンのスピードに任せるしかない

恐らく、総支払額は大手旅行会社の半分ぐらいで済んだのでは?と
思われる。。。もっとも、年末年始はブータンのシーズンオフなので
もともと安い設定になっているのだが。。。

ブータンのシーズンは5月~6月、10月~11月でシーズンオフの
1.5倍ぐらい料金だ!

確かに温かくて、きれいなシャクナゲの花が咲き乱れる5月~6月も
捨てがたいけど、この年末年始も捨てたもんじゃないと思うんだなあ~。
朝と晩は寒さが厳しいけど、日中は結構ポカポカしているし、何と言っても
毎日天気がいい!!雲ひとつない晴天が続くので、きれいなヒマラヤ
見られるのだ!



という事で、飛行機からきれいなヒマラヤが見られました!どうぞ!

前回のネパールも同じ時期だったけどほんと晴天が多いので
きれいなヒマラヤが見られるなあ~~

僕の席の前に80歳ぐらいの日本のおばあちゃんが座って
いたのだが、このヒマラヤを見て『あ~~、きれいなヒマラヤやなあ~
冥土の土産やわ~』って話してた

IMG_1833_20130113214227.jpg

左の尖がった山は『女神』チョモラリ(7314m)

ブータンには7000m級の山が連なっており、7570mの
ガンカ・プンスムはブータン最高峰にして、現在世界最高の
未踏峰である。ブータン政府は神聖なこの山を解禁するつもりは
全くないらしい。えらいっ!

IMG_18372.jpg

そう、ブータンはネパール同様に山岳トレッキングが非常に盛ん!

今回、高地の本格トレッキングはしないが、富士山程度の高度を
歩くトレッキングを予定している

IMG_1842_20130113214311.jpg

飛行機は無事にパロ国際空港に到着したが。。。

この空港はブータンの深い谷底の川原に作られた空港なんだけど
着陸が非常にエキサイティングだった

飛行機は深い山の間を縫うように右に左に旋回しながら突き
進むんだけど、同時に降下もするので時折、ズンッ!ズンッ!と
激しく揺れたり急降下を繰り返す。。。

僕の前に座っている、例のヒマラヤの景色を冥土の土産と言ってた
おばあちゃんも『ほんまに冥土の土産になりそうやなあ~』等と
ブラックなジョークを話す

なんでも、この空港は離発着が世界でも有数に難しい空港らしく
8人しか資格を持ったパイロットがいないらしい??
パイロットはタイ空軍で修行をしたらしいとか。。。



タラップを降りて空港の様子を撮影しました!どうぞ~~!

しかし、天気がいいなあ~~!気持ちいいぞ!

ん??何か息苦しい感じが。。。
そう、この空港で高度がすでに2500mもあるのだ!

急な動作は慎もう。。。

という事でブータン旅行の始まりだ!!

続く。。。

| パロ | 23:22 | comments:24 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。