アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ベトナム・ホーチミン(サイゴン駅)からビエンホアまで鉄道の旅②


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

ホーチミンサイゴン駅からビエンホア駅までの鉄道の旅。
旅と言ってもせいぜい1時間ぐらいの超ショートトリップなのだが
それでも鉄道ならではの旅情は感じられるし、車窓から普段の
ベトナム人の生活が垣間見れて興味深い。



列車に乗り込んでしばらくすると女性の車掌さんがやってきて
切符を確認。アジアの国では女性の社会進出が進んでいるなあ~
ま、働かないだらしない男が多いからなあ~~

IMG_3839.jpg

僕の向かいに座っていたおっちゃんは、しばらく僕の持ってた「某歩き方」を
パラパラとめくって眺めた後、巻末にある簡単なベトナム語録に興味を持ったのか
僕とベトナム語と日本語の発音教室になった。

しかし、ベトナム語の発音は難しい!6つの声調があってその違いを
なかなか声で表現できないのだ・・・

おっちゃんも一生懸命、「こんにちは」とか「はじめまして」とか日本語を
発音するが、彼も彼で難しそうだ。

それにも飽きて、しばらくすると横になって寝始めた

IMG_3836.jpg

辺りを見回すと、みんな横になって寝始めている。
列車のカタンカタン、カタンカタンという音が確かに眠りを誘うなあ~

IMG_3840.jpg

ガラガラの車内。ゆる~~~~い雰囲気が漂う。
インドの列車のように人で一杯という事もなく、ましてや外国人だからと
じ~~っと顔を見られる事もない。

IMG_3838.jpg

相変わらず暑い空気をかき回すだけの扇風機・・・

IMG_3841.jpg

列車には簡単な洗面所が付いていた。
長旅には重宝するだろうな。

IMG_3843.jpg

列車は約1時間程で目的地のビエンホアに着いた。
ホーチミン郊外の街でも大きい方なのだろう、乗降客が多い。
皆、大きな荷物を持っているなあ~~

IMG_3842.jpg

ベトナムの駅もそうだけど東南アジアの駅のホームってどこも低いよなあ~
日本のように高くないのだ。高架橋を作る手間や資金が節約できるからかな?
発展している国ほどホームが高いような気がするなあ~

IMG_3849.jpg

ホームを出て駅の改札を通り外へ・・・
小さな駅のロータリー?には客待ちのタクシー以外にはほとんど人も
おらず、ローカル感を感じる。

IMG_3850.jpg

僕も駅を出てタクシーを拾い、ホーチミンに帰ろう!
そう、今回は本当にベトナムの鉄道の雰囲気を少し
味わいたかっただけなのだ

でも、できれば次回はハノイからホーチミンまで縦断してみたいなあ~と
また一つ旅の選択肢が増えてしまったのだった・・・
スポンサーサイト

| ホーチミン | 00:00 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ベトナム・ホーチミン(サイゴン駅)からビエンホアまで鉄道の旅①


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

今回は一度は乗ってみたかったベトナム統一鉄道ビエンホアまでの
小トリップに出かけた。

GA SAIGON。「GA」は「駅」という意味。
駅名がホーチミンではなく敢えてサイゴンというのも興味深い。

ホーチミンの中心部からタクシーで20分ぐらいで到着だ。

IMG_3820.jpg

駅の敷地には昔懐かしい蒸気機関車がポツリと展示されている。
現在は電化され蒸気機関車が活躍する場はないのが寂しいが
それでも異国の鉄道の旅とあっていつもと違うワクワク感を感じ
楽しい。

IMG_3822.jpg

駅舎に入る。待合ロビーにはズラリと椅子が並び、ベトナム人が
思い思いに時間を潰している。ぱっと見た感じでは外国人は
ほとんどいないなあ~~

IMG_3823.jpg

とりあえずビエンホアまでのチケットを購入するべくカウンターに
足を運び、係りのお姉さんに訪ねる・・・

僕の発音がおかしいのかなかなかビエンホアが通じない・・・
隣にいた他の係りのお姉さんが気付いてくれてチケットを
購入する事ができた・・・

IMG_3819.jpg

4号車の31番シートが僕の席のようだ。
料金は10000ドン。1万円が170万ドンぐらいだから60円ぐらい。
これは近いとは言え、安いよなあ~~

今回はベトナムの鉄道の雰囲気を楽しみたいだけなので
タクシーが拾えるそこそこの駅で日帰り可能な目的地として
ビエンホアに決定。

もっと時間があればハノイまで行きたい所だがそうもいかない・・・

IMG_3825.jpg
IMG_3827.jpg

しばらく待合ロビーで時間を潰し、いざホームへ!
僕が乗る列車はすでに待っていて、入口のドアも開いている状態。

ホームは意外と閑散としていて大都会ホーチミンの駅というのが
信じられないぐらいだな~

IMG_3830.jpg

最近塗り直しされたようなきれいなグリーンの車体。
ワクワクしながら4号車に乗り込み席を探す。

IMG_3831.jpg

車内は非常に簡素。4人が座れるボックス席なのだが背もたれが
ほぼ直角で座り心地が非常に悪い・・・

ま、最初から期待していないがエアコン等はなく扇風機がグルグル回るだけ・・・
タイの3等車両と同じ感じだな。

IMG_3832.jpg

席に座り、ふと隣を見るとゴザを敷いて基地作りだ!
以前、本で読んだ事があるがゴザを貸す業者がいるそうで
乗客はゴザを借り、敷いてそこで寝転がって夜を明かすそうな!

確かに微妙に隙間の開いた椅子では寝転がると痛いだろうし
家族で移動となると4人で寝るには床も利用しなきゃ無理だなあ~



そんな事を考えているといよいよ出発の時間だ。
ゆっくりと出発する様子をご覧下さい~~

向かいに座っていたベトナム人のおっちゃんが撮影し易いように
窓を開けてくれた!カムオン(ありがとう)!

続く・・・

| ホーチミン | 00:00 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ベトナム・ホーチミンで夕食~コム・ニュウ・サイゴンで飛び交うおこげご飯


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

ベトナムホーチミンにおこげご飯が飛び交う?面白いレストランに
行ってみた!

その名はコム・ニュウ・サイゴン
おいしいベトナム料理が味わえるレストランなのだ。

IMG_3804.jpg

店内は清潔で天井の窓から外の明かりが入り込み開放的な印象

IMG_3809.jpg

早速、いろいろ注文してみる・・・

まずはバインセオ!意外にも葉っぱ類が控えめなのが驚いた!
バインセの葉っぱ類の多さはベトナム中部が一番かも?
店にもよるとは思うが、蝶々か何かの幼虫になった気分で
モリモリ食べる・・・

IMG_3808.jpg

これは鶏肉を使った・・・忘れた
骨付きの肉で手や口を油でベトベトにしながら無心に食べる!

うまし!!

IMG_3807.jpg

で・・・ここに来たら食べなきゃいけないのが、このおこげご飯!

香ばしく炊き上げたこのおこげご飯はコム・ダップと言って
土鍋ごとハンマーでかち割り、放り投げるパフォーマンスが
見られるのだ!



そのパフォーマンスの様子です!

実はこのパフォーマンスは2回目で、1回目はキャッチに失敗して
おこげご飯を床に落としてしまったのだ

黒ゴマや白ゴマ、ネギ等をふりかけ、スープをかけて食べるのだが
これが結構うまい!おこげの香ばしさが食欲を刺激するなあ~~

IMG_3813.jpg

コム・ニュウ・サイゴンを後にして、デザートを食べに行く

人気のチェーの専門店、チェー・ナムボだ。

IMG_3814.jpg

ベトナム全土の甘味を網羅しており、種類は豊富!
味へのこだわりを持つ店主が厳選した材料の良さが自慢らしい。

前回2009年に来た所から移転しており、暗くて分かりにくい路地を
入った所にあった。

IMG_3812.jpg

バナナとモチ米のココナッツミルクのチェーだったかな?

やっぱりココナッツミルクはデザートに使ってほしいなあ~
ココナッツミルクの入ったカレーとかあるけど僕はあまり
好きじゃないのだ。

IMG_3811.jpg

これはプリン!

最近ホーチミンだけでなく、にわかにベトナムの名物になってきているプリン!
ここのプリンには氷がかけてあってプリッとしまった食感がいい!

ベトナムって食べ物はおいしいよなあ~~
味が薄い料理も多いけど、個人的に好きだなあ~~



| ホーチミン | 00:00 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ベトナム・ホーチミン~チャイナタウンのチョロンを歩く②


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

ベトナムホーチミンにあるチャイナタウンである
チョロンを散策

そのチョロンエリアでも天后宮(ティエンハウ廟)は
一番の見所であるかもしれない

IMG_3777.jpg

屋根の装飾が細かいなあ~~
陶器製なのだろうか?色も鮮やかだ、それにやはり中国っぽいなあ~

IMG_3780.jpg

境内に入ると、物凄いお香のかおりが充満している。

この廟は1760年にベトナム最古の華人寺の一つらしい。
福建系華僑の多くが信仰する航海安全の守り神、ティエンハウ
天后聖母)祀られている・・・

IMG_3781.jpg

しかし大きな線香だなあ~~

この廟の天井から吊り下げられた線香は中国そのものという雰囲気だ。

この巨大な渦巻き線香は一ヶ月くらい燃え続けるらしい・・・

IMG_3789.jpg

境内に一日中絶える事のない線香の香りが、今も変わらない
人々の信仰を感じる・・・

IMG_3787.jpg

航海安全の守り神、ティエンハウ天后聖母

IMG_3785.jpg

では、我々も無事に帰国できるようにお祈りしておこう~

参拝用の線香は寺周辺や境内で6000ドンぐらいから
売られている・・・

IMG_3786.jpg

僕の前で祈っている女性を見よう見まねで・・・



| ホーチミン | 00:00 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ベトナム・ホーチミン~チャイナタウンのチョロンを歩く①


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

チョロンホーチミン最大の問屋街。
商人達が仕入れに集まり、街は活気であふれている。
華人が多く住むことからチャイナタウンとも呼ばれているのだ

上の写真は街の中でも特に活気のある場所、ビンタイ市場
ベンタイン市場と並ぶホーチミンの2大市場である。

IMG_3754.jpg

小売店が多いベンタイン市場に対して、ビンタイ市場
地元の商店主を対象とした卸売りが基本。

ベトナム人はバイクや自転車に乗る時は必ず身に付けるマスクが
山のように売っているぞ~

東南アジアの国々では乾季や暑季になると道路には砂埃が舞う。
確かにマスクがほしいなあという感じなのだが、圧倒的にベトナム
マスク着用率が高い!お隣のカンボジアやラオスもマスク姿を
見かけるが少数派だ!

IMG_3759.jpg

市場付近の道路脇には商品を並べただけの小さな店がたくさん!
タニシがたくさんいるぞ。。。

IMG_3760.jpg

タニシだけでなく野菜や果物も並んでいる。。。

IMG_3762.jpg

これはお供え物か?
ココナッツ?の小さな実が売られている。

IMG_3763.jpg

ベトナムのガソリンスタンドの様子
車の給油は?たまたまなのだろうが、バイクしか見なかった。
ほんとバイクの量は笑ってしまうくらいに多い!
これらが車に変わっていくとしたら、凄い経済効果だろうな!

IMG_3770.jpg

チョロン一帯には布を卸す商店も多い!
真剣な眼差しで布を選ぶ女性達がたくさん。

IMG_3771.jpg

それに、漢方を売る店も非常に多い。
どこの都市のチャイナタウンでも異国の中の異国を感じるなあ~

IMG_3766.jpg

チョロンの目抜き通り、チャンフンダオ通りにはチャタム教会
呼ばれるカトリックの教会がある。

IMG_3765.jpg

う~~ん、異国の中の異国の中の異国を感じるなあ~~

続く。。。

| ホーチミン | 00:00 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。