アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ブータン・ポブジカ~オグロヅルを観察しながらトレッキング


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

ガンテ・ゴンパの参道を逸れて、オグロヅルを観察しながら
ホテルまでトレッキング。

このポブジカを有名にしているのはオグロヅルの越冬場所と
なっているからだが、別にブータンでは野生動物は珍しくない。
しかし、人里のど真ん中で越冬する鶴をブータンの環境政策の
目玉として保護に力を入れており、そんな鶴がどんなものなのか
興味が湧くものだ。

広々としたポブジカの緩やかな谷は標高3300mの所にあって
ブータンでも寒さが厳しい所。

IMG_2802_20160306213948cc5.jpg

その標高と寒さで米や麦の栽培に適さず、人々はヤクや羊の
放牧を行い、チーズやバターを作っている。

日本の番組でポブジカが紹介された時に「鶴をとるか電気のある暮らしをとるか」
のような内容だったらしいが、すでに地下ケーブルによる電化が完了しているらしい。

景観はもちろん、鶴が感電死しないようにとのブータン政府の
保護活動の真剣さがわかるなあ~

IMG_2803_2016030621395786f.jpg

確かに寒い!もうすぐ日没なのだが、急速に気温が
下がっていくのがわかるぐらいだ。

さて、オグロヅルに出会う事ができるのかな?

IMG_2807.jpg

村から離れた針葉樹林の中を通って、オグロヅルの住む
湿地帯に降りて行く・・・

ブータンの旅行ではミニトレッキングしながら寺院や町に
向かう事をおススメします~。ただでさえ車の移動が多く
トレッキングは気分を開放的にさせてくれるし、人々の
生活にも触れられるしね。但し、呼吸はゆっくりと深く(笑)

IMG_2808.jpg

針葉樹林を抜けるとオグロヅルの住む湿地帯が広がる。

ヒマラヤ山脈を越えてやって来るオグロヅルを観察したければ
秋から春にかけてポブジカに来るのがいいのだが、ほんとここは
ブータンでも寒さで知られた所なので防寒はしっかりした方が
良さそうだ。

IMG_2811_20160306214210668.jpg

この広々とした谷のどこかにオグロヅルがいるハズなのだが・・・

鶴は放牧されているヤク等に混じって竹の地下茎とか昆虫を
食べているらしい。

寒いが歩いていて気持ちの良い場所であるなあ~

IMG_2809_20160306214219030.jpg

冷たい風に吹かれてはためくダルシン(経文旗)。

そのダルシンの由来も宗教感もピンとこない僕でも
何かとてつもなく大きなスピリチュアルな雰囲気は
感じる事ができる。

ブータンの象徴的な風景の一つだなあ~



そんなはためくダルシンの様子を撮影しました~
ほんと、幻想的です!

IMG_2827.jpg

谷を降りながら歩いていく・・・
オグロヅルがいないか時々、谷に目を凝らしながら歩くが
まだ発見できず・・・

双眼鏡を持って来れば良かったなあ~~

IMG_2847.jpg

見れなかった残念だなあ~なんて思っていたら突然目の前を
鳥の大軍が飛んで行く・・・

えっ!えっ!と慌ててシャッターを切る。

ガイドのペマがオグロヅルだよ!って教えてくれた。

おお!きれいだなあ~~
優雅な羽の動きに見惚れながら、歩くのをやめてしばし観察。

IMG_2843.jpg

おお!今度はまた違う群れが飛んでいるぞ!

ブータンの人々は鶴をトゥントゥンと呼んで天国の鳥として
大切にしてきたそうだ。

見れて良かった~~

IMG_2865.jpg

良く見ると地上にも鶴の姿が。

オグロヅルは世界に5000羽ほどしか生息していないらしく
その生態はあまり知られていないとの事。

ポブジカには毎年500羽ほどが飛来するそうな。

IMG_2845.jpg

はためくダルシンと天国の鳥のオグロヅル・・・
幻想的な谷の風景もあって、ブータン旅行で一番の
思い出深い体験となったなあ~

IMG_2880.jpg

標高3300m・・・

う~~ん、本当にここが天国の入口かも知れない??

スポンサーサイト

| ポブジカ | 00:00 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブータン・ポブジカ~ニンマ派寺院のガンテ・ゴンパの参道で


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

ブータントンサから次の目的地のポブジカへ。
その途中でランチなのだが、もうこれだけ何時間も(すでに4時間以上!)
車に揺られていると食欲なんて出ないものである・・・

もう、栄養摂取と割り切って食べ始める・・・

これはニンジン、ピーマン、ジャガイモをたっぷりのチーズと
バターで炒めた物・・・めっちゃ高カロリー!
味は悪くないが、もう少しあっさりした料理が欲しいなあ~

IMG_2720_20160207200838b5c.jpg

香辛料たっぷりのたぶんヤギ肉・・・
トウガラシとかで肉の臭みはマシになっているが、肉が非常に硬い!

IMG_2721_201602072008340f0.jpg

で、極めつけは真っ赤なトウガラシがてんこ盛りのエマ・ダツィ
トウガラシとチーズを煮込んだだけのシンプルな料理!
ブータンと言えば、このエマ・ダツィ!食べると口の中から胃まで
ホカホカ!汗がダラダラ!

ブータンは農耕も盛んだが、遊牧民も多く肉、チーズやバターの
消費は同じ農耕の盛んな日本よりも多い。
調味料は塩、チーズ、バター、山椒にほぼ限られており、どの料理も
非常に塩っぽい!

IMG_2751_20160207200846f9b.jpg

昼食後、車は標高3360mの峠ぺレ・ラを通過し中央ブータンから
西部ブータンポブジカへ到着。長い・・・

ここガンテ・ゴンパからホテルまではトレッキングしながらホテルへ
向かうのだが、途中オグロヅルを観察。

IMG_2757_2016020720085523d.jpg

まずはガンテ・ゴンパの見学から。

2008年に大規模な改修が完了しただけあって、装飾も新しく鮮やか。

IMG_2770_20160207201113cf9.jpg

壁画もマンガチックではあるが、恐ろしい表情は迫力がある。

ニンマ派最大の寺院で、1613年に開かれたとても歴史のある建物。

IMG_2760_20160207201102336.jpg

これは僧坊。修行中の僧の住居。
寒いブータンで特にポブジカは冷え込みが厳しい所で知られる。
こんな僧坊で満足な暖を取る事ができるのか?

IMG_2768_201602072011215da.jpg

修行の厳しさを想像しながら歩いていると、凄い薪の量!
薪ストーブで暖を取るのだろうが、この寒さでは恐らくそんなに
もたないのだろうな~。1週間分ぐらい?

IMG_2776_20160207201133077.jpg

寺院を抜けるとそこには参道が真っ直ぐに伸びており
両側に簡素な土産物屋が並ぶ。

ここは布屋さん。誰もいない・・・
というか、観光客も日に何人来るのだろう?
1枚売れると粗利が良いので、しばらくは大丈夫なのか?

IMG_2777.jpg

アクセサリー屋さん。ここも誰もいない・・・

緻密な装飾が印象的。全部ハンドメイドなんだろうな。
アクセサリーと言うか仏具?なんだろうか?

IMG_2775.jpg

誰もいないと思っていたら、こんな所に集まっていた。
男たちは店もそっちのけでカードゲームに興じている。
明らかに「賭けて」いるので真剣そのもの!

IMG_2778.jpg

隣でもサイコロを使ったゲームをしている。
サイコロの目を当てる、シンプルなゲームのようだ。

もう、観光客は来ないし暇なので賭けゲームでもして
遊ぼう!と言う事か?って、観光客の僕がいるのに全く
営業はナシ!(笑)



そんな彼らの様子を撮影しました~~

IMG_2787_20160207201331bfe.jpg

大人達のそんなゲームは関係ないとばかりに子供達が
はしゃぎまわって遊んでいる・・・

町も人もなんて長閑でゆっくりしているんだ~~~

これからオグロヅルを観察しながらトレッキング開始!

| ポブジカ | 00:00 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。