アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ブータン・ポブジカ~オグロヅルを観察しながらトレッキング


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

ガンテ・ゴンパの参道を逸れて、オグロヅルを観察しながら
ホテルまでトレッキング。

このポブジカを有名にしているのはオグロヅルの越冬場所と
なっているからだが、別にブータンでは野生動物は珍しくない。
しかし、人里のど真ん中で越冬する鶴をブータンの環境政策の
目玉として保護に力を入れており、そんな鶴がどんなものなのか
興味が湧くものだ。

広々としたポブジカの緩やかな谷は標高3300mの所にあって
ブータンでも寒さが厳しい所。

IMG_2802_20160306213948cc5.jpg

その標高と寒さで米や麦の栽培に適さず、人々はヤクや羊の
放牧を行い、チーズやバターを作っている。

日本の番組でポブジカが紹介された時に「鶴をとるか電気のある暮らしをとるか」
のような内容だったらしいが、すでに地下ケーブルによる電化が完了しているらしい。

景観はもちろん、鶴が感電死しないようにとのブータン政府の
保護活動の真剣さがわかるなあ~

IMG_2803_2016030621395786f.jpg

確かに寒い!もうすぐ日没なのだが、急速に気温が
下がっていくのがわかるぐらいだ。

さて、オグロヅルに出会う事ができるのかな?

IMG_2807.jpg

村から離れた針葉樹林の中を通って、オグロヅルの住む
湿地帯に降りて行く・・・

ブータンの旅行ではミニトレッキングしながら寺院や町に
向かう事をおススメします~。ただでさえ車の移動が多く
トレッキングは気分を開放的にさせてくれるし、人々の
生活にも触れられるしね。但し、呼吸はゆっくりと深く(笑)

IMG_2808.jpg

針葉樹林を抜けるとオグロヅルの住む湿地帯が広がる。

ヒマラヤ山脈を越えてやって来るオグロヅルを観察したければ
秋から春にかけてポブジカに来るのがいいのだが、ほんとここは
ブータンでも寒さで知られた所なので防寒はしっかりした方が
良さそうだ。

IMG_2811_20160306214210668.jpg

この広々とした谷のどこかにオグロヅルがいるハズなのだが・・・

鶴は放牧されているヤク等に混じって竹の地下茎とか昆虫を
食べているらしい。

寒いが歩いていて気持ちの良い場所であるなあ~

IMG_2809_20160306214219030.jpg

冷たい風に吹かれてはためくダルシン(経文旗)。

そのダルシンの由来も宗教感もピンとこない僕でも
何かとてつもなく大きなスピリチュアルな雰囲気は
感じる事ができる。

ブータンの象徴的な風景の一つだなあ~



そんなはためくダルシンの様子を撮影しました~
ほんと、幻想的です!

IMG_2827.jpg

谷を降りながら歩いていく・・・
オグロヅルがいないか時々、谷に目を凝らしながら歩くが
まだ発見できず・・・

双眼鏡を持って来れば良かったなあ~~

IMG_2847.jpg

見れなかった残念だなあ~なんて思っていたら突然目の前を
鳥の大軍が飛んで行く・・・

えっ!えっ!と慌ててシャッターを切る。

ガイドのペマがオグロヅルだよ!って教えてくれた。

おお!きれいだなあ~~
優雅な羽の動きに見惚れながら、歩くのをやめてしばし観察。

IMG_2843.jpg

おお!今度はまた違う群れが飛んでいるぞ!

ブータンの人々は鶴をトゥントゥンと呼んで天国の鳥として
大切にしてきたそうだ。

見れて良かった~~

IMG_2865.jpg

良く見ると地上にも鶴の姿が。

オグロヅルは世界に5000羽ほどしか生息していないらしく
その生態はあまり知られていないとの事。

ポブジカには毎年500羽ほどが飛来するそうな。

IMG_2845.jpg

はためくダルシンと天国の鳥のオグロヅル・・・
幻想的な谷の風景もあって、ブータン旅行で一番の
思い出深い体験となったなあ~

IMG_2880.jpg

標高3300m・・・

う~~ん、本当にここが天国の入口かも知れない??

スポンサーサイト

| ポブジカ | 00:00 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブータン・ポブジカ~ニンマ派寺院のガンテ・ゴンパの参道で


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

ブータントンサから次の目的地のポブジカへ。
その途中でランチなのだが、もうこれだけ何時間も(すでに4時間以上!)
車に揺られていると食欲なんて出ないものである・・・

もう、栄養摂取と割り切って食べ始める・・・

これはニンジン、ピーマン、ジャガイモをたっぷりのチーズと
バターで炒めた物・・・めっちゃ高カロリー!
味は悪くないが、もう少しあっさりした料理が欲しいなあ~

IMG_2720_20160207200838b5c.jpg

香辛料たっぷりのたぶんヤギ肉・・・
トウガラシとかで肉の臭みはマシになっているが、肉が非常に硬い!

IMG_2721_201602072008340f0.jpg

で、極めつけは真っ赤なトウガラシがてんこ盛りのエマ・ダツィ
トウガラシとチーズを煮込んだだけのシンプルな料理!
ブータンと言えば、このエマ・ダツィ!食べると口の中から胃まで
ホカホカ!汗がダラダラ!

ブータンは農耕も盛んだが、遊牧民も多く肉、チーズやバターの
消費は同じ農耕の盛んな日本よりも多い。
調味料は塩、チーズ、バター、山椒にほぼ限られており、どの料理も
非常に塩っぽい!

IMG_2751_20160207200846f9b.jpg

昼食後、車は標高3360mの峠ぺレ・ラを通過し中央ブータンから
西部ブータンポブジカへ到着。長い・・・

ここガンテ・ゴンパからホテルまではトレッキングしながらホテルへ
向かうのだが、途中オグロヅルを観察。

IMG_2757_2016020720085523d.jpg

まずはガンテ・ゴンパの見学から。

2008年に大規模な改修が完了しただけあって、装飾も新しく鮮やか。

IMG_2770_20160207201113cf9.jpg

壁画もマンガチックではあるが、恐ろしい表情は迫力がある。

ニンマ派最大の寺院で、1613年に開かれたとても歴史のある建物。

IMG_2760_20160207201102336.jpg

これは僧坊。修行中の僧の住居。
寒いブータンで特にポブジカは冷え込みが厳しい所で知られる。
こんな僧坊で満足な暖を取る事ができるのか?

IMG_2768_201602072011215da.jpg

修行の厳しさを想像しながら歩いていると、凄い薪の量!
薪ストーブで暖を取るのだろうが、この寒さでは恐らくそんなに
もたないのだろうな~。1週間分ぐらい?

IMG_2776_20160207201133077.jpg

寺院を抜けるとそこには参道が真っ直ぐに伸びており
両側に簡素な土産物屋が並ぶ。

ここは布屋さん。誰もいない・・・
というか、観光客も日に何人来るのだろう?
1枚売れると粗利が良いので、しばらくは大丈夫なのか?

IMG_2777.jpg

アクセサリー屋さん。ここも誰もいない・・・

緻密な装飾が印象的。全部ハンドメイドなんだろうな。
アクセサリーと言うか仏具?なんだろうか?

IMG_2775.jpg

誰もいないと思っていたら、こんな所に集まっていた。
男たちは店もそっちのけでカードゲームに興じている。
明らかに「賭けて」いるので真剣そのもの!

IMG_2778.jpg

隣でもサイコロを使ったゲームをしている。
サイコロの目を当てる、シンプルなゲームのようだ。

もう、観光客は来ないし暇なので賭けゲームでもして
遊ぼう!と言う事か?って、観光客の僕がいるのに全く
営業はナシ!(笑)



そんな彼らの様子を撮影しました~~

IMG_2787_20160207201331bfe.jpg

大人達のそんなゲームは関係ないとばかりに子供達が
はしゃぎまわって遊んでいる・・・

町も人もなんて長閑でゆっくりしているんだ~~~

これからオグロヅルを観察しながらトレッキング開始!

| ポブジカ | 00:00 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブータン・ブムタンからトンサに向けて出発!


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

ホテルから眺めるライトアップされたジャカル・ゾン

そもそも外国人旅行者が自由に行動できない事と宿周辺に
何もないので、一日の旅程が終了し部屋に戻るとぼーっと
過ごす事になる。

Wi-Hiの環境が整っているので日本の情報を入手したり
ブログやメールの確認ができるのはありがたい。

IMG_2659.jpg

これはブータンの紙幣。ニュルタム(BTN)。
1ニュルタムは1.8円ぐらい。

最高紙幣は1000ニュルタムで1800円ぐらい。
ちなみにお隣インドとは1インド・ルピー=1ニュルタムで固定されている。
1000と50に現国王が描かれている。

IMG_2660_2015111421114983e.jpg

裏には各地にあるプナカ・ゾン等、主要なゾンが描かれている。

IMG_2656_20151114211142d2d.jpg

で、夕食なのだが、これは水餃子。皮が分厚くて非常に
食べごたえがある。肉汁(なんの肉かは不明)がじゅわ~と
口に広がりクセもなく美味しい!

IMG_2654_20151114211146d40.jpg

問題はコレ!蕎麦!
見た目、日本のざる蕎麦のような感じだが・・・
食べてみるとコシがなく、口の中でほろほろと崩れる感じ。
ブツブツした食感。味はなんというか素朴過ぎると言うか
味らしい味がなく、2口でやめた(苦笑)

IMG_2685.jpg

翌朝、宿を出て一路トンサに向けて出発。

IMG_2684.jpg

ヨトン・ラと呼ばれる3400mの峠に到着。
高度順応もしてきたので車酔いみたいな高山病の
症状もなくなってきて快適に。

ただし、車から降りて歩く時はゆ~っくりと息をするように
心掛ける。

IMG_2674.jpg

途中に寄った土産物屋でブータンに来たら購入しようと思っていた
布を物色。中でもヤクの毛を使ったヤタと呼ばれる厚手の織物を
購入。写真の一番右端。

荒い織物だがヤクの毛というのがポイント。
高地ならではの織物ではないか!満足。

IMG_2677_20151114214029c95.jpg

織機も見せて貰ったけど、いたってシンプル。

ブムタン周辺は毛糸の産地で、紡ぎから染色、織りまで
すべて地元で行う事が出来るとの事。

IMG_2692.jpg

トンサに到着してガイドのペマが銀行に寄ると言うので
僕も付いていく。ブータン銀行、トンサ支店。

IMG_2696.jpg

おお!なんとATMがあるではないか!
ATMの枠が木製なのはご愛嬌。中に人が入ってたりして?(笑)

IMG_2698.jpg

窓口は地元の人で大賑わい。国王夫婦のポスターも。

このポスターを昭和天皇と皇后様にすると・・・
昭和初期の日本の風景に!?
こんな感じだったのではと想像が膨らんだ・・・

| ブムタン | 00:00 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブータン・ブムタン~ジャンパ・ラカンとクジュ・ラカンを訪ねる

IMG_2642.jpg
記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

今日はブムタン地方に点在する有名な寺院を巡る・・・
その前にガイドのペマが携帯電話のプリペイドを買うというので
一緒に雑貨店のような所に入る。

ブータンではプリペイド方式が主流のようだ。

IMG_2652.jpg

しかしブータンの家々は大きくて立派だよなあ~~
1階部分は倉庫とか家畜用のスペースで、生活スペースは2階より上。
2階部分へは大抵ハシゴの様な階段で登っていくのだが、このハシゴを
外せば防犯効果もバッチリ。



車の中から家々を眺めてみると、やっぱり立派な家が多いなあ~



で、着いたのはブムタンの平坦な牧草地の中に建つ
ブータン最古の寺ジャンパ・ラカン

う~~ん、確かに壁などの装飾は新しいが建物自体が
物凄く古い物だという感じがするなあ~・・・

IMG_2608.jpg

入口には巨大で重いマニ車が左右6本づつ構えている。
それを1本づつグルグルと回しながら内部へ・・・

暗くて長い通路に古さを感じる。

IMG_2610_20151011183038fec.jpg

7世紀前半に即位したソンツェン・ガンポ王はチベットを統一すると、
全国に108の寺を建て、仏教の布教に努めたという。
その時に建てられたのが、パロにあるキチュ・ラカンとこのジャンパ・ラカン

本道の周りを回廊が囲む・・・
その中庭にはストーブが置いてあり、参拝者が暖を取れるようになっていた。

IMG_2612.jpg

本堂の中は撮影禁止。中は非常に狭くて薄暗い・・・
中に辿り着くのに狭い通路をカニ歩きで進まなければならない・・・

ご本尊は弥勒菩薩像。僧侶が読経を唱える中で、ブータンに来てから
何度となくやっている五体投地式の祈りを捧げる・・・様になってきたかな?(笑)

写真はその本堂の壁に描かれた仏画の一部。

IMG_2621_20151011183045437.jpg

小さな寺院ながらも、参拝者がぞくぞくとやって来る。
ブータンの人々の厚い信仰心を感じるなあ~~

IMG_2623.jpg

場所を移動してやってきたのはクジュ・ラカン
チベット周辺に仏教を布教させた高僧パドマサンババ
岩山で瞑想をしていた時に残った影(クジュ)が寺院の
名前のゆかりらしい・・・

IMG_2627.jpg

その岩山を覆うように建てられたのがクジュ・ラカンなのだ・・・
岩山の斜面に沿うように3棟の大きな建物が建っており

右の建物にはその岩に残る「影」を・・・
中央の建物には10m近い高さのパドマサンババの像が・・・
左の建物は比較的新しく1990年に建てられ、ご本尊は
これまた10m近い歓喜仏が安置されている。

 

帰り道、標高3000m前後の道を車で移動するのだが
山々の遠景が美しいので撮影したが上手く撮影できたかな?

続く・・・                                      

| ブムタン | 00:00 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブータン・ブムタン~ジャカル・ゾンを訪ねて


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

ブムタンで宿泊したジャカル・ビレッジからジャカル・ゾン
望む事ができる。ぶらぶら歩いて訪ねてみよう!

IMG_2547.jpg

ホテルからでて緩い傾斜を歩いていた時に男女の大きな歓声が
聞こえてくる。見てみると空地でブータン式のダーツとも呼ばれる
クル」で遊ぶ地元の人々の声であった。

IMG_2554.jpg

20mぐらい離れた、この的を目がけてクルと呼ばれる木の軸に
釘のような鉄の芯をつけ、羽で安定させた物を投げる。

1人が2回ずつ投げて中央に当たれば3点。25点を先取した
チームが勝つというゲームらしい。

IMG_2550.jpg

的に矢が当たるたびに大歓声があがる。
女性陣は食べ物や飲み物を用意して観戦。
旦那や彼氏が活躍するのを見ながら他の家族と
コミュニケーションを楽しんでいるようだ。

IMG_2551.jpg

この日は、年が明けたてだったのでブータンもニューイヤーの
休日を満喫しているようだなあ~

    

的に矢が当たると味方のチームは歓声をあげ、勝利の歌と
踊りをひとしきり披露する。的に当てた者は的に掛けられていた
絹のスカーフを受け取り、名誉の証としてゴの帯にはさむ。

IMG_2567.jpg

そんなクルの様子をしばらく見た後にジャカル・ゾンへ。
階段を上がって入口に向かう・・・

IMG_2569.jpg

門の手前にある誰もいない受付所?で記帳しなければならない。
みんなヒマラヤの麓の誰も知らないようなマイナーなゾンに
結構来ているんだなあ~と思わず感動・・・

IMG_2586.jpg

こじんまりとした誰もいないゾン・・・

「白き鳥の城」という別名を持つこのゾンは1897年に
大地震で崩壊し、その後縮小されて再建されたそうな・・・

IMG_2582.jpg

誰もいないゾンは静かで、オフィスはカーテンが閉められていた。
ニューイヤーの休日なんだろうか?

IMG_2581.jpg

放し飼い?されたニワトリが辺りをうろつく・・・

IMG_2589.jpg

巨大なマニ車を動かして見る・・・重っ!
ガラガラと大きな音がゾン全体に響き渡る・・・

IMG_2592.jpg

一般にゾンはドゥク派の僧院としての意味合いが強いらしく
ニンマ派の多いここブムタンではあまり支持されていないらしい・・・

なんとなく寂しい感じがするのは休日だけの理由ではなさそうだなあ~~


| ブムタン | 00:00 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。