アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

タイ・ウボンラーチャターニー~ムーン川周辺を散策する


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

タイの地方都市ウボンラーチャターニーにはムーン川が流れており、
その周辺に見応えある寺院が点在しているようなのでブラブラと
行ってみる・・・

ウボンラーチャターニーのトゥクトゥクはバンコクにあるような
コンパクトな物ではなくてチェンマイにあるようなピックアップ
トラックを改造したような大型の物が主流のようだなあ~

IMG_3423.jpg

やってきたのはワット・シーウボンラットという寺院。
バンコクのワット・ベンチャマボピットを模して造られたらしい・・・

IMG_3429.jpg

広い境内に建つ本堂を覗くと、美しい仏像が安置されている。
横には現国王の若い時の写真が・・・

で、そのご本尊の足元にどこかで見た事のあるような小さな仏像が!

IMG_3430.jpg

ズ~~ム!

タイで最高の格式寺院であるバンコクのワット・プラケオにある
エメラルド仏と同じ様式の仏像が収められているのだ。
サイズはやや小さいけれど形はソックリ。

18世紀にラオスから持ち込まれたという来歴も同じとの事。

掌を合わせて世界平和を祈っておく・・・

IMG_3426.jpg

そんな本堂を写生する学生達がたくさんいたので
どんなモノかと覗いてみようとしたら、恥ずかしいのか隠された(笑)

よく旅先でスケッチしを楽しむご年配の旅行者を見かける。
いい時間の過ごし方だなあ~といつも憧れの眼差しで見ているが
やってみたい!と思うが、ほんと絵心がないしなあ~
スケッチとかデッサンとか習ってみようかな~旅の幅が広がりそう・・・

IMG_3422.jpg

なんとなく欧州の雰囲気を醸し出す鐘楼・・・

IMG_3439.jpg

次の寺院に向けて歩いていたら、途中で高校の脇を通った。
すごい量のバイクがずらりと並んでいる・・・
そもそものカラーリングも派手だが、ステッカーをさらにベタベタ貼りまくり(笑)
ほんと、タイの人は自転車に乗らないよな~~、というかインドシナの国々では
自転車で通学する学生をあまり見ないなあ~・・・
まあ確かに暑いし、朝から汗だくになるのが嫌なのはわかる(笑)
今でも日本の高校では大抵、バイク通学は禁止だよね?
免許自体、取得するのも許可がいるんだっけ?

IMG_3433.jpg

で、やってきたのはムーン川のほとりに建つワット・スパッタナーラーム
なんでもラーマ4世が創始したタマユット・ニカーイという宗派の最初の
寺院らしい。

本堂の正面にはクメール様式の装飾が見られる。
ギラギラ輝く太陽の光を受けて白く輝いていたなあ~

IMG_3435.jpg

で、ムーン川を眺める・・・あの雄大なメコン川の支流。
ほんとインドシナの国々を旅しているとメコン川の偉大さが
良くわかるよな~

タイ、ラオス、カンボジア、ベトナムで見てきたメコン川の姿を
思い出しながらしばらくボーっとする・・・

IMG_3442.jpg

ウボンラーチャターニーの空港。
こじんまりとして人もまばらな地方空港。

今回もタイ→ラオス→タイという陸路の移動を通して
メコン川の恵みに触れた旅であった・・・

スポンサーサイト

| ウボンラーチャターニー | 00:00 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

タイ・ウボンラーチャターニー~トゥン・シー・ムアン公園でまったり


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

ラオス、カンボジアとの国境の街ウボンラーチャターニー
ウロウロと歩いてみる・・・

赤い車がたくさん停まっているぞ~!
へえ~、タイの消防署ってこんな感じなんだな~

IMG_3396.jpg

署内に入りきれない消防車がたくさん路駐してる・・・
車はISUZU製。日野自動車も!こうやって異国の田舎町で
日本製の消防車が活躍しているのを見ると嬉しいものだ。

IMG_3395.jpg

救急車もあるぞ!
ほうほう・・・タイで救急車を呼ぶときは199なんや!
日本は119・・・覚えやすいけどお世話になりたくはないものだ・・・

IMG_3413_20150803001731c28.jpg

そんな消防署の近くにはトゥン・シー・ムアンという大きな公園があって・・・
こんな巨大なオブジェが公園のど真ん中に鎮座している。

毎年ウボンでは7月にタイの三大祭りの一つ、ロウソク祭りが開催される。
いろんなロウソクで出来た山車のパレードが見所で、このオブジェもその山車の
ひとつではあるがレプリカなんだそう。

毎年国内外から凄い人々が集まるらしい・・・
一度観てみたいものだ!

ちなみにタイ三大祭の残り二つはスリン象祭りスコータイロイクラトン祭り。
一度狙って行ってみよう!

IMG_3403.jpg

公園内には国立博物館がある。

タイ最東部の都市ウボンラーチャターニーは非常に歴史の古い土地で
先史時代の壁画、磨崖仏が点在している。
そんな土地から出土した貴重な品々をきれいな館内で展示してあるのだが・・・

中で働いているのは公務員?なんだろうけど、全くやる気がない・・・
ほとんど女性なのだが皆、廊下の椅子に座り、スマホをいじる・・・
展示室に入った僕に気付くと部屋のファンのスイッチをON・・・
出るとOFF・・・で座ってまたスマホ・・・あくび、化粧・・・

IMG_3404.jpg

まあ、こんなタイ最東部の街の博物館に、わんさかと人が訪れる事もないだろうに
無駄に多いスタッフを雇っている様子は、日本のバブル時にあちこちに建設された
無駄な「箱物」建造物を思い出させる・・・

IMG_3400.jpg

公演内には寺院などもあってウボンの人々が祈りを捧げていた・・・

IMG_3418.jpg

公園内をさらにブラブラ歩いていると・・・

ジム???

こんな炎天下の公園で体を鍛える人っているのか??
かなり本格的な器具が揃っているぞ~~

IMG_3416.jpg

この写真!!(爆)

写真の上には鏡まで置いてある!
ムキムキになった俺!を鏡で確認するのか?(笑)

IMG_3417_20150803001731d0a.jpg

暑いのがキライで自転車にも乗らないタイ人がこんな場所で
筋トレするとは到底思えないのだが・・・

これも無駄な「箱物」の一種?か・・・

| ウボンラーチャターニー | 00:00 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

タイ・ウボンラーチャターニーのワットトゥンシームアンで元気な僧侶!


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

ラオスとカンボジアに接するタイ最東部の県、ウボンラーチャターニー
ベトナム戦争時はここの空港からアメリカ軍が出撃するなど、基地の街で
潤ったが、ノンビリとした田舎の街だ・・・

ここからカンボジア国境にあるアンコールワット遺跡群のプレア・ヴィヒアに
行こうと考えていたが、国境を巡って両国軍が発砲するなど緊張状態であるので
泣く泣く諦めた・・・少し前は行けたのに!残念・・・

IMG_3367.jpg

そんなタイの最東部の街でも国王様は大人気。
こんなカレンダーがあるんだなあ~~

高齢で最近表に出て来ないのが気がかり・・・
次期国王はあまり人気が無いらしく、政情的な問題が
起りそうで心配だなあ~~

IMG_3371.jpg

で、訪れたのはワットトゥンシームアンと呼ばれる寺院。

1829年に創建された寺院で。バンコクのワットスラケートの修行僧が
ここを訪れ、瞑想に適した森を見つけてその地に建てたのがこの寺院。

IMG_3375.jpg

観光客で一杯のバンコクの寺院に比べると観光客もおらず
ゆっくりと観光できる。

この建物は鐘楼かな?

ほんと何度見てもタイやラオスの寺院って派手だよな!
やはり金箔等をタンブンする文化だから?

IMG_3372.jpg

で、この本堂の中にはワットスラケーとから貰い受けたという
仏足石のレプリカが収められている。

IMG_3388.jpg

中に入ると堂内の壁画には仏陀の生涯が細かく表現されており・・・

IMG_3390.jpg

確かにでーん!と大きな仏足石が安置されていた。

IMG_3379.jpg

この寺院最大の見所はこの木造の経蔵。

人工池の中に建てられたこの経蔵はタイ、ミャンマー、ラオスの
様式を用いて建てられており、6層の屋根が美しい。

池には蓮が咲き経蔵の存在感をひきたてる。

IMG_3376.jpg

そんな経蔵の美しさに見惚れていると、大きな声が聞こえてきた。

この寺院で修業中の僧侶が大きなリヤカーで寺院で不要な物かな?を
次々と運んでいたのだ。



その様子を撮影しました。

この僧侶達の笑顔はまだまだ遊びたい盛りの
子供のものだった。



| ウボンラーチャターニー | 00:00 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

タイ・ウボンラーチャターニーから国際バスでラオスのパークセーへ!③

ラオス国境の露店
記事中の全ての画像はクリックすると拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

写真は袋にぎゅうぎゅうに入れられた活コオロギ!
タイラオスカンボジア。。。インドシナ半島の人々は
虫が大好き!タガメ、クモは子供のおやつとしても大人気!

IMG_2740.jpg

タイラオスの国境の町でコオロギをはじめ、いろんな食材を売る
露店を冷やかしながらラオス側のイミグレーションオフィスへ向かう

この店はタケノコとマンゴーだな

IMG_3348.jpg

標識に従って、歩いていくと。。。

IMG_2742.jpg

ラオス側のイミグレーションオフィスが見えてきた。。。

タイ側のオフィスに比べてなんと質素な建物なんだろう。。。
タイラオスの経済格差が表れているなあ~。。。

以前、ラオスのファイサーイからタイのチェンコーンへ
メコン川を渡って国境を越えた
ときも、両国のオフィスの
違いに同じ感想を持ったものだ。。。

IMG_2743.jpg

早速、入国手続きをしよう!

日本人は15日以内の観光ならばビザは不要なので
出入国カードに記入してパスポートと一緒に提出すれば
OK!

ご存知の通り、日本人は対外援助も盛んな上に素養も高いという事で
多くの国がVISAなしでの入国を認めている。。。

IMG_2744.jpg

こういう時って日本人って便利だよなあ~と考えつつ
さっき手続きしたブースを振り返ると。。。

例の28人のイム学生で大混雑している。。。

彼らはASEAN諸国連合に加盟していない為、アライバルビザ
必要!なのでその手続きで大混雑しているのだ。。。

IMG_2745.jpg

せっかく、時間を掛けずに入国出来たのに彼らのおかげで
かなり待たされる事に。。。

まったく。。。どこまでも腹が立つ連中だ!くそ~!

待つ間、タイバーツをラオスのキープに両替しておく。
今年の6月、バンコクに行った時、レートがいつになく
良かったので円をバーツにかなり両替しておいた。。。

別にバーツで通せるのだが、お釣りがキープで返ってくる時に
かなり悪いレートなのだ。なので最初からキープに替えておく。

IMG_2747.jpg

しかし、のんびりした所だ。。。

牛が草を食んでいるぞ

IMG_2748.jpg

フランス人の学生を待つ間、市場を見学に行く。。。

ランブータン、マンゴスティン、バナナ、マンゴー、パパイヤ。。。
新鮮な果物がてんこ盛り!!

IMG_2749.jpg

これはエビだよなあ~
海からかなり離れているから、川のエビかなあ?
こんな炎天下で大丈夫なのかなあ~?

IMG_2750.jpg

で、この貝も川のものなのかなあ~・・・
食べたら絶対に腹を壊すだろうなあ~・・・

IMG_2751.jpg

国際バスは僕達の荷物を預かったまま、タイ側から
先回りしてすでに待機している

そう、フランスの学生待ちだ。。。

3本目のタバコに火をつける僕。。。

続く。。。

| ウボンラーチャターニー | 00:01 | comments:18 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

タイのウボンラーチャターニーから国際バスでラオスのパークセーへ!②

ウボンラチャターニーのバスターミナル
記事中の全ての画像はクリックすると拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

イムの学生28人に占拠された国際バス。。。
出発時間になったので乗り込もうとするのだが
僕はスタンディングなので、彼らが着席するのを
待たなければならないので一番最後に乗り込む

ターミナル内で調達してきたのだろう、大量のジュースや
食べ物を持って乗り込むイム学生達。。。

『キャーキャーゆうてんと、はよ乗れや!!』と心で叫ぶ

IMG_3343.jpg

バスは一路、タイの国境の町チョーンメックへ向けて出発。。。
写真は空いていた帰りの同じバスの様子。。。

結局、この座席のほとんどがイム学生に占拠され、僕は通路で
スタンディングなのだが、この通路、写真でも判る通りとにかく狭い!

で、学生と言っても体のでかいフランス人、そうじゃなくても
態度がでかい!足を広げて座るので、通路にはみだす足が
鬱陶しい。。。

僕の目の前を行き交うドーナツやクッキーの袋。。。
そんなに話す事があるのか?と思えるほど大声でしゃべり続ける
フランス女の子。。。

出発して間もないけど、もうなんだか疲れてきた。。。
足腰も痛くなってきたし。。。

IMG_3357.jpg

そんなこんなで、ウボンを出発して1時間半ほどで
国境の町、チョーンメックに到着。。。

荷物をバスに預けたまま、バスを降りてタイの出国手続きに
向かう。

写真はタイ側のイミグレーションオフィス。

IMG_2735.jpg

出国手続きをしに建物内に入っていく。
写真に写っている若い子達がうるさい!態度でかい!イム学生達だ

今朝、タイに入国したばかりなのだがもう出国。。。なんかおもしろい
陸路での出入国ではわけのわからないコミッションを取られる事が
多いと聞いていたが、タイ側ではそんな事はなかった。

出国手続きは簡単に済み、建物を出て国境を越える。。。

IMG_2736.jpg

タイからラオス側に向かうのに、地下トンネルを歩いて通っていく。。。

IMG_2737.jpg

ラオスはLAO(ラオ)と呼ばれている

IMG_3354.jpg

トンネルは真ん中で区切られており、反対側はラオスからタイに
向かう通路なのだが、子供なんかは普通に国境をウロウロしている。
ラオス?タイ?どちらの子供なのか??

タイ人でもラオスに入国する時は簡単だがパスポートを見せたり
なんかのコピーを提出したりしていたので、それなりに決まりは
あるようだ。。。

ただ、この国境付近にいる人々は特例?慣例?なのか
子供も大人も国境を気にせず、自由にウロウロしている様子。。。

IMG_3351.jpg

地下トンネルから地上に出ると。。。

このつまづきそうな鉄の仕切りが『国境』なのだそうだ

僕達、外国人には少々重みのある鉄の仕切りだけれど
この付近の人達には特別なものでもなさそうだ。。。

IMG_2738.jpg

そんな『国境』の重みについていろいろ考えながら、ラオス側の
イミグレーションオフィスを目指して歩く。。。

IMG_2739.jpg

そのうち道幅が広くなり、両側にいろんな物を売る露店が
現れた。。。ラオスの人々が国境で露店を出しているのだ。

主に野菜とか果物を売る露店が多い。

写真には写っていないが、舗装された道には立派な建物の
銀行や家電製品を売る店、タイやラオスの特産品を売る店が
たくさん並んでいて、 国境貿易も盛んなようだ。

IMG_2741.jpg

そして。。。こんなものも!

網目の袋がガサガサと音を立ててうごめいている。。。

コオロギだ!!

食用のコオロギだろう。。。
こんな袋に生きたまま入れられて、餌かな?葉っぱと一緒に
入れられている。。。

鮮度が命!活コオロギというところか。。。

続く。。。

| ウボンラーチャターニー | 00:01 | comments:22 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。