アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ネパール・ナガルコットからチャングナラヤンまでトレッキング③

ネパール・チャングナラヤン
記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

ナガルコットからチャングナラヤンまでのトレッキングも終盤へ
写真のような村々を通り過ぎながらチャングナラヤンを目指す。

通り過ぎる時、村人の生活の様子が垣間見れて大変興味深い。。。

山羊の群れを引き連れて歩く少年。。。
何やらスコップで作業をしている女性。。。
カゴを使って家事の手伝いする少女。。。

IMG_1956.jpg

基本的に家はレンガを積み上げた簡単な造りで、恐らく朝晩は
かなり冷え込むだろうなあ~。。。気温はマイナスになるだろう。。。

洗濯物も厚手の服が多いし、日中はともかく寝る時は服を着込んで
寝ているに違いない。。。

IMG_1946.jpg

牛と山羊を飼っている家が多いなあ~~

おとなしいとは思うけど、牛の横を歩いて通り過ぎるのは
けっこう怖かったりするんだよな~

目を合わさないように通り過ぎる

IMG_1947_20130623025904.jpg

こんな長屋風の家屋もよく見かけるなあ~
竹で編んだカゴの中には鶏が入っているんだけど、やっぱり
食用なんだろうねえ~

IMG_1957_20130623030136.jpg

ニコッと笑って、手を振るんだけど
怪しい外国人と思われたのか?睨まれてしまった

IMG_1948.jpg

もうヒマラヤの山々は見れなくなったけど、眼下には
広大なライステラスと点在する村々の景色が美しい

途中途中で足をとめて休憩。。。

さすがに二日前にも8時間のトレッキングをした事もあって
足の脛とか腰とかかなりの筋肉痛

バックパックの荷物も必要最小限の物だけを厳選し、軽量化の
工夫をしているけれどやはり揺れで肩とかダルくなってくる。。。

IMG_1950.jpg

そしてまだまだ道は続くのだった。。。

もうそろそろ歩くのをやめたい!ゴールはまだか!?と思う自分と
しんどいけれどもう少し歩きたいなあ~と思う自分が心の中にいて
葛藤しているんだけど、結局歩かなければ解決しないよね~

IMG_1958_20130623030210.jpg

今度は表情が固まってしまったね~~~!!
ゴメンネ~~~

そんなに怪しい顔をしているかなあ~、やだなあ~

IMG_1955_20130623030048.jpg

6時間ぐらい歩いたかな?

ようやく道のさきにチャングナラヤンの寺院が見えてきた
写真の山の上に建つ建物群がそうだ!!

長かった~~~!

前回も今回も道に迷ってるのでは?と思い心細かったが
村人に聞きながら歩く事で無事に着く事ができた

でも、女性の一人歩きはおすすめできません!
信頼できるツアー会社でガイドを雇って下さい~~~!
スポンサーサイト

| ナガルコット | 00:00 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ネパール・ナガルコットからチャングナラヤンまでトレッキング②


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

右手に雄大なヒマラヤを眺めつつひたすらナガルコットから
チャングナラヤンに向けて歩き続ける。。。

道はアップダウンが少なく歩き易いけど、時々道が泥ドロに
なったり、ちょっとした水の流れを飛び越えたりと、楽しい!

IMG_1933_20130519225514.jpg

歩いていると上の民家の辺りから子供達が叫ぶ声がするぞ
見上げると4人の小さな子供達が僕を見ながら手を振っているではないか

手を振り返すと、ワ~~~ッと僕のところに駆け寄ってきた

IMG_1932.jpg

ナマステ~~~!!

っと僕が大きな声を出しながら手を合わせて挨拶すると
子供達も元気な大きな声でナマステ~~っと返してくれる

そんな姿が余りにも可愛らしくて写真をパチリ

裸足の子がいるぞ!君、痛くないの?

IMG_1934_20130519225548.jpg

しかし、立派な棚田だなあ~~。。。

今までも美しいと言われる棚田を色々と見てきたけれど
ここが一番かもしれない!ネパール全般に言えるけど
高さ、規模で考えるとここは凄いわ!!

IMG_1935.jpg

先ほど出会った子供達が住む集落が向こうに見える。。。
その奥には雄大なヒマラヤ。。。

素晴らしい環境だよねえ~~
でも、生活は大変だと思うけど。。。

IMG_1938.jpg

テクテクとこんな道をひたすら歩きます。。。
背中には45ℓのバックパック、ホテルから持ってきたミネラルウォーターの
ボトルを2本両脇に差し、頭にはニット帽。。。

歩いていると暑くなってくるので、ニット帽をしまい、フリースの
チャックも全開だ

IMG_1942_20130519225804.jpg

またもや上の民家から子供の声が!

可愛らしい女の子が手を振ってくれている
ちょっと遠いけど、ナマステ~~~と手を合わせて挨拶すると
写真の通り。。。可愛いねえ~~

双子かな~?髪の毛二つにくくってる子達は?

やはり外国人がよく通る道なんだろうなあ~、英語でジャパニーズ?
チャイニーズ?と聞いてくる。興味津々なんだなあ~

IMG_1944.jpg

しばらくすると学校を発見
今まで出会ってきた子供達が通っているのかな?
というか、みんな通う事ができているのかな~?
通っていてほしいなあ~。。。

IMG_1943.jpg

というか、この学校やってるのかな?
あっ!今日はニューイヤーだから学校は休みなのだな?

そうそう、今日は元旦だった。。。
今度から会う人には元気良くハッピー・ニュー・イヤー!と
声を掛けよう!!

続く。。。

| ナガルコット | 00:00 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ネパール・ナガルコットからチャングナラヤンまでトレッキング①

ネパール・ナガルコット
記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

ここ、ナガルコットで無理だと思われていた初日の出を
堪能した後、軽く朝食を食べてチャングナラヤンまでの
6時間のトレッキングに出発だ!

この辺りのホテルは写真のような林道に沿って点在している

IMG_1917_20130303225552.jpg

マイナス温度ではないが、せいぜい5℃ぐらいの気温だろうか?
吐く息が白く、手も冷たくなる。

上はヒートテックに薄いフリースの2枚重ね。
下もヒートテックに厚手の靴下、シューズはトレッキングシューズでは
なくて、普通のスニーカーだ。

後で後悔したが、やはりくるぶしを覆うしっかりとした
トレッキングシューズは用意したい!下り坂で捻挫しかけたり
足への負担が全然違うからだ。

大きな市場のような所はなくて、小さな店舗が野菜などの生鮮食料品を
販売している。。。

IMG_1916_20130303225528.jpg

日本や台湾のロータリークラブがここに学校を建てたようだ。

カトマンズ等の都会はともかく田舎ではまだまだ子供の
就学率は低く、絶対的に学校が足りない状況だ。。。

IMG_1918.jpg

さてと。。。

トレッキングのルートだが、ガイドブックにも載っているんだけど
凄く適当に書いてあって、スタート地点でさえどこか判らない

その辺の地元の人々に聞きながら、テクテク歩いて行くことにする!

で、上の写真がスタート地点のハズ?

IMG_1919.jpg

しばらく歩くと右手に雄大なヒマラヤが見えてきた!!
きれいだなあ~~~!!!

IMG_1921.jpg

ズ~~~ム!!

少し雲が掛かっているが、それでも充分にきれい!

このルートで心配だったが、すれ違った若者に聞くと
この道でもチャングナラヤンに行けるらしい。。。

ホッとする

IMG_1922_20130303225825.jpg

でも良く考えたら、こんな所で暴漢に会ったらひとたまりもないよなあ~
誰も助けてくれないよな~。。。熊とか出てきたらどうしよう。。。
いろんなネガティブな事を考えるが、良く知られたルートで、しかも
民家も多いので比較的安全だと思う。

IMG_1923_20130303225852.jpg

アップダウンはあまりなく、平坦な道をどんどん歩いていく

民家が集まっている所では、人に会うと必ず道の方向を指差して
チャングナラヤン?』って聞く事に。笑顔でイエス!と答えて
くれるのが心強かったなあ~。。。

ぽかぽかといい天気になってきたし、最高のトレッキング日和だ~~

IMG_1928.jpg

集落を通り過ぎては閑散とした小道を歩く。。。これを繰り返しながら
チャングナラヤンまで歩く。。。

草の匂いと家畜の匂い、耳に入ってくるのは鳥のさえずり。
癒されるなあ~~~

IMG_1929_20130303225942.jpg

ネパールの農村に住み人々の生活を覗きながら、癒しの
トレッキングは続きます。。。

続く。。。

| ナガルコット | 00:00 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ネパール・ナガルコット~きれいなヒマラヤと初日の出は??

ネパール・ナガルコット
記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

この日は2011年1月1日。。。

ガバッ!っと布団から起き上がり、部屋のテラスに直行!

きれいな初日の出が見られますように~~~という
願いも空しく、昨日に引き続きどんよりとした雲が。。。

東の方角は少し赤味を帯びているが、太陽が見えない!見えないぞっ!

IMG_1868_20130120042648.jpg

次に正面に目をやる。。。

本来ならば、ここからきれいなヒマラヤの山々が見えるはずなのだが。。。

うわ~、ガックシだなあ~何も見えないや!

IMG_1870_20130120042703.jpg

他の宿泊客もこのロマンチックな行事を見ようとテラスに
出てきているのだが、あちこちから落胆する声が。。。

くうう~~、この日の出を見るために、きれいなヒマラヤ
見るためにわざわざ乾季にやってきたのに~~

IMG_1875_20130120042717.jpg

寒~~~いテラスで手をもみもみしながら、諦めずに待つ。。。
靴下を二重に履き、ダウンジャケットを着込み、頭には
ニット帽。。。

だんだんと明るくなるが、一向に太陽が見えない。。。
もう、かなり太陽は上昇しているはずなんだが。。。

IMG_1884_20130120042734.jpg

ふと、前方に見える民家に目をやると、こんなに寒い中で
超薄着の女性が井戸水で何かを洗い始める!

横の男性は服を着たまま、頭を洗い出す!

慣れというのはすごいなあ~~!
こんなに寒いのに平気なんだなあ~~!

こっちはこんなに着込んでいるのに、寒くて仕方がないというのに。。。

IMG_1885_20130120042841.jpg

さらに待っていると。。。

よっしゃ~~~!太陽が見えてきた!

IMG_1888_20130120042853.jpg

。。。。

感無量。。。
来て良かった。。。ほんと良かった。。。

周りからも歓声が聞こえる!

IMG_1911.jpg

ふと正面を見ると、ヒマラヤも見え出してきたぞ!

またしても感無量。。。

IMG_1912.jpg

完全とは言えないが、それでも十分美しいヒマラヤの景色だ!

IMG_1891.jpg

案内図によると、ここナガルコットからは残念ながらエベレストは見られない
ずっ~~と東の方角のようだ。。。

いや~~、十分に満足したぞ!

さあ、朝食を食べて6時間のトレッキングだ!
ガイドなしでチャングナラヤンまで行くのだ!
行けるかなあ~~??一人で。。。

ネパールの旅は続く。。。

| ナガルコット | 00:00 | comments:20 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ネパール・ナガルコット~カントリー・ヴィラ~この日は大晦日!

ネパール・ナガルコット
記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

ナガルコットに向かう為、バクタプルでタクシードライバーと
交渉。。。山の奥深く曲がりくねった道をどんどん進むと気温も
ぐっと下がって寒い!と思うほど。。。

で、到着したのがカントリー・ヴィラナガルコット。。。

IMG_1862.jpg

部屋は可もなく不可もなく普通という感じ。。。
でも、木のぬくもりを感じる設計だなあ~

IMG_1863.jpg

この日は12月31日!!
NHKの紅白を観て、その後の『ゆく年、くる年』でも観るか!と
思ったけど、そもそもテレビの電源が入らない

ま、よくありがちなんだけどね。。。諦めた。。。

IMG_1861.jpg

で、部屋にはテラスが着いていて。。。

僕のもくろみは明日の朝、このテラスからヒマラヤからのきれいな
初日の出を観よう!という事なのだが。。。

IMG_1858.jpg

なんだか、どんより厚い雲が出てきて、なんだか怪しい感じに。。。

本来ならこの時間でもきれいなヒマラヤが見られるはずなのだ!

IMG_1859_20121028181041.jpg

近景はこんな感じ。。。

点在する村と段々畑の風景がいい感じ。。。
この道をタクシーでひたすら登ってきたのだなあ~

IMG_1910_20121028181703.jpg

部屋を出て。。。

ホテルを散策。。。

IMG_1908.jpg

このホテルは全ての部屋からきれいなヒマラヤが見られるよう
テラスが付いている。

というか、このナガルコットという地域にあるホテルは
ヒマラヤの壮大な展望を売りにしている所がほとんど

1泊あたりの費用もほんとピンからキリまであって選ぶのに
苦労した。トリップアドバイザーで何度調べた事か。。。

IMG_1909.jpg

ヒマラヤからの日の出を見るのには絶好のホテルだと思う。
おススメ!!

IMG_1864.jpg

夕食でも食べようという事でレストランへ!
大晦日の今日はニューイヤー・パーティという事で
団体さんやカップルで大盛り上がりなのだが、一人旅の
僕はモショモショと食事を済ませ、一人寂しく部屋に
戻り、明日の初日の出に備えるのだった。。。グスン。。。

明日はきれいな日の出が見られたらいいなあ~~

続く。。。

| ナガルコット | 00:00 | comments:18 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。